れんげの画像日記 さん プロフィール

  •  
れんげの画像日記さん: れんげの画像日記
ハンドル名れんげの画像日記 さん
ブログタイトルれんげの画像日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hanano55rengesou
サイト紹介文移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、 里山での風景などを、日記風に綴って行けたら
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/06/28 05:38

れんげの画像日記 さんのブログ記事

  • ヒロハホウキギク(広葉箒菊)
  • ヒロハホウキギク(広葉箒菊)<キク科シオン属>空き地や道端などにはえる。ホウキギクよりも葉の幅がひろいことから名づけられた・とあるが、そんなに葉が広い感じはしないのだが・・。花は間違いないと思う。北アメリカ原産で、日本では1960年代に確認された帰化植物。茎は直立し、葉の長さは10〜15センチとある。(私が見たものはそんなに長くはなかったのだが)幅は7〜10ミリ。(もう少し幅も無いかも)縁に5〜1 [続きを読む]
  • アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)
  • アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)<マメ科ヌスビトハギ属>北米原産の帰化植物。荒れ地や道端に生え、草丈1,5〜1メートル。花は長さ6〜8ミリ。ヌスビトハギより大きく色も鮮やか。豆果は盗人がしのび歩く足跡に見立てたもので、ヌスビトハギはサングラスのような形の果実が2節あり、アレチヌスビトハギは、3個以上つくので、見分けがつく。紅色のマメ科の花が可愛い。葉は3出複葉で小葉は卵形。↑はアレチヌスビトハギの実盗 [続きを読む]
  • ヤマジノホトトギス(山路杜鵑)
  • ヤマジノホトトギス(山路杜鵑)<ユリ科ホトトギス属>山地に生え、花は葉のつけ根で咲き反り返らない。ホトトギスと同じように、鳥のホトトギスの羽に似た斑点がある。茎に斜めに下向きの毛が密生することや花が茎の先や葉のわきに1〜3個付くことで、ヤマホトトギスと区別する。花の上部は平らに開き、反り返らない。ヤマホトトギスは花が反り返る。↑はヤマホトトギス。見事に花が反り返る。 [続きを読む]
  • ゴンズイ(権萃)の実
  • ゴンズイ(権萃)の実<ミツバウツギ科ゴンズイ属>山地に生える落葉小高木。樹皮は黒緑色で灰褐色の皮目が多く縦に不規則な割れ目が入る。葉は長さ10〜30センチの奇数羽状複葉で対生する。小葉は狭卵形で縁に鋸歯がある。花は径4〜5ミリの淡黄緑色の花を多数咲かす。果実は半円状の袋果で赤く熟して裂けると↑光沢のある黒い種子が現れる。ゴンズイの名の謂れは諸説あり、魚にもゴンズイがあり、「役に立たないもの」と言う [続きを読む]
  • ダンドボロギク(段戸襤褸菊)
  • ダンドボロギク(段戸襤褸菊)<キク科タケニグサ属>北米原産の帰化植物。畑や草むらに生える。草丈は50センチ〜1メートル葉は細長くふちに不揃いの鋸歯があり、互生する。枝分かれした茎の上部に、筒状花だけでできた径1センチほどの小さな細い頭花を上向きにつける。花は下の方は白く、先端は淡い黄色。愛知県の段戸山で発見され、花が終わった後につく白い綿毛のような冠毛を襤褸(ボロ)に例えたのが名前の由来。今は東京 [続きを読む]
  • ナンバンギセル(南蛮煙管)
  • ナンバンギセル(南蛮煙管)<ハマウツボ科ナンバンギセル属>古くはオモイグサ(思草)と呼ばれた。ススキやミョウガなどの根元に生える寄生植物で、植物の根から養分を吸収している。葉緑素が無く全体に赤紫色。これはミョウガのそばに生えていました。茎は短く葉は鱗片状に退化。15〜20センチほどの花茎が茎のように見える。花は淡紫色の筒形で舟のような萼がある。山地ではオオナンバンギセルが生えるそうだ。長い柄の先に [続きを読む]
  • ミズタマソウ(水玉草)
