ひろまるWEB さん プロフィール

  •  
ひろまるWEBさん: ひろまるブログ/勝手に紹介!歴史スポット
ハンドル名ひろまるWEB さん
ブログタイトルひろまるブログ/勝手に紹介!歴史スポット
ブログURLhttp://blog.hiromaruweb.main.jp
サイト紹介文ブログ管理人“ひろまる”が お気に入りの歴史スポットをのんびり「勝手に紹介」します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/07/05 13:32

ひろまるWEB さんのブログ記事

  • 藤川宿(2)まち歩きで宿場のなごりを探せ!(愛知県岡崎市)
  • (前回のつづき) 愛知県岡崎市の藤川へやってきたひろまる。旧東海道の宿場町「藤川宿」を歩きます。 〜? 宿場の西の出入口「西棒鼻跡(にしぼうはなあと)」から、藤川宿は始まります。 ? 街道を進んでいくと、古そうな門が見えてきたぞ。? 宿場のなかほどにあるのが、藤川宿「本陣跡」と「脇本陣跡」。 ◎本陣、脇本陣とは…大名や公家、幕府の役人など上流階級の客を宿泊させる宿。一般の旅行者は旅籠屋(はたごや) [続きを読む]
  • 藤川宿(1)東海道五十三次の宿場町へ(愛知県岡崎市)
  • こんにちは、ひろまるです。? 今回“勝手に紹介”するのは、愛知県岡崎市の「藤川宿(ふじかわしゅく)」です。 藤川宿は、江戸時代に整備された東海道五十三次の37番目の宿場町。全長は約1kmほど。東海道五十三次のなかでは小さな部類の宿場ですが、各種施設を揃え宿駅としての務めを十分に果たしました。 それでは、江戸時代の雰囲気を残す旧東海道の宿場町歩き、スタートです! 〜? やってきたのは岡崎市、国道1号 [続きを読む]
  • 松平郷(3)家康ゆかりの地と自然を楽しむ(愛知県豊田市)
  • (前回のつづき) ? 高月院の見学を終えたひろまる。? 帰り道は、こちらの自然豊かな遊歩道で駐車場まで戻ろうかな。?? 遊歩道の途中にあった、武家屋敷風のお店「天下茶屋」で休憩。? こちらでは、うどん・そば等の食事や、和風スイーツが食べられます。? 名物は「天下もち」というお餅みたい。(写真は模型) 「織田がつき、羽柴がこねし天下もち、座りしままに食うは家康」だね。? しかし、注文したのは「和風パフェ」 [続きを読む]
  • 松平郷(2)始祖の菩提寺と天空の城?(愛知県豊田市)
  • (前回のつづき) ひろまるは、愛知県豊田市の松平郷へとやってきた。?〜 松平東照宮の見学を終え、次の歴史スポットを探します。? 道沿いには「室町塀」と呼ばれる土塀が。室町時代もこんな感じだったのかな? ? 松平東照宮から歩いて数分、やってきたのはこのお寺。? 松平氏遺跡のひとつで国指定の文化財「高月院(こうげついん)」です。? 高月院は1367年の創建で、徳川氏の始祖、松平氏の菩提寺。? 山門や本堂は、1641年 [続きを読む]
  • 松平郷(1)徳川将軍家 発祥の地へ(愛知県豊田市)
  • こんにちは、ひろまるです。? 今回 “勝手に紹介” するのは、愛知県豊田市の「松平郷(まつだいらごう)」です。 松平郷とは…戦国時代、戦国大名から江戸幕府の初代将軍になった徳川家康。家康は、もともとは松平元康を名乗っていました。その松平氏発祥の地がこの松平郷です。? 松平郷には松平氏をしのぶ歴史的な資料や史跡が多く残されていて「松平郷園地」として整備されています。 また、一帯に残る館跡 [続きを読む]
  • 覚王山(3)揚輝荘 南園/多国籍山荘風迎賓館 聴松閣(愛知県名古屋市)
  • (前回のつづき) 名古屋 覚王山で歴史スポットを探していたひろまる。つぎは 揚輝荘 南園へ。 〜? 揚輝荘 北園から南園へは、マンション横の通路を使って移動します。? 揚輝荘 南園には、聴松閣(ちょうしょうかく)、揚輝荘座敷、南庭園があり、現在は聴松閣が内部公開されてます。? 聴松閣 は、昭和12年に建てられた山荘風の外観をした迎賓館。地上3階・地下1階の建物は、いろいろな国の様式がミックスされています。市指定 [続きを読む]
  • 覚王山(1)日泰寺/ホンモノの仏舎利があるお寺(愛知県名古屋市)
  • こんにちは、ひろまるです。? 今回“勝手に紹介”するのは、愛知県名古屋市の「覚王山(かくおうざん)」エリアです。? 地下鉄東山線「覚王山駅」で下車したひろまるは、商店街を北へ向かいます。すると・・ 何か大きな建物が見えてきたぞ!? 覚王山と言えばここ!「覚王山 日泰寺(かくおうざん にったいじ) 」です。 ? 普通、お寺の塔にはお釈迦様の遺骨(仏舎利)の代替品が納められますが、日泰寺ではタイ(シ [続きを読む]
  • 鶴舞公園と八幡山古墳(愛知県名古屋市)
  • こんにちは、ひろまるです。? 今回“勝手に紹介”するのは、地元 東海エリアの歴史スポット。愛知県名古屋市にある「鶴舞公園」と「八幡山古墳」です。? 鶴舞公園(つるまこうえん)は、明治42年に名古屋市が設置した最初の公園。 明治の欧化思想の影響を受けた洋風庭園と回遊式の日本庭園を併せ持ちます。? 桜の名所(日本さくら名所100選)で、春にはたくさんの花見客が訪れます。? 公園内には歴史的な施設もい [続きを読む]
