フィルガソ さん プロフィール

  •  
フィルガソさん: Film&Gasoline
ハンドル名フィルガソ さん
ブログタイトルFilm&Gasoline
ブログURLhttp://filmgaso.exblog.jp/
サイト紹介文フィルムカメラで撮影するレトロ風景、錆系、旧い車やトラクタなど、自家現像で毎日更新しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/01 14:01

フィルガソ さんのブログ記事

  • 桜に負けた紫陽花
  • 窓際に置かれた枯れた紫陽花であります。残念なことにピントは左上のガラス窓に貼られた桜色の丸でデザインされた凹型に合わせております。じつはこの写真を撮ったのは枝垂れ桜を撮影する直前の事でした。もう頭の中は今から撮る枝垂れ桜で飽和状態、条件反射的にこの謎の桜色に合わせたのでしょうね^^:今の季節なら間違いなく枯れた紫陽花に合わせた事でしょう。ちなみに、紫陽花の右側... [続きを読む]
  • 梅雨入りを待ちわびていた街路樹
  • みなさん、こんにちは。昨日に続き、ここにも梅雨入りを待ちわびている者がおりました。それはこの街路樹さんです。なんだか葉っぱが萎れてますよね〜 「もっと雨を降らしてくれ〜!」そんな声が聞えて来そうですね。^^;さて、正面のレトロな建物は昭和11年に建てられた庄司屋醤油店さんです。仙台市では数が少ない昭和初期の町屋建築として国登録有形文化財にもなっております。ベ... [続きを読む]
  • 梅雨入りを待ちわびていた英国白虎
  • 当地仙台もとうとう梅雨入りしてしまいました。鬱陶しい季節の到来にしょぼ〜んな気持ちですが、ここに入梅を喜んでいる奴がおりました。「4月の冷たい雨の日に撮ったのですが、このままお蔵入りになってしまうのでは・・・」彼はそんな心配をしていたに違いありません。「でも、もしかしたら入梅入りに合わせてのエントリーになるのかな?」6月に入った頃にはそう思... [続きを読む]
  • 月光浴を嗜む巨木の下の洋館
  • ビルの谷間という表現がぴったりの場所に一本の巨木がありました。そして、その巨木の下にとても不思議な光景が広がっておりました。生い茂った植物はまるで月光浴を楽しんでいるかのようです。ここは仙台市中心部、なぜかここに人の住んでいない旧い洋館があります。誰も住んではおりませんが、空家以上廃墟未満の洋館なのです... [続きを読む]
  • 慣れないアウトドアライフに戸惑う昭和の扇風機
  • 「おれ、長いこと扇風機やってるけど、こんな日当たりの良い屋外に置かれたのは初めてだなぁ・・」「これってもしかして、巷で人気のアウトドアってやつなのかな?」と、この昭和レトロな扇風機さん、慣れない屋外での暮らしに戸惑っているご様子ですね^^;さて、昨日のお写真とは違って今日は絞り開放です。なんとも言いようのない憂いに満ちたこの描写はこのカメラならではのものですね。隣の電話ボ... [続きを読む]
  • 高架橋の下での、扇風機と電話ボックスとの偶発的な出会い
  • 私の定点撮影ポイント、赤い英国電話ボックスであります。が、ちょっと見ないうちに、なんと扇風機さんといい仲になっているではありませんか!これを見た私はすぐに今日のこのタイトルを思いつきました^^そうです、シュルレアリストのロートレアモン伯爵の有名な言葉、「解剖台の上での、ミシンと雨傘との偶発的な出会い(のように美しい)」が元ネタです。と、仰っていた黒顔羊さんのエントリーのリー... [続きを読む]
  • 五月のTime Machine
  • 5月の連休に白石市で毎年開催される「こけしコンクール」に行ってきました。それなのにこけしのお写真でないのは、そのコンクール会場の一角で、これまた毎年恒例のレトロコーナーが開催されておりまして、当然私はそっちに釘付けになってしまったからです^^;今年はホンダの軽自動車が多く展示されておりました。ビッカビカにレストアされた、いかにも展示用のクルマとは違... [続きを読む]
  • 木漏れ日のベンチで昼寝するホームレスの透明人間
