canthercatheter さん プロフィール

  •  
canthercatheterさん: がんとの共存 〜がんカテーテル治療センター
ハンドル名canthercatheter さん
ブログタイトルがんとの共存 〜がんカテーテル治療センター
ブログURLhttp://ameblo.jp/cancercatheter/
サイト紹介文再発進行がんに対して最先端のカテーテル治療をしている腫瘍内科医が送る、がんとの共存を目指した徒然日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/07/07 12:01

canthercatheter さんのブログ記事

  • マラソン医療
  • おつかれさまです。本日は、つかれました(笑)そして充実していました。関東から、志の同じカテーテル治療もされている放射線科の先生が見学にお越しになられ、3件のカテ以外に、本日のニャンコの業務の80%近くにおつきあい下さいました。自分のしているカテーテル治療、IVR治療という範疇のひとつですが、ごの業界の先生方は、初対面で一緒に手技をしても、スキルが同レベルですと加速度的に同調して、手技の精度が高くなり [続きを読む]
  • 受け止めることも、患者力
  • みなとみらいから週末帰りました。今回、緩和学会に初参加でしたが、いつもコテコテの、前のめりのがん治療関係の学会に参加しているせいか、女性が多く、また質疑応答も社交性の高い和やかな学会は、久しぶりでした。(結構、熱い学会は、前のめりで討論がエキサイトすることがございまして・・・ 得意ですけど)とにかく、自分のため、自分の患者さんのために、行って良かった学会。早期の緩和治療から、息をひきとるまでの終 [続きを読む]
  • 知ることの難しさ
  • 知ること難しいです。我々医療者でさえ、正解がわからない、がん診療。いきなり、がんという病気に直面して、動じるなといっても無理でしょうし、ましてや、その本質を知ってどう付き合えばよいかといっても、無理かもしれません。我々は、そのアドバイスをして、治療をする立場ですが、求められたら全力で応えます。逆に求められなければ、対応もできません。自分の次の展開のために、いろんな人の意見を聞く、これは大切な行為 [続きを読む]
  • 緩和
  • 日本緩和医療学会@みなとみらいブログ更新が遅いことを最近外来や病棟で患者さん、ご家族からご指摘受けておりまして(汗)すいません・・・ 大概、更新してないころは、忙しいってことでして。自分が診療させて頂いてる患者さんは、バタバタとしているにゃんこを普段から見ているので、状況はまあ、お分かりですね。医者ですので、診療を第一優先としています。ブログは、ボチボチでお許しください今週末は、みなとみらいで開 [続きを読む]
  • 徳洲新聞に特集していただきました
  • 今日は火曜日。すでに疲労感が滲み出ているニャンコ。本日も4件の患者さんのカテを、一応日勤帯で全て完遂させていただきました。患者さんたち、スタッフ、お疲れさまでした。看護師さんは1.5名(うち、1名はIVR学会認定看護師)定着で、今はこれ以上の発展はなさそうですが、幸い放射線技師は、潤沢になりつつあります。多分、他の施設でやってないことばかりでしょうが、うちの施設では当たり前、にならず、今後見学に来られ [続きを読む]
  • 横つながり
  • 今週は初診患者さんの数が歴代最高となり、重ねて再診の患者さん、カテの患者さんも多く、壊れそうな一週間でした。スタートが日曜日の日直だったからな。今週末はかなり久しぶりの二連休で、少し休ませて頂きます。昨日、子供に「明日ぱぱ帰るからね」と電話で伝えたら、喜んでた。ふーん、でなくて、良かった(笑)肺がんの化学塞栓術の初期成績に関する論文が、英文ジャーナルにアクセプトされました。嬉しかったですね。そし [続きを読む]
  • 選択と覚悟
  • ひとが、何かを語ることを恐れてしまうのは、自分の考え、行動に、どこか非が、矛盾が、あると感じているからだ。語ることができない人を、周りがわかっていながら傍観し、それを問わない、責めないこと、それが周りの優しさ?それは常に優しさ、正しいとは、思えない。そう思ってしまった周りのいち外野として、後で後悔しても、その選択は後で取り返しがつかず、永遠の闇の中に漂うことになりえる。選択とは、覚悟とは、ときに [続きを読む]
  • 積極的緩和 〜 active palliation
