ロビン さん プロフィール

  •  
ロビンさん: 駐在生活、満喫したぞ!
ハンドル名ロビン さん
ブログタイトル駐在生活、満喫したぞ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/fawnmeadow/
サイト紹介文海外と日本の違いなど気づいた点、それから帰国子女の子どもたちの帰国後について報告します。
自由文結婚してから欧州3カ国で駐在暮らし。そして10年間の日本での生活というブランクの後、米国で3年半過ごしました。米人と欧州人、似て非なる生物、そしてここがへんよね、日本人。その他、帰国してから気づいた「違い」を色々と報告したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/06/29 08:20

ロビン さんのブログ記事

  • 日本食材店にまつわる思ひ出 2
  • 随分時間が経ってしまったが、前回の続きである。 フランクフルトで、そこそこサバイバルな食材生活をしていたわけだが、その数年後、私たちは同じドイツでも「日本人の植民地」と言われているほど日本企業が集中し、日本人が多く住んでいたデュッセルドルフに引っ越しする。デュッセルドルフには、日本人が当時約6000人ほど。3000人と6000人では倍しか変わらんやないかとお思いであろうが、これがね、ぜ〜〜んぜんちゃいますね [続きを読む]
  • 「新しいモノ信仰」ニッポン
  • マンション探しの話です。 気にいった物件を二つ見送ったワタクチ 不動産屋さんの中には、 「完璧な物件を見つけるのなんて不可能に近いですよ」 って言う人もいたけどさ、 やっぱりさ、譲れるものと譲れないものがある。 築45年の物件を買うのはやっぱり冒険やし、道路の音が気になるってのもね。別にすっごいウルサイわけじゃない。便利なところに住むのが好きな人は、むしろ「静かすぎるのは逆に怖い」って人の方が多いかもしれ [続きを読む]
  • 男の胃袋
  • 9月になってようやく次男の学校が始まった。前も書いたが、部活にも入部して、もうすっかり充実した学校生活を送っているようだ。部活だけじゃなくて、 「どの授業も楽しいし先生もいい!」 とのこと。聞いたら、 アメリカの学校よりも最高らしい 男は単細胞シンプルに限ると、この時改めて思ったよ ただ、部活の運動量もハンパないし、まだ慣れていないので、初日の練習日はぐったりして帰ってきた。 「おれ、文武両立できへん [続きを読む]
  • 昭和を堪能した「君と歩いた青春2017」
  • 以前も書いたが、私が数年前に運転中にカーステで聴いていた昭和のフォークソングを聴いて育った息子はフォークソングが結構好き。「戦争を知らない子どもたち」なんてハマりまくり、うんざりするほどリピートさせられた 「『戦争を知らない子どもたち』を知らない子どもたち」 でも好きになるのねw そのフォークへの思いは、北海道一人旅を機に、さらに磨きがかかった。 もう夏休み後半なんてさ、ユースホステルで歌ってたよう [続きを読む]
  • 体面を気にする日本人
  • あれは私が中学生の時だ。もちろん、まだまだ昭和の真っ只中。 英語の先生の友だちというアメリカ人が授業中にやってきた。 当時はまだ海外旅行も庶民にはお高い時代。子どもにとっちゃあアメリカははるか遠い未知なる世界であった。 先生が、なんでも質問していいよというので、生徒たちがあれこれオドロオドロその米人に(日本語で)質問していたと思う。 誰がどんな質問かは忘れたが、何かの質問の時、その米人がこう答えたのだ [続きを読む]
  • 我が引っ越し回数に我ながら驚く
  • あらら〜、また北朝鮮、ミサイル発射しましたね もうどうなるんざんしょ なんて書いてもどうしようもないので、本題に入ります。 結婚するまでは、いや、してからも、私がこれだけ引っ越し族になると、誰も予想だにしなかっただろう。 今まで住んだ家の数を数えてみると11軒 日本での引っ越しもあるが、もちろん大半は海外だ。 いやはや、モノを捨てられない私が、海外転勤がなく、せいぜい自主的な国内の引っ越しくらいだったな [続きを読む]
  • 初めての部活
  • アメリカでは長男は大学生になったところだったので、日本に置いてきた。そして帰国して、先日3年半ぶりに家族で生活することに。 一緒に住んでみて実感したのは長男21歳、反抗期などがすっかり見事に抜け、温厚な草食動物になっていた 一方、次男16歳。まさに今は反抗期真っ只中。妙な自信ばかりつき、そして自立心も旺盛で生意気なことばかり言い、もうムカつくことムカつくこと 学校どうだった?とか聞いても、機嫌がよっぽどよ [続きを読む]
