れんげの画像日記 さん プロフィール

  •  
れんげの画像日記さん: れんげの画像日記
ハンドル名れんげの画像日記 さん
ブログタイトルれんげの画像日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hanano55rengesou
サイト紹介文移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、 里山での風景などを、日記風に綴って行けたら
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/06/28 05:38

れんげの画像日記 さんのブログ記事

  • コバノカモメズル(小葉の鴎蔓)
  • コバノカモメズル(小葉の鴎蔓)<ガガイモ科カモメズル属>つる性で、他の草などに巻きつき、2〜3メートルになる。(画像が上手く撮れず初めの写真は野川の看板を写したものです。)葉は柄があり披針形または広披針形で先は尖る。花は葉のわきからでる花柄の先にまばらにつく。花冠は暗紫色で6〜8ミリの星形の花をつける。花が終わるとガガイモ科特有の袋果(実)をつける。秋に袋果が割れ、種髪(毛束)をつけた種子がはじけ [続きを読む]
  • アゼナルコ(畦鳴子)
  • アゼナルコ(畦鳴子)<カヤツリグサ科スゲ属>平地や河原の湿地に生える多年草。似たものにテキリスゲと言うのがあります。和名は田の畔に生え、小穂が鳴子のように並んで垂れ下がることに寄ります。茎の上部に5〜6の小穂をつける。上部の2〜4個は先端が雌花、基部に雄花をつけ、下部の小穂は雌性である。(?)雌花のりん片は先がへこみ、その中央がざらつく。テキリスゲに似るが山地が生育地なので、アゼナルコだと思った。 [続きを読む]
  • クサレダマ(草連玉)
  • クサレダマ(草連玉)<サクラソウ科オカトラノオ属>腐れ玉ではありません。マメ科の低木、レダマに似た草の意味で、花の色から、イオウソウ(硫黄草)とも言う。野や山の湿地に生える多年草。茎は40〜80センチになり、葉は対生または3〜4輪生し、上部で枝を分けて1,5センチほどの黄色い花をつける。緑の中でよく目立つ。検索したところによると・名前の由来のレダマに似ると言うが、全く似てないそうです。まだ蕾のクサレ [続きを読む]
  • ウワミズザクラ(上溝桜)ではなく、イヌザクラのようでした(__)
  • ウワミズザクラ(上溝桜)<バラ科サクラ属>見れば見るほど・調べても疑問は解けたわけではないのだが・・果実の形だけでウワミズザクラではないかと思って掲載しているので、間違っていたら指摘してほしいし、私の独断と偏見なので信用しないで自分で調べて欲しいと思いながらアップしている。山野に生える落葉高木。樹皮は暗紫色で横に長いはっきりした皮目がある。(あったかなぁ・・・)前年枝は黒紫色で光沢があるそうだ。葉 [続きを読む]
  • イヌザクラ(犬桜)の実
  • イヌザクラ(犬桜)の実<バラ科サクラ属>いつも、イヌザクラとウワミズザクラと迷う。悩んだ末、落ち着いたかと思うと・あれ?本当にそうかなと思い出すと疑問符でいっぱいになる。たぶん・・そうだろうと思って書いている。里山に3本の木を見つけた。どれも似ていた。赤い実でつる性だったのが、初めて知ったクマヤナギなのは、図鑑で解った。次にイヌザクラだと思っていたのが、実の付き方がちょっととんがっているのと、丸い [続きを読む]
  • アカメガシワ(赤芽槲)の花
  • アカメガシワ(赤芽槲)の花<トウダイグサ科アカメガシワ属>山野に普通にはえる落葉高木。樹皮は灰褐色で浅い割れ目が細かく縦に入る。葉は互生し、長さ10〜20センチの倒卵状円形で、先が尖り、基部近くに1対の腺点がある。葉の伸び始めが鮮やかな赤で美しい。枝先に円錐花序をだし、花弁のない小さな花を多数つける。雄花は淡黄色で萼は3〜4裂し、多数の雄しべがある。雌花の花柱は紅色で反り返る。今度は雌花をよく探し [続きを読む]
