千賀 さん プロフィール

  •  
千賀さん: 幸せへのキセキ season3
ハンドル名千賀 さん
ブログタイトル幸せへのキセキ season3
ブログURLhttps://ameblo.jp/iekoubo/
サイト紹介文余程のことがない限り、毎日コツコツ更新して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供533回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2015/07/03 06:45

千賀 さんのブログ記事

  • 山中慎介選手の、もの凄い根性とタオル投入
  • 世界ボクシング世界タイトルマッチ グレートチャンピオン山中慎介敗れる。ショック。 左のフックが山中選手の顎を捉える。もの凄いラッシュと、滅多打ち、ハードにぶん殴られても倒れないど根性。チャンピオンの意地を感じた試合。 ただ、必死に凌いでいたので、残り時間を考えても、もう少しタオル、待ってもよかったかも・・・?一番知り尽くした、セコンドの判断だから仕方ない。 しかし、残念。ただただ、残念・・・。相手も [続きを読む]
  • もし、関ケ原で西軍が勝っていたら・・・、
  • 歴史にifは、ない。と、言われるけど、もし、関ケ原で西軍が勝っていたら、と想像したくなる。 関ケ原の戦い、豊臣政権内の派閥争い。家康の立場で見れば、秀吉恩顧の大名の中で、三成憎しの勢力を取り込み、反対勢力を一掃して、豊臣領地を割譲、褒美にして、求心力を高めつつ、巨大な豊臣の力を弱体化させる戦略。 家康と比べて、経験、根回し、人心から言っても、厳しいけど、もし、もし、三成の西軍が勝っていたら、秀頼を [続きを読む]
  • 関ケ原の戦い、点と線を考える。
  • 司馬遼太郎氏の関ケ原、ついに映画化。織豊時代の終焉を描く切ない物語。各大名の思惑が交錯する本格的時代絵巻。 点として見るなら、忠臣の三成VS野心の家康、という構図に描かれると思うけど、織豊フリークとしては、そう単純には思えないのであります。 関ケ原の戦い1600年、遡ること18年前。1582年本能寺の変、信長横死、1583年賤ケ岳の戦い、織田家の番頭、柴田勝家自刃、光秀討伐の総大将、織田信孝(信長三男)自刃、1584 [続きを読む]
  • からあげくんレッド、一個、増量中だった。
  • 今日、仕事帰りに小腹が空いたので、某ソンで、一個増量中だった、からあげくんレッドが買いました。 からあげくんレッドを食べながら、カリアゲくんレッドのミサイル威嚇ニュースを見る。とにもかくにも、防衛大臣がまともな人に変わってくれてよかった。小野寺さんか、中谷さんか、石破さんくらいじゃないと適切に対応できない気がする。 伊達さんじゃミサイル打つか打たないかの緊迫した状況でも、昼になった途端、ちょっと、 [続きを読む]
  • 「日報問題」の閉会中審査の感想。
  • 見苦しい。南スーダンのPKO戦闘報告の日報データの存在を隠ぺいした問題。後付の言い訳ばかりで、見苦しい。端的に言えば、タレントと勘違いしているかの様な伊達メガネの高飛車大臣の立ち振る舞いに、命を懸けて国を守る、災害復旧、救援活動に尽力する方々が、「いい加減にしとけ!!コノヤロー!!」という感じになったという事だと思うけど、 普段から自衛官の方々に敬意を持って対応していれば、こんなクーデターみたいな風 [続きを読む]
  • 台風シーズン来る前に・・・。
  • 誠にありがとうございます。今日は、着工、現場管理、打合せ、おかげさまで多忙でございます。感謝感謝でございます。台風シーズン来る前に、備える。ぬかるまない様に砕石敷きをさせて頂きました。 台風シーズン来る前に、備える。直す。大雨経過後、雨漏れしない事を確認した後、屋内を直させて頂きました。 台風シーズン来る前に・・・。ありがとうございます。誠にありがとうございます。 [続きを読む]