  • 使い捨て大国ニッポン
  • マンション探しの話。 以前、欧州人に、帰国したら中古マンションを買う計画をしている、欧州だったら当たり前だよね、因みに築30年くらいのってどう思う?って聞いたら、 「ああ、ボクの国にも30年くらいのあるよ。ダウンタウンとかに行ったら・・・」 と言う。えっ?築30年ってそっちじゃたくさんあるんとちゃうの?って聞いたら、どうも聞き間違いw 築30年やなくて、1930年代の建物とのことやった 1970年代頃から始まった日本 [続きを読む]
  • 「不倫騒動」が恥ずかしいw
  • アメリカ在住のブロガーさんの記事読んでホンマそうやわ!と思った昨今の不倫騒動。 前、ベッキーの不倫騒動の時も私、チラッと書いたけどさ、今回もまたテレビは賑わってるよね〜。 政治家やら芸能人のそれまるでブーム?ってくらいに出るわ出るわwww でも、なんですかあれ? いや、これがワイドショーとか週刊誌のスクープとかなら全然いいのよ。やりなはれ、やりなはれ。 でもさ、それがなんで当然のように政治家の場合、辞 [続きを読む]
  • 日本人の「鎧」は分厚いでっせ〜
  • マンション探しでいろいろ気づいた日本人の特質。 いや、それまでは特質なんて思ってもおらず、当たり前やと思っていたことだが、欧米にいてあれ?って思ったこと、その一つに日本人の殻の硬さっていうのかな、他人をそう簡単に受け入れない用心深さがあると思う。 どこの国か忘れたけど、欧州の国にも、「ここの国民は仲良くなるまでは時間がかかるが、受け入れてもらえるとものすごくよくしてくれる」なんていうタイプの国民もあ [続きを読む]
  • 帰国子女うっかりミス
  • 始業式の二日くらい前に次男の高校の教頭先生から連絡があった。 「健康診断はアメリカでお済みですか?でしたら、その記録を提出していただきたいのですが・・・」 ふむ、健康診断はアメリカでも毎年受けていたが、最後にしたのは去年の夏休み。だから日本で改めて健康診断を受診することに。 日本の学校に必要な検査は、胸のX線と心電図と検尿とのこと。(あと、もし川崎病を小さい頃に発症していたら、その記録も必要) という [続きを読む]
  • 日本の英語教育ってどうよ?
  • さて息子、高校生活を楽しんでいるようだが、興味深かった話。 まず、体育はどうだったか? 「ピシッ、パシッ、ハッやで」 どうやら、今、体育祭の練習で、起立!礼!前ならえ!などなどを素早く且つ正確にやる練習をしてるらしいまるで軍隊のようだと 英語の授業はというと、 英語の先生、 「(次男がいると)めっちゃやりにくいわ〜」 そりゃそうやろなでもそう素直に言ってくれるところとか、息子の話では結構いい感じの先生み [続きを読む]
  • 帰国子女の「同化」具合
  • さて、次男、日本の高校生活の感想はどうかというと・・・。 日目、「まあまあやな」それ以上は一切感想なし。 日目、「宿題ありすぎオレ、部活入るのやめとこかな」 といって、ほとんど自室から出てこず夜遅くまでやってました大丈夫か、おい 日目、「どうやらみんな課題は全部してへんで、怖い先生のヤツだけしてるらしい」 「今日、席替えしたんやけど、オレ、5分で隣のヤツと友だちになった。オレ、友だちづくりめっちゃうまい [続きを読む]
  • 体験入学でした悔しい出来事
  • 最近、結構バタバタしてるっていうか、気忙しく、ついついブログがおろそかになりテキトーにやっていたのだが、昨晩ふと気になってアクセス数を見てぶっ飛んだ 私にとっちゃ前代未聞なことになってるしかもカテゴライズされてるのはエエけど、もう私、アメリカにおらんのに、「アメリカからお届け」になってるし以前みたいに「アメリカ」というグループなら、まあ関連してたから、とりあえずまだえっか・・・と思ってたが、さすが [続きを読む]
  • 日本人ってどうよ? 18
  • マンション探しをしてて改めて感じたことの一つ。 「日本人は無難なもんが好き」 ってこと。まあ、マンションなんてさ、そのほとんどが長四角なつくりなわけで、そこでどう間取りをつくるかっつうたら、まあそれぞれ部屋数によってパターンはほとんど決まるまあメインに2つか3つくらいじゃない? で、10年単位くらいでその頃の流行りの間取りがあったりするので、時期によって多少主流パターンが違う感じがするが、基本はほぼみ [続きを読む]
  • 男子の変化の激しさw
