杉谷知子 さん プロフィール

  •  
杉谷知子さん: ライター&切り絵・剪紙作家 杉谷知子のブログ
ハンドル名杉谷知子 さん
ブログタイトルライター&切り絵・剪紙作家 杉谷知子のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kirie-and-tomoko/
サイト紹介文52歳で作家としてデビュー。一度見たら忘れられないオリジナル切り絵をつくって発表してます。
自由文40代後半で中国切り絵(剪紙)と出会い、50歳過ぎから自分の切り絵を切り始め、52歳で初個展。中国切り絵に限らないオリジナル切り絵をばんばん切ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2015/07/05 23:36

杉谷知子 さんのブログ記事

  • 魔法が切れる前に切りましょう
  • 切り絵《angel》 例によってもう寝ようかと思う時間になってももやもやしている。もやもや病。原因はわかっている。だったら解決するしかないよね。 よし、5分だけ切ろう、切ったら気持ちよく眠れると思って切り始めた。「よし。このくらいにしとこー」って顔を上げたら1時間経ってた。あらまあ。 わたしは自分が書いた原稿や文章を読んで「すごくよく書けてる」って思ったことは一度も [続きを読む]
  • 切り絵《たいへん、たいへん》
  • 切り絵《たいへん、たいへん》 「早く早く。急いでお医者さんに行かないとこの子の命が危ないの〜」 でもね、そんなにクビをぎゅーっと強くつかんだらお医者さんに着く前にその子、死んじゃうよ。 ……こういうことって暮らしの中でもあるよね。わたしもよくやる(笑)。パニクらないで事をしましょう?? ========これからのワークショップと展示の情報です!=== [続きを読む]
  • リメイク箱WS
  • 今日は清水八子さんの「小さなお直し箱」ワークショップに参加してきました。家にある貼り箱を持参してそれを一度平面に解体して新たな紙を貼ってまた箱に戻していくという作業です。 わたしはお干菓子の小さな箱を持参しました。なんせ家に干菓子や和菓子の貼り箱がたくさあってしかも、この箱たちを切り絵の作業でも使うので少しでも見栄えを可愛くしたかったから。 左みたいな貼り箱さんを [続きを読む]
  • 夢はそっと手のひらのなかに
  • 4月の切り絵教室図案・ハスのなかで 夢って「絶対に絶対に叶えたい!」とギューっと強く握りしめないほうがいいって思います。わたしの場合は、ですが。コトリだってきれいな花だっておいしい最中だってぎゅーっと握りしめたら壊れてしまう。大切なものは手のひらのなかにそっとおいてころがすように、あっためるようにしているほうが叶いやすいんじゃないかしら。わたしはあるときから思うようになりま [続きを読む]
  • 4月の切り絵教室でした
  • 今日は宝蓮華さん@八王子の切り絵教室でした。5月の子どもの日をちょこっと意識してそういう図案をご用意しました。 そのうちのひとつ。龍の着ぐるみを着た子です。こどもの日というと鯉を連想しがちですが龍もかっこよくて強くていいですよね。龍にのった子どもの図案を考えていたのですが、結局着ぐるみに。わたしが着ぐるみ図案が好きだから(笑)。 左下の漢字は「どうしようかな〜」と思ったのです [続きを読む]
  • 歓迎歓迎、ダークちゃん
  • HP、MPともものすごく少ないのでゲージがフルに回復するまで大きめの切り絵や細かめの切り絵どっさり色付けのあるものはちょっと中断中。小さな作品をちびちびきってます。 そしたらこんな子が出てきましたよ。 わーい。性格悪そう。きっと悪いんだよ。絶対悪いんだよ。ひねくれてるのかすねてるのかふてくされてるのか。 でも可愛い。 これまでは比較的単純に可愛いも [続きを読む]
  • シルクスクリーンを刷ったよ
  • 昨日は紙箱専門店Box and Needleさんのワークショップに行ってきました。わたしに箱作りの面白さを教えてくれた神匣屋 玉匣の清水八子さんとご一緒に。 Box and Needleでは毎月いろいろな種類の紙箱ワークショップを展開しているのだけれど今回出たのはシルクスクリーンと箱作りのコラボワークです。紙の質感やインクのカスレを楽しむ印刷会社レトロ印刷JAMさんがシルクスクリーン担当です。 白い紙に自分 [続きを読む]
  • 風邪??花粉??それとも?
