銀菓神使アロゼ さん プロフィール

  •  
銀菓神使アロゼさん: 銀菓神使アロゼ〜アロゼ誕生前の物語〜サラの日記
ハンドル名銀菓神使アロゼ さん
ブログタイトル銀菓神使アロゼ〜アロゼ誕生前の物語〜サラの日記
ブログURLhttp://arroser2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文製菓を通した環境教育・科学教育及び場面緘黙児支援のための執筆活動です。
自由文『銀菓神使アロゼ』は、筆者の場面緘黙克服のちょっと手前の頃の実体験(主に心の動き)をもとに、フィクションとして執筆しています。が、最近はファンタジーに走り気味です。

2015年度は、
銀菓神使になるため、銀菓神局附属大学 花綵(はなづな)キャンパス 大学院の研究室で勉強を始めたサラ(後のアロゼ)の、キュンと切ないラブストーリーを日記形式でお届けしています。

(対象年齢 小学生以上)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供401回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2015/06/30 22:39

銀菓神使アロゼ さんのブログ記事

  • アロゼの休憩室72「春休みを迎えました。」
  • サラちゃんたちの世界でもそうですが、我が家も春休みを迎えました。娘の春休みにあわせ、私もパートの仕事のお休みをいただいたのですが、やりたいこと、やらないといけないことがたくさんたまっていて、あっという間に過ぎてしまいそうな予感がしています。ただいま、落花生を楽しむ、とあるグッズを作成中。完成まで今しばらくお待ちください。 [続きを読む]
  • サラの日記720(手刀方式の集団バージョン)
  • 銀菓神暦2017年3月26日<ねえ、ミシェル?><ん?><星間移動用鳥居って安全なの?><んー。自分たち次第……かな。鳥居は、地球圏でやってる手刀方式の集団バージョンで出すわけだからね><え? 手刀方式の集団バージョン? そんな不安定なので行っちゃうわけ?><うん、行っちゃうわけ。あ、でも大丈夫だよ。みんな経験五年以上の中堅だから><中堅? ベテランの人はいないの?><んー。新人ではもちろんだめだし、ベ [続きを読む]
  • サラの日記719(星間移動用鳥居までには間に合わせるから)
  • 銀菓神暦2017年3月25日<サラに言っておかないといけないことがあるんだ><何?><地球の磁気圏を抜けたら、星間移動用鳥居をくぐるんだ><星間移動用鳥居?><うん。このままの速度だと、片道だけで何ヶ月も掛かっちゃうからね。……でさ、星間移動用鳥居をくぐると……><うん、分かってる。もう、繋げなくなるのね><うん……><あ、そうだ。ミシェル、昨日言いかけてたことがあるでしょ? 何?><あ、うん。子どもの [続きを読む]
  • サラの日記718(ミシェルは心配する?)
  • 銀菓神暦2017年3月24日<ミシェル? 交代の時間で合ってた?><お、うん。……ちょっと待って。今終わる。……どうした?><あのね。シュウちゃんが部屋に来たの。……気にする?><シュウくんが? 何かあったの?><ううん。何もなくて、ただおしゃべりしに来たの><ちょっと待ってて。シュウくんの意識体を覗いてみるから……><うん……><……えーっと、シュウくんは……。んー……。ん、大丈夫だよ。サラを一人にし [続きを読む]
  • サラの日記717(許すってなんなんだよ。許すって。)
  • 銀菓神暦2017年3月23日<今日は何してた?><……ミシェル、ちゃんと繋いでくれてた?><繋いでたよ。ずっと><じゃあ、どうしてそんなこと訊くの?><繋いでたよ。繋いでたけど、なんとなく訊いてみただけだよ><じゃあ、今日、私が何してたか言ってみて><サラは今日、シュークリームをたくさん焼いて、クリームもたくさん炊いて……><いいわ。許してあげる><許すってなんなんだよ。許すって。僕、何も悪いことしてな [続きを読む]
  • サラの日記716(あったかい……。)
  • 銀菓神暦2017年3月22日<ミシェル? 今日はね、桜餅をたくさん作ったのよ。でも、よく売れたのは桜餅じゃなくて><シュークリーム?><うん!><桜、咲いた?><うん。少しずつね><……名前さぁ。サクラにしようか……。それとも、モモとかウメがいいかな><もう、ミシェルったら。生まれてくるのは秋なのよ?><秋か……。じゃあさ、ミドルネームに春の花の名を入れよう><ミドルネームに? ミドルネームにはお義父さ [続きを読む]
  • サラの日記715(中心部はとっても温かいのに、)
  • 銀菓神暦2017年3月21日<ねえ、ミシェル? 今、ミシェルには何が見える?><地球の、全体が見えるようになったよ><月は?><ん……、月は見えないな。今ここからは><そっかぁ……。ね……、私たち、月までは飛べるじゃない?><うん><月まで飛んで、ミシェルが乗ってる船に飛べるかな……><えっ? だ、だめだよ! そんな危ないこと><大丈夫。ちょっと思っただけ。本当にはしないから><うん……。ね、サラ><な [続きを読む]