  • ミズタマソウ(水玉草)<アカバナ科ミズタマソウ属>山野の日陰に生える。草丈は20〜60センチ。花は小さくて目立たない。果実がその名の通り水玉のようで、丸い果実に白い毛が密生し、露に濡れた姿に見立てたもの。紫色はヤブラン。水玉がかわいらしい。茎には下向きの細い毛があり、葉は対生して鋸歯がある。花は白色かやや淡紅色で小さい。丸い果実は径3〜4ミリで溝があり、かぎ状に曲がった毛がつく。 [続きを読む]
  • ゴキズル(合器蔓)の花
  • ゴキズル(合器蔓)の花<ウリ科ゴキズル属>水辺にはえる1年草のつる草。毎年、ゴキズルの花と実を楽しみにしている。同じような場所に生えていたが、1年草というのが今回、納得できた。いつも生える場所が移動していて、池の違った場所で群生しているのを見つけてホッとした。果実は熟すと上半分が蓋のように離れ、中の種子が零れ落ちる。和名の合器蔓はこの実の形による。雌雄同株で夏から秋にかけて葉のわきに黄緑色の1セン [続きを読む]
  • クワクサ(桑草)
  • クワクサ(桑草)<クワ科クワクサ属>道端や畑に多い1年草。東京の空き地などにもよく見られます。和名は葉が桑に似ているから、と言うことだが私にはちっとも似てないと思うのだが。茎は高さ30〜80センチ。葉は互生し、卵形で先が尖る。葉質は薄く、表面は毛があってざらつく。雌雄同株で、葉のわきに集散花序で雄花と雌花を混成する。 [続きを読む]
  • チカラシバ(力芝)
  • チカラシバ(力芝)<イネ科チカラシバ属>道端や草地の日当たりのよい場所に生える。根がしっかりと張り、簡単には引き抜けない。たくさん集まって生え、大きな株になる。小さな2個の花が集まったものが小穂で、小穂が花序になる。小穂に暗い紫色の毛があるので、花序はブラシのように見える。毛が淡緑色のものもあり、アオチカラシバと言うがまだ見たことが無い。 [続きを読む]
  • イヌキクイモ(犬菊芋)
  • イヌキクイモ(犬菊芋)<キク科ヒマワリ属>北アメリカ原産の帰化植物。キクイモに似るが、根茎の先は芋にならない。茎や葉に荒い毛がはえてざらつく。キクイモより早く7月から9月にかけて黄色い花を咲かせる。キクイモとの区別が難しいが、鋸歯が小さい事、舌状花が10枚以下で先端が尖る。葉の幅が狭く卵形〜卵状楕円形、不規則な鋸歯がある。 [続きを読む]
  • オオケタデ(大毛蓼)
  • オオケタデ(大毛蓼)<タデ科イヌタデ属>江戸時代に観賞用として渡来したという一年草。(私の図鑑では1年草と書いてあるが、毎年見に行っている場所があるのだが。)草丈は2メートルにもなる。見上げるほどの大きさに成長する。葉は卵形で葉の両面にビロード状の毛が生える。線路を越えた向こうは日大芸術学部だ。その前にはツルボが群生する。こちら側には必ずオオケタデが植えてあるのです。花は淡紅〜紅色で、花序の先が垂 [続きを読む]
  • カッコウアザミ(雲香薊)
  • カッコウアザミ(雲香薊)<キク科カッコウアザミ属>園芸品のアゲラタムにそっくりだ。熱帯アメリカ原産の帰化植物で、この頃、我が家の庭にもよく生えてくる。茎は直立し、分岐して高くなるものもある。葉は対生して、枝の上部では互生し、卵形または心臓形で浅い鋸歯がある。白から淡青紫色の筒状花を多数つける。 [続きを読む]
  • クサギ(臭木)花と実
  • クサギ(臭木)花と実<クマツヅラ科クサギ属>山野の林縁や川岸などにはえる落葉小高木。今は花の季節も終わろうとしている。花を十分見ないうちに、実になっていた。葉は対生し、三角状心形または広卵形で先は尖る。枝や葉には強い悪臭があるが、花の時期には遠くからいい匂いがする。花は枝先の葉脈から長い集散花序をだし、径2〜2,5センチの細長い筒状で、先は5裂する。雄しべ4個と雌しべ1個は長く花冠の外につきでて、 [続きを読む]
  • ツルボ(蔓穂)
  • ツルボ(蔓穂)<キジカクシ科ツルボ属>毎年、ひやひやしながら、西武線の線路際に咲くツルボを楽しみにしている。今年も雑草は綺麗に刈られて、ツルボだけが群生して咲いていた。きっと、心ある人が守ってくれているのだと思う。これは、1週間前のツルボです。やっと咲きだしたツルボも可愛い。1週間後のツルボ。今年は見事です。鱗茎は2〜3センチの卵球形で外皮は黒褐色なのだそうだ。かって凶作の時に救荒食として利用され [続きを読む]
