るんるん さん プロフィール

  •  
るんるんさん: るんるんカフェ
ハンドル名るんるん さん
ブログタイトルるんるんカフェ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gorosuke44
サイト紹介文おしゃべりは百薬の長なり! 田舎のカフェで、のんびりまったり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/06/30 23:10

るんるん さんのブログ記事

  • 四国よかところ・・・・やっぱりね
  • 今朝のNHKあさイチで言ってたけど、今、外国人観光客の間で四国が大人気だって。しかも、徳島の山奥、大歩危小歩危にまで世界各国の観光客が押し寄せてるらしい。否、らしいではなく、私もこの目で見ましたよ。二時間も山道をバスで走った渓谷の遊覧船に団体で乗り込んでいる中国だか韓国だかの観光客。日本人でもここまで来る人はそう多くはないと思えるのに。本州ではあまり見られなくなった日本の原風景を外国の人はどう見て [続きを読む]
  • 肩の荷がひとつ減りました
  • やっと地域の役員から抜けることができて役員仲間でワイワイ楽しくやっていたのでそんなに苦にしていないつもりだったけど新しい人にお任せできると決まったら、な〜〜んだか気持ちが軽〜〜くなった。結構、神経つかってたんだね〜〜次期会長がなかなか決まらなくて、この分では自分の後任は自分で探すしかないと観念してさあ、誰にお願いしたら引き受けてもらえるかと周りを見回した。「あの人なら人望もあるし、何より人柄がい [続きを読む]
  • 大河ドラマ館と浜名湖フラワーパーク
  • ゴールデンウィーク最終日、行ってきました。今年の大河ドラマの舞台は浜名湖の近く。日帰り圏。浜名湖は東京方面に行くときに車窓から見るだけで今回初めて 東海道在来線の新所原で浜名湖鉄道に乗り換え、気賀駅まで。一両編成の正真正銘のローカル線。気が駅駅前からバスで龍潭寺へ 10分ほど思ってたよりも大きなお寺でした。手入れの行き届いたお庭が素敵でした。ドラマで有名になったので参拝客も大勢。花博会場のフラワーパ [続きを読む]
  • ネット散歩
  • すこーし暇ができると、さて、何から取り掛かろうかと家の中うろうろするだけでちっとも片付かない。そうだ、ブログも放りっぱなしで半月も更新なしだったと、パソを開くも、長くほったらかしたおかげで、何から書いていいものやらあ、そうそう、来週の太極拳の講座でやる扇を練習しとかないとね。細かいところがわからないので、テキスト見たけどイマイチ。YOU TUBEとやらを検索したら、出るは出るはすごいですね〜 上手です [続きを読む]
  • 円楽、好楽、三平 三人会
  • 笑点メンバーのお三方の芸を楽しんできました。テレビでおなじみの面々ですが、さすが芸達者な三人、久々に大笑いしてストレス解消させてもらえました。まくらがほとんど笑点ネタで、テレビをみて居ない人には?????・・・のことも多々あったでしょうね〜。圓楽さんは理屈っぽいけど、よく勉強しているし三平さんは千歳飴を持たせたいくらい袴姿が可愛いし好楽さんは江戸っ子の粋を感じさせるし三人三様で素敵でした。そこで [続きを読む]
  • 続・夫婦限定ツアー
  • 三日目、今回の旅のメイン、しまなみ海道。今治から広島の尾道まで、島と島を縫ってドライブウェイが続きます。先ずは来島海峡大橋で観潮船に乗り、渦潮見物。大潮の時期ではありますが、あと3時間ほどしないと潮の流れがピークにならないとか。渦になるか?・・・ん〜〜、もう一息夫婦限定だけど、年齢は限定してない筈なんだけど・・・見事にシニア、年金世代が揃いましたね〜パナマ船籍の新造船。進水式までの工期は一カ月 [続きを読む]
  • 行ってきました夫婦限定ツアー
  • 最高のお天気に恵まれた3日間。今回のツアーの何が良かったって、それは夫婦限定ってところ第一、バスの中の静かなこと!お喋りおばちゃんも夫婦だと静か。夫婦で話すことなんか・・・ねえ〜〜始めの一時間くらいなもので・・・・男性たちは居眠りこくか、持ち込んだチューハイでほろ酔いか。行先は淡路島から四国に入り、しまなみ海道。鳴門海峡大橋を真下からパチリ!お昼のタイのお刺身、美味でございました〜花博の会場跡、 [続きを読む]
  • 人を選ぶということ
  • 地域の役員を仰せつかって4年、私なりにがんばっていろんな行事をこなしてきたけれど、そろそろ選手交代してもらわないとって言ってるんだけど会長が辞めると言い出して、その後任選びに大わらわ。とても下っ端の後任人事にまで手が回らない現状。誰しも無給の役員、しかも会長なんて引き受けたくないよな〜と、私は思うんだけど、男社会はまた違うらしい。「会長」という肩書に惹かれる人もあるみたいで・・・・でも、一度や二度 [続きを読む]
  • 筍どろぼー!!
