よしお さん プロフィール

  •  
よしおさん: それいけ!よしお
ハンドル名よしお さん
ブログタイトルそれいけ!よしお
ブログURLhttp://yoshioseabass.naturum.ne.jp/
サイト紹介文福井県でのシーバス釣行記。磯や川で日々魚を追いかけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/07/06 14:05

よしお さんのブログ記事

  • よしお、やっぱりルアーカラーは何でも良いと感じる
  • 昨晩のとなりでヤリイカを爆釣された悔しさから午前2:00に磯入り。潮がよく流れ、水深もあり、足場が良い、そんな都合のいいポイントにて開始。ヒッピーライクでファンキーなカラーが性に合わないのと釣具屋に行くのが面倒だったため、昨晩爆釣の彼が使用していたグルクンナイトなるエギは買わずに手持ちのエギ4本をローテーション。ヨーヅリ パタパタQ3.0号 ゼブラ夜光オレンジ(濁り潮マスター)釣り止むまでの2時間、ポツポツと [続きを読む]
  • よしお、ルアーカラーなんて何でも良いと思ってた
  • シーバス釣りでもイカ釣りでも、「ルアーカラーなんて何でも良い」って思ってた。昨夜のショッキングな事件が起こるまでは。▼今夜はヤリイカ狙いで水深がある漁港へ。堤防先端で先行者のイケメンエギンガーと仲良くおしゃべりしながらエギをシャクる。彼との距離は3メートルほど。タックルは違えど同じ3号エギでフォールカウントもシャクるタイミングもほぼ同じ。でもなぜか彼のエギにしかイカが掛からない…ポンポンポンポンとヤ [続きを読む]
  • よしお、となりのフカセ師からお年玉をもらう
  • いつもは誰も居ない磯も今朝は見渡せば自分を含め6名。暫くすると自分の5メートル横にもダンディーなフカセ師が到着し、準備をしながらバシバシとコマセを撃ちだす。(っぬおぉぉぉぉ!もしやこれは!)よしおの脳内フカセ師がコマセを撃つ↓小魚が群がる↓小魚を狙ってシーバスが寄って来る↓シーバスが釣れよしおが幸せになる即座に勝利の方程式が組み上がりニンマリする。キャストする度に(邪魔にならない程度で)ルアーがコマ [続きを読む]
  • よしお、今年ラストはスペシャルゲストで締める
  • 午前6時半開始。立ち位置移動後の一投目、シンキングミノー20秒放置潜行からの超超超超超スローリトリーブで、グォーン!というアタリ。引きが強いわけではないがとにかくズッシリと重たい。なかなか浮いてこない。(あぁたぶん根魚……)と思ったが、鮮やかなピンク色が徐々に海面に現れだす。釣れたのは、ぎゃぁぁぁぁぁ真鯛じゃぁぁぁぁぁ!!シマノ エクスセンス サイレントアサシン 140S海面まで3メートルの足場だったけど、 [続きを読む]
  • よしお、マシンガンキャストで磯マルゲット
  • 午前6:30 まだ明けきらないうちに通い慣れた磯に入る。程よく荒れていてスゴくイイ。雰囲気ムンムン…絶対に出る!と感じ、ドッキドキのイェイイェイのウォウウォウ状態で開始。でも初投でのフッと触れたようなアタリから約40分間、音沙汰無し…キャストする度に、出る(か?)出る(かも?)出る(のか?)出て!出ないの?出ろ!なんてヤキモキしながら四方八方に並木敏成張りのマシンガンキャストを繰り返す。傍から見ればただ [続きを読む]
  • よしお、もうひとりのミドリ男と仲良く磯マルゲット
  • 昨晩の4時間アジ・メバル釣行で疲れてしまい、同行者とふたり車を並べて漁港の駐車場でそのまま寝てしまう。目覚めたのは午前7時…「さ!行くぞ!」と自分が電話で起こしても「アジが…アジが…」なんて寝言を言うもんだから置き去りにする。▼ひとりで10分ほど車を走らせ、程よく荒れた磯場に到着。ナブラまではないが鳥が山ほど沸いてる。(すげぇいい…すげぇいい…出るぞ…出るぞ…)と興奮状態でサラシにシンキングミノーを漂 [続きを読む]
  • よしお、キツネに見守られながらアジングをする
  • 21時、大きめの漁港の常夜灯下で開始。数投したトコで、(はっ!なんか気配を感じる…)振り向くと、チョコンとこいつが座っている。犬かと思ったけど、どうやらキツネっぽい。たくさん釣る人の後ろにネコが群がるのは見たことが有るが、キツネが来るとは。俺はあんまり釣れん人なのに…移動してもずーっとチョコチョコと後ろに付いて来る。なんかカワイイ。小さいメバルを釣ると、興奮して寄ってくる。(欲しいのか?欲しいのか? [続きを読む]