  • クマヤナギ(熊柳)
  • クマヤナギ(熊柳)<クロウメモドキ科クマヤナギ属>埼玉の都幾川、玉川の物産店近くを雨の中、お散歩に出かけた。本当は玉川温泉近くの蛍を見に行ったのだが、この日は朝から雨で、肌寒いくらいだった。蛍は蒸し暑い日の晴れた夜によく飛ぶ。残念ながら雨も降りだし、道もぬかるんでいたので蛍はあきらめたが、近くの花菖蒲園などを楽しんだ。いつも藪の中に入り込んで、近辺で真竹を採るのだが、時期はもう過ぎているようだった [続きを読む]
  • ヒメジョオン(姫女苑)
  • ヒメジョオン(姫女苑)<キク科ムカシヨモギ属>草地や畑、道端によく生える北アメリカ原産の帰化植物。初夏に咲き始める。よく似たハルジョオンに遅れて咲く。細くしっかりした茎の中は白い髄が詰まって、ストローのように空洞のハルジョオンと区別がつく。ロゼッタ葉で冬を越すが花の時期には根生葉は枯れる。上部の葉の先はとがり、基部は茎を抱かない。径2センチほどの頭花は白色から薄紫だが、白色が多い。観察会の方から姫 [続きを読む]
  • ウツボグサ(靭草)
  • ウツボグサ(靭草)<シソ科ウツボグサ属>日当たりのよい草地に生える。茎の先端に3〜8センチの花序をつくり、紅紫色の花を次々に咲かす。乾燥した花序を利尿剤にした。草丈は10〜30センチ。葉は対生し、茎の断面は四角。花後の枯れた姿も緑の夏草の中で目立つ。矢を入れる武器の空穂に見立てたのが、名前の由来です。 [続きを読む]
  • クマノミズキ(熊野水木)
  • クマノミズキ(熊野水木)<ミズキ科ミズキ属>山地に生える落葉高木。野川に行った。いつも、1か月ほど前はミズキの花が、遅れて、クマノミズキが咲く。だから、遅れて咲いているのがクマノミズキだと、知っていた。葉は対生し、長さ6〜15センチの卵状長楕円形でミズキより幅が狭い。先は尖り、基部は楔形。裏面は帯白色。☆(ミズキの葉は互生し葉は丸い感じで花の時期が早い)ミズキに似た小さな白い花を密生して咲かせる。 [続きを読む]
  • アワブキ(泡吹)
  • アワブキ(泡吹)<アワブキ科アワブキ属>私は初めて知った木の花でした。山地に生える落葉高木。樹皮は帯紫暗灰色でなめらかだが、皮目が多くあり目立つ。葉は互生し、長楕円形または倒卵状楕円形で洋紙質、先端は短く急に尖る。裏面は淡緑色で褐色の毛がある。(今度、出会ったら葉裏を見てみたいと思う)花は密に枝分かれして広三角形になり、淡黄白色の小さな花を多数開く。花は径2,5~3ミリ。花弁は5個、外側は円形で、他の [続きを読む]
  • テリハノイバラ(照葉野薔薇)
  • テリハノイバラ(照葉野薔薇)<バラ科バラ属>日当たりのよい山野、河原、海岸などに生える。ノイバラに似るが、花の大きさや、数、葉の光沢など托葉の形などで区別する。茎は地を這って長く延び、よく枝分かれする。まばらにかぎ状の棘がある。葉は奇数羽状複葉で互生する。表面は緑の光沢がある。裏面は淡緑色。枝の先に芳香のある白い花を数個着ける。花は径3センチほどで平開する。萼片は卵形で5個。 [続きを読む]
  • クサボタン(草牡丹)
  • クサボタン(草牡丹)<キンポウゲ科センニンソウ属>山地の草地や林の縁の明るい所に生える。茎は木質で直立し、高さ1メートルにもなる。葉は3出複葉で対生する。小葉は広卵形で、浅く3裂し先は尖り、縁にはあらい鋸歯がある。茎の先端や葉のわきから花序をだし、多数の花を下向きにつける。花は狭い鐘形で長さ1〜2センチ。先は反り返り、内側は淡紫色で外側に絹毛がある。 [続きを読む]
  • ヤブムラサキ(藪紫)の花
  • ヤブムラサキ(藪紫)の花<クマツヅラ科ムラサキシキブ属>落葉低木。葉、花冠、萼、花序には星状毛がある。触るとビロードのような手触りで、気持ちがいいくらいだった。もしかして?ビロードムラサキ(天鵞絨紫)?かとも思った。葉は薄い洋紙質で対生する。長さ6〜12センチの広卵形または卵状楕円形。葉腋に短い集散花序をだし、淡い紅紫色の小さな花を数個つける。果実は径4ミリほどの球形で紫色に熟す。 [続きを読む]
