@kei2008ta さん プロフィール

  •  
@kei2008taさん: 睡眠の日記 双極性障害とムズムズ脚症候群
ハンドル名@kei2008ta さん
ブログタイトル睡眠の日記 双極性障害とムズムズ脚症候群
ブログURLhttp://sleep-wellness-world.com/
サイト紹介文双極性障害、ムズムズ脚症候群、睡眠障害、睡眠不足、サプリ、照明、寝具、アロマで改善、クスリ、薬
自由文双極性障害2型です。ムズムズ脚症候群も併発。発病は数年前。会社の倒産と自己破産。それが引き金になり最初は「うつ病」と診断されましたが、効うつ剤で躁転してしまい、かなりのハイ状態に。かなりお金を浪費してしまいました。治ったと思いましたが、再びうつに…約8ヶ月引きこもり、再びハイに。この繰り返し。最近は低空飛行状態。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2015/06/29 18:37

@kei2008ta さんのブログ記事

  • ブリンドタッチの練習
  • ノマドワークをやって見たのですが、とにかくキーボードを早く打てないとやたら効率が悪いのに気がつきました。やっぱり4000文字とかを早く、ブラインンドタッチで早く打てないとやたらと効率が悪いです。そのために、ブラインドタッチの練習をすることにしました。このブログもブラインドタッチでやってますが、やはりなれないでいか、やたらと時間がかかります。指がキーボードの位置を覚えていませんし、なんと行っても自分 [続きを読む]
  • ノマドワーカー
  • どうも、休みが長いといろいろな事を考えてしまいます。その一つが仕事の事を全く考えないので、実際に集団の中に入って仕事をするのが嫌になる事です。以前にも旅行のことで少し書きましたが、どこに行くにしても組織に所属じていると、休みが大体決まっていて、その休みは盆と暮れで旅費が以上に高いことです。仕事は普段休みの日に働けば、代休という制度が使えるかもしれませんが、代休を取ろうとしたら単純な話ですが、普段の [続きを読む]
  • 携帯電話を友達の車の中に
  • 今日の昼に友人とスーパー銭湯に行ったのですが、カバンごとすっかり友人の車に忘れて来てしまいました。家の電話がないし、あったとしてもアドレス帳は全て携帯電話の中に。連絡の取りようがありません。しかも私は川崎住まい、友人は都内に住んでいて、ちょっと気軽にその人の家に行く、という事は出来ません。さらに悪いことに友人は車にあまり乗りません。行ったとしても、友人と連絡が取れないので、何時に行くね!とも連絡が [続きを読む]
  • クラウドワークをやって見た!
  • ちょっと今日は日中は用事があって出かけていたのですが、帰ってきてからパソコンに向かっていろいろ見ていました。転職活動もしているのですが、基本的には独立をしたいと思っています。そこで起業の記事を読んでいて、前からはなんとなくクラウドでやる仕事(インターネット内でやる仕事)の存在を知っていたんで、登録してやって見ました。いきなり敷居が高い仕事は無理だし、ホームページを作れる、といってもそんな大胆な仕事 [続きを読む]
  • クローズで面接に行ってきた
  • 今日は面接に行ってきました。当然のことながら転職活動もクローズでやっています。転職活動ですが、やはり2年半、仕事が続いたことが自信になっているのか、以前の就活に比べて言いたいこともはっきり言えましたし、前と比べると明るく話をしているのも実感できました。今、就職活動時のことを考えると、だいぶ違ったように思います。就職活動しているときはクローズで活動している事に後ろめたさを感じていました。しかし、実際 [続きを読む]
  • プラトニックな恋16
  • ある日、アイコから来たメールの中に、「本当に困っていることがあるんでしょ。正直に言って。私があなたに出来る事と時間は限られているから。」と書いてありました。私が、日々の送るちょっとした内容に気持ちが引っかかっていたようです。それは私自身感じていた事でしたが、直にメールには書いたつもりもなかったですし、言うつもりもない内容でした。しかし、彼女は文面からそれに気づき書いて来ました。そこにはとにかく正直 [続きを読む]
  • 休職してる・・・
  • 休職して、約10日。まるでやることがないと、寝てばかりです。いくら医者が、着替えて外出して、と行っても目が覚めて何もやることがないと、そのまま布団の中へ。私の家のすぐそばにコンビニがあり、私は勝手にそれを大きな冷蔵庫、と呼んでいるのですが、食べるものを買いに行くくらいしか外に出ません。それも食べるものが尽きてから。だいたい二日分くらい食べ物を買っているので、外に出るのは2日に一回程度です。今回の休 [続きを読む]
