Lamb's ears さん プロフィール

  •  
Lamb's  earsさん: The window of the kitchen  キッチンの窓
ハンドル名Lamb's ears さん
ブログタイトルThe window of the kitchen キッチンの窓
ブログURLhttp://jro2884.blog.fc2.com/
サイト紹介文キッチンの窓から垣間見た日々の小さな発見の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/07/02 17:52

Lamb's ears さんのブログ記事

  • 『老化を進める原因物質・AGE』
  • 今朝の「あさイチ」は、魔法のスパイス☆クミン。   クミン・パワ−って、すごいみたいですよ!この、AGEとは終末糖化産物、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切。(インタ−ネットより) 軽く炒ったクミンシ−ドと味噌を合わせて、数日 [続きを読む]
  • 『バランスの取れた生活をサポート』
  • 或る晩の携帯の歩数計 56歩。買い物に行かなかったので、机の上に置きっぱなしでした。いくらなんでも、家の中を もう少し歩いているでしょう?・・・とういことで、買ってみました。活動量計 「Fitbit リストバンド」。「Fitbit 」は毎日のアクティビティ、エクササイズ、そして睡眠の記録を通して、あなたの健康的でバランスの取れた生活をサポートします。トレ−ニングに合わせて色々な種類があるようですが、、、一番シ [続きを読む]
  • 『もう「子猫 仲介」はやりません』
  • 月曜日はK父さんの定期検診日なので、、、  汗ばむ陽気の日曜日、長野に戻ってきました。生まれて初めての長旅で、ストレスを心配しましたが、元気に、東京に届けることが出来ました。快食、快便、快眠 のおてんば娘、福ちゃんです。表情もなくなり、日に日に認知度が高まっていく母ですが、、、黒猫福ちゃんに会わせたら、、、これ以上ない満面の笑みで「か・わ・い・い〜〜」と。フワフワの子猫を胸に抱いて、幸せそうでした [続きを読む]
  • 『お届物は生後3週間の黒猫ちゃん』
  • お届け物を持って、東京の家に来ました。まずは、「ちゃたまやの卵」と「お菓子類」。それに、朝焼いたパン。・・・で、一番大事なお届け物は、この子。  うちの地域の掲示板で「飼い主募集」されていた子猫。写真が可愛かったから、長女にLINEしたら、、、即 「絶対もらう!」って。「マジですか?」他の2匹は貰い手が決まって、売れ残っていた子だけど、元飼い主さんから溺愛されていたらしくて、、、超あまったれの生後3週 [続きを読む]
  • 『山の季節が終わりました』
  • 今年は秋の訪れが早いので、、、山小屋の凍結防止等、冬支度に行ってきました。 また一年、、、山の季節が終わりました。 例年より1ヶ月程早く閉めたので、、、紅葉は、まだのようです。でも山椒の実は、既に赤くなっていましたよ。茶色くなって弾けた頃、また収穫にきましょう・・・こんなお天気だったので、早々に山を下りました。 来年も元気で、山の季節を楽しめますように。。。明日は「お届け物」を持って、また東京に行 [続きを読む]
  • 『やっと会えたフチ子さん』
  • 次女が日本に里帰り中、、、どこで聞いてきたのか「フチ子さん、いるかなぁ?」って。モ−ルでも、、、アウトレットでも、、、新宿でも、、、「フチ子さん」を探して歩き回れど、なかなか会えません。やっと会えたのは、ウォ−リ−君とゲゲゲの目玉?でした。あっ、それでも、ハロウインのフチ子さんには会えました。ちょっと、こわいかも!そうなんです。累計で300万個を売り上げたという、ガチャポンで大人気のあの「コップのフ [続きを読む]
  • 『マフィン型でパン焼き』
  • 今日も、節約のためにパンを焼きました。1kg 230円位の強力粉で4回分焼けるので、とても経済的。でも、毎回 材料を計るのが面倒で、、、あらかじめ小麦粉、砂糖、塩を計っておいて、焼く時に、牛乳とバタ−(あれば練乳も)を加えるだけにしました。(レシピは、クックパッドを参考・・・牛乳150ccの間違いです)ついでに、ドライイ−ストも 1回分づつ こんな感じ。30g 訂正・・・ 3g でした。繊細なパン作り [続きを読む]
  • 『ワンパターンから抜け出して』
  • 先週、、、ひんやりした秋風が吹き、カラッと気持ちの良い日の夕方に、、、次女が、今年2回目の里帰りにて、ハワイを経由して信州にやって来ました。(J氏は、お留守番だそう、、、)滞在中 車はもちろんのこと、電車で移動したり、、、ラ−メンやパスタ、その他 いっぱい食べたりと、、、台風18号の行方を気にしながら、、、二度目のJアラ−ト警報音に驚きながら、、、賑やかで健康的な毎日を過ごしておりました。(通りす [続きを読む]
