フィルガソ さん プロフィール

  •  
フィルガソさん: Film&Gasoline
ハンドル名フィルガソ さん
ブログタイトルFilm&Gasoline
ブログURLhttp://filmgaso.exblog.jp/
サイト紹介文フィルムカメラで撮影するレトロ風景、錆系、旧い車やトラクタなど、自家現像で毎日更新しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/01 14:01

フィルガソ さんのブログ記事

  • 閉塞感が心地よいRDPⅢのキャビン
  • みなさん、こんにちは。こちらはもう何度もご紹介いたしております仙台市西公園に静態保存されておりますC60 1のキャビンであります。今回はNOKTON 50mm F1.1の試写でプロビアことFUJICHROME RDPⅢをつかってみました。さすがラチチュードの狭いポジフィルム、窓の外は真っ白に飛んでしまいましたね。しかし、これがかえってこの運転室に閉じ込め... [続きを読む]
  • 新しい春の光が待つデッキへ
  • みなさん、こんにちは。たとえ鼻水を垂らしながら撮影しても、そのフィルムには春の予感を感じさせる光が焼き付けられておりました。^^;ここはJR仙台駅東口のペデストリアンデッキへと続く仙台駅東西自由通路の出口です。久しぶりに持ち出したロシアンレンズ Jupiter-8くん、なかなか良いお仕事をしてくれますね〜♪Leica M4-2KMZ Jupiter-8 50... [続きを読む]
  • たぶん今日あたり解け出すふたり
  • みなさん、こんにちは。天気予報によりますと、今日の仙台の予想気温はなんと15℃だそうです。4月並の気温にブロンズ像のふたりも「ああ〜、これでやっと解けることが出来るわよ〜♪」と、きっと喜んでいることでしょう。などど、いい加減な事を言って、溜まってしまった冬の写真をせっせと消化するのでありました〜^^;Leica M6 ttl LHSANOKTON 50m... [続きを読む]
  • 人目もはばからずラッパ飲みする横丁の一升瓶
  • みなさん、こんにちは。平日の午後の人気のない小さな横丁での出来事です。扉が可愛らしいグリーンに塗られた飲み屋さんの前で奇妙な光景を目にしました。これです・・・^^;一升瓶が無我夢中で何かをラッパ飲みしているんです。ラッパ飲みされる方がラッパ飲みしている・・・立場逆転なのであります。実際のところ、エアコンのドレンホースからの水を受けているんでしょう... [続きを読む]
  • 昭和を守る落書きだらけのトタン壁
  • みなさん、こんにちは。ここは仙台市の繁華街一番町商店街に面した一角であります。このダイナミックな落書きのトタン壁の向こう側には、あの昭和にタイムスリップしたような横丁が広がっております。うなぎの寝床のように長い横丁に沿って、このトタン板の壁と落書きは続いております。落書きと言うよりはグラフィティと呼んだほうがしっくりくるこのトタン壁、後ろに迫る高層ビルとのコ... [続きを読む]
  • 雪の棉帽子が似合う小さなお地蔵さま
  • みなさん、こんにちは。二月に入って雪が降る日が多くなって来ました。とはいえ、今のところ積もってもこの程度、日中は融けてしまうくらいですので、こちらの可愛らしいお地蔵さまの綿帽子も朝限定のお姿なのです。さてさて、久ぶりのベスト判(127)二眼レフカメラPRIMO-JRの登場です。もちろんですが、このフィルムの現像は近所のラボではやってもらえないので、ROLLEI D... [続きを読む]
  • 牧場にみる老若角材物語
  • みなさん、こんにちは。牧場に横たわる朽ちて土に帰ろうとする年老いた角材。それを見守るように立つフェンスのまだ若い角材。陽の傾きかけた牧場でこの二つの角材に出会った時、何故かしら切ない気持ちになったのでありました。って、今日はロマンチスト気取りなのだ〜^^;MAMIYA C33 PROFESSIONAL SEKOR SUPER180mm f4.5NEOPAN... [続きを読む]
  • 誘惑する夕陽のシゴハチ
  • みなさん、こんにちは。こちらは児童公園に静態保存中のシゴハチC58 354 であります。 さすが現役時代の延べ走行距離が地球31周分とだけあって、全身傷だらけなのであります。夕陽に照らされたその姿は、この世を出発して何処か別の世界へと向かう・・・そんなアブナ〜イ雰囲気なのでありました。^^;MAMIYA C33 PROFESSIONAL SEKOR 105... [続きを読む]
  • 営業停止命令が下された真冬のお蛇口さま
  • みなさん、こんにちは。こちらは近所の公園にあります現在営業停止中のお蛇口さまです。なぜ営業停止かと申しますと・・・こういう事なのであります。^^;「いいか、いくら子供にせがまれても決して水を出すんじゃないぞ!」そう厳しく言い聞かされているようですね。 ^^;さて、この「お蛇口さま」写真ですが、これも黒顔羊さんのリーパクなのであります。今年は... [続きを読む]