  • タマアジサイ(玉紫陽花)
  • タマアジサイ(玉紫陽花)<アジサイ科アジサイ属>落葉低木で蕾が球形。上は蕾。くす玉が割れるように花が咲く。葉は両面とも固い毛でおおわれ、触れるとざらつく。蕾の径は2〜3センチで、いくつかの総苞に覆われ、開花とともに総苞が落ちて花が現れる。花は装飾花と両性花からなる。両性花は花弁が5枚あるが、開花してすぐ落ちる。かつてはこの葉を葉タバコの代用にした。自生地は湿気の多い谷間。 [続きを読む]
  • メハジキ(目弾)
  • メハジキ(目弾)<シソ科メハジキ属>道端や荒れ地に生える2年草。花は長さ1~1,3センチで、茎の上部の葉のわきにつく。子供がこの茎をまぶたに張って目を大きくして遊んだことからこの名がある。乾燥して産前産後に用いたことから、益母草(ヤクモソウ)とも言う。赤塚植物園にて。 [続きを読む]
  • サワギキョウ(沢桔梗)
  • サワギキョウ(沢桔梗)<キキョウ科ミゾカクシ属>山野の湿地に生える多年草。草丈1メートル近くになる。茎は中空で、枝分かれしない。葉は無柄で互生し、披針形で細かい鋸歯がある。茎の上部に総状花序をつくり、濃紫色で長さ3センチほどの唇形の花をつける。上唇は2深裂、下唇は3浅裂し、ふちには長い軟毛がまばらにはえている。夏の終わりに咲く。しばしば群生する。 [続きを読む]
  • クズ(葛)の花
  • クズ(葛)の花<マメ科クズ属>山野のいたるところに見られる大形のつる性植物。茎の基部は木質となる。花は紅紫色で蝶形花が穂状に集まって咲く。甘い香りがする。根からでんぷんが取れ、葛粉がとれる。河原などではほかの植物を覆うように生い茂る。葉は3小葉からなり、一枚の小葉は長さ10~15センチと大きく、裏に白い毛が密に生える。茎には褐色の毛が生えている。秋の七草のひとつ。 [続きを読む]
  • ヤナギラン(柳蘭)
  • ヤナギラン(柳蘭)<アカバナ科アカバナ属>中部地方以北の日当たりのよい草地に生える多年草。茎は高さ1〜1,5メートルと高くなり、ほとんど枝分かれせず直立する。森林の伐採跡や山火事跡などにいち早く生え群生を作るので、カナダやアラスカなどでは、Fire weedと呼ばれている。夏に周辺の草より高くたち、先端に長さ10〜45センチの花序を総状につけ、紅紫色の花が下から順に咲きあがる。花は径2〜3センチ、花弁は4 [続きを読む]
  • オモダカ(沢瀉・面高)
  • オモダカ(沢瀉・面高)<オモダカ科オモダカ属>矢じりのような形の大きな葉を持つ。この葉が高く伸びた様子を人の顔に例えたのがこの花の名前の由来。夏になると3枚の白い花弁が節ごとに3個ずつ、輪生して咲く。花序の上部には雄花。下部には雌花が咲く。葉の先は尖る。花は一日花。浅井沼や水田に多く見られ、地中に枝を伸ばして水底に球茎をつける。 [続きを読む]
  • キツネノマゴ(狐孫)
  • キツネノマゴ(狐孫)<キツネノマゴ科キツネノマゴ属>道端や草地に普通に見られる。暑い夏にも元気に咲き続ける花だ。花は唇形で長さ8ミリほどの淡紅紫色の小さな花で茎の先に穂状につく。下唇の基部に白い模様がある。葉は対生で、葉や茎には短い毛がある。茎の下の部分は地面を這うように伸びる。枝先の花序がキツネの尾に似ていることが名前の由来です。 [続きを読む]
  • ネコハギ(猫萩)
  • ネコハギ(猫萩)<マメ科ハギ属>日当たりのよい、やや乾いたところに生える多年草。茎を伸ばして長く地面を這い、軟毛がある。葉は互生し、3小葉を持ち短毛がある。花は白色の蝶形花で、葉のわきに3〜5個集まって咲く。長さ7〜8ミリ。萼は深く5裂し、長毛がある。白に紫の斑紋がある。ネコハギの名前は、全体に軟毛が多い事から来ているようです。 [続きを読む]
  • ママコナ(飯子菜)
  • ママコナ(飯子菜)<ゴマノハグサ科ママコナ属>山地の林下に生える半寄生の1年草。茎は高さ30〜50センチ。枝を分けて、先端に刺状の鋸歯のある苞があり、つけ根に紅紫色の花を1個づつつける。花は片側だけにつき、長い筒を持っている。和名は飯子菜で、若い種子が米粒に似ているからとか、花弁ののどの部分に、米粒をふたつ並べたような盛り上がりがあるからとかの説がある。まだ咲いたばかりだったが、よく群生していた。 [続きを読む]