新居浜のITコンサルタント 秋田智紀 さん プロフィール

  •  
新居浜のITコンサルタント 秋田智紀さん: ITコンサルタントが語るわかりやすい情報処理技術者
ハンドル名新居浜のITコンサルタント 秋田智紀 さん
ブログタイトルITコンサルタントが語るわかりやすい情報処理技術者
ブログURLhttps://ameblo.jp/t-akita2009/
サイト紹介文情報処理技術者試験、診断士受験者必見!試験対策講座、論文添削の経験を活かした内容で、毎日更新中。
自由文春の情報処理技術者試験は、プロジェクトマネージャ試験を中心に、応用情報、情報セキュリティマネジメントなどの試験区分の内容も盛りだくさん。中小企業診断士試験では、経営情報システムの内容を取り上げてゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/07 21:57

新居浜のITコンサルタント 秋田智紀 さんのブログ記事

  • 対策講座で刺激を受けて下さいね。
  • 先日の ST/SA/SM論文対策講座@東京に参加された方から、さっそく↓こんな メールを頂きました。 論文骨子スタディでは、自分の説明を他人から指摘して頂いたり、他人の説明を聞くことで、 自分ならこうするけど等の気付きを得られことが多かったです。論文骨子スタディにおける私のグループは、私以外のお二方共に、SM を持っている方で、昨日の題材の情報システムの移行方法での SA と SM の区分けに対する考えをしっかりお持 [続きを読む]
  • 対策講座のアンケート結果。
  • 昨日の【実録】に引き続き、 ST/SA/SM 論文対策講座@東京 で頂いたアンケートから、対策講座を振り返ってみます。 ■ 論文の評価基準 の講義 論文対策をされている方の多くが目にする 論文の評価基準 について、論文添削の経験から d( ̄▽ ̄) ここが ポイントです! という話をさせて頂きました。 他の論文区分で合格されている方でも、改めて 気づき があったそうです。■ 試験区分別のディスカッション 今回の [続きを読む]
  • 【実録】ST/SA/SM 論文対策講座@東京
  • ■ 毎度のことですが、対策講座の舞台裏だったり、実際の講座の様子を、あなたがご覧頂けるようにちいさなコメントを、 隙間時間で、この投稿に追加してゆきます。なので、あなたが何時間か経った後に再び訪れてくれたら、きっと、 新たな展開が、追加されているはずです。今回は、 東京で実施する  ST/SA/SM 論文対策講座@東京 〜五・七・五で学ぶ論文対策〜 の様子をお伝えします。 ■ 予習をしつつ、移動中です。 [続きを読む]
  • 応募確認の機能を、ご存知ですか?
  • 本日、8/14(月曜日)の20時で、情報処理技術者試験の秋期試験の 願書の受付期間が終了します。※ 終了しました。 秋試験を狙っているあなたは、 とっくに申し込みをしているはずですが、 念のためきちんと応募処理されているかを 確認すると、よいでしょう。 インターネット受付(個人申込み)をされた方であれば、申込みされたときと同じページに、 応募確認というボタンがあるので、そこからご自身の応募された内容を確認 [続きを読む]
  • 論文添削して頂きました。
  • 普段は、 d( ̄▽ ̄) 論文添削しますよと、言い続けている私ですが、今回は、 私の書いた論文を添削をして頂きました。 ・・・といっても、 ゼロから書いたものではなく、ある受講生が作成した論文、つまり、添削依頼のあった論文を、先日実施した 対策講座の中で、事前に了承を得て、 サンプル論文として、使用させて頂いたのです。 ただし、論文をそのままの形で使用したのではなく、講義でお話した内容を反映するよう [続きを読む]
  • 夏休みの学習は、コレがオススメ。
  • 多くの方は、待ちに待った 夏休みに突入されているかもしれませんね。こういったときは、あらかじめ計画を立てたり、やりたいことを整理しておかないと、 あっ。と言う間に、時間は過ぎてしまいます。今日は夏休みになど、 時間の取れるときにオススメのアクションを挙げてみます。■ まとまった時間で論文実際の午後2の試験では 120分という長丁場で行われます。そこで書く論文を、普段、まとまった時間がなかなか取れな [続きを読む]
  • 帰省ラッシュと、はじめてつながった想い出。
  • 世間では、今日からお盆までくらいが 夏休みとなり、公共交通機関や高速道路では 帰省ラッシュが既に始まっていると、ニュースでは流れていました。毎年のように、長期休暇の時期は、流れるニュースなのですが、これを見ると、 必ず思い出すことがあります。それは、AP(応用情報技術者試験)の学習の中で登場した内容を、 ( ̄▽ ̄) あ。 帰省ラッシュと 同じかっ!と、はじめて自分なりに 理解した瞬間のことです。その時 [続きを読む]
  • 【夏休み企画】ドリル。
  • あなたは覚えているでしょうか?ちょうど、半年前の 年末年始休みの自主学習用に ドリルなるものを企画したことを。↓こちら です。 この時は、春試験で実施されるPM(プロジェクトマネージャ)の論文対策用に 多問題対処 特訓用ドリルを企画しました。 さまざまな過去問の問題文から 骨子(こっし)をつくる練習をするドリルです。 しかし、 多問題対処特訓用ドリルでは、あまりにも名称に 色気がなかったので、ブログで [続きを読む]
  • 【質問】骨子が破綻するときは?
