メガネ先生 さん プロフィール

  •  
メガネ先生さん: メガネ先生 かく語りき
ハンドル名メガネ先生 さん
ブログタイトルメガネ先生 かく語りき
ブログURLhttp://m-table.seesaa.net/
サイト紹介文個別指導塾での元教室長が中高生の学習や塾のあれこれについて思うままに雑多に書き連ねる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/06/29 00:26

メガネ先生 さんのブログ記事

  • 辞書の使い方を知っているかどうかが英語の力を知る指標になる
  • 今までの指導の中で辞書をそもそも持っていないという高校生がいました。公立中学校で使用する教科書なら巻末に単語を調べるための一覧がついていますが、高校の英語の教科書の学習には辞書が必要不可欠です。特に辞書の使い方を知っているかどうかは英語の力を知るための一つの指標にもなります。というのも、辞書の使い方を学校では細かく指導をしてくれません。ある程度自力で習得する子が多いのです。辞書の使い方を知らない子 [続きを読む]
  • 分からない問題を考える時間があるなら次の問題を
  • 受験生を指導していると、分からない問題をじっと考えてしまい勉強する時間を削っている子がときどきいます。しかしながら、分からない問題を考える時間を短くし、まずは自分ができることとできないことを明確にするためにどんどん先に問題集や参考書を進めていきましょう。5分ほど考えて解答への道筋が見つからないときは基本的にできない問題です。問題集にできなかったということが分かるように印をいれ解説をみていったん、納 [続きを読む]
  • 個別指導塾や家庭教師はまだまだ夏の受付を実施している
  • 夏休みも中盤に差し掛かりました。やっと部活動も終わり、受験勉強をこれから開始という方も中にはいらっしゃるかもしれません。集団指導塾ですと予定をあらかじめ組んでいますので、夏の受付は難しいのではないかと思います。ですが個別指導塾や家庭教師ですと、いまからでもまだまだ申し込んで夏の学習を開始することができます。勉強にはタイミングなどはありません。始められるなら早いほうが良いのです。もしこれから通塾を検 [続きを読む]
  • 高校生が参考書や問題集を買いに行く際に注意すべきこと
  • 世の中にはたくさんの参考書や問題集があふれています。書店にいってどれを買っていいのかわからないなんてことはよくあることです。参考書同様、書店もたくさんあってどこにいけばいいのか分からないことがよくあります。今回は問題集の選び方ではなく、書店の選び方についてすこし述べられればと思います。基準は扱っている出版社書店によっては扱っていない出版社の問題集や参考書があります。顕著なのがZ会です。書店によって [続きを読む]
  • 睡眠時間を削ってまで勉強することはよいことか
  • 先日、集団指導塾の合宿に行くという中3生のお話を聞きました。その話の中では睡眠時間を短くして極力、勉強に時間を充てるために合宿を行うというようなことを聞きました。ただ、睡眠時間を削ることは決して良いことではありません。受験脳の作り方 [ 池谷裕二 ]価格:529円(2016/8/3 23:00時点)感想(21件)私が担当していた生徒の学習計画や日常行動に関して話をする際の根拠としているのが上記の書籍ですが、こちらでも睡眠の重要 [続きを読む]
  • 問題集は直接書き込むのではなくノートにする
  • 問題集は一度やって終わりではありません。同じ問題集を何度も繰り返すことが重要です。ところが指導してきた生徒たちを振り返ってみるとノートにせずに直接書き込んでいる子たちが多かったのです。学校の問題集も塾に勤めていた時代では1学期の初めに教室へ持ってこさせ、それをコピーして何度も解きなおしをさせました。それくらい何度も解きなおすことが重要です。一度目は分かる二度目は解ける三度目は点になるというくらいの [続きを読む]
  • 勉強の計画を立てるには - 三日坊主にならないための計画の立て方
  • 日常から学習習慣がついていないと、計画を立てても続かないことが多いのではないでしょうか。特に勉強が苦手な子ほど、ぎっちりとやることを詰めてやりきれずに勉強しなくなるということもよく聞きます。ではどのように計画を立てるべきかを少し、考えてみたいと思います。1週間のうちすべての曜日に予定を詰めてしまうと失敗する多くの勉強の苦手な人たちは1週間の7日間のうち7日間にすべて勉強の予定を入れます。しかし、これで [続きを読む]
  • 参考書や問題集を眺めているだけでは成績は上がらない
  • 電車に乗っていると、数学のノートを見て覚えようとしている高校生らしき子を時々、見かけます。しかし、ただ見ているだけでは覚えることはできません。他の科目でも共通ですが、自身で手を動かしてアウトプットをしましょう。どの科目も必ず入れた知識を使ってみることが重要必ず頭に入れた知識は手を動かして自分で解答を再現できるか確かめてください。理解していることとできることは違います。理解していてもできないことはた [続きを読む]