  • 9月に入り、朝晩素晴らしく涼しく快適になったニッポンでございます やれやれ、先週は怒涛の週末でした。 8月末に長男が我が家に「合流」し、なんや気忙しい片付けひと段落してもなんやドタバタと ところでうちの長男、中学高校の頃までは特によく食べるってほどでもなく、部活はしているので食べる時は食べるが結構ムラがあり。 「男の子は小さい頃はそうでもなくても、成長期になったら放っといてもよう食べるようになるで〜〜」 [続きを読む]
  • 日本人ってどうよ? 17
  • 次男、日本の高校、登校初日。 どないやろなあとLINEで「どう?」って聞いたら、 「まあまあやな」 ふむ、これはどういう意味か。すくなくともめっちゃ楽しいという感じではなさそうだが、まあな、日本人だと米国に比べりゃノリ悪いやろうし、若いとはいえ、やっぱり社交性が米人に比べ低いというか、打ち解けるまでちょっと時間がかかるというかまあ、しかも始業式からいきなりテスト三昧だし、そういうまったりする時間もないや [続きを読む]
  • 日本人ってどうよ?16
  • 欧米人から見た日本人のステレオタイプの一番くらいに挙がるのは、やっぱワーカーホリックってことじゃないかな。 1年くらい前の、某人気企業でオーバーワークで自殺してしまった若い社員の事件なんて、日本のことに興味ある欧米人なら誰でも覚えていて、その典型的な例として挙げてくるよね でもさ、私思うんやけど、上記のように不幸にも自殺に追い込まれるくらいつらいケースもあるだろうが、中にはホント、addicted(中毒)と [続きを読む]
  • うっかり忘れていたことw
  • 8月末は、長男の引っ越しで大忙しでございました。もうさ、またそのうち書くけど、大変よ、うちの男子。本当にさ、きったないのよまあでもこれ書き出すと永遠に今日のテーマに行きつかないと思うので、それは後日に回し。 さて、ようやくとりあえず捨てるものは全部処分し、やれやれという今朝。ってか、前夜。 明日(今日)は9月。次男は最後の宿題の感想文を必死に。 夫と私と長男がドタバタ荷物を「処理」している傍ら、次男は [続きを読む]
  • 悪徳業者
  • 前回ちらっと話した騙されそうになった話。 不動産屋ね。 家を売りたいと思った人が、不動産屋に仲介を依頼する。仲介には専任(専属)媒介と一般媒介がある。専任(専属)媒介は、その不動産屋を通してでしか物件を買えない。 で、私が見た物件はネット上ではそこでしか出ておらず、専任物件に見えたので、以前も電話で問い合わせしたことのあるその系列の会社に電話した。 しかしその担当者は、リフォーム部門担当だったので、 [続きを読む]
  • 断捨離しないと、みっとない終焉になるかもよw
  • 船便が届いてからもう2週間ほど経つが、箱を開けて出したりマンショが決まりそうになるとあかんやん!と慌ててしまい、でもやっぱりここはやめとく!と諦めると、また開けてみたり。 ホンマ落ち着かん 最近候補にあがったマンションはサイズが少し小さめだった。 でもまあ、大丈夫かな。ここより数平米広いはず・・・ん?ここのマンション何?やったっけ?と思って調べると、ここは86?。あら?80?やと思ってたがもうちっと広か [続きを読む]
  • イヤな空気が・・・
  • 朝起きて、BSニュースを見ようとテレビを付けたらこんな画面がいきなり飛んできた。 幸い、ミサイルは襟裳岬を通過し太平洋上に落下したらしいけど、怖いな。 これで激怒したアメリカが北朝鮮を攻撃し、そして戦争が始まったらどうしよう。 やっとシリアの戦争が終わりそうなのに。 核戦争になったら、もう終わりだよなあ。 現代の日本人のほとんどが、もう「戦争を知らない子どもたち」でその中でもとりわけ私のような昭和生ま [続きを読む]
  • 私の開花する才能?
  • テキサス州の洪水がえらいことになっていますね。老人ホームの高齢者の方々が腰まで水に浸かっているのを見て、ショックを受けました。短時間で一気に水位が上がったとか。 まあ、テキサス州といっても超広いので(日本の面積の倍ですよね、確か)、地域が違うだけで、全然状況は異なるのでしょうが(アメリカは治安もそうよね)、テキサス州のみなさまのご無事をお祈りしています。これ以上、ひどいことが続きませんように。 と [続きを読む]
  • 映画「あん」のモデル
  • 先日、ある新聞記者の講演会へ行ってきた。 私がハンセン病問題に興味を持ったきっかけは3回あった。 小学生の頃、映画「砂の器」を観た時、高校の時に先生から療養所のことを聞いた時。そして最後は、ハンセン病問題に関する新聞記事を読んだ時。 これはほんの10年くらい前。 この新聞記事によって、初めて、元患者たちがどんな厳しい人生を送ってきたのか知ったのだった。 その時の新聞記事はまあいえば私の「ハンセン病問題 [続きを読む]