うどちゃん さん プロフィール

  •  
うどちゃんさん: 野山の山菜を楽しもう
ハンドル名うどちゃん さん
ブログタイトル野山の山菜を楽しもう
ブログURLhttp://sansai-mountain.seesaa.net/
サイト紹介文山菜採りの季節・種類・食べ方などを皆さんと楽しみながら掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/07/03 04:54

うどちゃん さんのブログ記事

  • ナナカマド
  • ナナカマドは、私の庭にも植えてありますが、5月頃に白い花をつけ、秋には赤い実をたくさんつけております。山歩きにいっても見たことがありますが、山沿いの寒いような場所に生えているのを見たことがあります。実をそのまま食べると苦味がつよいので、食べることはできません。実についている柄を取り除いてから、果実酒として利用します。お酒に漬け込んで半年もすれば、琥珀色になり、美味しい酒が楽しめます。名前の由来は、 [続きを読む]
  • カンゾウ
  • カンゾウは、夏になると、とても綺麗なオレンジ色の花を咲かせております。この花は、比較的、日当たりがよく、すこし湿ったような場所に生えております。カンゾウの新芽は、アクもクセもなく、シャキシャキした歯ごたえで食べられます。春先にでる新芽は、群生しているので、なるべく太いものを選んで切りとってください。採った新芽は、よく洗い落とし、よごれをおとします。鍋に塩を入れて、さっと茹でてから冷水にさらします。 [続きを読む]
  • ギョウジャニンニク
  • ギョウジャニンニクは、採ると美味しそうなニンニクの香りがします。昔の人達にとっては、この山菜はかなりのスタミナ源として扱われてきたほどです。深い山の中へ歩いて行くと沢沿いにギョウジャニンニクが群れているので、見つけたらナイフなどで根元から切って摘み取りましょう。春先に、若芽と葉が少し広がったものが旬なので、一番良い時に採りましょう。天ぷらにしていただくととても美味しいですが、ゆでて酢じょう油や酢味 [続きを読む]
  • トチノキ
  • トチノキは、比較的涼しい、山間部にあり、葉は、とても大きく、掌状複葉で対生し倒卵形で、縁に鋸歯があります。春になると白い花を咲かせております。トチノキの葉は、郷土料理のつとっこを作るときに料理をっつつむときに使用されております。秋になると外皮につつまれた実をつけますが、この実はアクが強いのですが、保存がきくので弥生時代からとても大切にあつかわれてきました。しかし、現在は、鹿や猪もこの栃の実が好物で [続きを読む]
  • ギシギシ
  • ギシギシは、葉の縁が波打ち葉先はとがっています。川辺などをみてまわると群れておりますので、たくさんとることができます。このギシギシが一番美味しいのは葉が開く前の若芽で、煮るとぬめりが出て味も美味しくジュンサイに似ているため、おかじゅんさいとも呼ばれております。葉は、長楕円形になっており、茎は60cmくらいで6月頃に淡緑色の小さな花をたくさんつけます。根元の葉には長柄があり、葉の基部はハート型になっ [続きを読む]
  • ツノハシバミ
  • ツノハシバミは、標高の高い場所に生えております。葉をみると卵形ですこしとがっており、葉の縁には不規則な重鋸歯があります。春になると、枝先から尾状に垂れ下がった黄色い穂の雄花をつけ、その下の方に赤い花柱だけの雌花をつけております。秋になると、数個ずつがひとかたまりになるように実をつけております。実をよくみてみると細かい毛がびっしりと生えており、これにさわると少し痛いです。実を包んでいる一カ所が長くつ [続きを読む]
  • シシウド
  • シシウドは、山を歩いていると、日当たりの良い場所に生えており、ウドに似ているのですが、大ぶりで堅いため、人間より猪が食べるのによいとされたことから、この名前がつけられたと云われております。夏にこの花をみつけると白くて小さないくつもの花を咲かせております。私は、シシウドを見つけたら若葉を摘み取ってきて天ぷらにしたり、きんぴらにしていただきます。天ぷらにしたものは、うどんに入れて食べたり、蕎麦にいれて [続きを読む]
  • ウワバミソウ