  • こちらは仙台市民の憩いの広場、勾当台公園であります。そして、またまた黒顔羊さんのリーパク「透明人間シリーズ」です^^;タイトルですが、なぜこんなイメージが湧いたかと申しますと、午前中この公園に行きますと季節はずれのサンタクロースみたいな容姿のホームレスのおじさんに遭遇することが多々あるんです。ベンチに横になっているホームレスのおじさんを見ているうちに、もしかしたら誰もいないと思っ... [続きを読む]
  • 流れを変えた観覧車
  • 今年の楽天ゴールデンイーグルスは強いですね〜!エース則本の調子が良いというのもありますが、昨年までとはちょっと違う勝負強さを感じますね。今日のお写真はその楽天ゴールデンイーグルスの本拠地でありますKoboスタジアムに今年からお目見えした観覧車であります。じつはこの観覧車、仙台市の西部の廃業した遊園地の物をリフレッシュして使われております。なので、なんだか縁起悪くて今年は期待で... [続きを読む]
  • ジャンクヤードで誕生したパンダ柄のサソリ
  • 上野動物園で5年ぶりジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生したそうで、連日ニュースを賑わせてますね^^じつは、ここ東北でも新しいパンダが生まれようとしておりました。と言っても、ボディの塗装が剥げ落ちてパンダ柄になりつつあるアウトビアンキ・A112アバルトの事であります^^;1979年に4度目のマイナーチェンジをしたこの70PSモデルは私も新車時を含め何度か運転したことがありますが、... [続きを読む]
  • Dead or Aliveなビルヂング
  • T大学農学部の向かい側にあります昭和の面影を残す古い雑居ビルです。東日本大震災で被災してからは落下防止の網を掛けられたままの痛々しい状態でした。いつか記録写真を撮っておこうとは思っておりましたが、なんと知らないうちに工事が始まっているではありませんか!解体工事・・・?それとも、修復工事・・・?昭和レトロな建物だっただけに、とても心配なのでありました^^;さて、今日のお... [続きを読む]
  • 神の使いに憧れる鳩
  • 真っ白な街路樹の下で一生懸命なにかを探す一羽の鳩を見ました。どうやら彼はこの街路樹の実を探しているようです。「この樹の実を食べればきっと白い鳩になれるに違いない・・・」そんな事を考えながら探しているのでしょう。聖書や神話で白い鳩は「神の使い」と言われております。彼はその「神の使い」に憧れる鳩さんなのではないでしょうか? そんなヨタ話が出来るのも赤外線写真の醍醐味ですね・・... [続きを読む]
  • 一時停止の長い時計屋さん
  • 一時停止の十字路の角にある時計屋さんです。クルマで一時停止の際に窓を開けて撮らせていただきました。この時計屋さんの一時停止は時間そのものを止めてしまったようですね!この雰囲気、まるで昭和のまま時が止まっているようです^^;FUJIFILM X100Ffujinon 23mm F2 ASPH★2つのランキングに参加しております★ 1日1クリッ... [続きを読む]
  • 不思議の国のハイゼット
  • 赤外線フィルムで捉えた草ヒロ写真第二弾であります。と言っても、先日のハイゼットのB面なのですが、これが全くイメージが違いますね〜。なにせ、後ろの窓からはムーミンに出てくるニョキニョキみたいなモノが顔を出しております。そして、背景もがらっと違うので同じ場所とは思えませんね。こちらはX100Fでも撮っておりますので、本当はどんなところかは後日ご紹介したいと思います。引っ張る... [続きを読む]
  • 自由を奪われたハンドルたち
  • みなさん、こんにちは。今日は仙台市西公園の蒸気機関車C60のハンドルたちをクローズアップしてみました。そうです、先日の「沈黙のメーター群」の続編であります。 ^^;昨年の修復作業の際にちょっとビビットに仕上げられてしまったこのハンドルたち。その派手過ぎる彩度を抑えるためにX100Fのフィルムシュミレーション「クラシッククローム」を使っております。... [続きを読む]
