たむ さん プロフィール

  •  
たむさん: 南大阪発 旅行写真
ハンドル名たむ さん
ブログタイトル南大阪発 旅行写真
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/komyoikehatsu/
サイト紹介文旅行での写真を掲載しています。 出発は大阪、行先は全国各地。 ほとんど一人旅です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/07/04 22:56

たむ さんのブログ記事

  • 2016年8月山陰旅行⑤ 松江・宍道湖畔
  • 久々の更新。山陰旅行④の続きです。2016年8月20日(土)山陰旅行2日目。本日は島根県へ。6:43 朝の米子駅前。6:43 駅の横にある「味の名店街」。昨夜は気づきませんでしたが、どんな店があるんでしょうか。6:44 JR西日本米子支社のプレート。6時46分発の快速アクアライナー・益田行きに乗車。6:50米子駅を発車して5分も経たずに、列車は島根県に入りました。特に目印となる峠や川があるわけでもないので、当時はいつ島根県入り [続きを読む]
  • 2016年8月山陰旅行④ 米子・皆生温泉
  • 前回は鳥取砂丘の砂の世界を満喫した後、鳥取駅に戻って終わりました。その続きです。15:53鳥取駅から列車に乗ります。沿線の鳥取県北栄町が「名探偵コナン」の作者、青山剛昌さんの出身地ということで、コナンのキャラクターが描かれた列車が止まっていました。これで西へと向かいます。倉吉駅までは車内が混雑していたので写真なし。(高校生が多かった)17:26途中には山陰最古の駅舎があったり、17:28日本海が見えたり。町が見 [続きを読む]
  • 2016年8月山陰旅行③ 鳥取砂丘
  • 2か月ぶりの投稿となりました。前回は鳥取で鳥取城跡と仁風閣を見学した所で終わりましたね。その続きです。砂丘へ行きますよっ。1日目(8月19日金曜日)の312:40鳥取城跡から歩き、路線バスが通る国道53号線に出ました。この日の鳥取市の最高気温は33.9℃。アスファルトの照り返しもあり、汗が噴き出ます。写真の奥に見えているローソンでタオルを買いました。(タオルはコインロッカーに入れた荷物から出し忘れました)12:48国道 [続きを読む]
  • 2016年8月山陰旅行② 鳥取城跡と仁風閣
  • 前回は大阪から特急に乗って、鳥取に到着しました。その続きです。1日目(8月19日金曜日)の210:19ホームから階段を下りて改札口へ。初めての鳥取です。10:21鳥取駅は駅員さんが切符・定期券類を確認する有人改札でした。10:21改札口の前では、『名探偵コナン』の少年探偵団の砂像がお出迎え。原作者の青山剛昌さんが鳥取県の出身だからですね。10:29駅の外に出ました。県庁所在地の中心駅だけあって、立派な駅舎です。カンカン照 [続きを読む]
  • 2016年8月山陰旅行① 鳥取へ
  • 今年の夏、2泊3日で山陰を旅しました。その記録です。1日目(8月19日金曜日)6:00旅の始まりはいつもと同じ、泉北高速鉄道光明池駅。まずは準急難波行きに乗ります。6:37新今宮でJR大阪環状線に乗り換え。7:00大阪駅。通勤ラッシュの時間帯に入り、人が多くなってきました。7:00梅田の新名所、巨大ぴちょんくん。ダイキンの広告塔です。かわいい。7:13大阪駅のホームでは売店が改装工事中で、一部のホームでは売店が利用できなくな [続きを読む]
  • 2016年4月 斑鳩紀行その3
  • その2に戻る2016年4月30日の奈良県斑鳩町の写真、続きです。今回がラスト。法輪寺の三重塔。1944年に焼失し、現在の塔は1975年に再建されたものだそうです。焼失前の塔は7世紀末に建てられた貴重な文化財だったとか。法輪寺の金堂。法隆寺に比べて人が多くなく、落ち着いてゆっくりと仏像を見られました。法輪寺の近くには「三井(みい)」という古井戸があり、法輪寺は別名「三井寺」とも呼ばれるそうです。法輪寺を離れます。斑 [続きを読む]
  • 2016年4月 斑鳩紀行その2
  • その1へ戻る2016年4月30日の奈良県斑鳩町の写真、続きです。法隆寺の近くにある国史跡・藤ノ木古墳の石室の一般公開をしているというので、見に行ってみることに。路上のマンホール。法隆寺や紅葉などがデザインされていますね。私以外にも藤ノ木古墳へ向かう人がちらほら見られました。法隆寺の南大門前から西へまっすぐ進めばいいので、迷うことはないと思います。そしてこれが藤ノ木古墳。「円墳」と呼ばれる円形の古墳ですね [続きを読む]
  • 2016年4月 斑鳩紀行その1
  • ゴールデンウィーク2日目の2016年4月30日(土)、日帰りで奈良県斑鳩町へ行ってきました。その時の写真です。今回使用したのは、「奈良・斑鳩1dayチケット(南海泉北版)」。1枚2,060円で、・泉北高速鉄道の全線・南海電鉄の全線(関西空港駅、高野山駅を除く)・近鉄電車の指定区間(大阪難波駅〜近鉄奈良駅、京都駅〜筒井駅、長田駅〜生駒駅、生駒ケーブル)・奈良交通バスの指定区間(奈良・西の京・法隆寺地域の指定区間)が1 [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 目次