  • ブログって基本的に他の方に読んでもらうものだと思うのだけれどこの記事は自分の備忘録、メモとして。いつ頃、どういうシチュエーションのときに、どういうふうに体調を崩すのか、傾向を知りたいから。そしてできれば対策も練りたい。ブログに残しておくと、後々調べやすいのです。 というわけで、体調崩した報告です。 4月15日(土)いきなりあたたかくなったせいか なんだかくしゃ [続きを読む]
  • 大丈夫、うろたえない♪
  • 切り絵《涙壺》 さて来週から本格的に忙しくなります。7月の個展9~10月の台湾個展×2箇所そしてライターのお仕事もなぜかドンと入ってきました。 このライターのお仕事はもう10年以上いただいているものですが、担当者がまたかわりました。何人目だろうね。そして編集部も改変されるようで来年はお仕事がなくなるかもしれません。 昔のわたしなら「えーーー、仕事がなくなるの T0T」と [続きを読む]
  • えつこさんのこと
  • 小さなお茶会「茗香礼賛」に参加させていただきました。主催者はRe-light+(リライトプラス)のえつこさん。東京・府中の住宅街にあるえつこさんの素敵な隠れ家サロンです。リライトプラスでは中国茶のお茶会だけでなくボディケア、リンパドレナージュなどのトリートメントや参加型のリラクゼーションとしての小さなレッスン (フェルデンクライスATMレッスン、おうちで楽しむ中国茶)なども行っています。 すべ [続きを読む]
  • FEFロゴのカラーバージョンです
  • 先日(といってもずいぶん前だけど)のブログに紹介した台湾のFlower Essence Friendsという会社の切り絵ロゴマークのカラーバージョンです。 ロゴマークというのは会社やお店の顔にもなるものなので依頼主の趣旨や方向性、好みなどをうかがって色をつけていきました。 打ち合わせと納品を兼ねてのミーティングで彼女からこんなプレゼントをもらいました、嬉しい〜。かわい〜。コースターも袋 [続きを読む]
  • 禁煙しなくちゃと思いながらタバコを吸うように
  • 以前、あるセミナーで言動の不一致がもたらす結果について聞いたことがある。 たとえば「ダイエットしなくちゃ」と思いながら甘いものをたくさん食べる。あるいは「タバコ、やめなきゃな」と思いながらタバコをすばすば吸う。 そんなふうに思っていることとやっていることが一致しないことを続けていると気持ち悪くなってしまい、どちらかをやめざるをえなくなる、という話だった。タバコなら「やめ [続きを読む]
  • 切り絵《うまれかわったら》
  • ゆううべ、三更半夜急に切りたくなりました。製作中の中サイズ以上の作品を切るほどの余力も時間もないので小さなのを新しく切りたくなりました。 いつもそばにおいてあるクロッキー&メモ帳を開いてなんか適当なのないかなあと探していたらこれを切りたくなりました。 切り絵《うまれかわったら》 メモのようにざざっと描いた図案の下には「うまれかわったら」と書いてありま [続きを読む]
  • ペースダウン
  • なぜかいきなりペースダウンしてます。 めちゃくちゃ頑張りたい個展が7月に待ち構えているのでこんなことしてる場合じゃないんだけれど心はあせれどももう一方の心は動かず。 心が動かない時に切ると失敗したり手を切ってしまったりとろくなことがないのでしょーがないかと開き直ってダラダラしてます。 ちょっとね、「人あたり」しちゃったかな。良くも悪くも。もう少し気 [続きを読む]
  • 切り絵《キリンの福ちゃん》
  • 切り絵《キリンの福ちゃん》Soory, not for sale. 我が家のリビングの壁にかざってあるわたしの切り絵。これ、2013年冬に開いた人生最初の第1回目の個展で出した作品のひとつです。 小さな「かぶりもの」シリーズで、それぞれ動物のかぶりものをかぶって「福」や「寿」などおめでたい言葉をあしらっています。(↑中国切り絵風なの♪) 展示に出す作品を「非売品」とすることは基本的に [続きを読む]
  • さくらの宴で雅楽を楽しむ
  • 切り絵《さくらのぼさつさま》 今日はマクラメ作家のmimiririさんにお誘いいただいて花舞鳥歌風遊月響雅楽団の「さくらの宴」に遊びに行ってきました。うちからはちょっと遠くて片道2時間強。埼玉県北本市の野外活動センターです。 6角形の大きなログハウスのような建物に宴席がしつえられ前方だけでなく後方やサイドなどに演者の席がバランス良く置かれています。 雅楽といってもかしこまった [続きを読む]
  • 切りながら無我の境地に……