  • 筍を掘りに実家の竹藪へ。今年は寒いので遅れているのとイノシシが出没して、初物を2,3本やられたと姉がこぼしていた。家からはそう離れていない竹藪なのに・・・だ。この頃のイノシシは人を怖がらないそうだから始末が悪い。藪に入って筍を探し始めると、そこにもここにも穴を掘った跡が!明らかに人の仕業ではない。軟らかいところがきれいに削り取られて、穴の底に筍の根っこ部分が残ってる。それも2つや3つではない!20個 [続きを読む]
  • 医は仁術というけれど
  • 二日間お粥で過ごしたけれど、胃の重苦しさは消えない。この程度なら我慢できないこともないけれどこの間の夜の痛みがまた襲ってくるかもしれないしそう思うと食べたいものも食べられない。何より食欲がないのに、家族の食事を作らなくてはならない辛さ。(というほどの料理を作ってるわけではないけど)思い切って胃腸科の医院を受診。去年1月に胃カメラの検査を受けたところなのでカルテもあるから診断しやすいだろうと思って [続きを読む]
  • 胃に穴が?
  • 昨夜、夜中に、もうだめかと思うほどの胃の痛みに襲われて七転八倒トイレに起きて用を足している内に、痛みは増してくるわ体中に冷水を浴びたような感じ。目の前に光るものがぶわ〜と広がってやばい・・・・・と這うようにして布団に戻った。隣に寝ているつれあいを起こそうとしたけど声を出すのもつらい。う〜う〜言ってたらやっと起きてくれたけど寝ぼけててうるさそ〜な返事するだけこの役立たずっ!!しばらくエビみたいに体 [続きを読む]
  • 行ってよかった 七回忌
  • 行くべきか 行かざるべきか (2月7日日記参照)迷った友人の7回忌法要。当日は所用があってお寺さんにお参りできないのに、お食事会だけ参加するのもって、さんざ悩んだけどご主人から是非にとお誘いの電話を頂いて不義理、無遠慮、あつかましい その他もろもろの陰口覚悟で行ってまいりました〜でもでも・・・結果オーライでしたわ親しかった友人やご近所さん、可愛がっていた姪御さんご主人のほうのお友達もみんな素敵な [続きを読む]
  • 新たな試みにチャレンジ!
  • 古希を迎えようとするこの時に、新しいことをおっぱじめるなんて、我ながら呆れてしまう。でも・・・・これからの10年を考えると、やはり今しかない!と思う。昨年末に軽いけれど心臓にトラブルが見つかりさすがの楽天家の私もちょっと落ち込んだけどじゃあ、したいことは早くやっておかないとって、かえっておしりに火がついたみたい。思い立ったら、じっとしておれないイノシシ年。さっそく、市役所に足を運び、申請書類やらな [続きを読む]
  • 袖すりあうも・・・・・お松明最終日
  • お松明に通い始めて23年。ここまでくると、一年でもサボると何かよくないことが起こりそうでというよりも、自分の一年間の悪しき行いを清めてこないと・・・って気分かな〜昨日は最終日、しりつき松明に出かけてきました。10本のお松明がいっぺんに並びます。それはもう、すごい迫力です。お松明を待つ間に、隣にいた中学生くらいの男の子のお母さんと親しくなりました。一眼レフのカメラを持っているので、入江泰吉さんの話をした [続きを読む]
  • のどぐろ!
  • 干物を2枚いただいた。見慣れない魚だな〜と思って一枚をつれあいに。一枚をばあ様と私で半分こ。魚焼きグリルから得も言われぬ美味しそうな匂い。(ごくり)お味は?はい!それはもう!美味しゅうございましたことよばあ様ったら、骨までしゃぶる勢いで半分じゃ物足りなくて、つれあいのを見たけど「あげようか?」なんて言いそうにない最近何を食べても、そう美味しい!!ってものに出くわさないけど久々に「あ〜〜、まだ美味 [続きを読む]
  • みちのく未来基金をしっていますか?