  • 論文を書く際に、よくすすめているのが 骨子(こっし)を作成することです。ご存知の方も多いでしょうか、骨子とは、論文で問われていることや、かかなければならないことを、 あらかじめ書き出しておき、 具体的な論述内容を決めておくものです。人間の体でいう 骨(ほね)にあたるようなものなので、骨子と言います。 ところが、この骨子というものは 曲者(くせもの)で、試験当日に ( ̄▽ ̄) よしっ! 作ってみよ [続きを読む]
  • 「経営情報システム」のおすそ分け。
  • 2年前に勉強会からスタートした 経営情報システム 対策講座 も、今年は計5回も様々なアプローチから開催してきました。 そして、ついに先日、試験本番を迎え、昨日 解答 が、正式に発表されました。 当然、受験した方は ドキドキ しながら、自己採点を行います。 そして、長い間、積み上げてきた 努力の結晶 を確認します。 中でも「経営情報システム」を受験された、対策講座でご縁があった方からは、 [続きを読む]
  • 「経営情報システム」で頻出のSQL問題をどう解きました?
  • 週末には、中小企業診断士の  一次試験 が実施されました。 4月から、 経営情報システムの対策講座を企画、実施してきたためその問題や、出題傾向は気になります。 問題、正解等に関しては、毎年、翌日の Web 発表まで待たなければ公式には発表されませんが、 実際に受験された方からは、いくつかの情報も頂きました。 そんな中の1つが、 ( ̄▽ ̄;) SQL は今年は出たけど なんか And や Or が 混在していて、複雑 [続きを読む]
  • 対策講座の感想の感想と、これから。
  • 先日、 【実録】シリーズでもお伝えしたように、岡山で  ITストラテジスト論文対策講座を開催しました。 対策講座を実施した時は、受講生の方に アンケートのご記入をお願いしています。 これらを見て、講師、運営スタッフも ( ̄▽ ̄*)ここは 結構、よかったみたいとか、 ( ̄▽ ̄;) 次は もっとよくしよう!といった 振り返りと、次への課題を考えたりします。お陰様で、高い評価頂き、8月の 3連チャン対策 [続きを読む]
  • 【実録】ITストラテジスト試験対策講座
  • ■ 毎度のことですが、対策講座の舞台裏だったり、実際の講座の様子を、あなたがご覧頂けるようにちいさなコメントを、 隙間時間で、この投稿に追加してゆきます。なので、あなたが何時間か経った後に再び訪れてくれたら、きっと、 新たな展開が、追加されているはずです。今回は、 昨年 に引き続き岡山で実施した ITストラテジスト 試験対策講座 の様子をお伝えします。 ■ 地理的に、岡山はギリギリなのです。 ( ̄ [続きを読む]
  • 日常生活は、論文のネタだらけ。
  • 実際のビジネスの場というものは 論文ネタに溢れています。たとえ、あなたが受験する試験区分の業務に携わっていなくても、・同僚の動き・上長の発言・他の部署の動向などを観察してみると、 気がつくことが、随分とたくさんあります。例えば、ST(ITストラテジスト)や、SA(システムアーキテクト)の論文で見かける内容ですが、 情報システム開発の 阻害要因などは、教科書で学ぶよりも リアルの場の方が、ずっと、わかりや [続きを読む]
  • 採点者に伝わる評価指標の表現方法。
  • 毎日のように届く 論文添削の中には、実は、 失敗談も、いくつかあります。今日は 懺悔(ざんげ)の意味も込めて、紹介させて頂きます。ある受講生の論文の中で、1つの 目標が、挙げられていました。製品のある品質指標を、現状の 0.01%から、 0.005%に、半減させるという内容です。上記は 意識的に、小数点の位置もそろえ、更に、 半減という表現を使っているので、おそらく、ほとんどの方は ( ̄▽ ̄) あぁ [続きを読む]
  • 超上流のイメトレのすすめ。
  • 暑い日が続いていると、つい だらけてしまうといった悩みが出てくるものです。先日、ST(ITストラテジスト)の受験を秋試験で考えている方からメールが届きました。たしかに、そんなときは ( ̄▽ ̄) さぁ、 午後1の問題を やってみましょう!と言ったところで、 ( ̄▽ ̄;) うへ〜っと感じてしまうのも、わかるので、 頭の中で、こんなものを考えてみて下さい。あなたは、大企業に勤めている エリートサラリーマンです。 [続きを読む]
  • ITに想いを馳せてみた。
  • 情報処理技術者試験というのはその名の通り、 IT(情報処理技術)のスキルを認定する国家試験です。ところが、毎日のように 過去問を解いていたり、教科書を読んでいると、本人も気が付かないうちに、IT について学習しているというよりも、 試験対策に、すり替わってしまっていると ふと気が付くときがあります。もちろん、第1の目的が 資格取得であるので、それは全く問題ありませんが、ちょっと、学習に疲れた時は 立ち [続きを読む]
