ictkofu さん プロフィール

  •  
ictkofuさん: リニア中央新幹線の情報
ハンドル名ictkofu さん
ブログタイトルリニア中央新幹線の情報
ブログURLhttp://ictkofu.sblo.jp/
サイト紹介文リニア中央新幹線について公開された情報を確認し考察・記録しておくブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/07/06 08:33

ictkofu さんのブログ記事

  • 天竜川橋梁の模型実験が公開された(報道記録)
  • この報道のポイントは、JR東海は天竜川橋梁の計画段階で当該問題を知っていたのか、知らずに計画したのかです。各紙の報道から遅れて2017年8月6日に公開された恵 知仁さん(鉄道ライター)の記事が明確に語っている意味を考察することです。リニア技術は既に完成している、だから事業認可したのだと言えるのかどうかという大きな問題とも関係するのです。【追記・2017年8月8日】◇ リニア「天竜川橋梁」実験を公開 JR東海、模 [続きを読む]
  • 長野県中野市の新幹線トンネル 被害訴え、新たに5件(報道記録)
  • 中野の新幹線トンネル 被害訴え、新たに5件(信濃毎日新聞 2017年7月22日) 北陸新幹線(長野経由)長野―飯山間の高丘トンネル(中野市、6944メートル)工事に伴い地盤沈下が発生した問題が6月に信濃毎日新聞の報道で明らかになって以降、トンネル沿線で井戸や建物への被害の訴えが5件、中野市に寄せられていたことが21日、分かった。建設主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構は取材に、「個人情報」を理 [続きを読む]
  • 飯田市のリニア駅周辺整備デザイン会議が始動
  • 飯田市・リニアのまちづくり・いいだ |リニア駅周辺整備デザイン会議 長野県の南の玄関口及び三遠南信地域の北の玄関口にふさわしいリニア駅を目指し、駅舎や魅力発信施設等の建築物、広場などのデザイン、駅周辺の景観形成について、リニア駅周辺整備基本計画のコンセプト及び諸条件、土地利用や広域的な視点を踏まえ、将来を見据えた柔軟な検討を進める会議として、「リニア駅周辺整備デザイン会議」を設置し、リニア駅整備に向 [続きを読む]
  • 山梨県総合球技場は「小瀬」を軸に(報道記録)
  • 2017年7月20日夕刻までの報道を記録しています。下記の7月19日開催で説明会は終了とのことです。これまでの関係報道で、説明会を開催した山梨県庁部署は書かれていません。山梨県や甲府市のホームページで説明会開催を告知する記事は出ていません。メディアの報道では甲府市職員の臨席や県議会、市議会議員が参加して住民の意見を聞いていたかどうかも不明です。私はこの山梨県総合球技場建設計画については公式情報を未確認なので [続きを読む]
  • 工事進行中の沿線都県での2016年度環境影響調査結果をJR東海が公開
  • JR東海リニア関連プレリリース平成28年度における環境調査の結果等について(平成29年6月29日)PDF1.送付した資料・平成28年度における環境調査の結果等について【東京都】・平成28年度における環境調査の結果等について【神奈川県】・平成28年度における環境調査の結果等について【山梨県】・平成28年度における環境調査の結果等について【静岡県】・平成28年度における環境調査の結果等について【長野県】・平成2 [続きを読む]
  • 大鹿村小渋川非常口、7月3日掘削開始(報道記録)
  • この事案について南信州新聞が報じたポイントは「国は5月25日に非常口周辺の保安林(257平方メートル)指定を解除した。」です。この件について記録しているブログ記事は以下の通りです。◇ 2017年05月07日 大鹿村保安林指定解除、住民の異議意見書は不採用(報道記録)◇ 2017年03月30日 長野県大鹿村の保安林解除が4月以降まで遅れる(報道記録)林野庁の 林政審議会 はこの事案には関係無いようですから林野庁長官の判 [続きを読む]
  • 提訴1周年記念講演会とシンポジウム 2017年6月23日開催
  • 主催者からのメッセージ 私たちは2016年5月20日、国交大臣のリニア工事認可の取消を求めて738人が原告となり、東京地裁にストップ・リニア!訴訟を起しました。裁判では、リニア沿線各地で起きている、またこれから起こるであろう深刻な事態について原告の意見陳述が続いています。提訴から1周年を記念して、リニアの不要性と危険性を改めて考える講演会&シンポジウムを開催します。リニアに関心を持つ多くの方の参加 [続きを読む]
  • 第5回口頭弁論が2017年6月23日に東京地裁で開催されます
  • 「ストップ・リニア!訴訟」の第5回口頭弁論が、2017年6月23日(金)午後2時30分から、東京地方裁判所103号法廷で開かれます。法廷では沿線の原告による3回目の意見陳述が行われます。今回は長野県の大鹿村、松川町の原告が立って、リニア実験線工事による水枯れ、生活被害、残土処理、南アルプスの自然環境などの被害や実態についての意見を述べます。リニア中央新幹線南アルプス・トンネル(長野工区)と称される [続きを読む]