  • 台風接近前、問題ないか、を確認して備える。
  • 誠にありがとうございます。台風が迫るくる。問題ない様に現場を確認する。腐った木の枝が、蔓に絡まって、落下しそうになっていた。 ブンブン飛んでいた蜂の棲家を発見。 折れて絡まっていた枝は、蔓を切って落として処分。蜂には申し訳ないが、オダブツになってもらわないといかん。蜂、すまん。 台風前に現場確認をするのでございます。備える。台風前に備えるを確認する。のでございます。 [続きを読む]
  • スーパースターには、ユーモアがある。
  • 世界陸上100m男子決勝。凄かった。ユーモア溢れるボルト選手を見ていて、スーパースターらしからぬお茶目さに、なんか、ほのぼのしてしまう。たくさんの人から愛されるスーパースターは、おちゃめなところがある気がする。 長嶋監督しかり、スーパーはつかないかも知れないけれど、元力士の高見盛関しかり、そういう感じで見ていたら、サニブラウン選手もおちゃめだった。おちゃめにスターへの階段を駆け上がっていくのでしょう。 [続きを読む]
  • 早起きして、世界陸上100m決勝を見た感想
  • 早起きして、世界陸上100m決勝を見た。ボルトのラストラン、ガトリンの悲願、ガチンコ対決。ホーム&アウェーの雰囲気。 のっけから、コールマンがビュンビュンに飛ばす、絶対王者ボルトが猛烈に追う、不撓不屈、意地の男、ガトリンが外からまくる。猛烈なドラマがある猛烈なレース。 しかし、ガトリンの決して諦めない、不撓不屈の根性、意地、ハートを、猛烈に感じた。めちゃくちゃ、感動したレースだった。 出場停止からの復 [続きを読む]
  • 誠にありがとうございます。アフターメンテナンスに伺って参りました。
  • 誠にありがとうございます。今日は、先日、お引渡しさせて頂いた2世帯リフォームのアフターメンテナンスに伺って参りました。工夫を凝らして、工事をさせて頂きました。生活音を減少させる防音マットと遮音処理、境界目線を気にしないサッシ位置、収納量とポジション、心地よい暮らす為の断熱遮熱、仕舞いやすい使いやすいキッチン動線・・・。広く、明るく、風が通るリビングでございます。少しを積み上げる。ちょっとの事を気に [続きを読む]
  • 世界陸上2017 ワクワクしながら、織田裕二の声を聴く。
  • 世界陸上2017が開幕。織田裕二の目が輝く。男子100m、ワクワクする。 ボルトの引退。不撓不屈を地で行くガトリンとのガチンコ対決、再び。サニブラウン選手の躍動、日本人選手の挑戦。 とても楽しみでございます。 特に、まだ、あどけない雰囲気残るサニブラウン選手の挑戦。年齢も経験も、上の選手ばかりの中、どんな走りを見せるのか? それぞれの人生が交錯する。それぞれのドラマがある。織田裕二氏の熱さが伝わってくる。 [続きを読む]
  • 枝を掃う、木を切る、台風シーズン前に、明るく爽やかにする。
  • 伸びた枝を掃う。木を切る。段々と、空が見える様になってきた。 蝉もいるけど、蜂もいる。そして、蚊もたくさんいる。結構、ブンブンに飛んでいたけど、木を切ったら、皆どっか飛んで行った。 蝉も蜂も蚊も、猛暑の中、木陰が無くては、困るのだと思うけど、こっちも困る。すまんと思いながら、ちょっとだけ、森林伐採について考えた。 アマゾンの縮図なのだ。最近の集中豪雨、温暖化の影響とかも、そんな積み重ねが、そうさせる [続きを読む]
  • おつりを返す。
  • 先日、コンビニで買い物していた時の事。若い店員さんが、先輩社員に仕事を教えてもらいながら、慣れない手つきで、たどたどしく働いている姿を見かけた。 うちの小僧と同じくらいの子だろうか?夏休みのバイトなのかも知れない。頑張りんよ。と思いながら、自分の買物を済ませ、レジに行くとその店員さんが、レジを打つ。 金額を聞いて、支払いをし、おつりをもらおうとすると、明らかに多い気がする。細かくは、わからないが、 [続きを読む]