  • 受験票に貼る写真の裏技。
  • 受講生の方から、 ( ̄▽ ̄) ほほぉ〜という情報が届いたので、さっそく シェアしておきます。情報処理技術者試験では、受験票に 写真を張り付ける必要があります。※ 試験案内書 より引用この写真を貼り忘れると、試験当日 受験できないことになっているので、注意しなければなりません。そこで、写真を準備することになるのですが、しばらく前に流行った プリクラの写真は、禁止されています。そうなると、駅などによく設 [続きを読む]
  • もしも午後2問題のタイトルがなかったら。
  • 情報処理技術者試験の午後2で タイトルと呼んでいる部分があります。例えば、ST(ITストラテジスト)の去年(平成28年)の問題だったら、 ↓ここ の部分のことです。なんとなく、 ( ̄▽ ̄;) ん〜 あんまり気にしないという方もいらっしゃいますが、私自身、これがなかったら少なくとも 3つの困ったことになってしまいます。 ■ 1つ目に困ることまずは、 問題選定です。本試験の場合、 ( ̄▽ ̄)はじめて下さいとスター [続きを読む]
  • シラバスから学ぶビジネススキル。
  • 情報処理技術者試験の学習を始め、 間もない頃では、 ( ̄▽ ̄;)なんか 知らない用語ばっかり・・・という状態だった シラバスの内容も、少しずつ学習を続けてゆくと大半の内容はわかってきます。シラバスというのは、試験に登場する内容を細かく規定したものなので、ある意味、それは 正しいことです。ところが、このシラバス、 よ〜く見ると相当読み込んだという方でも、 まだまださまざまな情報が眠っています。 例えば [続きを読む]
  • 【質問】ST の午後1の得点が伸びる方法は?
  • 数週間ほど前に、普段からブログを 読んでくれているという方から、 突拍子もなく頂いた3行メールなのですが、その ストレートさに脱帽したので、質問を頂いた本人にも了承を得た上で、今日は掲載してみます。 ITストラテジストを受験しますが、どうしたら午後1の得点が伸びるでしょうか? 一読して、 ( ̄▽ ̄;)えっ? こ、これだけですか?と思いつつも、せっかく連絡頂いたのでST(ITストラテジスト)の 午後1と [続きを読む]
  • 「酔ってなんかないんだぞぉ〜」という酔っ払い。
  • 先日、東京で開催を予定している 無料論文対策講座について、リブログして頂きました。 文章全体に、 大いなる愛情(!?)を持って、 あやしいが連発されていたので、コメント欄に 怪しくない と書き込んでみました。すると、 最近世知辛い世の中ですので、 昨年受講していなければ不安だった。との返信がありました。なるほど。一度も受講したことがなかったり、お会いしたことがなかったりする場合、そう感じる方もいらっ [続きを読む]
  • 試験用語のネタを見つけよう。
  • 対策講座などで、受講生の方から 質問を受けることが、よくあります。もともと問題などがあり、それについての質問であれば、わかりにくい点を かみ砕いて説明したり、反例を挙げたりして説明すると ( ̄▽ ̄*) なるほど!という反応が返ってきます。ところが、純粋に用語や技術の意味などは、それを見たことのない方に伝える場合、 想像以上に難しいものなのです。おおよそ、 ( ̄▽ ̄;) は、はぁ…という反応です。そ [続きを読む]
  • 試験対策をする時の午後1の問題の選び方。
  • 情報処理技術者試験で、 午後1試験がある方は、試験対策を始めて、教科書を読みながら知識をつけ、その後、過去問を解いてゆくようになります。この時に、 ( ̄▽ ̄+)まぁ、 とりあえず 去年の問題でも 解いてみるか と、去年の問題の問1から 順に解いてゆく方が多いかもしれません。けれど、情報処理技術者試験の受験者は、多くが、受験する試験区分の 業務経験をお持ちではありません。私も、SA(システムアーキテク [続きを読む]
  • 五合目からのスタート。
  • 普段、私が愛読している、小中高生を対象とした塾の先生のブログに↓こんな記事 が出ていました。 学習に適している問題集は、初見で 50%の正答率ものである という内容でした。そして、初見50%の正解率を 山の五合目からのスタートだと例え、これは、頂上が 見えやすいところだと、締めくくられていました。これを読んで、情報処理技術者試験の午後1の学習に関しても 同じことが言えるなぁ、と感じました。つまり、午後1 [続きを読む]