匠石 戒丘 さん プロフィール

  •  
匠石 戒丘さん: シルバーグランド占いえほん
ハンドル名匠石 戒丘 さん
ブログタイトルシルバーグランド占いえほん
ブログURLhttp://saitamasilverground.blog.fc2.com/
サイト紹介文日常の気付きをテーマにしたブログです。 毎日更新。土曜日はイソップ物語でございます。
自由文日常の「気付き」がテーマです。毎日更新しております。土曜日はイソップ物語でございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/06/28 20:20

匠石 戒丘 さんのブログ記事

  • 二十歳過ぎての子に意見
  • 二十歳過ぎての子に意見はたちすぎてのこにいけん、言っても無駄ってことです。たしかに!にわとりさんも、そうだったもの!いいこと言ってるって分かるけど聞かなかった。そういうものですよね。かえるさんも?十代後半には、意見自体されませんでした。あっ、そーなんだ。 [続きを読む]
  • 熱火を子に払う
  • 熱火を子に払うあつびをこにはらう、ヒトは追い詰められると、降りかかる火の粉を自分の子の方に払うようなことをするものだ、と言うことです。実際に子供にするかは別にして、人は追い詰められると自己中心的になるというのはあることだね。そうですね、よく、最近は、自分の子を放置して死なせてしまうニュースなど聞きますが、昔だって貧しさのあまり、色々な話がありますね。昔は食べるのも、ままならない時もあったからなぁ、 [続きを読む]
  • 断機の戒め
  • 断機の戒めだんきのいましめ、孟子が学問を投げ出そうとした時に、母親が、機織りの糸を切って、お前のしようとしていることはこういうことだ。と言って戒めたエピソードからきています。でも、向いてなかったら、時間の無駄じゃない?なんで始めたのかも良く考えなくてはいけませんし、投げ出した後に、あの時にやめてよかったなぁ、と将来思えるかも良く考えなければいけません。ちょっと上手く行かないから、辞めたいだけなのか [続きを読む]
  • 門前の小僧習わぬ経を読む
  • 門前の小僧習わぬ経を読むもんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ。お寺の前に住んでいる子供は、習わなくてもお経を覚える、要するに環境は大切だと、言いたいわけです。まあ、何でも出会いって大切だよね、自分の才能なんて発揮してみなきゃ分からないし。そう思うと、学校で一通り教科があるのも判りますね。でも、学校で習うと妙につまらなく感じるんだよね、卒業した後、歴史好きになったりするじゃん。数学でも、数学者的には [続きを読む]
  • イソップ寓話 子ガニと母ガニ
  • 今回はイソップ寓話の 子ガニと母ガニ です。母ガニは子ガニに、あなたは、いつも横に歩いて、キチンと前に歩きなさい、と注意しました。ムチャクチャ言うなぁ!!それで子ガニは、じゃあ、どうやるか教えて、とまじめに聞いたのですが、母ガニも上手く出来ませんで、転んでしまいました。おしまい。なにそれ。自分が出来ない事は、ヒトにどうこう言わない方がいい、ってことだそうです。現実には良くあることだけどね。かえるさ [続きを読む]
  • 蛙の子は蛙
  • 蛙の子は蛙かえるのこはかえる。蛙の子はおたまじゃくしでしょ。はは、そうですね、でも、似て無いようでも、結局は似る、って意味なんです。ああ、だから、最初は似てないようでも、結局はそっくりな蛙になるってことか。子供の頃は、だらしない馬鹿オヤジだと思っても、自分も大人になると、結構立派な親だ、とか思うものね。子供の方も気持ちが分かるようになって行くんですよね。子供は親を理想化してしまうものですし。かえる [続きを読む]
  • 袖振り合うも他生の縁
  • 袖振り合うも他生の縁そでふりあうもたしょうのえんヒトとヒトの出会いは、袖と袖が触れ合うような少しのことでも偶然じゃない、ってことだね。本当かな?縁と言うものは、証明できませんから分かりませんが、そう考えて一つ一つの出会いを大切にするのはいいことですよね。たしかに偶然じゃない、って思うことは大事かもね。恋愛とかも、次がある、って思うと何も起こらないものね。かえるさんのブログなどご紹介お問い合わせフォ [続きを読む]
  • 惚れた腫れたは当座のうち
  • 惚れた腫れたは当座のうちほれたはれたはとうざのうち、愛している、なんていうのは最初のうちで、そういうものはすぐに引いてしまう、ということですね。さびしいことだね。そういう意味なんですけれど、占い的に言うと、愛している、という恋人同士の感覚は、格好つけたりがあるので、疲れるんですよね。だから、恋愛モードから、家族モードというか、癒しモードになるんですよね、お互いいても気軽で疲れない状態ですね。確かに [続きを読む]