  • サラの日記714(二人が居てくれるから、)
  • 銀菓神暦2017年3月20日港に行ってきました。ミシェルが乗る、火星行きの船を見送るために。一人で行くつもりだったのだけど、カリンさんとシュウちゃんが一緒に来てくれました。泣かないつもりだったのに、二人が居てくれるから、前が見えないほどの涙が出てきました。船が出発して一時間ほど経った頃、誰かから交信が入りました。ミシェルからです。<……あ、サラ。良かった。ここからなら、まだ話ができそうだ><うん! 今ど [続きを読む]
  • サラの日記713(小さく、小さく執り行われました。)
  • 銀菓神暦2017年3月19日花綵(はなづな)アグルム城の大広間で、ミシェル殿下と私の結婚の儀が、小さく、小さく執り行われました。このことは、国の広報紙の隅っこに、小さな小さな記事として掲載されました。結局、ミシェルが明日から火星勤務だということは、ミシェルの希望で、銀菓神局の人事関係者と、私たち二人の両親、それにカリンさん、シュウちゃんしか知らないままとなりました。あ、そんなことを書いていたら、今、お腹 [続きを読む]
  • サラの日記712(時間の余裕も心の余裕も)
  • 銀菓神暦2017年3月18日銀菓神局附属大学 花綵(はなづな)キャンパス 大学院の修了式でした。世の修了生の多くは、今日のような日、研究室の先生や同級生と別れを惜しんで遅くまで思い出話に花を咲かせていたりするのでしょうが、結婚の儀を明日に控えた私には、そんな時間の余裕も心の余裕もありませんでした。明日の結婚の儀に備え、今夜は城に泊まりです。実家の両親にあいさつを済ませ、城に向かいました。久しぶりの城での夜 [続きを読む]
  • サラの日記711(銀菓神使の数ある称号の中から、)
  • 銀菓神暦2017年3月17日銀菓神局附属大学 花綵(はなづな)キャンパス 大学院の修了式を明日に控え、銀菓宝果のチェックとセッティングをしました。作業をしていると、色々なことでざわざわしていた心が落ち着きました。銀菓宝果の管理は歴代の銀菓神使アロゼが行ってきました。私は銀菓神使アロゼ。このキャンパスで学ぶことがなくなったあとも、銀菓神使アロゼとして、銀菓宝果の管理者として、このキャンパスとずっと関わってい [続きを読む]
  • アロゼの休憩室71「つわり⇒世のお母さんたちは」
  • サラちゃん、つわりが始まってしまったようです。思い出します、自分の時を。もう、かれこれ10年ほど前のことになりましたが……。赤ちゃんが自分のお腹の中に居るというのはとても嬉しいことだったけれど、つわりの数週間は一日一日をやり過ごすのに必死でした。私の場合は、なぜかミカンの缶詰だけは食べることができて、本当は飲まない方がいいと分かってはいるのですが、水分もミカンの缶詰のシロップからしか摂ることができな [続きを読む]
  • サラの日記710(このなんとも言えない不快感を)
  • 銀菓神暦2017年3月16日ルセット先生が、銀菓宝果の飲み物に、つわり止めの加工をしてくださいました。飲むと、数時間は楽になったような気分になります。そう、気分になるだけで、実際に楽になっているのかどうかは自分でもよく分かりません。ルセット先生が私のお腹に向かって話し掛けます。「ちびちゃん、お願いだ。元気なのは分かったから、あまり君のママを苦しめないでくれ」そのあと、不意に数秒間の沈黙が続き、私は思わず [続きを読む]
  • サラの日記708(でも、それは全てルセット先生の存在があったから。)
  • 銀菓神暦2017年3月14日後悔はしていませんが、迷ってもいませんが、幸せだと思っていますが、それでもやっぱり不安です。私は、本当にこのまま、花綵(はなづな)アグルムに嫁いでいいのでしょうか。ルセット先生が居ない花綵(はなづな)アグルムで、ちゃんとやっていけるのでしょうか。確かに、二年前に比べれば、私を助けてくれる人の数は驚くほどに増えました。でも、それは全てルセット先生の存在があったから。ルセット先生 [続きを読む]
  • サラの日記707(これで、私たちの引っ越しは全て終わりました。)
  • 銀菓神暦2017年3月13日カリンさんとシュウちゃんに、花綵(はなづな)アグルム城の自室を案内しました。もちろん極秘にです。正門、裏門、その他の門は絶対に使わず、出入りは全て、移動用鳥居か手刀の鳥居を使ってもらうルールです。これで、私たちの引っ越しは全て終わりました。カリンさんとシュウちゃんからは、もっと色々な質問が出るかと覚悟していましたが、二人とも神妙な面持ち(おももち)で、必要最低限のことしか訊か [続きを読む]
  • サラの日記706(一週間後に迫った結婚の儀の)