  • ハナイカダ(花筏)の実
  • ハナイカダ(花筏)の実<ミズキ科ハナイカダ属>落葉低木。雌雄異株。別名ヨメノナミダ(嫁の涙)ママッコ(継母子)以前から不思議な花だと思っていた。葉の表面の主脈の上に4弁の淡緑色の小さな花をつける。今はまだ青い実だが、やがて黒く熟す。食べれば甘いそうだ。若葉は山菜として食べられるんだそうだ。別名のヨメノナミダを覚えることができた。観察会ではこの名に盛り上がった。 [続きを読む]
  • ニワトコ(接骨木 庭床)の実
  • ニワトコ(接骨木 庭床)の実<スイカズラ科ニワトコ属>落葉低木。ニワトコの春を告げる蕾も可愛い。もう、赤い実になっていた。葉は奇数葉状で互生。小葉は2〜3対あり、長楕円形で先が尖る。枝や幹の黒焼きが骨折、打ち身の薬になることからこの名がある。 [続きを読む]
  • ミツバウツギ(三葉空木)の実
  • ミツバウツギ(三葉空木)の実<ミツバウツギ科ミツバウツギ属>落葉低木。今はもう花を終えて、青い実になっている。観察会ではこの実をボクサーパンツとか、呼んで愉しんでいる。葉は3出複葉で対生する。下は花花は枝先に円錐花序をだし、8ミリほどの白い花を咲かす。花弁は5個で完全には開かない。 [続きを読む]
  • ユウゲショウ(夕化粧)と白花
  • ユウゲショウ(夕化粧)と白花<アカバナ科マツヨイグサ属>夕方に咲くからユウゲショウの名があるが、実際には日の出前に咲いて夕方、日没の頃しぼむ。ピンクの花弁には紅色の脈が目立つ。雌しべは4裂する。紅紫色の花弁は4枚。アカバナユウゲショウとも言う。赤花の中に咲いていたシロバナのユウゲショウ。群生している所をよく探すと、白花に会えることもあります。 [続きを読む]
  • タイサンボク(泰山木)
  • タイサンボク(泰山木)<モクレン科モクレン属>常緑高木。葉は長楕円形で革質。表面は光沢があり、裏面はさび色の毛が密生する。花は大きく径12〜15センチの芳香のある白い花を咲かす。花弁は6個。萼片は3個で花弁状。雄しべは多数で花糸は紫色。いつも高い所に咲くが、新宿御苑のは目の前で見られる。上品な香水を嗅いだような気分でした。 [続きを読む]
  • ユリノキ(百合木)
  • ユリノキ(百合木)<モクレン科ユリノキ属>葉は薄くて固く、半纏に似た形からハンテンボク(半纏木)とも言う。花は径5センチほどで帯黄緑色の丈の低いチューリップに似た形から、チューリップツリーとも言う。花弁は6枚で基部に橙赤色の斑紋がある。落葉高木。果実は翼果が集合したもので長い松ぼっくりのような形。いつも、高い所に咲いているので、なかなか花をアップに撮れないのだが、新宿御苑では、他に邪魔をする木がな [続きを読む]
  • ミヤマシラスゲ(深山白菅)
  • ミヤマシラスゲ(深山白菅)<カヤツリグサ科スゲ属>図鑑には、湿地や水路に生えるとあったが、牧野庭園では普通の土の上によく生えていた。基部の鞘は淡色で下部は粉白色を帯びる。花茎は高さ30〜80センチ。丁小穂は雄性、線形で汚黄色長さ3〜7センチ。 [続きを読む]
  • ウコギ(五加)
  • ウコギ(五加)<ウコギ科ウコギ属>オカウコギ(岡五加)かと思う。またはマルバウコギ、ツクシウコギとも。枝には太い棘がある。葉は小形の掌状複葉で、小葉は5個ある。5月頃、散形花序に黄緑色の花をつける。雌雄異株。花が終わって小さな実がなっている。 [続きを読む]
  • ナンテンハギ(南天萩)
  • ナンテンハギ(南天萩)<マメ科ソラマメ属>埼玉の里山に出かけた時、緑の草の中に見つけたもの。始めはエビラフジ(箙藤)かと思ったが、たぶん、ナンテンハギ(南天萩)だと思う。木質なので、樹木の辞典で調べたが植物辞典に載っていたものだ。上の画像を見ると一見、エビラフジ(箙藤)にも見えてくるのだが・。葉は互生し、二枚の小葉からなる羽状複葉。葉のわきから2〜4センチの総状花序をだし、紅紫色の蝶形の花を多数つ [続きを読む]