  • 一生添うは男の習い
  • 一生添うは男の習いいっしょうそうはおとこのならい。男の君だけを一生愛する、と言うのは、ぜんぜん当てにならない、ということですね。って言うか、誓いってだいたい当てにならないよね。だいたい、ダメそうだから、誓うんですよね。相手も誓わせたいんですよね。かえるさんのブログなどご紹介お問い合わせフォームにほんブログ村先日のご投票は22でしたご投票ありがとうございましたココナラでメール占い始めました!よろしく [続きを読む]
  • 河豚にも当たれば鯛にも当たる
  • 河豚にも当たれば鯛にも当たる ふぐにもあたればたいにもあたるフグには当たっても、タイには当たるイメージは無いな。腐ってたら、どんな魚でもあたるでしょ。そんなこと言ったら、なんでもあたるよ。そういう意味なんです、災いって言うのはどこにでもあるものだ、ってことです。なるほど、フグじゃないから、安心だ、とか、ゆるいこと言ってちゃダメってことか。かえるさんのブログなどご紹介お問い合わせフォームにほんブログ [続きを読む]
  • 習うは一生
  • 習うは一生人生は一生勉強ってことだね。本当にそうですね、そのとおりです。言い方を変えれば、他にやること無いような気もするんですよね。若いうちは、あれが欲しい、これが欲しい、こうなりたい、ああなりたいって思うでしょ。それも、勉強なんですよ、そのために頑張ったり、挫折したり。年をとれば、どれもどうでも良いようなものだったりしますがww若い頃はこだわっていたものが、消えることで、始められたり、見えたりす [続きを読む]
  • イソップ寓話の 漁師と小魚
  • 今回はイソップ寓話の 漁師と小魚 です。かえるさんが大好きな話です。へー、面白いんだ。漁師が、その日は小さな魚しか捕れなくてガッカリしていたら、小魚が「私みたいな小さな魚持って帰っても意味ありませんよ、今、逃がしていただければもっと大きな魚になりますよ」と言いました。助けてあげて、ハッピーエンドパターンかなww漁師は「何言ってるんだ、無いよりマシだよ」と言いました。おしまい。おしまい!!!???? [続きを読む]
  • 玉磨かざれば光なし
  • 玉磨かざれば光なしたまみがかざればひかりなし、どんなに才能があっても努力しなければ結果になりませんよ、ってことです。天才って言われている人も磨いてるのかね、努力は必要なのかね。あのヒトは才能がある、って言われている人は、頭の使い方が上手くて、努力の仕方を知っている、って感じですよね。努力をするのも頭使うのかな。何の考えもなく、だらだらやっても努力とは言えないですよね。うーむ、一理あるかな。かえるさ [続きを読む]
  • 禍福己による
  • 禍福己によるかふくおのれによる悪いことも良い事も自分次第、ってことだね。でも、自分じゃどうしようもないこともあるでしょ。そのとおりです、でも、何でもかんでも運のせいにしてはいけない、ってことでしょうね。そして起こったことをどう受け取るかも自分次第ですよ。世界の全ては、自分がどう思うかが、結果そのもの、ってことだねぇ。かえるさんのブログなどご紹介にほんブログ村先日のご投票は19でしたご投票ありがとう [続きを読む]
  • 迷わぬものに悟りなし
  • 迷わぬものに悟りなし悟るためには迷いが必要。たしかに。まあ、そういうことなんですけどね、でもかえるさんとしては、「悟り」って目的になりますかね。ああ、なるほど、悟る、ためには、ってよく言うよね。人生で、悟った、成長した、って思うのは、自分の考えの幅が拡がった時でしょ、悟る、みたいな最終ゴール的なものなんてないですよ。全部どうでもいいや、って言うのは多分悟りじゃないでしょ。そう考えると、何があっても [続きを読む]
  • 利によりて行えば恨み多し
  • 利によりて行えば恨み多し自分のことばっかり考えてやると、恨みになることが多い、ってことだよね、でも、当たり前じゃない?普通じゃない?あれがほしい、これがいやだ、負けたくない、あのヒトばっかり、なんて考えて生きていると、恨みが生まれやすいですよね。まあ、そう言われてみるとそうかもね。でもそういう気持ちもがんばるためには必要じゃない?そんなくだらないこと考えないで、自分がやると決めた必要なことをやった [続きを読む]
  • 今日の一針明日の十針