  • 『動脈硬化の予防 クルミ 』
  • 国内では長野県(特に東御市)が最大の生産地・・・と云うだけあって、この近辺では、至る所でクルミの木を見ることが出来ます。山道にも、野生「山クルミ」の木がたくさんありますよ。これは外来種を交配させて作った、殻が薄く、収穫量の多い「信濃くるみ」という品種だそうです。近くに寄ってみると、毛虫退治の消毒液で白くなっています。真下を人が通るので、仕方ないですね。9月下旬、そろそろ収穫が始まって、、、(画像、イ [続きを読む]
  • 『 一気にやる気が失せました 』
  • 朝の雨も止み、陽射しが眩しい午後でした。水分が不足すると、辛みが増すという「しし唐」。雨が多かった今年は、なるほど辛くありません。しかし、天候のせいか?発育不良。(種を蒔く時期も遅すぎました。)なのに、「しし唐とチリメンジャコ」を韓国風にアレンジして、摩り下ろしにんにくを混ぜて、甘辛く炒めてみたら、、、味が深くなって、「あら〜っ美味しい!」あぁ、、、でも こんな時に限って、、、肝心なしし唐が足りな [続きを読む]
  • 『コスモス街道満開』
  • ちょっと離れたス−パ−の特売 「ありが10(とう)DAY」に行った帰り道、ちょっと回り道をして、国道沿いの「コスモス街道」を走ってみました。(マラソンではなく車で、、、)コスモス全般の花言葉「The joys that love and life can bring」(愛や人生がもたらす喜び)赤いコスモス(Red Cosmos)の花言葉「愛情」「調和」私などは 「ワ〜ッ、たくさん!すごいね!綺麗〜♪」と、単純に思うのですが、、、コスモス愛好家の [続きを読む]
  • 『素人菜園生活堪能しました』
  • 今日は、気持まで黄金色になるような秋晴れでした。いつまでも夏野菜に未練を残している訳にもいかないので、数日前から 保存調理を始めています。まずは、サンマルティ−ノ(トマト)ゴロゴロミ−トソ−ス。塩コショウで下味をつけて保存。その日のお昼は、オイスタ−ソ−スで味を整えて、、、早速、ス−プ風パスタにしてみました。 (ス−プが見えない、、、)付け合わせのパンは、コストコ・ディナ−ロ−ルもどきの(発酵はパ [続きを読む]
  • 『国産ホ−ルチキンの値引品』
  • 数日前(イオン火曜市)に、また見つけました。  国産ホ−ルチキンの値引品です。通常1,800円が1,371円、運がいいと出合えます。骨付き鶏モモ肉 1本5〜600円しますから、、、丸ごと一羽は、絶対お買い得ですよね。早速、キッチンバサミと包丁で細かく切り分けました。前回は、各部位を生のまま冷凍保存しましたが、、、今回は、スロ−クッカ−で下処理をしてから保存することに。「いい匂いで〜す♪」半分は、「 [続きを読む]
  • 『こんなもの拾いました 』
  • 買い物をして、駐車場に戻ったら、、、こんなものが、うちの軽自動車の前に置いてありました。(正確には、落ちていました)だだっ広い駐車場、、、近くに宝くじ売り場があるわけでなく、誰かのリサイクル資源ゴミの中から抜け落ちた?うちの車の前で?  一応ゴミですから、片付ける意味で拾ってはきましたけれど、でも、どうしましょう? 置いておいても、縁起は悪くなさそうだし、、、「まさか!はありえる」と きちゃぁ捨て [続きを読む]
  • 『 トマトとリンゴの相性抜群 』
  • 定番のトマトとオニオンスライスのサラダも、そろそろ飽きてきて、、、前回作った「トマトゼリ−」も不人気だったので、、、取り敢えず菜園のミニトマト、絞って保存しています。リベンジ、、、  今回はデザ−ト感覚で、このトマトジュ−スとリンゴジュ−スを半々の割合で、レモン汁とお砂糖を少し加えて 「トマトゼリ−」を、作ってみました。容器は、夏休みに孫達が食べたアイスのカップ、、、かわいいので捨てずに取っておい [続きを読む]
  • 『手品のようなダブルクリップの利用法』
  • 仲間内の「掲示板」の中に、おもしろい投稿を見つけました。まるで手品のような、ダブルクリップの利用法です。  こちらをクイックして下さい⇒     ダブルクリップでできる15のこと まぁ、、、色々なことを考える方がいらっしゃるものです。「すご〜い」を通り越して、「感動もの!」 です。物のない時代には、如何にしてないものを補うか?に、知恵をしぼったものですが、、、物が溢れる現代は、如何に工夫して便利に使 [続きを読む]
  • 『やっぱり90になっても老後が心配』