  • いや〜 バテた。文句なしで、バテました!(笑)本日は外来日でしたが、常連さんの多い外来で、そこは救われますね。皆さんの経過を知ることが、どこか自分の心の安心感になります。知らないことが怖い?良くも悪くも経過を知ってないと、自分が過去、いま、そしてこれからしていく医療の根幹を確認できなくて、時に電話で状況確認させてもらったりしてますが、患者さんが外来に来てくれることは、患者さんにとって当然必要なこ [続きを読む]
  • クリニックでがん治療をするということ
  • クリニックでがん治療を受ける際は、1)信頼できる総合病院の主治医がいること 旗振り、舵取りですね。2)その主治医がクリニックでの治療を前向きに認めてくれていること (ご本人のご自由で・・・という姿勢を示されたら、別に認めてる訳ではない。  どうぞご自由に、後は知りません、ということ。 将来癌難民になる可能性がある)3)ガイドラインという王道の選択肢がある場合は、それを押し切って認められていない治 [続きを読む]
  • 休日 10倍 
  • 休日午後から外来診療と明日のカテの入院が始まるので今のうちに、ちょこっと。(最近自宅に戻ると疲れていて、なかなかブログ更新する気力が出ないので・・)最近は疲労感が抜けず、まあ、休みが少ないのでそうなんだろうけど、休みの時は、ひたすらぐったり家でごろごろしている。6月も横浜で緩和医療学会に参加、発表予定で、日当直など考えると休日がほとんどない。だから、寝る。とはいえ、寝ているだけだと空しいので、昨 [続きを読む]
  • 真実を語る前に
  • 今日もいいお仕事ができた、と思うカテ前後の患者さんもみなさん良い経過ですし、カテの適応うんぬんではなく、自分の置かれている状態について意見を求めてこられた患者さんも3人外来でちゃんと説明できた。ああ、申し訳ない、バタバタと超スピードでの診察になってしまってましたね。がんという病気について30分で語れるわけがない。結果、皆さんに小一時間診察させてもらってますが、それ以上は難しいこと、ご理解ください [続きを読む]
  • 異端児とは
  • 今日はまだデスクワークが終わりません・・・・・・・・・複数の仲の良い先生方から異端児についてお知らせご質問を受けましたので、今日明日、時間が出来たら限定で軽く返答させていただきますねあああああ、20時回っているやん。朝飯食っておいてよかった・・・・・・腹減った・・・・・戻ります「吹田徳洲会病院 がんカテーテル治療センター」最後まで読んで頂いてありがとうございました。よろしければ、↓ ポチッとお願い [続きを読む]
  • 代替療法について
  • 代替療法wikiから代替医療(だいたいいりょう、英: alternative medicine)とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」を指す用語である。Medicineは医療とも医学とも訳されることがあるので、代替医学とも呼ばれる。科学的・分析的な近代医学の限界から、代替療法が注目される。それはわかる。特にがん治療は、限界というものがあるから。命がかかわるから。余計、代替療法に目が向く。時には霊の力を援用しながら、中国医学や [続きを読む]
  • 受賞報告
  • ありがとうございました!この度、岡山で開催されていますIVR学会総会にて、昨年度の優秀論文賞の受賞をありがたく受けてまいりました。二次会で意識失う予定でしたがまだいけてるようなので、簡単に紹介。有難いですね。この年齢になっても、認められる、こういうことは、ほんまに嬉しいです。常々、数字を出すことの大切さを、学会でも個人的にでもブログでも書いてきましたが、これってなかなか一般的には評価されません。同じ [続きを読む]
  • 今日の診療を通じて
  • 自分の医療スタイル先週、「ブログやめようかなー」と書いたら、大反響で(笑)自分の今治療させてもらっている多くの患者さんが、ときに自分の治療経過そっちのけで、ブログやめないでください!とかブログ、もっと頻繁に更新してください!(これ、現実的に無理ですから・・・・ 皆さんの診療が本職)とか、まあ、止めるとこまでは考えてないのですが、書けるとき、で許してください。書いてないときは、忙しいとき。入院され [続きを読む]
  • 見られたわ・・・・・・