  • あの日の午後、私は名古屋の美術館にいました。イヤホンで作品の説明を聞きながら鑑賞していると足元がゆらぁ〜〜〜と音もなく揺らぎました。あら・・・めまい???会場内のざわめきで、地震の揺れだとわかりましたが・・・あれから6年、いまだに被災地の復興は道半ばどころか家に帰ることもできない人があるなんて・・・昨日、ニュースを見ていたら、この春から就活を始めた震災遺児の大学生が取り上げられていました。高橋洋 [続きを読む]
  • 介護予防アンケート
  • 高齢者って、65歳から75歳に引き上げられたんじゃなかったっけ?今年、古希を迎える私に、市の介護課からアンケート調査の依頼が来ました。70歳ぃ・・・・・なるべく触れられたくない現実を、これでもか!と逆なでされるような気分ま・・・・・仕方がないですけどね〜〜14ページにわたって、質問がびっしり。択一のものや複数回答のものもあり、現在の暮らしの現状や、運動能力など。たとえば・・・現在介護の必要があるか   と [続きを読む]
  • 逃げても逃げても・・・
  • 地域のお仕事の一端を仰せつかっているので3月は決算報告書の作成に追われるのは毎度のこと早く済ませてしまえば楽なのに、一日延ばしにして結局は締切ギリギリになって大慌て表の作り方も一年前のことを思い出しながらなので、一向にはかどらない。うなされて、夢の中でも逃げている始末、あ〜〜誰かお助けを〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 人の言葉に耳を貸さないわが亭主
  • ほんっと、毎度のことで喧嘩になるんですけどどうして同じことやらかして、私にこごと言わせれば気がすむのか・・・今朝、一緒にテレビ見ていて「はは〜ん、これが原因かも〜」って思ったことがあります。NHKの「あさイチ」で、ちょっとしたことで便利になる工夫を特集していたのですが私が感心していると、そばからイチャモンつけるのです。そういえば、日ごろ私の意見には必ず否定的な返事をします。「そうか」と言ったためし [続きを読む]
  • 孫ちゃんの初節句
  • あかりをつけましょ ぼんぼりに〜お花をあげましょ ももの花〜楽しみにしていた初節句のお祝い風邪っぴきで出られませんでした風邪うつしたら大変ですもんね〜二組のじじばば、両親と孫ちゃんで狭いアパートの部屋は満員。そこに風邪のウィルスをまき散らすわけにはいきません。ここは我慢我慢電話で向こうのご両親へ欠席のお詫びを伝えました。せっかくお嫁ちゃんが準備してくれた宴席なのにね〜予約しておいたひな祭りケー [続きを読む]
  • 温泉旅行のおみやげは?
  • 行ってきました、温泉旅行!結局ドンぎわまで迷っていた人も参加できてめでたしめでたし。ですが、彼女の言葉の端々に引っかかるものがあって最後にひとこと申し上げた次第。「私は家族の一人でも反対するなら出かけない」とか「○○さんは本当にマイペースで、孫よりも自分の趣味が優先」とか自分がいかに家族のために頑張っているかを主張。はいはい・・・あなたは立派な妻であり母であり姑ですねって悪い妻であり、いい加減な母 [続きを読む]
  • 静夜思
  • 大潮の時期の月は冴え冴えとして寒さを忘れてしまうほどキレイ・・・と月を見るのが好きな友人が申します。お月さんからのお迎えに連れて行かれないようにね〜って笑う。ふと、昔ならった漢詩が浮かぶ床前看月光疑是地上霜挙頭望山月低頭思故郷もちろん完全に覚えていたわけではないのでとぎれとぎれの言葉を並べたんだけど12歳年上の彼女は「えっ、なに?それ知らないわ!」って。こちらがびっくりしてしまいました。とても博 [続きを読む]
  • またもやドタキャン?その2
  • キャンセルするのかしないのか、Aさんからの連絡がないのでしびれを切らした友人が「とりあえず、たて替えた旅費だけでも払ってもらわないとあとでキャンセル料を貰いに行くのはいやだから」と。それを言うために私に一緒に行ってくれってまあ、長い付き合いだから仕方ないか〜Aさん、「息子も嫁も、行って来いって言ってくれてるんだけど私の気持ちがね〜」だって  おいおい・・・・ ヤキモキさせられてる友人や他のメンバー [続きを読む]
  • またしてもドタキャン?
  • 友人が温泉旅行を計画してくれて、7人で行くことになっていたのだが・・・今朝になってその友人がぷりぷりしてやって来ていうことには「Aさん、また行けるかどうか分からないっていいだしたのよ〜」何でも、孫ちゃん(中学生)の具合が悪くって、放っておけないからだって。あ〜そう、それは心配だろうけど、その日はお母さんが仕事休みで家に居るから一泊くらいだったらいけないのかな〜。そもそも、Aさんが土日でないと嫁が仕事 [続きを読む]
  • 順調なんだけどぉ〜
  • 一カ月ぶりに孫ちゃん連れて息子夫婦が来訪。だいぶんお父さん振りが板についてきて抱いてきた孫ちゃんを無造作に私に寄こしたんだけどしばし、私と周りを見回していた孫ちゃん、お口がへの字になったかと思ったら「うぇ〜〜〜〜ん」あらら・・・人見知りが始まったのね〜〜〜お嫁ちゃん、申し訳なさそうに「寝起きなので〜〜ご機嫌悪いんですぅ〜」って、言ってくれたけど、「大きくなった証拠ね〜、順調、順調」って言ったものの [続きを読む]