  • 「ヒトラー発言」など相変わらず失言を繰り返す麻生太郎副総理兼財務相。去年は、、、  「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『おまえいつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました、、、との発言が物議をかもしましたよね。  あくまで高齢者の将来に備えた貯金に対する的確なつっこみであり、決して暴言の類いではないそうですが、               [続きを読む]
  • 『 夏の終わりの野菜たち 』
  • 9月の声と共に、夏野菜もそろそろ終わりに近づきました。ただ、秋ナスだけはまだまだ収穫できそうです。  きゅうり・・・うちのが終わったのを見て、、、今日、お隣のおじさんが持ってきてくれました。(ありがとうございます。)いつものように、塩で揉んでから浅漬けの素を振りかけました。この夏、子供(孫)達が喜んで食べたものの一つです。(できることなら、届けてあげたい・・・)収穫したナスとインゲンは、鶏肉と白滝 [続きを読む]
  • 『少額でも当たれば嬉しい』
  • 「宝くじなんて絶対当たるわけない!」「でも、買わなきゃ もっと当たらない!」ということで、通りすがりに 時々夢を買います。6月 「'17ドリームジャンボミニ1億円宝くじ」10枚購入。必ず当たる下1桁 300円を交換しないと勿体ないからと、売り場にもっていったら、、、えっ? 3,300円 渡されました。そして、その3,000円を元手に、、、8月 「'17サマージャンボミニ1億円」10枚買いました。同じように [続きを読む]
  • 『世界で一番おしゃれな魔女』
  • イギリスの古い家・・・(インタ−ネットより画像拝借)「石の家に住んでいた人々は、部屋の四隅には魔女が住んでいると信じていた。だから人々はコ−ナ−のできない丸い家を考え出したんだ。そうすれば部屋が均等に明るくなるから魔女が住み着かないと思ったんだね」(英国式スピリチュアルな暮らし方 井形慶子著より)       昔の魔女狩り伝説などのように、、、一般的には怖く、忌み嫌われた魔女。 そんな魔女が、一転 [続きを読む]
  • 『 夏休みにやり残したこと 』
  • 「男子大いに厨房に入るべし」。昼頃、お鍋に水を張り 煮干しを一人3匹 四人で12匹、それに 夕方 ナス他を切って入れ、味噌を溶いて、、、お味噌汁、はい!出来上がり。 次は、ゴ−ヤを採ってきて 豚肉、豆腐と炒めて卵を混ぜて、ゴ−ヤチャンプル、はい!出来上がり。 これは、すべて夏休みの孫君(11歳)のことでした。究極は、トンカツ。 (彼は左利きです) 野菜を切って、盛り付けて、、、はい!出来上がりまし [続きを読む]
  • 『ミニオンズ そっくりカボチャ』
  • 「 Honeynut squash 」(蜂蜜ナッツ・スクワッシュ)春先に、米在住の次女から種を貰って撒いて以降、7月中旬には、まだこんな感じだったのですが、、、。   8月になって、やっと黄色く食べ頃になりました。サイズは、ピ−ナッツ・カボチャより一回り小さく、切ってみると、ほんのり スイカの熟した匂いがします。皮は薄いので切りやすく、ハニ−と名付けられた割には、甘みはあっさりで、食べやすいかぼちゃです。皮のまま [続きを読む]
  • 『イタリアのマンマの香り』
  • ひんやりとした秋風が吹いた今日、、、今年最後のゴ−ヤを収穫しました。日照不足の影響でしょうか?例年に比べて、緑色が薄く 苦みも少ないようです。そして、昨日収穫したミニトマトで「トマト・ゼリ−」を作りました。蜂蜜と砂糖半々、甘さ控えめ。飾りでヘタをつけたら、湯むきトマトみたいですね。今回は、トマトジュ−スの「ねっとりざらっと感」を残すために寒天で作ってみましたが、口当たりは上々でした。デザ−ト感覚で [続きを読む]
  • 『生のトマトが苦手なお客様』
  • イオンモ−ル内のレストラン「豆乃畑」の、ちょっと気になる垂れ幕。 特に、生のトマトが苦手という訳ではありませんが、、、さっぱり風味・トマトゼリ−にひかれて入店してみました。 ここは、バイキング方式のお店、、、目指す「トマトゼリ−」は、サラダコ−ナ−にありました。あっさりしてほんのり甘くて、かすかに くせのないトマト味。なるほど! 美味しい、、、 うん、美味しい〜??これはお代わりした分です。これな [続きを読む]
  • 『夏の大仕事が終わった』
  • 友達から、、、3人の小さな孫ちゃん達のお世話が一段落したそうで、「夏の大仕事が終わった!」メ−ルが届きました。そうか、、、孫を預かるのは大仕事なんだね。うちの孫君は、もう大きいけれど それでも3週間、、、我ながらお疲れさまでした。   ・・・という事で、 ”プレミアム・フライディ” の今日自分へのご褒美を買いに行きました。娘が、職場へのお土産に大量買いしていった、「ミカドコ−ヒ− SINCE 1948」 で [続きを読む]