  • still not finished切り終えたら色付けします 個展に向けて中ぐらいの大きさの切り絵を同時並行でいくつかつくっているので切っても切っても終わりません。しかも切った後はそれぞれ色をつけます。 ひえーーー。まじーーーー?誰がやるねん〜〜?(と言ってみる)(自分が決めたんじゃないかい!ぼけ〜)(……と、自分で突っ込んでみる 笑) 絵柄に変化が多いものは [続きを読む]
  • 切り絵《hug, hug, hug》
  • 切り絵《hug, hug, hug》 春がなかなか来ないなあ〜って頃に作った切り絵です。ちょっと寂しかった頃に作った切り絵です。シカに会いたいな〜って思ってた頃に作った切り絵です。どっか遠くに行きたいなあって切った切り絵です。 なんだか自分のなかに満たされない塊があるときには大好きなものをハグハグハグ〜ってします。 たとえそれが妄想のなかでも切り絵のなかでも相手は人じゃなくて動物 [続きを読む]
  • ときめきが足りないプレゼント
  • 最近、遠くに住むふたりの友人にそれぞれ荷物を送りました。そしてそれぞれ出したあとで反省。 贈るもののセレクションばかりに気が入ってしまって荷物全体の可愛さが足りなかった!開けたときに感じる可愛らしさやときめきをたくさん詰め込むことを忘れちゃいけませんね。相手に「きゃー、かわいい??????」って思ってもらえるようなラッピングやセレクトや詰め込み方をもっと真剣に考えなくっちゃ [続きを読む]
  • 「可愛げ」について
  • 切り絵《Give me a hug》 今朝見かけた坂爪圭吾さんのツイッターにこんな言葉がありました。 どれだけ豊富な知識を集めても、どれだけ豊富な経験を集めても、可愛げのあるひとには敵わない。多分、ひとの心を動かすものは「正しさ」よりも「楽しさ」だ。ハピネスな日々を迎え撃つためには、頑張るだとか頑張らないだとか、そんなことよりも「チャーミングであること」の方が五億倍重要だと思う。 わたしも「 [続きを読む]
  • 「いい大人が!」
  • 切り絵(部分) 先日街で喧嘩を買ってしまいました。めったに買わないんだけどね、虫の居所が悪くて買っちゃったんです。相手は年下の女性。売り言葉に買い言葉の応酬だったのだけれど相手に言われた言葉のなかですごく印象に残った言葉がありました。それは「いい大人が!」。 うわーーーこの言葉、めちゃ新鮮。久しぶりに聞いたわ。なぜかってわたしはこういう言葉が嫌いだからめったに使いません。まわ [続きを読む]
  • 切り絵《Not alone》
  • 切り絵《Not alone》??Thank you,. Sold out. 過去作品です。これは2013年の最初の個展の時に出したもの。絵柄のなかに「Not Alone」という英文字が一筆文字で入っています。 寂しくても悲しくてもいつもお日様がいるしお星様もいるし草花がいるし動物たちもいるし鳥もいるし友だちもいるよ。あ、ユーレイもいた(笑)。 これもお嫁に行ってしまってもう手元にはないのですが、結構好きな作品 [続きを読む]
  • 切り絵《わたしの切り絵》
  • 「自分の切り絵作品」とは自分にとってどういうものなのか、真剣に考える機会がありました。 考え始めたところなのでまだきちんとした文章にはなっていません。そのうちちゃんと文章にまとめるつもりですが、文章よりも切り絵にしたほうが今のわたしには簡単でストレートだったのでまずはさくっと切ってみました。 すぐに作りたかったので、白黒で。切りたてです?? 切り絵《わたしの切り絵》& [続きを読む]
  • 切り絵《松子ちっくな女の子》
  • 最近、女の子と花の小さな切り絵をいくつか作っています。で、「松子みたいなのが作りたいなあ」と思ったのでした。 ご存知の方も多いと思いますが松子ってうちのコザクラインコで頭から喉にかけてピンク、ボディはミドリ、尾羽に赤とブルーが入っているにぎやかなコトリです。 そのピンク色とグリーンをメインにしてつくったのがこれ。女の子が松子というわけじゃありませんが(笑)松子はこんなにおとな [続きを読む]
  • 切り絵ワークショップでした
  • 3月18日、代官山come cafe Osamu barさんで切り絵ワークショップをしました。あー、ここでのワークショップは本当にひさしぶりです。 今回ご用意した図案は「花」。そのひとつは花を見上げてるネコちゃんと花の上から見下ろしてることりの図案です。 連休の初日というのに遠くからもお越しいただきました。今回は初めてという方が多かったですね。感謝感謝です?リピーターの方もいつもありが [続きを読む]