  • 2016年3月27日(日)、大阪府岬町の深日港と兵庫県洲本市の洲本港の間で行われた旅客船の試験運航イベントを利用して、淡路島へ行ってきました。その旅行記の目次です。 ・その1 南海電車で深日港へ・その2 試験運航! 深日港から洲本港へ・その3 旧・鐘紡洲本工場・その4 自転車で由良まで・その5 由良湊神社・その6 成ヶ島の展望台・その7 成ヶ島のハマボウ林と干潟・その8 由良の町並み・その9 高速艇で深日港へ [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島ラスト 深日港駅周辺(下)
  • その10へ戻る目次もはや淡路島が関係なくなっていますが、このシリーズは今回が最後です。 16:10コメリ泉南岬店の隣にある「青木松風庵」。この時は何の建物だか分らなかったのですが、大阪府南部で展開している和菓子チェーンらしいです。ここはその本部。 16:13飲み屋の立ち並ぶ一角。16:17「池田タカユキの店」。店名からは何の店だかさっぱりわかりませんが、ただの美容院でした。16:19深日港駅の南側は整然とした区 [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島その10 深日港駅周辺(上)
  • その9に戻る目次淡路島から高速艇で深日港に帰ってきましたが、時刻はまだ15時過ぎ。せっかくなので、深日港駅の近辺を歩き回ってみます。15:16港には真新しい観光案内所がありました。まだオープン前でしたが、これが建っているということは、航路の復活はほぼ決まっているのかな。2016/3/27 15:25-15:26深日港の商店街。フェリーがあった頃は賑わったそうですが、現在はシャッターが閉まった店や空き地が目立ちます。15:29今や珍 [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島その9 高速艇で深日港へ帰る
  • その8へ戻る目次13:05来た道を走って洲本へ帰ります。13:06「不動尊瀧道」と彫られた石碑。何だろうな? と思ったけれどスルー。13:07←| 潜水協会 もぐり禁止 罰金50万円13:10淡路交通「天川」バス停。好きな雰囲気です。13:11木が生えていないあの斜面は何だろう。13:22来るときに見た桟橋の正体がわかりました。セメントの原料の石灰石を搬出する桟橋だったようです。さっきのハゲ山は採掘後の植林かな。13:24桟橋。13:28掛 [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その8 由良の町並み
  • その7に戻る目次現在時刻は12時30分。洲本港から帰りの船が出るのが14時30分なので、そろそろ洲本へ戻ります。 バスなら20分程度なんですが。 12:36由良コミュニティ消防センター。12:40昼食を食べる時間が無くなってしまったので、由良のスーパーで買ったキャラメルを腹の足しにしながら帰ります。12:42洲本市立由良中学校。平成27年度の生徒数は68人の小規模校です。この5年で20人ほども減ってしまっているようですね [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その7 成ヶ島のハマボウ林と干潟
  • その6に戻る目次11:48展望台から下りて、今度は成ヶ島のハマボウ林を歩きます。 成ヶ島では春から秋まで、折々の草花を鑑賞することができます。11:51これはハマエンドウかな?11:54ハマボウ林。11:56洲本方面。11:57友ヶ島・和歌山方面。11:57途中から、整備された歩道ではなくなります。地を這うように伸びている枝も多いので、踏んだり折ったりしてしまわないよう気を付けてください。11:59これは柾(まさき)。腰ほどの高 [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その6 成ヶ島の展望台
  • その5に戻る目次11:06「由良支所北」桟橋から、対岸の成ヶ島(なるがしま)へ渡ります。渡船の乗船券は大人往復300円。帰りに船に乗るとき、船頭さんに手渡します。この券で島に滞在している人数を確認しているそうです。11:13いざ出発。地元の漁師さんと同乗しました。昔は潮干狩りの季節ともなればたくさんの人が島を訪れたそうですが、今ではすっかり少なくなったとか。11:17到着。船に乗っていたのはほんの2分ほどでした。この [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その5 由良湊神社
  • その4に戻る目次洲本の観光案内所で自転車を借り、洲本市南部の由良までやってきました。10:20洲本市役所由良支所。日曜日ですが開いていました。10:23由良郵便局。こちらは普通に閉まっています。10:24由良町漁業協同組合。この付近に由良町のいろいろな施設が集まっているようです。10:43淡路信用金庫の由良支店。ちょっぴりレトロな感じがします。左側の階段を上がったところがエントランスなんですね。10:44信金の前の通りを上 [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その4 自転車で由良まで
