おとん さん プロフィール

  •  
おとんさん: 8勝7敗で勝ち越したい
ハンドル名おとん さん
ブログタイトル8勝7敗で勝ち越したい
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ebisu663/
サイト紹介文人生は七転び八起き。咽頭がんと食道がんの多重がんでも最後に8勝7敗で勝ち越せるよう、前向きに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/07/05 08:35

おとん さんのブログ記事

  • 手術終了
  • 10時15分に病室に戻ってきた。 もう点滴も外れている。 今日一日は左目に眼帯したままというのが多少不便なくらいで、身体そのものは自由の身。 忘れる前に一連を振り返っておこう。 9時15分に車椅子に乗って手術室へ移動する(ヘアーネットも被る)大袈裟に思えるけど、どのみち帰りは片目は眼帯してるから、車椅子に乗ってこないと危ないので、こうしてるらしい。確かに理に適っ [続きを読む]
  • これから手術
  • 癌の手術で慣れてる人からすれば、感覚器の術前準備はかなり簡単。 今朝は検温と血圧測定。術前から抗生剤を点滴で落とすためのルートだけ確保。あとは術着に着替え、デパスを飲むだけ。 今日だけはシャワー禁止。歩ける範囲も病棟内だけ。朝ごはん抜きだけど、昼からは普通に常食が出る。 あっ、看護師に呼ばれた。9時30分から手術予定。ぼちぼち点滴、術着に着替えの時間だな。 今日は朝からみっちり筋トレ [続きを読む]
  • 準備は整った
  • 昼ごはんはカレーだった。 まー、美味くはないけど、不味くもない。家庭のカレーって感じ。 カレーを食べたラウンジから見える景色。 おっかさん、東京にも空があったよ。 昼ごはんの後は医者のムンテラ。とは言え、明日手術をする医師は非常勤なので当然来なくて、若手医師から手術の説明を受ける。 私が気にしているのは2つ。 閉所 [続きを読む]
  • 初めての入院(眼科)
  • スタンリーキューブリック監督の映画、「時計仕掛けのオレンジ」をご存知かな? あまりストーリーは覚えてないが、グロい映画で衝撃を受けた記憶がある。 一番覚えてるのがこのポスター。くり抜かれた目玉とナイフ。当時は斬新なデザインだったような… 緑内障の手術が決まった時、真っ先に頭に浮かんだのがこのポスターだった。 実際に目ん玉に麻酔の注射を刺すのか、そ [続きを読む]
  • 7/18酒の味
  • プルタブをプシュッ! ヤバい、美味いじゃないか。 2ヶ月以上禁酒して、 ビールを飲んだら苦く感じる。 濃すぎて美味しくない。 この辺を期待してたんだけどな。 実に旨し。 ゴキュゴキュゴキュ 瞬く間に500ml缶3本が空いた。 はー、酔った。 よし、いつものように腕立て伏せだ。 ダメだ、まるで体に力が入らない。 体幹トレ 片足で立つことすら出来ない。 おもむろに卓球ラケットとボ [続きを読む]
  • 7/18セカオピの結果
  • セカオピで聞きたいこと。そもそも今の主治医からは、胃カメラで「食道の入り口=患部」を見ることは非常に難しいと言われている。 つまりこの2つは、観察が難しいと匙を投げられてる状態。 ①APCで焼いた患部に癌が残ってないか。②今後、また同じ場所に癌が出来た時、早期発見が出来るか。 はたしてセカオピの医師には食道頸部は見えるのか? では見てみましょう。 鼻からカメラが入る。 [続きを読む]
  • 下咽頭がんから5年経過
  • 私は2回下咽頭がんを経験している。 最初は2010年5月リンパ節1個に転移しており、ステージIIIと診断される。抗がん剤と放射線治療でがん細胞が消失した。 2012年5月消えたはずのがん細胞が2年で復活し、リンパ節1個に再発。リンパ節郭清手術を行い、がん細胞を摘出した。 2017年6月PET検査の結果シロだった。今後は4ヶ月に一度のフォローになる。 文字にすれば、たったこれだけの事なんだけどね。 この5年間を [続きを読む]
  • 口内炎を緩和する新薬が出るようだ
  • ソレイジア・ファーマは7月7日、がん化学療法および放射線治療法による口内炎に伴う疼痛の緩和に用いる口腔用液状医療機器「エピシル口腔用液」の承認を取得したと発表した。承認は6日付。 がん治療による口内炎に伴う疼痛緩和に用いる医療機器は国内初。 同社は12月の保険収載を見込んでいる。 がん治療による口内炎に伴う疼痛緩和に対して確立された治療は存在しない。 [続きを読む]
