西邑真理 さん プロフィール

  •  
西邑真理さん: ☆(一つ星)グルメと時々旅 2017
ハンドル名西邑真理 さん
ブログタイトル☆(一つ星)グルメと時々旅 2017
ブログURLhttp://ameblo.jp/nsmrmr2383/
サイト紹介文旅と美味しいモノとの出会いのアレコレを大好きなパリから身近な街まで色々とご紹介しようと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/07/08 00:22

西邑真理 さんのブログ記事

  • 一つ星レストラン『L'Axel(ラクセル)』その1
  •  日本で予約した時は?後藤シェフ”から「前日にお電話くれればいいですよ。」とお返事のメールを頂きました。そして今日。時間通りに到着。店内には先客が一組。『Passage53 』と同様に白が基調のインテリアです。清潔感が大事なんでしょうね。もっとも郊外なのでお店の中は広々とした空間を取ってあります。  さて、気になるメニューですが。本来ならばお得なランチにしたい所なんです。でも昨日はお昼に魚 [続きを読む]
  •  ?Fontainebleau”の一つ星レストラン
  •  バス停まで戻って来ました。ちょっと先にメリーゴーランドがあるんですが、今朝は止まっていました。古いまま置き去りかな〜と思いましたが、お昼近くになって営業中。小さな子供達で順番待ちするほどの人気です。大人達は後ろのカフェでのんびりと座って、それを眺めています。いい天気になりました! かなりの年代モノ大きなカフェが2軒このカフェに向かって右を行けば?Rue de France”(フランス通) さて、本日のお [続きを読む]
  • 日帰りの旅『Fontainebleau(フォンテーヌブロー)』その6
  •  次は『Grans Appartements(グラン・アパルトマン』へ移動します。ここは狩猟の館を宮殿へと変貌させた第一人者、フランソワ1世が造った回廊等々。ベルサイユほどではありませんが、幾つもの豪華絢爛な部屋が続きます。彼はアンボワーズの城下に?ダヴィンチ”を招聘したことでも有名ですが、当時のイタリアはフランスよりもずーっとオシャレな都。そのエスプリをフォンテーヌ城に吹込みたかった。それで大々的にリノベーション [続きを読む]
  • 日帰りの旅『Fontainebleau(フォンテーヌブロー)』その3
  •  駅前から乗ったバスで?Château(シャトー)”の停留所まで約10分ぐらいだったでしょうか。料金はナヴィゴを使いましたので、私はナシ。実際には10?もしないだろうと思いますが。  満員に近い乗客のほとんどが、お城へ行く人達。その後を行けば迷うことは無いとタカをくくっておりました。で、降りて見れば昔見たお城の門じゃない。遠くに馬蹄形の階段が見える筈なのに。へぇ、なんでだろと思いつつ皆様と同じ方向へ。&n [続きを読む]
  • ちょっとブレイク その17:今年の雛祭りに
  • では早速、友人を招いた?雛祭り”のお料理をご紹介。前菜一つ目のプレートは前日(若しくは以前に)作り置きしていた食材を利用。ラクに手軽にを目指しました。 前菜のプレート一つ目  左端から。前回登場した?カラフル人参”のピクルスにチーズや胡瓜等、色々と。チョロっと見えている角切りの自家製ハム、分かります?これも前日に作っておきました。レシピは?栗原はるみ”さん。(すみません!立読みしまし [続きを読む]
  • ちょっとブレイク その16:『柿とチーズ』の前菜と『ピクルス』
  •  今回はいきなりに、又は久々にと言うべきか「ちょっとブレイク」に突入させて頂きます。自分でも前回は何時だった?という感じ。読んで下さる方々の多くが「そんなのあった?」と思われるかも知れませんねぇ(笑)。  絶対に載せたい!!と思った、そのキッカケは・・・。?雛祭り”に友人を招き、いっちょやってみようか!と作った前菜『柿とチーズ』。基本はネットの情報ですが、柿大好きな私的に「まぁ、まぁナンテ美味し [続きを読む]
  • 東京 六本木『ル・ブルギニオン』その2