  • その3へ戻る洲本観光案内所のレンタサイクルで、自転車を借りました。電動とそうでないものの2種類ありましたが、私が選んだのは後者。それでも3段変速です。9:12淡路島南東部の由良(ゆら)を目指します。洲本からは1時間に1本のバスもありますが、小回りの利く自転車を選びました。 9:15深日〜洲本航路の試験運航の取材でしょうか。港の近くには地元ケーブルテレビ局の車が停まっていました。9:17洲本港のすぐそばにある大 [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その3 旧・鐘紡洲本工場
  • その2へ戻る8:24大阪の深日港から高速艇に乗り、洲本港にやってきました。写真は洲本港と洲本城。8:25ポートターミナルの建物の前には、観光バスが待機していました。今回の試験運航では、2つの団体ツアーも組まれていたので、そのどちらかのバスでしょう。8:32海岸通交差点。その向こうにあるのは洲本バスターミナルと、イオン洲本です。左にはマルナカ洲本店。8:34とりあえず、バス待合所の中にある観光案内所へ。8:37洲本バスセ [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その2 試験運航! 深日港から洲本港へ
  • その1へ戻る6:49南海多奈川線・深日港(ふけこう)駅。6:49駅前にある「岬町歴史と観光の散歩道案内図(みさきタウンまっぷ)」。6:50踏切の向こう側には岬町役場があります。6:50駅から港へと続く道路。6:52港に到着。乗船受付のテントが設営中でした。少し早く着きすぎたようですね。(出港時刻は7:40、集合時刻は7:20でした)6:53深日(ふけ)漁港と、関西電力多奈川第二発電所。水面は静かに揺れています。なみのりを つかい [続きを読む]
  • 2016年3月淡路島 その1 南海電車で深日港駅へ
  • 2016年3月27日(日)、日帰りで淡路島へ行ってきました。その記録です。(岬町 - 高速艇で行く春休みわくわく淡路島について)航路復活を目指す動きのある深日港(大阪府岬町)〜洲本港(淡路島の洲本市)の試験運航を利用しました。2016年3月27日(日)午前5時2分。夜明け前の泉北高速鉄道・光明池駅です。路線バスはまだ動いていません。5:05始発の各駅停車・中百舌鳥(なかもず)行きに乗ります。5:09光明池駅を出た時点で、同 [続きを読む]
  • 6日目その4(最終回) 新千歳から関空へ ◇2013年東日本旅行
  • 6日目その3の続き。タイトルにも書いていますが、今回が最終回です。旅行記目次へ(2013年9月26日(木)) 小樽駅。2階建てで大きくはありませんが、港町らしい風格のある駅舎だと思います。駅前はわりと都会的。坂の街。駅前には長崎屋が鎮座しています。車とバイクが多いなぁ。駅の近くのコンビニで旅行記用のメモ帳を買って、駅に戻りました。小樽運河に行く時間がなかったのが残念。小樽13時04分発の快速エアポートで札幌 [続きを読む]
  • 6日目その3 函館本線 長万部→小樽 ◇2013年東日本旅行
  • 6日目その2の続きです。旅行記目次(2013年9月26日(木))長万部9時08分発の普通小樽行き。これに乗ります。長万部から新千歳空港までは、 小樽・札幌経由 室蘭・苫小牧経由の2つの経路があるのですが、時刻表を見るとどちらでも到着時刻は変わりませんでした。迷いましたが、札幌や小樽の街を見てみたかったので函館本線経由で行くことに。室蘭本線も海沿いで楽しそうなんですけどね。発車までしばらく時間があったので、駅前 [続きを読む]
  • 6日目その2 長万部駅前を歩く ◇2013年東日本旅行
  • 6日目その1の続きです。旅行記目次(2013年9月26日)長万部は函館本線と室蘭本線が分岐する、道南の交通の要衝です。線路もたくさんありますね。跨線橋を渡って改札口へ。次の列車まで1時間以上あるので、長万部の駅前を少し歩いてみます。この3・4・6駅前通って何なんでしょうか。江差駅前でも同じような標識を見ましたが。北海道独特のものなのかなあ。その3・4・6駅前通りがこちら。駅前から国道に向かってまっすぐ伸びています [続きを読む]
  • 6日目その1 函館本線 八雲→長万部 ◇2013年東日本旅行
  • 5日目その5の続きです。旅行記目次旅6日目は2013年9月26日(木)。今日が最終日。新千歳空港へ向かい、そこから大阪へ帰ります。函館本線・八雲駅からスタート。素晴らしい天気です。昨日は暗くてよく分かりませんでしたが、八雲駅周辺はそこそこの町ですね。特急停車駅はそれなりに栄えているのかな。駅の山側は住宅地になっていました。本日1本目、7時17分発の普通・長万部行き。北海道に来て、1両編成にも慣れました。八雲駅を [続きを読む]