  • よしお、トントンする
  • 午前7時半、通い慣れた磯場に到着。自分と入れ違いで70ぐらいの磯マルを手にした50代のおっちゃんが、「今日はええサラシ出とるわぁ」と、言い残し満面の笑みで帰っていく。(ちょ!おっちゃん、それ俺が釣るはずやった魚やぁぁぁぁ!)と脳内絶叫しながら開始。フンッ(キャスト時の鼻息)フンッ(キャスト時の鼻息)フンッ(キャスト時の鼻息)フンッ(キャスト時の鼻息)通すコースをかえ…レンジをかえ…スピードをかえ…あり [続きを読む]
  • よしお、アジングで混乱する
  • 21時半、小さい漁港に到着。寒いからなのか、釣れないからなのか先行者は誰もいない。常夜灯下で暫らく海面の様子を伺っていると、ピチャピチャとボイルが始まる。急いで準備し、ジグ単を表層速引きで、アジが釣れた。レインズ アジアダー使ったのはこのワーム。(ブルーエンゼル?誰でも付けそうなカラーネーミングやなぁ。年増キャバ嬢のアイシャドウとかプールではしゃぎ過ぎたくちびるとかにすれば売上倍増するのに。もったい [続きを読む]
  • よしお、アジング中にオコゼに刺され敗走
  • 少し前から眠っていたライトゲーム魂が再燃し、手持ちの道具で無理矢理アジングのまねごとを始めました。ラインだけは代用がきかず購入しましたが細すぎてリーダー結束にかなり時間がかかったり、締め込み過ぎてせっかく結んだのをブチッと切ってしまったりで、ってなります。ジグ単で攻めたいんですが、ワームにさすのも一苦労。何度やっても曲がってしまい、ってなります。キャストも一苦労。片手投げはかなりやりづらいし、1グ [続きを読む]
  • よしお、アジングに行く途中で寄り道をする
  • 頭んなかはアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジアジなんだけど、いつもより流れがある川を見てしまいまして。海までたどり着けず今日はコレで納竿。----- [続きを読む]
  • よしお、あきらめる
  • 今年はやらないと決めてた地元釣具店のシーバスダービーですが、誘われて開始からほぼ1ヶ月遅れでエントリーしていました。脳内イメージでは「90台を2本揃えて華麗に優勝!!」でしたが、掛かるのはミニサイズばかり。90どころか80も釣れない…3週間にわたって九頭竜川のほぼ全域を朝晩駆けまわりましたが、納得サイズは1本も獲れず。結局、ダービーに登録したシーバスはゼロ。期間半ばにして諦め。さ、磯いこ、磯。----- [続きを読む]
  • よしお、フィッシングガイドをする
  • 今回、ガイドサービスに依頼をくれたのは福井県あわら市在住のS様。本人曰く、「釣行回数だけは無駄に多いんですが、釣れないんですよ…」とのこと。ターゲットはシーバスで九頭竜川の中流域から下流域までのコースを選択してくれました。途中S様が深みにハマり危うく溺れ死にそうになりましたが、それ以外は終始楽しい釣行となりました。ダイジェストでどうぞ。-----■根掛かりするたびに「90アップキター!!」とはしゃぐS様。■「 [続きを読む]
  • よしお、電話中に釣れる
  • 早朝の九頭竜川にけたたましく鳴り響く携帯の着信音。出てみると、「あ、あ、あのー…釣りのガ、ガイドをし、し、して…ほ、ほしいんですけど…」とのこと。迷ったけどヒマなので相手をすることにしました。電話を切り、投げっぱなしのルアーを回収すると、ダイワ フルエント 82S マッシュベイトなんと釣れてた!「よしお、フィッシングガイドをする」は次回----- [続きを読む]
  • よしお、ファスナーに縁がない
  • 21時開始。通い慣れた大場所で1時間半ほど粘ってようやく喰ってくる。ショアラインシャイナー Z バーティス 120S チャートバックパール寒いし、眠いし、グローブに穴が開いてるし、対岸から変なうめき声聞こえてくるし、ファスナーぶっ壊れるし、コレで納竿。----- [続きを読む]
  • よしお、河川ディープを釣る