  •  今日は前回の続き。『ル・ブルギニオン』でのお料理も佳境に入って来ました。メインのお魚は一皿のみ。平鱸のソテーです。小松菜と(名前が聞き取れなかった)茸を添えたスープで頂きます。鱸らしい臭みは微か、パリッと焼かれた皮が小気味好い食感でした。  お次は肉料理。友人と別々のを頼みましたが、両方共に美味。特に友人の子羊に添えられた野菜。火を入れたものを下に敷いて、上に新鮮な生を置いています。こ [続きを読む]
  • 東京 六本木『ル・ブルギニオン』その1
  •  続きまして、フレッシュなフレンチのお店情報です。先々先々(?)日のこと。いきなり北海道の友人から「月曜日に会えない?」とのメールが来ました。で、せっかくだから美味しいものを食べながらお喋りがしたい。そこで早速、調べておいたお店に予約を入れました。  実は昨年の11月に?ミシュラン 東京 2017”が発表済みだったことを、つい先日知ったんです。その時も友人との昼食のため。まず一つ星からと探せば・・・ [続きを読む]
  • 東京 神泉『権八』
  •  今回はパリから離れて、ちょっと息抜きをしたいと思います。行く先は東京の?神泉”。大人が食事するに相応しいと街として、以前ご紹介しました。今回は久々に会う友人とのお昼です。「どこでもいいから。」の言葉に甘えて、もう少し探検してみたいと選んでみました。お店は銀座にもある『権八』。値段も高過ぎず安過ぎず、あとは味と量が気になるところです。?神泉”南口から徒歩5〜6分キョロキョロしながらも無事辿り着きま [続きを読む]
  • ?Motte Picquet"の『Monoprix(モノプリ)』で
  •  美術館ですっかり疲れてしまいました。この後は何年振りかで?凱旋門”に昇ろうと計画していましたが、中止に。パリの夕景も綺麗だろうし、ナポレオンの遺品も観ておきたかったんですが。 同じ?凱旋門”でも、この入口にはエスカレーターが大きな荷物を持っていた昨日は、ここから入りたかった メトロ6号線で?Motte Picquet(モト・ピケ)"に戻って、8号線に乗換えて直帰と思いつつ・・・。下車してしまいました。モト [続きを読む]
  • ミシュラン二つ星『Passage53 』その2
  •  入口に貼ってあったメニューで分かるように、お昼のコースは2つのみ。私が選んだのは120?のショート・コースです。それでも、ここまで色々と出て来ましたよね。ややお腹がキツクなって来ました。果たして最後まで食べきれるのか?心配ですが、頑張ります!  さて、4皿目。オマール海老とそれから取ったダシにシェリー酒で作ったソース。添えてあるのは洋梨のムース。大好物なのでペロリと頂きました。  ラスト [続きを読む]
  • ミシュラン二つ星『Passage53 』その1
  •  一通り歩いて、再び戻って来たのは?Passage”の53番地。本日のランチは、そこから名前を取った『Passage53 』です。?佐藤伸一”シェフがミシュランの二つ星を取ったのは2011年。それから5年経過して、やっと予約を取れるお店になったようです。 この看板の先が『Gyoza-Bar』。そして更に向こうが『Passage53 』です お向かいは宝飾店 時間丁度に戻って来ましたが、相変わらず開店しているのかどうかが分から [続きを読む]
  •  ?Passage”(パッサージュ)へ その2
  •  『Passage des Panorama』(パッサージュ・デ・パノラマ)の中程まで来ると?Galerie des Varietes”(ギャルリー・デ・ ヴァリエテ)が交差します。ここには劇場『Theatre des Varietes』(ヴァリエテ座)があり現在も営業中。時間的に確認することは出来ませんでしたが、コミカルなミュージカルを上演しているんだそうですよ。ちょっと古い情報ですが、詳しくは↓こちら貼り付け元 http://jp.mon-pari [続きを読む]
  • ?Rue Cler”(クレール通り)の買い物
  •  買い物のほとんどは、今夜の食糧とアパルトマン住まいのための必需品。持ち物が多くなり過ぎたので、一旦アパルトマンに戻って来ました。 お土産はチーズ屋さんで一つだけ。レーズン(多分、ラム酒漬け)を貼り付けた丸いチーズです。以前『Laurent Dubois』で出会ってから、すっかり気に入りました。全く同じかどうかは食べてみないと分かりませんけどね。 『Laurent Dubois』の詳しい情報は↓こちらへ貼り付け元 [続きを読む]