  • 【PR】名古屋で学ぶ Illustrator(イラストレーター)
  • こんにちは、ひろまるです。? 今回は、ひろまるが副店長をしている ネットショップ「ひろガリ工房」の商品を紹介します。 みなさん、パソコンソフトの「Adobe Illustrator(アドビイラストレーター)」って、知っていますか? このソフトは、名前にあるようにイラストを描いたり、ロゴや地図を作ったり、ポスターやチラシを作ったり・・ などなど、多くの印刷物やWEB制作でプロも使っている業界標準のグラフィックデザインソフト [続きを読む]
  • 武節城/武田勝頼ゆかりの城へ(愛知県 稲武地区)
  • こんにちは、ひろまるです。? 今回 “勝手に紹介” する歴史スポットは、愛知県豊田市の稲武地区にある「武節城(ぶせつじょう)」です。? ここは「どんぐりの里 いなぶ」。愛知県豊田市の国道153号沿いにある道の駅。? その道の駅のすぐ近くに小さな山が。ここが「武節城(ぶせつじょう)」です。? 山の上をよく見ると「武田勝頼ゆかりの武節城址」の看板が。 ◎武節城とは…戦国時代の平山城。三河・信州 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます 2017
  • みなさま、新年あけましておめでとうございます 今年も色々な歴史スポットや、ネットショップ「ひろガリ工房」(ただいまプレゼント実施中!)の情報を発信していきたいと思います。 よろしくお願いいたします! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★ブログランキング参加中!(アイコン で順位が見られます)   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<PR>ひろガリ工房 オリジナルグッズネットショップ [続きを読む]
  • ブログ記事一覧(2016年12月)
  • こんにちは、ひろまるです。過去にブログで紹介した歴史スポットをまとめました。気になるスポットがあったら、読んでみてくださいね!〜◎東海のお城■ 名古屋城 勝手に紹介!名古屋城■ 名古屋城 ウォーキング&名古屋城外周めぐり■ 名古屋城 秋の陣 2015■ 名古屋城 本丸御殿 第二期公開スタート!■ 犬山城 勝手に紹介!犬山城■ 足助城 勝手に紹介!足助城■ 岩崎城 「三河中入り作戦」を防いだ城■ 岡崎城 徳川家康 [続きを読む]
  • 岡崎城(5)まだある!岡崎城の見学スポット
  • (前回のつづき) 岡崎城天守を見学したひろまるは、岡崎公園内を散策。 〜天守と家康館以外にもいくつかある、見学スポットを紹介していきましょう。 ? まずはこちら「二の丸御殿 井戸跡」。 大手門から入った先の売店横にあります。? 平成の発掘調査で発見された江戸時代の石組み井戸で、二の丸御殿で使われていたようです。 〜? こちらは「二の丸能楽堂」。? これは現代の施設かな?能・演奏会・記念式典などのイベントに使 [続きを読む]
  • 岡崎城(4)天守閣で発見!よくあるシリーズ
  • (前回のつづき) ひろまるは、岡崎城の天守へ。 〜? 岡崎城の天守へ入ります。 ? 入城料は大人200円。家康館とのセットでも510円と安いね。 ? 入口を入ると、こんなレトロな機械が! 観光地によくあるシリーズ その1「記念メダル」の販売機だね。帰りに買っていこう! ? 城内各階では、岡崎城・岡崎藩・城下町などについての展示を見ることができます。 写真撮影は1階と5階の展望台が可(だったはず…)。 ? 1階には旧 [続きを読む]
  • 岡崎城(3)二の丸から本丸・天守へ
  • (前回のつづき) ひろまるは岡崎城で、家康館と武将隊の演武を見学。 〜? つぎは、家康館のある広場(二の丸)から、本丸・天守方面へ向かおう。? 本丸北側の空堀(からぼり)の横を進みます。? 結構、深い堀だね。 ? 天守が近づいて来たぞ。? 龍城神社の横を抜けると・・? 本丸・天守へ到着! 岡崎城は、徳川家康が桶狭間の戦いで独立してから浜松城に移るまでの間、本拠として使われました。 江戸時代には「神君出生の [続きを読む]
  • 岡崎城(2)決戦関ヶ原!家康館と武将隊
  • (前回のつづき) ひろまるは徳川家康が生まれたお城、愛知県・岡崎城へとやってきた。 〜 大手門から、いざ入城! この門は再建されたもので、江戸時代の大手門は、この場所から北東に200メートルほどのところに建っていたようです。? 案内図を発見。 現在、岡崎城跡は岡崎公園として整備されています。? まずは、敷地内にある「三河武士のやかた 家康館」へ。 入館料は、家康館と岡崎城天守との共通券で510円。安いね!? こ [続きを読む]