  • プラトニックな恋15
  • アイコのメールの書き方も、病気の進行と共に変わってきました。長文で一つの内容のメールでくるのではなく、一日の時間の中で書ける時に書いてある内容になってきました。朝、昼、夕方、夜の時間ごとに書いてある事が一つのメールの中に書いてありました。当然内容もその時間ごとに、感じた事です。彼女はそのメールの中でたまに、意識がはっきりしている時に、少しでも嘘を書かず、自分の気持ちを、自分の感じたことを正直に書い [続きを読む]
  • ちょっとやましい気持ち
  • 医者から出された診断書は、1ヶ月から2ヶ月の休職。私に残っている有給休暇は??日(個人特定回避・・・無駄ですかね?)有給休暇を使い切ると約1ヶ月の休み。それ以上休むと当然休みになるので、給料は出ません。次の手は役所の補助で休業保証。これは基本的な給与の8割くらい出るそうです。でも、肝心の私は医者が言うほど自覚症状はありません。医者に言わせると自覚症状がないのが問題なんだ!と言ってましたが。しかし、 [続きを読む]
  • 双極性障害で転職活動
  • 今の会社にはだいぶ馴染んできましたが、先行きが不安定。業界が業界なんで東京オリンピックまでは好調で業績もうなぎ上りのはず・・・ところが、話はかなり来ているのにも関わらず、業務が間に合わず、美味しい仕事も逃すし、積極的な営業活動もしてないので美味しい話もなかなか来ないのが現状です。そして、社内外問わずこなす人が減ってきています。こんな状態に危機感を感じ、起業、転職活動と両面から会社を離脱する方法を模 [続きを読む]
  • 長期休暇の弊害。胃も痛い、足も痛い
  • 医者のアドバイスに従って会社を長期休暇、今日で5日目になります。しかし、生活は乱れまくり。それは時間に限ったことだけではなく、食生活も。休暇前は、なんとも言えないほど規則正しい生活を送っていました。自分でも驚くほどの2年半。毎朝5時半起き、6時半の電車に乗って、中略(あまり詳しく書くと。。。)、帰りはだいたい8時くらい。土日は疲れて、寝てましたが隔週2日だったので実質的には月のほとんどが驚くほど、規 [続きを読む]
  • プラトニックな恋14
  • そろそろアイコの時間も限られてきてるのは、感じていました。私は彼女に自分の良いところだけを伝えているのでは、いい人のふりをしているのだけではないかと思い始めました。そして、すべて自分の悪い点もアイコに理解をして欲しくて、メールに書きました。病気になった経緯についても、その事でどれだけ周りに迷惑をかけたかも。アイコの残りの時間を知ってとても自分が弱くなって、うつ気味になっている自分が、アイコには書い [続きを読む]
  • 医者に止められても出社
  • 今日は出社。どうしても引き継ぎしなければならない仕事があります。医者曰く「組織は一人いなくなったも回るんだ!」と言っていましたが、そこは中小企業。本当に私しか知らない仕事があるんです。もしこれで、私が休むとどうなるか考えてみましたが、まずは最初からやり直し。しかも私が倒れた翌日には。さらにはお客さんと面識があるのは私だけ。その次に考えられるのが、納期が間に合わず問題が大きくなる。せっかく切り開いた [続きを読む]
  • 病気再発?ずる休み?
  • 先週、何となくやる気がなく午前中会社を休んでしまいました。大して重要な仕事もなかったし、前の日に飲みすぎもあったし。その週は希死念慮まではいかなくても、何となく自分の存在が嫌になることが多かった気がします。もともと診断書をもらっておいた方がいいよ。疲れて見えるし、いざとなったら使えばいいんだから、と言った人は一緒に飲んでいた人。そして月に一度の医者にその話をしたら、「うつ状態です、すぐに会社を休ん [続きを読む]
  • やり甲斐
  • ここ数ヶ月、やり甲斐について考えます。前にも書きましたが、デイワークに通っている頃本を読みました。本を読む気力もなかったのですが、病気に関する本は良く本屋で見ていました。その中で今だからこそ痛切に感じる事があります。それは、やり甲斐があって、規則正しい生活を送れる仕事、みたいな事が書いてありましたが、その時はそんな仕事はある訳がないと思っていました。しかし、実際に働き始めるとつくづくそうだなぁ、も [続きを読む]
  • 気力と体力
  • 昨日は久しぶりにかなり早く帰って、寝たのは9時前でした。それだけ寝て休めばヤル気が少しは戻るだろうと思っていました。しかし、朝起きるとやたらヤル気がしない。今日やる事を考えても、簡単な仕事のはずなのに、なんとなく出来るかなぁ?という気がして、しょうがなくとても会社に出社する事がおっくうになってしまい、休みたい気持ちでいっぱいな朝を迎えてしまいました。ふと、これは体力と気力は関係無いのでは、いくら長 [続きを読む]