  • 「デケぇ魚はいねがー」と早朝から九頭竜川沿岸を車であっちウロウロ、こっちウロウロ。次第に辺りが白みはじめ無駄に時間だけが過ぎてゆく。小一時間迷ったあげく、自身初めてのポイントで開始。橋脚も流れこみもない場所だったが、沖目に深く掘れている箇所を発見しロングリップのシンキングミノーを通すと、良型がいた。ダイワ(Daiwa) ショアラインシャイナー Z セットアッパー 125S−DR カタクチレッドベリーこのルアー、 [続きを読む]
  • よしお、タモとプライヤーが必要だと感じる
  • 午前4時 九頭竜川ランガン開始。3カ所目のウェーディングポイントでようやく掛けたがキャッチ直前で暴れだしバレそうだったため、魚体に飛びついて無事確保!でもルアーが見事ライフジャケットにフッキング。ダイワ(Daiwa) モアザン クロスウェイク 140F-SSR 不夜城どれだけ頑張っても外れなかったためブローチのようにルアーをくっつけたまま再開。その後はノーフィッシュで納竿。失くしてから用意していなかったタモとプラ [続きを読む]
  • よしお、しおぞージャークでミニサイズ乱獲
  • しおぞージャークとは…福井のカリスマアングラーしおぞー氏が考案した爆釣ロッドアクション。水面とロッドをほぼ水平に保ち細かくシェイキングする釣法。トップウォータープラグやウェイトがあるジグヘッド・鉄板・バイブレーションでの使用が有効。ティップよりもベリーやバットに意識を集中させリール1回転につき4、5回くらいシェイクをするのが良い。多用すると腕がダルくなりその後の釣行に支障をきたすだけでなく、プルプル [続きを読む]
  • よしお、やさぐれながら九頭竜川で1本
  • 毎回毎回 海が荒れれば喜び勇んで磯に立つが、ここ数週間まともに魚を見ていない。釣れないのは慣れてるが、寒い中パンツ一丁で着替えたり、全身に飛沫を浴びサラシ打ちするのも、こう何回も繰り返しているとなんだかアホらしくなってくる。ああ釣れない。終了時にネコに慰めてもらおうと近づくが、そっぽ向かれる…。その後、限りなくゼロに近いライフゲージを回復すべく安心安定の九頭竜川に入りナイスサイズを手にし少しだけ体 [続きを読む]
  • よしお、陽気なアニキと出会いバカ話をしながら3本ゲット
  • 20:30開始。ここ5日間、九頭竜川中流域に通い続けるが全く気配がなく今夜は久しぶりに下流ポイントに入る。選んだのは支流の流れ込みがあるポイント。足場が良いため立ち込まなくても十分釣りが出来る。10センチミノーをアップに投げ2投目でコツリと喰ってくる。シマノ エクスセンス ストロングアサシン 103F AR-C久しぶりのシーバス。喜びながら撮影をしていると、なにやら遠くから人影が近づいてくる。話をすると、このポイント [続きを読む]
  • よしお、自己記録サイズをゲット
  • 21時開始。立ち位置移動もほぼせず、同じ場所で3時間粘りに粘ってやっと喰ってくる。磯で使う11フィートの竿でブッコ抜いたナイスサイズのニゴイ。多分自己記録。同行者はこの珍客に対し無言で撮影してくれた…。最近はお決まりの外道ばかり釣っており、こんなのばかり。シーバスが掛かっても極小サイズ。どーなってるんやこの世界。----- [続きを読む]
  • よしお、DUELの新PEラインSuper X-wireのモニターになる
  • 帰宅すると分厚い封筒が届いていた。何気なく応募した新PEラインのモニター当選のお知らせ。数あるラインナップの中からリバー用で1号と1.5号を選ぶ。「ヒートインテグレーション製法」なる新技術で製造しているらしい。難しいことはさておき、自分がライン選びで重視するのは、・コストパフォーマンス・耐久性・トラブルの少なさこの三点。暫らく使ってみる。インプレッションは後日。詳細サイトはコチラ。----- [続きを読む]
  • よしお、カリスマアングラーしおぞーと水遊びをする
  • 福井の自称カリスマアングラー「しおぞー」2年ほど前から彼のブログを愛読していたが、今回インスタグラム経由で親しくなり一緒に釣りに行くことに。ナイトリバーと朝マズメ沖磯でシーバスを狙う。PM 19:30 (九頭竜川)「絶対に釣れるから、一投目で出るから!」と案内されたのは彼のS級ホーム。カリスマがそう言うもんだからドキドキしながらキャストを繰り返すも二人共ヒット無し…その後、3ヶ所ほどランガンするも二人共ヒッ [続きを読む]