  • 今日の一針明日の十針今日やれば一針ですむのに、後回しにするから、ほころびが拡がって、仕事が増える、ってことです。後回しにしちゃうよね、でも、しちゃうものはしちゃう。わかります、かえるさん最近思うのですが、意志力で気合で頑張れ!というより、体調管理や、計画力で結果を変えることが大事で、気合じゃないな、って思います。もう、それが気合なんじゃないの?具体的な計画でないと、気付くと元に戻ってます、精神論で [続きを読む]
  • 習慣は第二の天性なり
  • あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。今年もよろしくお願いします〜☆さて、今年の目標をかねて、こんな言葉を選んでみました。習慣は第二の天性なりしゅうかんはだいにのてんせいなり。正月からなんて重苦しい言葉を、あいかわらず空気を読んでないね、かえるさん。去年が結構いいかげんな年だったんで、今年は頑張ろうかと思いまして。いい習慣を身につけたいんです。思うんですが、何かをする、という [続きを読む]
  • イソップ寓話 ロバとキリギリス
  • 今回はイソップ寓話の ロバとキリギリス です。へー、ロバとキリギリス!アリなら知ってるけど。まあ、たいした話じゃないんで。キリギリスが、上手に歌を歌っていたのを聞いて、ロバが、自分も歌いたくなって、歌ってみたけれど、キリギリスのようには出来ません、そこで、ロバはキリギリスに、「どうやったら、そんなに上手に歌えるの?何か特別な食べ物でもあるの?」キリギリスは冗談で「そうだよ、僕らは露しか飲まないんだ [続きを読む]
  • 五十にして四十九年の非を知る
  • 五十にして四十九年の非を知るごじゅうにしてしじゅうくねんのひをしる。五十歳になって四十九年の過ちを知る、人生だねぇ。人生とはそのように過ちの多いものだと言うことです。かえるさんのブログなどご紹介にほんブログ村先日のご投票は17でしたご投票ありがとうございましたココナラでメール占い始めました!よろしくお願いします占いによる性格分析で、現実的なアドバイスをいたします。 [続きを読む]
  • 他人は時の花
  • 他人は時の花たにんはときのはな他人は花、ほめてるのかな。他人の親切は花の様に一時のものだから、自分でしっかりしなさい、ってことです。なるほどねぇ、上手いこというねぇ。かえるさんのブログなどご紹介にほんブログ村先日のご投票は15でしたご投票ありがとうございましたココナラでメール占い始めました!よろしくお願いします占いによる性格分析で、現実的なアドバイスをいたします。 [続きを読む]
  • 千人の諾々は一士の諤々に如かず
  • 千人の諾々は一士の諤々に如かずせんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかずひらがなにすると、大変読みにくいですな。大勢の言いなるになる人たちより、キチンと自分の主張が出来る人間が一人のほうが大切だ、ということです。それはある意味自分にも厳しい言葉だね。実際には難しいことですからね。かえるさんのブログなどご紹介にほんブログ村先日のご投票は20でしたご投票ありがとうございましたココナラでメール占い始め [続きを読む]
  • 好事魔多し
  • 好事魔多しこうじまおおし、いいことには、すぐに邪魔が入る、ってこと、ですな。わかる、上手くいってる時には、邪魔が入るものだよね。あと、上手く言っている時には、油断しているって言うのもありますね。油断を戒める意味もあるのか、その使い方が一番有用かもね。かえるさんのブログなどご紹介にほんブログ村先日のご投票は16でしたご投票ありがとうございましたココナラでメール占い始めました!よろしくお願いします占い [続きを読む]
  • 兎を見て犬を放つ
  • 兎を見て犬を放つこの言葉は、ウサギを見つけてから、イヌを放っても間に合う、失敗しても、やり直しが出来る、という意味なのですが、もう遅い、手遅れだ、という意味でも使うそうです。は?全然逆じゃないの。そうなんです、ことを良く見極めてから、対策をしても間に合うこともある、って意味なんですけど、何も知らないで聞くと、どう聞こえます?あー確かに、手遅れって聞こえなくも無いな。だから、そういう意味で使われちゃ [続きを読む]
  • 二度教えて一度叱れ
  • 二度教えて一度叱れ怒る前に、キチンと教えましょう、ってことわざです。でも、自分で全然勉強しないヤツとか、メモも取らないヤツとか、教えてもムダでしょ、メモを取って、メモを見て復習しないやつなんて教えよう無いよ。確かに。かえるさんのブログなどご紹介にほんブログ村先日のご投票は16でしたご投票ありがとうございましたココナラでメール占い始めました!よろしくお願いします占いによる性格分析で、現実的なアドバイ [続きを読む]