  • 仕事と心
  • 先週辺りから、やたら物忘れが激しくなりました。当然それに伴ってミスも増えていきました。会社の上司には言われませんが、外出先のお客様から目の様子がおかしい、今まで何人かそう言う目になって、そのまま会社を長期間休んでしまった人がいる。医者に行って診断書をもらって、いざという時に会社に診断書を出して、長期間休んでは?と言われてしまいました。昔の自分は、こんなに物忘れが激しくなく、嫌でも仕事はできました。 [続きを読む]
  • プラトニックな恋13
  • アイコの容態は、良い日があったり、悪い日があったりするようになってきました。メールを送れない日も出てきたので、そんな日は非常に心配になり、いろいろな事が手につかなくなっていました。ある日、彼女は私に、辛くないは嘘よ!辛いし死ぬほうがいいと思う事も有るわ!たえられない。Keisuke何時まで耐えたらいい?Keisukeもうそろそろ限界。とメールで書いてきました。私には想像出来ないくらいの痛さだったのでしょう。痛さ [続きを読む]
  • プラトニックな恋12
  • アイコから、いつものメールに返信がきました。そのメールの内容は一時危篤になった、という内容でした。この状態で死亡くなってしまう人もいるようです。そんな彼女が一時記憶から、戻った時のメールを今回はそのままこのブログに載せます。私はkeisuke、目を開ければkeisukeが目の前にいるのよ!ここに来る途中も母が目元にタブレットを置いてくれていたの。時々目を開けるとkeisukeが見えてたし、ずっと声が流れてたの。不思議 [続きを読む]
  • プラトニックな恋11
  • アイコとのメールを後から、義理の弟に聞きました。医者がモルヒネを打たないと痛いから、早く打つように、と言っていましたが、メールを書き終わるまで打たなかったようです。医者はおそらくすごく痛いはずなのにモルヒネを打たないで、メールを書くのは凄い気力だ。よほど大事な内容なんだろう、と言っていたそうです。内容は、おそらく意識がある時間に書いていたのでしょう。書かれた内容に、時間が記されていた1日の感想や出 [続きを読む]
  • 仕事と転職活動
  • そろそろ転職活動を始めて、2ヶ月が過ぎようとしています。現在の会社は今までずっとやってきた業界。入ったのは当初の仕事内容が面白そうで、しかも実際に面白かったでした。しかし、会社がその事業から撤退。色々な部署をたらい回しされて、今の職種になっていますが、それは形だけです。そんな毎日を送って一年は、何も考えずにやってみようと思いましたが、ここ数カ月将来に対する不安と、会社でのパニックになる回数が増えて [続きを読む]
  • プラトニックな恋10
  • メールをやり取りしている中で、彼女からゴールデンウィークに会いたい、とメールが来ました。その為にアイコはパジャマ、歯ブラシ、寝る場所も用意してもらっていました。自分では出来ないので、義理の弟に頼んで全て揃えてもらっていたそうです。さすがにベットでは一緒に寝れないので、私が寝るソファの写真を送ってくれました。私は彼女に会える、と言う幸せな気持ちにもなりましたし、アイコの義理の母と弟に会える事を楽しみ [続きを読む]
  • ビィフワー、アフター
  • 病気になってから、ずいぶん人が変わったと思う事が多々あります。病院のせいばかりでもなく歳のせいもあるでしょうが、私が一番変わったなぁ、と思う事はとにかく人との争いが嫌になった事です。昔は進んで、問題を片付けて、人が争っていると仲裁に入って揉め事を解決していましたし、間に立たされても、気合を入れて双方に相対し解決を図りました。その時は力付くでも、みたいなバイタリティーを発揮して、相手をねじ伏せ、自分 [続きを読む]
  • プラトニックな恋9
  • アイコがホスピスに入ってからは、すでに外に出られない状態になっていました。咲き始めた桜も見る事が出来なくなっていたのです。そこで私は外出すると必ず写真を撮って彼女に送るようにし始めました。そして無理だと承知しながらも、「来年の桜は一緒に見に行こう」などと書き始めるようにしました。桜ばかり送っていても仕方ないので、道端に咲いている小さな花。公園に寄って、花畑が咲き乱れている写真。海などが見えれば景色 [続きを読む]
  • プラトニックな恋8
  • 桜が咲き始める季節になりましたが、それとは逆にアイコの調子は良くならず、自宅療養が出来ない状況になってしまいました。かなり痛かったようですが、たまにしか弱みを見せず、メールの交換をしていましたが、メールの内容や数が減ってきたのはこの頃からです。一通に同じ内容が書いてあるのではなく、1つのメールにその日の時間毎に内容や感想が書かれるようになっていました。本人は意識がハッキリしない時間がで始めたので、 [続きを読む]