  • 銀菓神暦2017年3月12日一週間後に迫った結婚の儀の最終打ち合わせでした。ですが、この結婚の儀は大きくは発表しない予定です。内々(うちうち)だけでの行事となる予定なので、打ち合わせもごく簡単に終わりました。この結婚の儀は、王太子が結婚の義を行わずに婚約者を残して、いつ戻れるかも分からない火星勤務に出てしまうというのは、やはりまずいので、取り急ぎ形だけでも行っておこうというものです。ルセット先生が火星勤 [続きを読む]
  • サラの日記705(職人は現場仕事ができてなんぼ)
  • 銀菓神暦2017年3月11日雇用契約書にサインをしました。今回は一学期間の契約です。半年後に契約を更新するかどうかは、その時の大学側の条件と私の気持ち次第です。それから、私の身体がどんな状態になっているかも分からないし……。でも、サインをしたからには、これからの半年間は、私が居させてもらえる場所で一生懸命頑張ろう。保証人欄へのサインも必要だったので、実家の父に書いてもらいました。父は、「色々決まりごとは [続きを読む]
  • サラの日記704(一気に緊張がとけて、)
  • 銀菓神暦2017年3月10日模擬授業最終日。その最後に、びっくりするようなことが待っていました。私の模擬授業を見ていた先生方が、一斉に拍手をしてくださったのです。モンテ学長が立ち上がって、「銀菓神使アロゼ先生。来月からよろしくお願いしますね」と言ってくださいました。「はい」と返事をしながら、一気に緊張がとけて、涙が止まらなくなってしまいました。 [続きを読む]
  • サラの日記703(何とか今日を乗り越えました。)
  • 銀菓神暦2017年3月9日何とか今日を乗り越えました。帰りに、メランジェ先生のところへ行ってきました。「おやおや、サラ先生。研修の方はいかがですか?」そう言って研究室に迎え入れてくださったメランジェ先生のことが、これまでよりも少し遠い存在に感じました。メランジェ先生が、来年度の研究生を迎え入れる準備に取り掛かっていらっしゃることも、そんな気持ちを大きくさせます。少しずつ、でも確実に、自分の居場所が変わっ [続きを読む]
  • サラの日記702(今夜は眠りたくありません。)
  • 銀菓神暦2017年3月8日模擬授業週間の半分が終わりました。今日一番不安だったのは、モンテ学長がいらっしゃらなかったことです。ほかに知っている先生の姿がないか、模擬授業をしながら教室を何度も見回しましたが、見事なまでに知らない先生ばかり。帰宅後、ルセット先生にその話をしてみたら、「当たり前だよ。受け持つ学生は毎年変わるんだから。知らない人だらけの方がいい練習になるよ」と笑っていらっしゃいました。今夜は眠 [続きを読む]
  • サラの日記701(何が怖いって、先生方からの反応が薄いのが)
  • 銀菓神暦2017年3月7日学部の先生方を前にしての模擬授業二日目。相変わらずこれといった注意もなく、ただただ緊張感に包まれた時間が過ぎていきました。何が怖いって、先生方からの反応が薄いのがとっても怖いんです。ルセット先生に相談してみましたが、ルセット先生は、「いいんじゃない? だめならだめだって言ってくれるだろうから……」なんて、あっけらかんとした表情です。そんなルセット先生に、人のことだと思って……と [続きを読む]
  • アロゼの休憩室70「700番台突入!」
  • 『銀菓神使アロゼ〜アロゼ誕生前の物語〜サラの日記』は今日から700番台突入です。サラちゃんは研究生の立場から講師の立場へ、そして母の立場へと成長していきます。この物語の連載はあと数週間で終了とさせていただくのですが、当初の活動趣旨であった、「製菓を通した環境教育・科学教育及び場面緘黙児支援のための活動」が思うようにできずじまいで、色々と心残りがあるのが正直なところです。そこで、連載終了後もこの場を [続きを読む]
  • サラの日記700(野次(やじ)の一つでも入れてもらえたなら)
  • 銀菓神暦2017年3月6日学部での模擬授業が始まりました。新しく作ってもらったばかりのスーツを着て、学部の事務所に向かいます。師弟としては何度も話したことのあるモンテ学長が、ちょっぴり遠い人に見えました。ちらほらと姿の見える学部生の皆さんは、私に気付くと会釈をしてくださいます。廊下ひとつ歩くにも、学生さんからの視線が気になって、どんな顔をして歩けばいいのか分かりません。手の空いている先生方を相手に模擬授 [続きを読む]
  • サラの日記699(プロとして、公私の区別はきちんとつけよう。)
  • 銀菓神暦2017年3月5日明日からの一週間、学部での模擬授業です。ふとした時に、色んな事が頭をよぎるけれど、プロとして、公私の区別はきちんとつけよう。テキストやノートの見直しを、細かく細かくします。でも、あんまり細かく見ていると、自分が何を見ているのかが分からなくなって、何度もタイトルを見直します。そうよね。ルセット先生の火星勤務が明けた時に、思っていた目標に少しでも近付いていられるように、歩くべき道を [続きを読む]