  • ノンアルビールで休みは卓球で明け暮れる
  • 土曜日は卓球道場で9時から13時まで打つ。家に帰り、シャワーを浴びたら、向かいのスーパーでカツオとエダマメとキュウリとトウキビを購入。 これらを手早く調理したら、パリーグテレビを付け、野球(日ハム)観戦。 旬のもの食べながら野球観戦。日本の夏だねー 唯一、去年と違うのは、飲んでるのがビールではなくノンアルビールだということ。 喉が痛いし、浮腫も残ってる。ホンモノを飲むにはまだまだ早い。 もっ [続きを読む]
  • 今日は眼科だ。病院ばっかで嫌になる。
  • 新宿までGo!ラッシュに揉まれて、体幹トレの効果なんぞ感じることもできない(笑) 病院に着いた。受付を済ませ、眼科の待合室で待つこと30分。執刀医予定の医師から呼ばれ、眼圧を測る。 右目12左目13 今日は調子が良い。 落ち着いてますね。では次に私と会うのは入院してからとなります。 あれっ、これで終わり? 先生、入院はいつからですか? 病院から別途電話がきます。連絡があるまでお待ちください。 [続きを読む]
  • PET検査の結果
  • 今日は耳鼻科の診察だ。 PET検査の結果はシロ。 術後の炎症の影響が残ってるかと思ったけど、光ってる箇所はなかった。 これで下咽頭癌は再発してから5年が経過。 次回からは4ヶ月に1度の診察と、年に1回のPET検査だけになった。 耳鼻科医に、癒着が酷くてESDが出来なくてAPCになったこと、取り残しと再発のリスクが15%程度あることを告げ、耳鼻科で何か出来ることはないか聞いてみた。 [続きを読む]
  • ASCO速報
  • ASCO(アスコ)は、American Society of Clinical Oncology(米国臨床腫瘍学会)の略称で、世界最大のがん学会となります。年に1回開かれるこの会議では、世界中から約25,000人ものオンコロ ジスト(がん専門医)が参加され、5000以上にのぼる研究結果が発表されます。 ASCOの速報を掲載します。 興味ある方はがんナビまで。 6月2日から6日までシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(AS [続きを読む]
  • 単なる肩コリではないと思うんだ
  • 本題に入る前に。 金曜日に久々に東京の某所でセミナーを受講してきた。 会社で役立つ法律知識 長年営業だった私、今の総務みたいな勤務は未体験で、総務の業務上、新しい業者さんと契約を交わしたりする窓口なので、契約書や覚書を作ることが多い。契約書などを作るのも慣れないし、収入印紙は幾らを貼れば良いとか、門外漢すぎて何のことやらさっぱりわかりまへん。 この年になると、何でも人に聞くつうのも憚られる [続きを読む]
  • 術後経過(ジャスト1ヶ月)
  • 早いもので、あっという間に手術から1ヶ月が経過した。 備忘録として残しておこうっと。 【傷の痛み】昨日からロキソニンを飲んでない。黙ってるとあまり痛くないけど、喉が乾いたり、嚥下すると少し痛む。欠伸をしても軽く痛い。声を出しても多少痛むので、テンションが上がらない。とはいえ、ロキソニンから脱却出来たので、少しずつ治りかけてるのだろう。良い兆候だ。 【食事】烏龍茶の一気飲みは無理。沁みて痛 [続きを読む]
  • 診察結果、かなり微妙
  • 術後初めての診察。 その後はどうですか? 喉の痛みが酷いですね。最初のうちは日に日に改善されてきましたが、途中から横ばい状態で、今も放散痛があり、1日3回のロキソニンが手放せません。ロキソニンも実はあまり効かなくて、流動食しか食べてないのに、喉元を通過するときはけっこうな激痛が走ります。 なるほど、まだ喉は爛れてる状態ですし、過去に放射線をあてたところは治りが悪いので、しばらくは我慢するしかあ [続きを読む]
  • 新たな敵の襲来
  • 私の不眠症はなかなかしぶとい。 過去にこんな記事も書いてるし、 http://blog.livedoor.jp/ebisu663/archives/65815591.html この記事からさらに私が夢遊病者でやらかした記事にも行けるので、興味ある人は読んでくださいな。 実は最近また不眠症がぶり返してきた。 今度の理由は、過去と違って原因は肩コリ。正確には肩甲骨周りの張りかな。 肩を回すと ゴリゴリゴリゴリゴリゴリ [続きを読む]