  • ウワバミソウは、山地の沢沿いを歩くと見かけますが、あまり日が当たらないような場所に生えています。この山菜を知っていれば、かなり群生しているのですぐに見つけることができると思います。食べたことがある人は、わかるかと思いますが、シャキシャキとした歯触りがなんとも言えないですね。採るときは、たくさんある中から、茎の太いものを選んで採取します。ナイフをもっていれば根元から切り採りましょう。調理は、茎は先端 [続きを読む]
  • キジカクシ
  • キジカクシは、春になると山の比較的、日当たりの良い山の斜面に生えております。これを見つけたときは、私は大喜びになります。なぜかと申しますと、これの味は、なんとアスパラガスにそっくりなのですが、市販されているアスパラガスより香りが強く味も良いです。見た目もアスパラガスに似ているので、わかるかと思いますが、そんなに群れていないので、もし、見つけたらその場所を覚えておく方が良いです。そうすれば、毎年同じ [続きを読む]
  • ズミ
  • ズミは、10月頃に山登りに行くと、赤い実がなっているのでよく見かけます。花は、白くて小さい可愛いお花です。この実をとって食べると酸味が強いので食べることはできませんが、果実酒にはとてもよくあいます。ズミは、別名、木梨とも呼ばれております。昔は、ズミの樹皮を染料としてつかうと綺麗な黄色に染めることができたといわれております。ズミの実を果実酒につかうには、約2ヶ月で飲めるようになりますが、熟成するには [続きを読む]
  • アザミ
  • アザミは、湿り気があるような日当たりの良い場所を探すと簡単にアザミを見つけることができます。アザミの葉は、大型で深く切れ込みがあり、キク科特有の香りがあります。根は、昔からやまごぼうと呼ばれていて食べることができます。新芽を採ってきたら天ぷらにすると美味しいです。また、茹でて水にさらし、水切りをしてから胡麻和えやおひたしにしても美味しいです。根は、赤味噌・酒・みりんで漬け込むと美味しくなります。 [続きを読む]
  • オケラ
  • オケラは、我が家では大好物な山菜となっております。昔からおじいちゃんが山で採ってきたのを食べていたので定番の料理になっております。オケラは、日当たりの良い山地に出ているので、10cmくらいになっているものを指で摘み採ります。オケラは、ピンク色の可愛いお花を咲かせるので、その場所を覚えておけば簡単にとることができます。新芽は、天ぷらにしていただくと、香りがありとても美味しいです。また、茹でる場合は、 [続きを読む]
  • スダジイ
  • スダジイは、知っている人なら簡単に見つけることができますが、よく公園や神社に植えられております。春にクリーム色の花を咲かせ、この匂いは強いので辺り一面がこの香りになります。秋になるとドングリのハカマ状の殻の先端が4つに割れて実が落ちます。これはそのまま生で食べるとこができ、さくさくとした食感が好きな人をとりこにします。また、油を引いたフライパンで煎ってから食べると香ばしくて美味しいです。 [続きを読む]
  • ヒレハリソウ
  • ヒレハリソウは、夏に紅紫色の花を咲かせております。7月頃に大きな葉が株立ちしているものが、畑の縁に生えているのをよく見かけます。ヒレハリソウは、タンパク質や食物繊維、ミネラルを豊富に含んでいるありがたい山菜です。これを見つけたら、若芽を摘み取り、茹でて水にさらし、和え物にしていただきます。天ぷらにしても美味しいです。ヒレハリソウをみつけたら是非一度食べてみてください。 [続きを読む]
  • 山ウド
  • 山ウドは、採った瞬間からとても良い香りがして、食べたことのある人はクセになる味になっているかと思います。ウドは、成長するととても大きくなり、昔から、ウドの大木などとも呼ばれております。よく春になって、スーパーに真っ白いウドが売られておりますが、あれはウド本来の香りがなく、この天然の山ウドとは比べものにならないほど味が違います。ウドは、日当たりの良い斜面に生えておりますので、見つけたら株の付け根から [続きを読む]
  • シラタマノキ
  • シラタマノキをよく目にする場所は、高山のガレ場や登山道のわきなどでよく見ます。7月頃に山を歩くと白い花を咲かせ、秋になるとこれが白玉のような実をつけております。この実を採ってつぶしてみると、まるでシップのような匂いがします。葉もちぎって匂いをかぐと同じような匂いがします。この実を採ってからよく水洗いし、砂糖をいれたホワイトリカーに漬け込むと2ヶ月後には果実酒として飲めます。 [続きを読む]
  • ツルナ