  • なぜ勉強するのか - 勉強をする理由
  • 私が小中高時代でよく聞いたのは、勉強する意味がないという言葉でした。しかしながら、勉強をする理由というのは大人でも説明が難しいのです。さて、とあるきっかけで日本商工会議所主催の簿記検定の3級の指導をしてほしいという依頼を受けました。その指導をしていく中で学校で学習することがいかに大事で目に見えないところで効いてくるのであるということ感じさせられました。その経験を例に少し、勉強をする理由について考え [続きを読む]
  • 集団指導塾や個別指導塾でテキストをたくさん持たされた場合
  • ある集団塾へ通う中学生の生徒さんで、塾からたくさんの教材を持たされているものの活用されていないケースがありましたので、今回はたくさんのテキストを持たされた場合にどうするかということをお話しします。だれかが要不要を判断する上記の生徒さんに関して、通常の塾で使用するテキストと定期テスト対策で使用するテキストが分かれており、定期テスト対策用のテキストを1科目につき何冊も持っているという状態でした。さらに [続きを読む]
  • テレビゲームが成績に影響しない
  • ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向宿題や勉強をする時間を聞くと、ゲームを禁止されている子(27人)は平均92.2分、ゲームで遊んでいい子(575人)は平均80.3分だった。子どもの成績については、ゲーム禁止の子で92.6%、ゲームOKの子で92.5%の親が「成績がよい」と回答。ゲームを禁止している子もOKな子も、ほぼ変わらない結果となった。また、子どもの44.0%がゲームが勉強に役立つことがあったと答え [続きを読む]
  • 勉強の習慣をつけるには一定の時間が必要
  • 中高生の皆さんは、家でなかなか勉強できないというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。また保護者の方も子どもが家でなかなか勉強しないという悩みをお持ちではないでしょうか。どうすれば自発的に勉強するようになるのか、またそれが習慣化していくのかについて記したいと思います。部活を引退して時間ができても勉強しない中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭では特に部活引退後に勉強するようになるだろうと考え [続きを読む]
  • 問題集や参考書の選び方
  • 書店に行くとたくさんの問題集や参考書がおいてあります。どれを買うのが良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回は、簡単に問題集や参考書の購入について中高生向けにまとめてみたいと思います。【中高生共通】自力で7割解答できるものを問題集や参考書を購入するにあたり、必ず注意したいのは自力で7割正解できるものを選択するということです(ここでは正解できるかどうかは問いません)。そもそも、成績の向 [続きを読む]
  • 文理選択と科目選択
  • 高校1、2年生の皆さんは夏休み明けくらいから徐々に来年度の選択科目、特に地理歴史と理科の選択についての調査などが始まるかもしれません。また、場合によっては文理選択も秋から本格的に考えなければなりません。ではどのようにして選択すればよいのか、それを簡単にまとめたいと思います。文理選択は苦手で選ばない文理の選択は苦手で選んでしまうとあとあと大きな失敗になりかねません。数学ができないから文系にいくことはお [続きを読む]
  • 中3から高1へ上がる際に、通塾は続けるべきか
  • 高校入試での合格のために塾に通っていらっしゃる方の大半は、受験が終了すると塾をいったんやめてしまわれます。個別指導塾の場合、高校生も受け入れていますので卒業という形ではなくやめるという形(退会や退室)になるでしょう。しかしながら、このタイミングでやめてしまってよいのでしょうか。今回は中学校から高校へ進学するタイミングで塾をやめても大丈夫かについて記したいと思います。塾からは必ず高1以降も継続するよう [続きを読む]
  • 志望大学を決めるには情報収集を
  • 進学ブランド力調査2016…「志願したい大学」関西1位は関大、関東は?明大8年連続1位、その理由とは…進学ブランド力調査2016明治大はやっぱり根強い人気がありますね。近畿地方でも関大の人気の高さは相変わらずです。名前を聞いたことがあるなど知名度の高さも影響しているのではないでしょうか。有名人・著名人などの輩出数も影響しているように思います。もちろん名前だけで選択することはよくありません。同じ学部・学科でも [続きを読む]
  • 夏にやっておかなければならないこと 中3
