れんげの画像日記 さん プロフィール

  •  
れんげの画像日記さん: れんげの画像日記
ハンドル名れんげの画像日記 さん
ブログタイトルれんげの画像日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hanano55rengesou
サイト紹介文移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、 里山での風景などを、日記風に綴って行けたら
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/06/28 05:38

れんげの画像日記 さんのブログ記事

  • エノキグサ(榎草)
  • エノキグサ(榎草)<トウダイグサ科エノキグサ属>道端に普通に生える一年草。路傍の草だ。高さは30センチ内外。葉がエノキ(榎)に似ることでこの名がある。(私は榎の葉に似てるとは思えないのだが・・)私はこの棒のような花がエノキタケに似ているからエノキグサかとずっと思っていた。葉はエノキに似た長楕円形で、互生する。編み笠状の苞葉がある雌花序と穂状の雄花序をつける。この編み笠状の雌花序があることから、アミ [続きを読む]
  • シキミ(樒・梻)の青い実
  • シキミ(樒・梻)の青い実<モクレン科シキミ属>暖地の山地やお墓によく植えられていたりする。常緑小低木〜高木。葉は互生し、倒卵状広披針形(うん・・?)長さ4〜10センチの厚くてなめらか。春に淡黄白色で、径3センチぐらいの花を咲かす。花弁も萼片も線状披針形。↓が春に咲いていた花果実はこれはまだ青いのだが、果実は星形に並ぶ。熟すと裂けて中に橙色の有毒の種子を出す。お墓参りのお寺の庭にて。 [続きを読む]
  • シキミ(樒・梻)の青い実
  • シキミ(樒・梻)の青い実<モクレン科シキミ属>暖地の山地やお墓によく植えられていたりする。常緑小低木〜高木。葉は互生し、倒卵状広披針形(うん・・?)長さ4〜10センチの厚くてなめらか。春に淡黄白色で、径3センチぐらいの花を咲かす。花弁も萼片も線状披針形。↓が春に咲いていた花果実はこれはまだ青いのだが、果実は星形に並ぶ。熟すと裂けて中に橙色の有毒の種子を出す。お墓参りのお寺の庭にて。 [続きを読む]
  • ニワフジ(庭藤)
  • ニワフジ(庭藤)<マメ科コマツナギ属>これはグリーンベルトに植えてあったもので、ニワフジなのかどうか自信が無かった。一応、みんなの花図鑑に投稿して花の名前を確認した。日光に行った時に、一度自然に生えているのを見たことがあるが・・それと同じものなのかどうか?もしかしたら、園芸種かな・とも思ったことです。だいぶ、咲き進んでいました。本来は、川岸などにはえる落葉小低木。これはツツジの間から、伸びて咲いて [続きを読む]
  • ウバユリ(姥百合)
  • ウバユリ(姥百合)<ユリ科ウバユリ属>花は茎の上部に横向きに咲く。山野の林内や草地に生える。ウバユリの姥は老婆の事で、花が咲く盛夏の頃、葉が枯れたり、虫に食われたりして、葉がない「歯が無い」をかけて、姥百合になったが、私が見る限り・だいたい茎の根元に葉がきちんとついている事の方が多い。葉は茎の途中に集まって付き、卵状長楕円形をしている。花は花被片のつながりが弱く、だらしない感じもある。今年は花の時 [続きを読む]
  • ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)
  • ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)<ゴマノハグサ科>ヨーロッパ原産でガーデニングなどに植えられているのをよく見るが、たぶん・日本人的には好みでは無いような気がする。いかにも、私には帰化植物で、強靭そうに見える。それでも、花なら何でも気になる。こんなふうに、コンクリートの道路からでも平気で花を咲かす。ロゼッタ状の葉っぱの時から、花が咲くのを結構楽しみに見ていたから。頑張って咲くよね。大型の二年生草本 [続きを読む]
  • ヒオウギ(檜扇)
  • ヒオウギ(檜扇)<アヤメ科ヒオウギ属>山地の草原に生える多年草。花は径4〜6センチ。花被片は6個で水平に開き、赤黄色で内側に濃い暗紅点が多数ある。葉は広い剣状で扇形に並び、多少白っぽい。種子は光沢のある黒色でぬばたまと呼ばれる。和名はひおうぎ(桧扇)で、葉の並び方が桧扇に似ていることによる。 [続きを読む]
  • キツネノカミソリ(狐剃刀)あらためオオキツネノカミソリ(大狐剃刀)