  • 見られた・・・・・今週もようやく終わりましたね。本日も関東の有名な先生からの紹介患者さんもおられて、また頑張ろうねとカテを決めた患者さんもおられて、充実した診療をしておりました。病棟の患者さんの経過もよく、冗談も言える時間もあって、穏やかに週末を迎えることができそうです。患者さんご本人から、ここの病院にきて本当に良かったというお言葉を頂き、肉体と精神ともに落ち着いた良い状態になっていただけたこと [続きを読む]
  • がっきー
  • 踵骨をひとまず大切に、今週は大人しく歩いてません。そして、今週は特にまたカテが多いので、そしてまた、患者さんのコントロールがスタッスのおかげでうまくいってますので、家で、ボーッとしております。「なくても困らないものを、わざわざ買う?」こんなキザ男にはなれんわ(笑)家族が絶賛していた例のドラマ。おもろいですねえwよくできたドラマだ。そしてガッキーのファンとして、なぜこれを見逃していたのか悩む。まあ [続きを読む]
  • 恩師
  • 今日もがんカテに関わる看護師(カテ室、病棟)、放射線技師の機転と経験と技術で、無事に治療が終わってます。(ブログしんどいからやめる、と書いたブログのいいねが200超えてたので、これって辞めろってことかい(笑)と仲間のブロガーに聞いたら、「やめて欲しくないに決まってるじゃないですか」と言われての連投)自分の書きたいことだけ書きます。雨の中足を引きずりながらの帰路。自分のお世話になった恩師を思い出し [続きを読む]
  • マーカー 徒然
  • あっ、もう書かないかもと言っていながら書いてる、と思わんといてください。これ、自分の施設の何人かの患者さんたちから偶然質問を受けたので、ここで簡単ですが書いとこうと思っただけです??ある全身治療を開始した直後に一時的にマーカーが上がって、でも主治医の先生には大丈夫と言われて。とかマーカーは変わらないけど画像上悪くなってるってどうして?とか、マーカーにまつわる質問はいつも多いです。これは、マーカー [続きを読む]
  • ブログをやめようか、と
  • 連休はいい意味での、残業を消化する機会になってます。毎年。現実的に、自分自身のために連休たるものを使ったことはありません。別に、これはネガティブな話ではなく、むしろ、日々の臨床で時間的に限界だったところを、貴重な時間をくださって連休ありがとう。こんな感じですね。家族とどこにいく?というイベントはもう何年もしたことありませんが、幸い、ポケモンという万歩計デバイスを家族一丸でagreeしたことで、少しの時 [続きを読む]
  • 雑談 ポケモン
  • 連休(?) 初日は昨日のカテを実施した患者さんの診察と次治療の予定を計画に、出勤してました。うちの施設は、ちょっと最寄り駅から坂を登るんですよね(もれなく帰りは下り坂〜)すっかり5月、がちで歩くと軽く汗ばむような、気持ちいい時期。昨日は、1つ学会のスライドを、一晩で仕上げたので、寝不足で坂道のぼりー。普段は、手取りなんですが、もう疲れるとめんどいので、プラス使ってボール投げまくってました。驚くこ [続きを読む]
  • ご心配されている読者と患者の皆さんへ
  • こんばんわ。おお、もう1時過ぎてるやん。自分の患者さん数人から、「ブログ書いてないけど大丈夫ですか(と、うちの看護婦さんに聞かれる患者さんもおられる)」「先生、ブログが読めないと寂しい」(笑)いろんな励ましとご意見を、それもブログ投稿をサボってることに関してご指摘頂きまして、こんな夜中に、ちょっと久しぶりになりますけど投稿してます。ブログ書いてないとき。単純です、めっちゃ、忙しいから。最近は確か [続きを読む]
  • 当直中 疲弊
  • 当直中8時半から全力で診療し、入院患者さんへのICが終わったのが21時半過ぎてた。さすがに、もうバテた。当直飯を流し込んだ朝飯食い忘れたので、昼のインスタント焼きそば5分かけこみだけで、血糖がやばかったアルコールないのが、疲弊した脳みそと身体にはきつい昨日から疲労がマヒしている感じ。ああ、早く次の休みが来ないかな、とにかく、ぼーっとしたい。明日もカテがわんさか。5月も枠がかなり混んでいる。人生で一番忙し [続きを読む]
  • がんカテチーム
  • 今日はいろいろだったなあ。4人の方に、今僕らが出来る最良の治療を施術出来たと思います。うちは9時半からカテ開始ですが、なんとか17時半には全員の方が終了しました。現在は腹膜播種含めて肝臓以外の臓器の施術が圧倒的に多いので、栄養血管の同定のために術中に何度もカテーテルから造影剤を流しながらCTを撮影し、治療の精度をあげ、安全性を確保して治療しています。血管造影からCTに機械を切り替える段取りも、1年前 [続きを読む]