  • ツルナは高さ50cmくらいの大きさで葉は厚く柔らかく表面は粉質になっております。日中は太陽の光があたるとキラキラと葉を輝かせております。葉をさわってみると少しザラザラしていてふにゅふにゅした柔らかさもあります。ツルナは海岸沿いに自生しているので「はまな」とも呼ばれております。ツルナをみつけたら若葉を摘みとってきます。ナベに塩をいれた水を沸騰させ、茹でたら冷水にさらしてアクを抜きます。そしてからし和 [続きを読む]
  • イワガラミ
  • イワガラミは、岩場に咲くあじさいの仲間で、周囲にからみつきながら成長していきます。見つけたらにおいをかいでみればキュウリの香りがするのですぐにわかるかと思います。5月頃になると新芽がでているので、それを手で摘み取ります。茹でてさっと水にさらし、マヨネーズや酢味噌和えにすると美味しいです。 [続きを読む]
  • サルナシ
  • サルナシは、マタタビ科でつる性で木に巻きついて成長します。秋に緑色の実をつけますが、太いつるを切ると水がでるので、のどの渇きを癒やすことができます。果実は、小型で食べてみるとキウイフルーツに似ていて美味しいです。この木の実に霜がかかって表面にシワができてくると甘みが強くなって美味しいです。このつるはとても丈夫なので、昔からロープがわりに使われておりました。実をそのまま食べるのもいいですし、ジャムに [続きを読む]
  • オオバコ
  • オオバコは知っている人ならすぐにわかると思いますが、道ばたなどに生えており、簡単にみつけることができます。オオバコの種子は粘液多糖類に包まれていて、水を含むと約40倍にまで膨潤するので、これを食べて満足感になりダイエットにも効果があります。オオバコの葉をよく湯がいてから水にさらし、お浸しやごま和えにしてたべると美味しいです。また、天ぷらにしても美味しいですが、揚げる前に葉の筋に切れ込みをいれたほう [続きを読む]
  • アマドコロ
  • アマドコロは、日当たりのよい場所にたくさん生えております。春先に伸びた若い新芽を摘み取りますが、毒草のホウチャクソウやスズランと見間違えるので注意してください。アマドコロを掘り出してみると地下茎が横に伸び、ひげ根が多いので、これで見分けるとよいでしょう。根は甘みがあるので、このことからアマドコロと名づけられたみたいです。アマドコロの新芽は赤みをおびた薄緑色になっておりまとまって生えておりますので、 [続きを読む]
  • クロマメノキ
  • クロマメノキは、火山帯の地域で標高の高い場所をあるくと見つけることができます。私が、知っている場所のクロマメノキは、高さ20cmのクロマメノキがあるので実がなるころにいって採ってきております。10月頃に山を登っていくと、小さな丸い実で白い粉をつけた紫色の実がなっております。このまま口に入れて食べると甘酸っぱい味がしてとても美味しいです。完熟したクロマメノキの実を採ってきたら果実酒にすれば、5か月も [続きを読む]
  • イノコズチ
  • イノコズチは、草むらを歩いていると種子が衣類にたくさんつきますので、そういった覚えのある方はわかるかと思います。梅雨時期に若葉を採って食べることができます。昔から漢方としても利用されており、茎が枯れた頃の根を掘り採り、日干しにして使います。利尿・通経などに効果があります。若葉を採ったら、ゆでてから水にさらして、お浸しや胡麻和えにすると美味しいです。天ぷらにして、蕎麦やうどんに入れて食べても美味しい [続きを読む]
  • トリカブト
  • トリカブトは、葉の形がニリンソウに似ているので毎年事故がおこっております。トリカブトは猛毒なので少しでも口にいれたりしたら命にかかわってくる危ない植物です。これを間違ってとってしまう人の中で多いのがなんと山菜採りでベテランの人が多くかかわっております。何故かというと、毎年、ニリンソウを摘み採りに行っている場所なので、まさかトリカブトが混ざっているとは思わなく、ニリンソウと一緒に採ってきてしまうので [続きを読む]
  • クロウスゴ
  • クロウスゴは、登山をしている人なら知っているかと思われますが、私もかなり山を歩くのがすきなので9月頃になると探しております。私がよく見る場所は標高の高いガレ場にあるクロウスゴをみつけます。初夏には黄緑色の花をつけ、9月頃になると丸い紫色の実をつけます。これを食べると酸味と甘みがよく効いていてとても美味しいです。私は、山に行くときには水が入ったペットボトルをもっていくので飲み終わったペットボトルにク [続きを読む]