  • キツネノカミソリ(狐剃刀)、改めオオキツネノカミソリ(大狐剃刀)<ヒガンバナ科ヒガンバナ属>キツネノカミソリとウバユリがもう、そろそろ咲くかな?と思って牧野庭園まで出かけてみた。ずっと、これがキツネノカミソリだと思っていたが・・☆花よりおしべとめしべが長いのは、オオキツネノカミソリだと、教えて頂きました。関東地方のは、こちらの方が多いかもしれません。野の花の奥深さを感じてしまいます。山野に生える多 [続きを読む]
  • コマツナギ(駒繋)
  • コマツナギ(駒繋)<マメ科ササゲ属>野原や土手、道端などの日当たりのよい乾いた場所に生える。板橋にある富士塚に登っている最中に見つけたもので、狭い岩場であとから登って来る人をさけて、やっと撮ったものです。アセアセ・・。久しぶりに、出会ったコマツナギでした。画像は相変わらずボケてます。全体は草のように見えるが小低木。葉のわきから総状花序をだし、紅紫色で長さ約5ミリの蝶形の花を多数つける。葉は4〜5対 [続きを読む]
  • ハゼラン(爆蘭)
  • ハゼラン(爆蘭)<ハゼラン科>西インド諸島の原産の帰化植物で、一年草草本。都会の空き地などにも、よく見られる。茎は円柱形でまばらに分岐して、高さ80センチほどになる。葉は先のとがった倒卵形、やや多肉質で近接して互生する。夏から秋にかけて茎の上部に細かく円錐形の花序をだし、径6ミリほどの紫色の5弁花をつける。花は午前中は萎む。初めて見つけた時はサンジソウ(三時草)と教わったほどで、午後から咲きだす。 [続きを読む]
  • ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
  • ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)<ナス科ナス属>今年もヒヨドリジョウゴの花が咲きだした。花冠は白色で1センチほどで、5弁の花弁は反り返る。林の縁などに生えるつる性の多年草。だいたい、いつも生えている場所に行くと見つけることができる。葉は互生し、茎や葉にやわらかな毛が密生する。花の付く枝は葉と対生の位地にでて、ふたまた状に枝わかれする。葉は切れ込みのないものや、3つに切れ込むものなど、さまざまだ。何といっ [続きを読む]
  • ヤブガラシ(藪枯)
  • ヤブガラシ(藪枯)<ブドウ科ヤブガラシ属>藪のような場所に繁茂し、他の植物に絡まって枯らすほどなので、この名がある。つる性で、巻きひげを伸ばしほかの植物に覆いかぶさる。ヤブカラシの花は花盤の上に蜜が分泌されるので、蜜を求めて色々な昆虫がやってくる。橙色の花盤はシンプルな構造で、蜜が分泌される。葉は5枚の小葉からなる複葉で、柄がある。花は径5ミリほどで、果実は黒く熟す。 [続きを読む]
  • ヤマユリ(山百合)
  • ヤマユリ(山百合)<ユリ科ユリ属>山地の林の縁や草地に生息する日本独特のユリ。高さ1〜1,5メートルになる。花は大輪で、芳香があり、白い花の内側に赤い小点がある。中央部には黄色い線が入る。森林公園にて。林の縁沿いに咲くヤマユリは、大きな花の重さに耐えきれず、首が垂れているものが多かった。そばに近づいただけでいい匂いが漂っていた。この場所のヤマユリは、茎は鱗茎から1本直立し、葉は長さ15〜20センチで [続きを読む]
  • コウゾ(楮)
  • コウゾ(楮)<クワ科コウゾ属>コウゾ、またはヒメコウゾとも言う。人家に近い各地の山地に自生する落葉高木。若枝は長く延び、樹皮は非常に強い。葉は互生し、卵形または卵円形で先が尖り基部は心形。しばしば深く2〜3裂し、質は薄くざらつく。春に葉と同時に開花。雌花序は球形で長い糸状の花柱がまわりにつく。(春に撮ったもの)画像↓雄花序は本年枝の基部につき、多数の雄花が集まる。雄花の萼片、雄しべはともに4個。 [続きを読む]
  • ニガクサ(苦草)
  • ニガクサ(苦草)<シソ科ニガクサ属>苦草(ニガクサ)の名があるが、食べてみても葉も茎も苦くないのだが。日本全土の山野や湿った半日蔭にはえる。高さ30センチ程度。葉は対生し、長さ5〜10センチの卵状長楕円形で、ふちには不揃いの鋸歯がある。葉の脈はよく目立つ。枝先に長さ3〜10センチの花穂をだし、淡紅色小さな花をつける。花冠は長さ1〜1,2センチ。上唇は小さく深く2裂し、下唇は3裂し、中央裂片が非常に [続きを読む]
  • リョウブ(令法)
  • リョウブ(令法)<リョウブ科リョウブ属>落葉高木。樹皮は薄片となってはがれ、茶褐色でなめらか。葉は枝先に集まって互生し、倒披針形で長さ8〜13センチで先が尖り、ふちに鋸歯がある。枝先に総状花序を円錐状にだし、小さな白い花をつける。花冠は5〜6ミリで深く5裂する。雄しべは十個。蒴果は径4〜5ミリの扁球形で、毛が密生し、褐色に熟す。花と一緒に実がなっている。種子は多数でぶら下がる。 [続きを読む]
  • ボタンクサギ(牡丹臭木)とカメムシ達