  • 退院後day11
  • 喉の痛みは少し落ち着いてきた。相変わらず突き刺すような痛みはあるけど、我慢すればロキソニンを飲まずにいられるレベルまで下がっている。 まだお粥だけど、昨日の夜は退院後初めての刺身も食べた。 トマトとかは滲みるからまだ無理だけど、レタスなどの生野菜も大丈夫。 今が旬の茹でたてのソラマメなんぞ摘みながら烏龍茶を飲む。 実に健全だ。ビールなんてもう味を忘れたよ(笑) 卓球も昨日から再開 [続きを読む]
  • 健診
  • 昨日は会社の健診だった。 胃カメラ、胸部+腹部レントゲン、眼の検査は散々やってるので、もちろんパス。 実際にやったのは血液検査、エコー、心電図、尿、便潜血、聴力、肺活量、身長体重、体脂肪くらいかな。 終わった後、最後に医師の診察。術後はロクなモンを食べてないから、体重が1.5kg落ちたのだが、皮肉なことに減量したことで血液検査のデータが軒並み改善されていた。医師の口から出 [続きを読む]
  • 退院後、5日経過
  • 今日は土曜日。 よーし、卓球だ! とはならず。 好きなものをやるためなら、我慢を厭わない私だけど、さすがに自分でも卓球はまだ無理と判断。 おとなしく家でお休みしている。 つまんねー 痛みレベルが下がらない。 1日3回痛み止めとしてロキソニンが手放せず。ただロキソニンを飲むとかなり楽になる。 [続きを読む]
  • 術後day5 退院、そして…
  • 5月22日やはり熱はすっかり下がっている。トイレに行くと、人に見せたくなるようなご立派な一本グソ。喉の痛みは、風邪を引いたときの酷い扁桃炎レベルまで下がってきており、術後で一番調子が良い。 7時30分に昨日の小僧研修医が様子を見にきた。体調は全く問題無いことを伝えると、それは良かったですと初めて眼鏡の奥の眼が笑う。 今日もグダグダ言われるようなら 黙れ、こわっぱ!!! このセリフを使えるチャンス [続きを読む]
  • 術後day4
  • 昨晩は謎の熱発が38.2°Cまで上がり、さすがにギブアップ。看護師に伝えて、氷枕を持ってきてもらう。 氷枕に頭を埋め、入院の神様からの制裁に反省し、すまぬすまぬと神妙にしてたら、朝にはすーと熱が下がっていた。 しめた!これで外出できる。 反省のはの字も乾かぬうちに、いそいそと外出許可書を埋めていく。 [続きを読む]
  • 術後day3
  • 朝、看護師に訴える。 点滴を留置してる血管が痛くなってきたよー(>人<;) 退院日が決まると、途端に管理が緩くなるのが世の常なので、違う血管に入れ直すことはしないと読んでの発言。 分かりました。 ホントは五分粥を食べられるまで、点滴が必要なんですが、抜いちゃっても大丈夫か、先生に確認してみますね。 案の定、看護師さんの頭の中は抜去しか選択肢がない。 それからしばらくして 先 [続きを読む]
  • 術後day2
  • 眠れなかったけどハラヘッタ。今日から流動食が始まるって言ってたよなーさらに腹を空かせておこう。 点滴台を引きずりながらロビーに移動。立ったままできる体幹トレーニングと柔軟体操、気持ちよいなー 8時、朝食の時間。カウンターに勢いよく名前を告げる。 食事ありません。 ( ̄◇ ̄;) 昼からかよ! 12時、さあ今度こそご飯だ。 重湯に味噌汁。あー、滋味滋味。15分掛けて完食。 [続きを読む]
  • 術後day1
  • 5月18日6時に起床。昨日はかなり眠れたなー検温36.6℃異常なし。7時に採血。 8時に主治医が顔を見せに来た。変わりないですか?尿道カテーテルを抜くよう指示出しておきますね。血液データで異常無ければ、水を飲んでも構わないので、もう少しお待ちください。 実はもう飲んでるのだが(笑)朝方、どうしても喉が渇いて、ほんの少しだけね。 9時に今日の担当看護師がやってきた。良かった、昨日までの嫌な奴は休みらしい [続きを読む]
  • 手術当日のサプライズ
  • 5月17日手術当日 今朝、看護師長が来た。 おとんさん、看護実習生の研修をさせたいのですが協力いただけますか? なんで私? 彼女は今看護科4年生なんですけど、手術当日〜手術後の看護ケアの研修が目的です。 ちょうどおとんさんが条件にぴったり当てはまるので。 了解です、構わないですよ。 [続きを読む]