  • 日傘に忍び込んだ赤外線人間
  • この写真を見たとき、思わず背筋が寒くなりました。それは何故かと言いますと、右側の日傘の中に二人の人影が写っていたからです。手前に大きな円形の花壇、背景に花屋さん、そして右からフレームインして来た日傘のご婦人を撮ったはずでした。ところが、出てきた写真はご覧のとおり相合傘の二人なんですから^^;でも、落ち着いてよ〜く見てみると、左の人影に見えたのは花屋さん前に置かれた植物のようで... [続きを読む]
  • 帰巣本能をよび覚ますジャンクヤードのアルファ
  • みなさん、こんにちは。こちらはジャンクヤードで余生を過ごす1960年代後期のイタリアンサルーンAlfa Romeo Berlinaであります。アルファロメオのエンブレムは「王冠を被った蛇が人を飲み込んでいる」というなんとも意味有り気なものです。どういう意味か調べてみると「赤十字が元々ミラノの市章、蛇のマークはヴィスコンティ家の紋章です。ミラノ市はアルファロメの本拠地がある... [続きを読む]
  • 赤外線のシャワーが降り注ぐ初夏のケヤキ並木
  • みなさん、こんにちは。こちらは杜の都・仙台のシンボルでありますケヤキ並木の美しい定禅寺通りです。じつはこれからの季節はケヤキの葉っぱ生い茂り、通りは昼間でも薄暗くなるんです。赤外線写真で見るとそれがよく分かりますね。写真のように本当に葉っぱが白かったら、通りはもっと明るくなるんでしょうけど・・・^^;Meopta Flexaret Va Meopta Bela... [続きを読む]
  • 赤と緑が親密になる街
  • みなさん、こんにちは。仙台市の一番町商店街のアーケードにあります英国風の赤い電話ボックスであります。最近はお歳を召して風格が出てまいりました^^;それでも、緑の美しい季節は格好のオカズになってくれますね!(^^)!FUJIFILM X100Ffujinon 23mm F2 ASPH★2つのランキングに参加しておりま... [続きを読む]
  • ヒカリトカゲをついばむお茶目な鳩
  • みなさん、こんにちは。美しい緑に包まれた公園で一生懸命ヒカリトカゲをついばむ鳩さんを発見しました。「やめろよ〜、くすぐったいじゃないか〜」と、地面からアンガールズの田中のような声が聞こえて来そうですね。えっ、ヒカリトカゲのイメージが悪くなるからそれは無しですって? ^^;さて、今日のお写真もRollei RETORO 400Sによる赤外線写真です。赤外線領域... [続きを読む]
  • とびきりカオスな月曜日の朝
  • みなさん、こんにちは。こちらは仙台市都心部にあります勾当台公園であります。公園内は昨日行われた「仙台・青葉まつり」の撤収作業で大忙しのようです。緑が美しいので、赤外線写真でイッテてみようとファインダーを覗いていると、大型トラックの向こうから日傘のご婦人が現れたではありませんか!一気にシュールさがアップしたその瞬間、息を止めてシャッターを斬りました。そして出来上がった... [続きを読む]
  • 無限”ACROS”温泉カメラ散歩
  • みなさん、こんにちは。今日は「かみのやま温泉」のカメラ散歩の続編です。無限”ACROS”ことFUJIFILM X100Fのフィルムシュミレーション”ACROS”モードでのモノクロ写真であります。フィルムでもご紹介いたしましたが、旅館の窓からは蔵王連峰が一望できます。そして眼下には例のエアコン完備のシュールな土蔵が見えますね^^;旅館の前の道路には粋なマンホ... [続きを読む]
  • 名勝史跡の麓に立つ歴史的赤錆物件
  • みなさん、こんにちは。新緑狙いの赤外線写真に夢中になっていたら、あっと言う間に今日から6月ですね・・・^^;3月の写真がまだ溜まっておりましたので、今日はそれを紹介させていただきます。山形県のJR山寺駅構内の転車台の近くにあります現役と思われる鉄道設備です。かなりの年代物で全身真っ赤に錆びております。それはそうと、今日のレンズNOKTON 50mm F1.1の絞り開... [続きを読む]