  • ボタンクサギ(牡丹臭木)<クマツヅラ科クサギ属>落葉低木。枝や葉には臭気がある。葉は対生し、広卵形でふちに不揃いの鋸歯がある。両面の脈状には細毛がありざらつく。枝先に半球形の集散花序をだし、淡紅紫色の小さな花を密生する。花の色は紅色や紫色などがある。今年は気が付かないうちに随分咲きだしていた。我が家にも小さな花が咲きだして、カメムシが遊びに来ているのが愉しい。我が家のボタンクサギに遊びに来た☆マル [続きを読む]
  • ヒトツバショウマ(一葉升麻)
  • ヒトツバショウマ(一葉升麻)<ユキノシタ科チダケサシ属>山地の谷川沿いに生える多年草。葉は卵形で浅く3つに裂け先は尖る。基部は心形でふちは不揃いの鋸歯がある。花茎は10〜30センチになり、普通1枚の茎葉をつける。花序はまばらに枝を分け、白い花を咲かす。和名の一葉升麻は、この種は複葉が多いのが本種は単葉なのでこの名がある。今度は花びらが5枚とあるのでよく見てこよう。茎の一枚葉も見てこなくちゃ。 [続きを読む]
  • ヤブカンゾウ(藪萱草)
  • ヤブカンゾウ(藪萱草)<ユリ科ワスレグサ属>今、我が家のプランターでも元気に咲いてくれています。もう、ずいぶん前に、里山の河原に球根がたくさん流されていたのを頂いて帰って植えたものです。里山の夏草の緑の中で咲いているのが一番好きだけれど、いつでも行けるわけではないので・我が家のプランターで楽しんでいます。これは、石神井公園の野草園で撮った画像です。広線形の葉の間から花茎をだし径8センチほどの黄赤色 [続きを読む]
  • アレチノギク(荒地野菊)改めオオアレチノギク(大荒地野菊)
  • オオアレチノギク(大荒地菊)<キク科ムカシヨモギ属>日本には大正時代に帰化した、南アメリカ原産の1〜越年草。グリーンベルトのわきによく見かける。頭花は白っぽい緑色をしている。オオアレチノギクはとっくり型でアレチノギクは樽型なのだけれど・本当はどうかなぁ??オオアレチノギクの方が関東、関西を中心に広く雑草化しているとある。花弁は総萼に隠れて目立たない。冠毛は淡褐色。もう一度、改めて見に行ってこようと [続きを読む]
  • ダイコンソウ(大根草)
  • ダイコンソウ(大根草)<バラ科ダイコンソウ属>根生葉に羽状の切れ込みがあり、ダイコンの葉に似ていることによりこの名がある。茎につく葉は、3つに裂けるものから、切れ込みのない葉がある。草丈は20〜60センチで枝分かれした先に5枚の丸みのある花弁の黄色い花をつける。花には多数の雄しべと雌しべがあり、花が終わると球状の果実になる。果実にはかぎ状の棘があり、人や動物にくっついて運ばれる。 [続きを読む]
  • ハグロソウ(葉黒草)
  • ハグロソウ(葉黒草)<キツネノマゴ科ハグロソウ属>葉が黒っぽい事からこの名があると言うが、余り思わないのだが。上下に分かれた薄桃色の花弁には模様がある。草丈は20〜50センチで、茎はまばらに枝分かれする。葉は長さ2〜10センチほど、暗い緑で対生する。花茎は葉腋からでて、花は2枚の苞の間からでて、上下に分かれた唇形をしている。下の方が大きい。上唇は先端が反り返り花の色は薄い紅紫色で花冠の内側に赤褐色 [続きを読む]
  • ウマノミツバ(馬之三つ葉)
  • ウマノミツバ(馬之三つ葉)<セリ科セリ属>雨の高尾山の観察会でした。花より昆虫に出会って盛り上がりました。相変わらず、写真が上手く撮れなくて残念ですが、ウマノミツバは、初めて教えて頂いたので掲載します。山地の木陰に生える多年草。名は三つ葉に似るが食べられず馬に食べさせるほどのミツバと言うことからこの名がある。茎の下部は確かに三つ葉に似てるような・アシタバのような感じがある。食用にはならないが薬用に [続きを読む]
  • キササゲ(木大角豆)
  • キササゲ(木大角豆)<ノウゼンカズラ科キササゲ属>落葉高木。古くから栽培され、川岸などに野生化している。私も河原に生えていたのを見つけた。花後に細長い蒴果が残っていたので、キササゲだと思った。2本生えていて、こちらは葉が丸かったので、もしかしたらこちらは、ハナキササゲかもしれません。でも・・こっちの葉は広卵形で3浅裂してるからキササゲですよね。花が縮れているのがキササゲ。樹皮は灰褐色で縦に割れ目が [続きを読む]
  • ヤブジラミ(藪虱)
  • ヤブジラミ(藪虱)<セリ科ヤブジラミ属>野原に多く生える越年草。茎は直立して枝分かれし、高さ30〜80センチになる。葉は2〜3回羽状複葉で、羽片は細かく分裂し、両面に荒い毛がある。複数形花序を多数だし、さらに小散形花序をつくり、小さな白い花をやや密に開く。花弁は5個で内側に曲がる。花序の外側のものが大きい。花の根元に鉤爪の実が準備中。長さ3ミリほどの果実には、全体に鉤爪があり服によく引っ付く。褐色 [続きを読む]