れんげの画像日記 さん プロフィール

  •  
れんげの画像日記さん: れんげの画像日記
ハンドル名れんげの画像日記 さん
ブログタイトルれんげの画像日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hanano55rengesou
サイト紹介文移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、 里山での風景などを、日記風に綴って行けたら
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/06/28 05:38

れんげの画像日記 さんのブログ記事

  • サギゴケ(鷺苔)
  • サギゴケ(鷺苔)<サギゴケ科サギゴケ属>田などの畔に群落氏匍匐茎を伸ばす。紫色の小さな花が地面に広がる。花は筒状で先端が上下に分かれ、下唇の方が大きく黄色と赤の斑点がある。雄しべの先はへら形で上下に分かれ触れると閉じ、しばらくすると開く柱頭運動をする。花が終わるころ、地を這う枝を伸ばして広がる。よく似たトキワハゼは花が小さく匍匐茎がない。 [続きを読む]
  • イヌザクラ(犬桜)
  • イヌザクラ(犬桜)<バラ科サクラ属>山野に生える落葉高木。葉は互生し、長楕円形で先は尖り、縁に細かい鋸歯がある。この枝はちょっと花が痛んで黄色くなっていた。なんか・遭えて嬉しい。総状花序に径5〜7ミリの白い花を咲かせる。(似ているウワミズザクラは葉が円形)花弁は5個で雄しべは沢山あって長い。 [続きを読む]
  • オオカワジシャ(大川萵苣)
  • オオカワジシャ(大川萵苣)<ゴマノハグサ科クワガタソウ属>埼玉の都幾川によく行く。ずっと名前はクワガタソウかと思っていた。帰化植物辞典でオオカワジシャ(大川萵苣)と解った。茎が直立し、葉は長楕円形または披針形。花は葉腋に穂状につく。赤紫色の花を多数つける。川岸や田の畔、溝などに生育し、群落を作ったりする。在来種のカワジシャ(川萵苣)と雑種をつくる。特定外来種に指定されているそうだ。 [続きを読む]
  • ツクバネウツギ(衝羽根空木)
  • ツクバネウツギ(衝羽根空木)<スイカズラ科ツクバネウツギ属>日当たりのよい山地に生える落葉低木。葉は対生し、広卵形または長楕円形で縁にあらい鋸歯がある。淡黄色の花を2個つける。花冠は筒状釣鐘形で5浅裂し、内側に黄赤色の斑紋がある。果実は線形で先端にプロペラのような萼が残るのが特徴。 [続きを読む]
  • ツクシスミレ(筑紫菫)
  • ツクシスミレ(土筆菫)<スミレ科ツクシスミレ属>花は淡いピンクで中心が黄色を帯びる。唇弁はほかの弁より極端に極小で、紫の筋が目立つ。葉は卵形で、地上茎が伸びて四方に這って広がる。この頃は、公園にもみられて帰化植物ではないかと言われている。牧野庭園にて。 [続きを読む]
  • ツボスミレ(坪菫)
  • ツボスミレ(坪菫)<スミレ科スミレ属>または、ニョイスミレ(如意菫)とも。山野の湿ったところに生える多年草。ツボスミレの坪は庭の意味で、別名のニョイスミレの如意は葉の形が僧の持つ如意(仏具)に似ることによる。花は白く径1センチくらいの可愛い小さなスミレです。唇弁に紫の筋があり、距は丸く短い。托葉は披針形。 [続きを読む]
  • アオダモ(青梻)
  • アオダモ(青梻)<モクセイ科トネリコ属>山地に生える落葉高木。雌雄異株。地主さんの家の前に植えてあった。樹皮は暗灰色、枝は灰褐色。葉は奇数羽状複葉。4〜5月、本年度の枝先や葉腋から円錐花序をだし、小さな白い花をたくさん咲かす。花冠は4全裂し、線形。名前の由来は雨上がりに樹皮が緑青色になること。この枝を水に浸けて暫くすると水が青い蛍光色になるそうだ。雨上がりに一度見てみたいものです。 [続きを読む]
  • ゲンゲ(紫雲英)
  • ゲンゲ(紫雲英)<マメ科ゲンゲ属>以前はよく田植え前のレンゲ畑がよく見られたが、今は肥料が進んでいるので、縁肥として使うことも無くなりすっかりゲンゲの畑は見られなくなった。一般にはレンゲソウの名前で呼ばれる。葉腋から長い花柄をだし7〜10個の花を輪状につける。花の長さは約1,5センチ。茎が多数枝分かれして地を這って広がる。蜜蜂は花の蜜を吸って蜂蜜を作る。花をなめても甘くないが、蜜は花の奥に隠されてい [続きを読む]
  • カラタネオガタマ(唐種招霊)