  • 4年の眠りから覚めたキャンパスのヒカリトカゲ
  • みなさん、こんにちは。こちらは東北大学雨宮キャンパスの農学部旧体育館であります。今まで眠っておりましたが、ちょうど4年前の今頃に撮影したお写真なのです。^^;じつは、この後まさかの解体作業に入ってしまい、今はもう跡形もなくなってしまいました。そして、いよいよこの春にはキャンパスの移動が始まるようです。残された時間は僅かですが、悔いのないよう出来るだけ多くの記録... [続きを読む]
  • すれ違う赤外線の蒼い影(写真部門)
  • みなさん、こんにちは。こちらはおなじみJR仙台駅東口のペデストリアンデッキの上であります。強烈なコントラストのおかげで、あのレトロフューチャーなガラスのエレベーターもすっかり存在感が薄れてしまってますね〜。代わりに、すれ違う人々の影がはっきりくっきり浮き上がっております。それもそのはず、この写真はFUJI FILTER SC72を装着して撮影した赤外線写真なのです。... [続きを読む]
  • 冷たい空に春を感じたKAZU(写真部門)
  • みなさん、こんにちは。あっという間にひと月が過ぎ、今日からは2月 如月(きさらぎ)ですね〜陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」という説もあるようですが、仙台の寒さはまだまだこれからという感じがします。それでも、空の青さに春の気配を感じる日もでてきましたね〜♪と言っても、このお写真を撮影したのは昨年の12月のことですが・・・^^;Leica M6 t... [続きを読む]
  • 夜のアーケード街で長電話する透明人間(写真部門)
  • みなさん、こんにちは。雪が吹き込む仙台一番町商店街のアーケードです。ここのアーケードはドーム型の開閉式高層アーケードといいまして、中央部の屋根がいつでも開閉できる仕組みとなっております。が・・・雪が降ったくらいで屋根は閉じないようですね。^^;さて、そんな雪が積もり始めた夜の電話ボックスの中、またしても透明人間さん登場です。^^;隣の街路樹さんが「おんめぇ、誰も... [続きを読む]
  • 鉄柵の向こうの#74
  • みなさん、こんにちは。公園のフェンスの向こう側に赤い缶スプレーで74と書かれた樹木が生えたおりました。恐らく近々この赤い線のところから切られる予定なのでしょう。さて、この場合「伐採」と言うのか「剪定」と言うのか・・・樹だけにとても気になったので、ちょっとググってみました。^^;伐採は木を根本から切ってしまうことを意味する言葉です。木の一部分のみを切るのではなく、ま... [続きを読む]
  • 月夜の晩に涙を流すCEDRIC(写真部門)
  • みなさん、こんにちは。CEDRICは忘れた頃にやってくる・・・ということで、あの草ヒロCEDRICのFlexaret Vaによります中判モノクロバージョンです。どんだけカメラ持って行ったんだ?いや、これが最後の隠し球ですから、ご安心ください。そのFlexaret Vaが昨日修理から戻って来ました。今度は大丈夫かな〜 ^^;Meopta Flexar... [続きを読む]
  • ピントを奪い合う運転台のバルブ(写真部門)
  • みなさん、こんにちは。こちらは仙台市西公園に静態保存されておりますC60 1の運転台であります。カメラをぶら下げた私が中に入ると、最近レストアされてちょっとケバくなったバルブたちが一斉にピント欲しさにアピールしてきました。^^;「さ〜て、どの子にしようかな〜?」 などと迷ったせいかピントが曖昧になってますね〜 というのは嘘で、さすが大口径レンズNOKTON ... [続きを読む]
  • ふたりを温める冬のRUM(写真部門)
  • みなさん、こんにちはこちらは昨年の夏にベスト判二眼レフカメラRICOHMATIC 44でご紹介いたしましたお洒落なRUMバーであります。雪が舞い散る中、お店の外で待つふたり(二台の自転車)がとても寒そうですね。いや、もしかすると既にこちらでいいくらいRUM酒をご馳走になっていて、寒さなんかへっちゃらなのかも知れません。^^;むむむ・・・、近寄って... [続きを読む]
  • 見えないと思ってやんちゃする赤外線のヒカリトカゲ(写真部門)
  • みなさん、こんにちは。この奇妙な光景、もうお馴染み赤外線フィルムによりますヒカリトカゲであります。^^公園のパーゴラに絡みつくヒカリトカゲさん、赤外線は人の目には映らないと思って好き勝手やってくれてますな〜。^^;もちろん可視光でも見えるのですが、赤外線写真になるとコントラストが異常なほど強烈になるので、そのやんちゃぶりがよ〜く分かりますね。^^むむむ・・・、よく見ると... [続きを読む]