ictkofu さん プロフィール

  •  
ictkofuさん: リニア中央新幹線の情報
ハンドル名ictkofu さん
ブログタイトルリニア中央新幹線の情報
ブログURLhttp://ictkofu.sblo.jp/
サイト紹介文リニア中央新幹線について公開された情報を確認し考察・記録しておくブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/07/06 08:33

ictkofu さんのブログ記事

  • 大鹿村小渋川非常口、7月3日掘削開始(報道記録)
  • この事案について南信州新聞が報じたポイントは「国は5月25日に非常口周辺の保安林(257平方メートル)指定を解除した。」です。この件について記録しているブログ記事は以下の通りです。◇ 2017年05月07日 大鹿村保安林指定解除、住民の異議意見書は不採用(報道記録)◇ 2017年03月30日 長野県大鹿村の保安林解除が4月以降まで遅れる(報道記録)林野庁の 林政審議会 はこの事案には関係無いようですから林野庁長官の判 [続きを読む]
  • 提訴1周年記念講演会とシンポジウム 2017年6月23日開催
  • 主催者からのメッセージ 私たちは2016年5月20日、国交大臣のリニア工事認可の取消を求めて738人が原告となり、東京地裁にストップ・リニア!訴訟を起しました。裁判では、リニア沿線各地で起きている、またこれから起こるであろう深刻な事態について原告の意見陳述が続いています。提訴から1周年を記念して、リニアの不要性と危険性を改めて考える講演会&シンポジウムを開催します。リニアに関心を持つ多くの方の参加 [続きを読む]
  • 第5回口頭弁論が2017年6月23日に東京地裁で開催されます
  • 「ストップ・リニア!訴訟」の第5回口頭弁論が、2017年6月23日(金)午後2時30分から、東京地方裁判所103号法廷で開かれます。法廷では沿線の原告による3回目の意見陳述が行われます。今回は長野県の大鹿村、松川町の原告が立って、リニア実験線工事による水枯れ、生活被害、残土処理、南アルプスの自然環境などの被害や実態についての意見を述べます。リニア中央新幹線南アルプス・トンネル(長野工区)と称される [続きを読む]
  • 山梨県早川町で土砂仮置き場を新設(報道記録)
  • リニア工事 土砂仮置き場を新設(NHK山梨県のニュース 2017年6月14日)リニア中央新幹線の南アルプスを貫くトンネル工事などで発生する土砂について、JR東海は、早川町内の現在の搬入場所が来月(2017年7月)にも予定量に達することから、新たに町内の別の場所に仮置き場を設けることになりました。リニア中央新幹線の建設工事を巡っては南アルプスや巨摩山地を貫くトンネル工事などで発生する大量の土砂の処理が課題となって [続きを読む]
  • 騒音対策について山梨県知事記者会見での質疑応答
  • 2017年5月23日の山梨県知事記者会見で「リニア中央新幹線の防音対策について」質疑応答が記録されていましたので引用しておきます・・・記者 昨日、リニア中央新幹線の防音対策について、富士川町の住民有志から、県に対してJR東海に防音フードを設置するよう要請して欲しいという要請が出されました。甲府市内の自治会の集まりからも同様の要請が出ておりますけれども、知事としてJR東海に要請する意思があるかどうか、お考えを [続きを読む]
  • 山梨県期成同盟会総会と決議(報道記録)
  • 山梨県期成同盟会総会の報道を記録した前記事で不明だった総会決議の内容が分かりましたので記録しておきます。以下は 県内企業の工事受注機会を/駅周辺整備への予算も/リニア県期成同盟会が総会(山梨建設新聞 2017年5月20日) からの引用です。リニア建設促進期成同盟会 決議(要旨) ◆JR東海は、本体工事の県内企業の受注機会拡大に配慮し、関連工事を委託し地方自治体からの発注とするなど、地域の活性化に資するよう努 [続きを読む]
  • 神奈川県駅(相模原市)の工事説明会が開催された
  • 来月上旬にリニア新駅着工へ 相模原・橋本駅近く(2017年4月30日 東京新聞神奈川県版)「今回の説明会の実施が市や自治会、警察のほか現場近くのごく一部の住民にしか知らされなかったことへの反発も相次いだ。」相模原市はどう対応したのかポイントです。この状況は沿線各地で同様であり、市町村議会議員が党派会派を問わず6月定例会で行政のスタンスを確認することが望まれます。工事説明会は 2017年4月22日(土)と4月28日( [続きを読む]
  • ストップ・リニア!訴訟」の第4回口頭弁論 4月28日
  • 2017年4月28日に「ストップ・リニア!訴訟」の第4回口頭弁論が東京地裁で開催されます。チラシに書かれているように、今回は山梨リニア実験線沿線におられる原告からの意見陳述があるそうです。リニア実験線沿線で生じている問題について山梨県や地域自治体議会の会議録以外でオオヤケの記録が残るのは今回が初めてだろうと思います。実験線の問題解決策については 山梨県リニア交通局 や県庁「まちづくり・環境」カテゴリーの [続きを読む]
  • 長野県・沿線市町村長とJR東海の意見交換会(報道記録)
  • リニアでJRと県、首長が意見交換会(南信州新聞 2017年4月20日)(年月日の補足、改行、参照リンク設定などの編集は引用者です。) リニア中央新幹線計画をめぐるJR東海と県、沿線市町村長との意見交換会が(2017年4月)19日、県飯田合同庁舎で開かれ、市町村側は残土処分地の安全性確保や現地要因の増員、残土運搬計画の早期提示などを求めた。JRの宇野護中央新幹線推進本部長は、三六災害の経験を伊那谷全体の特殊な事 [続きを読む]
  • 山梨県早川町塩島地区発生土置き場の計画変更
  • 長野県でJR東海と地域自治体の意見交換会があることを4月16日に記事にしました。その時に「山梨県では発生土処分には問題が無い・・・」と書いておいたのですが、我ながらいささか嫌味なコメントでした。この件については 2017年04月18日の NHK山梨のニュース が「リニア 土砂搬入先確保できず」と報じた内容を 南アルプス・トンネル山梨工区の発生土処分地が足りない(報道記録) として書きました。毎度のことでNHK報道 [続きを読む]