  • 夏休みが目前に迫り、中3の皆さんも夏期講習などを検討される時期ではないかと思います。中学3年生の皆さんが夏にやっておくべきことを簡単にまとめておきたいと思います。勉強が苦手ならまずは1学期までの復習を2学期以降もまだまだ新出単元が出てきます。数学なら2乗に比例する関数、英語なら関係代名詞など新しいことがまだまだ教科書に記載されています。しかしながらこれらの単元は3年生の1学期までの内容の積み上げがあって [続きを読む]
  • 夏にやっておかなければならないこと 高3
  • いよいよ夏休みが目の前に迫ってきました。ここであらためて、高校3年生の皆さんが夏にやっておかなければならないことをまとめておきたいと思います。受験予定の科目はすべて基礎基本を終わらせる受験予定の科目はすべて基礎基本を終わらせましょう。精度は演習を重ねながら高めてください。いきなりすべてできる必要はありませんが、未習事項があるのであれば夏休み中にすべて既習状態にしてください。夏休み明けは公募制推薦試 [続きを読む]
  • 高校2年終了までにやっておきたいこと 3 国語
  • 国公立大学へ進学したいひとや文系の皆さんは必ず必要になっている国語。国語、特に現代文は一朝一夕で伸びるようなものではありません。なかなか伸びない成績と常に格闘しながら勉強を進めなければなりません。簡単に私なりの国語の要点をまとめてみたいと思います。現代文こそ訓練が必要現代文こそ読解の訓練が必要です。日本語で書かれていて理解できなくはない科目なので勉強しない、勉強の仕方が分からないという中高生は多い [続きを読む]
  • 高校2年終了までにやっておきたいこと 2 数学
  • 今、高校1年生や2年生のひとたちにむけて前回は英語についてお話ししました。今回は数学について簡単にまとめたいと思います。理系も文系も問わず、国公立大学へ進学したいならⅡ・Bまで必要となることも多いですのが勉強量を考えると高3でじっくり復習というわけにはいきません。早期にある程度の実力を備えておく必要があります。教科書と教科書傍用問題集を活用せよ高校の数学の授業では、多くの学校で教科書と合わせて教科 [続きを読む]
  • 高校2年終了までにやっておきたいこと1 英語
  • 高校生にとって大学受験というのは大きな関門の一つです。国公立大学へ進学を考えているのであれば高2までで勝負のほとんどが決まるといっていいくらいです。では高2の終わりまでにどのように学習しておけば、近畿地方の関関同立レベルや国公立大学へ合格するための学力を備えることができるのかを、何回かに分けて記載したいと思います。1回目は英語です。英語は文理問わず必要となる科目ですので、どんな人たちも必ず受験しま [続きを読む]
  • 夏期講習を検討されている方々へ
  • 夏休みも見えてき、夏期講習を検討する時期になりました。すでに塾に通っている皆さんはすでに書類を提出し塾側も準備へ動き出した時期です。一方でこれから通塾を検討される方で、「とりあえず夏期講習でも」という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。夏期講習を受講するにあたり特に個別指導塾や家庭教師を検討されている方は以下のポイントを見て選んでいただければと思います。○申し込みは早めに(7/18くらいまで [続きを読む]
  • 不登校でも学力をつけて進学のチャンスを得られるように
  • 経済的支援の充実求める フリースクール等検討会議で不登校の原因は様々だと思います。学校での人間関係(いじめなども含め)が多いかと思いますが、家での手伝いを優先せざるを得ないために学校へ来られないという女の子が私が通う小学校にはいました。中学校は結局一度も登校しなかったんじゃないかと思います。とはいえ、私も中学校は不登校で丸2年行っていないのでその期間は知りませんが。不登校になったものの経済的理由でほか [続きを読む]
  • 通信教育のメリット・デメリット
  • 今までは人を介した指導のお話を続けてきました。しかし、世の中には「進研ゼミ」や「Z会」といった通信教育があります。今回は、その通信教育のメリット・デメリットをお話ししたいと考えています。進研ゼミをやってるけどうまく成績があがらない塾に勤めていたとき、よく聞いた話です。進研ゼミやZ会は得意科目や好きな科目の成績向上には向いています。好きなこと、自分ができることなので楽しいため進めていくことも苦になりま [続きを読む]
  • スマホの使い過ぎに注意
  • 女子高生なのに? 「スマホ老眼」に気をつけて塾に勤めていた時代もそうでしたが、中高生の多くの生徒たちがスマートフォンを使っていました。入会前の面談などでもスマホで動画を見たり、LINEでのやりとりで時間を使い勉強しないというお話はよく聞いていました。それ以外でも健康面でも影響がたくさん観察されるようになっているようです。スタディサプリなどスマホを使った学習サービスもある今、手放せないものとなってきまし [続きを読む]