  • カラタネオガタマ(唐種招霊)<モクレン科オガタマノキ属>神社や庭、この頃は道路のグリーンベルトによく見かける。若枝や葉柄に褐色の毛が多くみられる。径3センチで花は咲き始めの頃はバナナの香りがする。花弁と萼片は黄白色で縁は紅色を帯び、中は紫紅色のぼかしが入る。袋果は10月〜11月に熟して裂け、赤い種子をだす。いつも、これを探すのだが・・まだ一度も実の姿を見たことはない [続きを読む]
  • ムシクサ(虫草)
  • ムシクサ(虫草)<ゴマノハグサ科クワガタソウ属>やや湿った畑や水田に生える1年草。茎は下部で枝分かれする。葉は披針形で上部は対生し、下部で枝分かれする。上部の葉のわきに径4ミリほどの花をつける。子房によく虫が入ることからこの名がある。この花の名前が解らなくてみんなの花図鑑に画像を出して教えて頂いた。 [続きを読む]
  • アカバナ(赤花)
  • アカバナ(赤花)<アカバナ科アカバナ属>今年初めて見つけたアカバナ。日差しがよく当たる石の近くに咲いていた。本来は夏から秋にかけて葉や茎が赤くなるのが、名前の由来。紅紫色の4枚の花弁の先が浅く切れ込んでいる。雌しべの先は、綿棒のように膨らんでみえる。まだ咲いたばかりだ。 [続きを読む]
  • ヤマシャクヤク(山芍薬)
  • ヤマシャクヤク(山芍薬)<キンポウゲ科ボタン科>ちょうど見ごろに咲くヤマシャクヤクにはなかなか会えない。茎の上に一個、径4〜5センチの白色の花を上向きにつける。葉は3〜4枚が互生し、多くは2回3出複葉。花弁は白色で5〜7個あり、完全に開ききらない。上はまだ蕾。多年草で、山にはえシャクヤクに似ていることによる。 [続きを読む]
  • ホザキイカリソウ(穂咲碇草)
  • ホザキイカリソウ(穂咲碇草)<メギ科イカリソウ属>毎年、イカリソウが咲くころ、牧野庭園に見に行く。図鑑にもあまり出てこないので、よくは解らないが薬用に使われ、淫羊かくと呼ばれ、葉は硬質の常緑と書かれているが、冬に枯れることもある。名前の由来は中国でこれを羊が食べて絶倫になったと言うことから。穂状に白い萼片の中に黄色い花を咲かせる。 [続きを読む]
  • イチリンソウ(一輪草)
  • イチリンソウ(一輪草)<キンポウゲ科イチリンソウ属>ニリンソウより花が大きい。白い花びらは花弁ではなく萼片が変化したもの。気温が低いと花は閉じるので、夜中や雨の日は開かない。一本の茎に一輪だけ咲くのでイチリンソウ(一輪草)。この場所のイチリンソウは萼片の花びらの裏が淡い紅紫色でした。 [続きを読む]
  • トウダイグサ(灯台草)
  • トウダイグサ(灯台草)<トウダイグサ科トウダイグサ属>日当たりのよい道端や畑に生える。黄色の花のように見える部分は、ツボ形で大きな丸い子房がある。昔、皿に菜種油を入れて灯心を置いて明かりにしたことによる名前で灯台からではない。茎の先端に多数の杯状の花序をつける。花序の縁には4つの楕円形の腺体があり、蜜を出す。 [続きを読む]
  • モミジイチゴ(紅葉苺)
  • モミジイチゴ(紅葉苺)<バラ科キイチゴ属>落葉低木。茎は無毛で棘がある。下を向いて咲くので、写真が撮りにくい。花弁は5枚で径3センチほどの白い花を咲かす。果実は球形で黄色に熟し、甘い。不思議なことに、石神井公園の紅葉苺は実を見たことが無い。たぶん・鳥に食べられてしまうからでしょうか? [続きを読む]
  • ヤマルリソウ(山瑠璃草)
  • ヤマルリソウ(山瑠璃草)<ムラサキ科ルリソウ属>根元につく葉はロゼッタ状に地面に広がる。本当は山で会いたかったものだが、石神井公園の野草園にて。咲き始めは薄桃色で、後に青紫色に変化し花の中央は白い。径1センチほどの小さな花だが、次々に咲き美しい。茎にはたくさんの毛が生えており触れるとざらざらする。 [続きを読む]
  • ナヨクサフジ(弱草藤)
  • ナヨクサフジ(弱草藤)<マメ科ソラマメ属>ヨーロッパ原産の越年草。肥料として用いられたものが、野生化したもの。クサフジにも似ているので、同定しずらい。全体に軟毛が少ないとあるが、まだよく区別がつかない。日当たりのよい草地にはえるつる状の多年草。葉は互生し、羽状複葉で先端が長く伸びて巻き毛になる。茎の上部から総状花序をだし、青紫色で蝶形の花をつける。 [続きを読む]
  • フデリンドウ(筆竜胆)
  • フデリンドウ(筆竜胆)<リンドウ科リンドウ属>普通は先端には青色の花をつけるが、白色もある。蕾の様子が墨汁を含んだ筆の穂先にみたて、この名がある。春竜胆に似るが根生葉が無いことで区別できる。茎につく葉は卵形で、対生し日当たりのよい山地の雑木林や草地に生える。 [続きを読む]