西邑真理 さん プロフィール

  •  
西邑真理さん: ☆(一つ星)グルメと時々旅 2017
ハンドル名西邑真理 さん
ブログタイトル☆(一つ星)グルメと時々旅 2017
ブログURLhttp://ameblo.jp/nsmrmr2383/
サイト紹介文旅と美味しいモノとの出会いのアレコレを大好きなパリから身近な街まで色々とご紹介しようと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/07/08 00:22

西邑真理 さんのブログ記事

  • 『Janat』(ジャンナッツ)を探して
  •  もう歩きたくないってぐらい疲れたんですが、まだ17時前。どうせメトロ8号線で帰るんだし、ここは最後の頑張りで?Commerce”(コメルス)まで行くことに。前回の旅で近くまで来ていながら諦めた紅茶屋さん、『Janat』(ジャンナッツ)に行っておこうと思ったからです。  メトロを降りて、実際に歩き回ってみて。なかなか魅力的な街であることを知りました。た・だ・し、ここで決定的なボケをかましてしまったんです。  [続きを読む]
  • 『Barthelemy』(バルテルミー)
  •  こういう時に限って、?迷い名人”の私が迷わない。ナもんですから『Chapon』を出た時はまだ15:30。あぁ、まだ1時間もある〜と思いつつプラプラと色んなお店を覗きながら『Barthelemy』を目指して?R.de Greenelle”(グルネル通り)に向かいました。 この通り、確か?R.Cler”とも交差してたっけ?そっか、アンヴァリッドの辺りから続いている長〜い通りなんですね。歩いて帰れそうだけど、やりません。疲れます。   [続きを読む]
  • ?Rue du Bac”(バック通り)『Chapon』(シャポン)
  •  お昼ご飯が終わって、15時。私が最後のお客だったような。この後はメトロで?Montparnasse”(モンパルナス)に出て乗換。12号線で?Rue du Bac”(バック通り)に向かうんですが・・・。 次の目的の『Barthelemy』(バルテルミー)は小さなチーズ屋さん。個人商店って今でも?シエスタ”みたいの、あるんですよねぇ。昔風にお昼休みを取った後は16:30から開店。今行っても早すぎる・・・いいや!行っちゃえってことで電車に乗 [続きを読む]
  • レストラン『TOYO』その2
  •  普通?お口直し”と言えばソルベなんかが出てくるんですが、フォアグラ(の味噌漬けっぽいもの)ですよねぇ、これ。梅肉をのせ、茗荷とちょろぎが添えられています。ワインやシャンパンがあれば、もっと美味しそうに見えてくるかも。私的には少し甘味の濃い味噌に漬けて、生姜で食べたいな〜等と勝手に想像いたしました。 メイン:牛フィレ・ステーキ ナイフは『LeComptoir du Relais』と同じ『Perceval』(ペル [続きを読む]
  • レストラン『TOYO』その1
  •  目指すレストランまでメトロ4号線で一本。まぁ、だから予約を取る気になったんですが。降りてから少し迷いました。電話で「スタバの前にいるんですが。」と言えば「その後ろです。」と返事が。振り返って見れば・・・。これと言った目印もなく、日本人シェフのお店って分かりにくい。それが楚々としてイイのかもだけど。 ?Vavin”(ヴァヴァン)で降ります 100年以上の歴史があるカフェ『Rotonde』(ロトンド)この脇 [続きを読む]
  • 『La Droguerie』(ドログリ−)
  •  カメラも直ったことだし、改めて『La Droguerie』(ドログリ−)に向かいます。出口は7番の?Porte du Jour”(ポルト・デュ・ジュール)。『Eglise St-Eustache』(サン・トウシュタット教会)が目印です。小さな教会なのでグルリと回っても『ドログリー』には必ず辿りつけるんです。 この教会も工事中 懐かしい?R.du Jour”(ジュール通)の角には豚足料理で有名な『Pied de Cochon』(ピエ・ドゥ・コション)&nbs [続きを読む]
  • 『Forum des Halles』軽食フロア
  •  最後に軽食のフロアもチェック。お馴染みのMacの他に、パリのあちらこちらで見掛ける『Brioche Doree』(ブリオッシュ ドーレ)、『Jeff de Bruges』(ジェフ・ド・ブルージュ)、『Pomme de Pain』(ポム・ド・パン)等が入ってます。こちらも特に目新しさはないですね。『PASTAVINO』(パスタィーノ)というお店でクッキーを買って『Forum des Halles』を後にしました。  すごい種類のケーキもMac パネルを [続きを読む]
  • 『Forum des Halles』(フォーラム・デ・アール)
  •  レオニダスの開店を待っていたら、すっかり遅くなりました。今、10時30分。少し焦ってます。実は体調が少し復活。そこで昨夜、最後のレストラン『TOYO』を予約しました。時間は12:30〜。あと2時間しかありません。午前中のスケジュールを果たしてどこまでこなせる?  と、いう事で本日のメインイヴェント『Forum des Halles』(フォーラム・デ・アール)に来ました。新しく生まれ変わり、屋根の形から?Canopeee”(キャ [続きを読む]
  • 再び『R.Cler』(クレール通)へ
  •  パリのお店が開くのは、普通は10時ぐらいから。まぁ、東京でもデパートなんかは同じですけどね。出掛けるにはやや早いので、こんな時こそ!と再び『R.Cler』に出掛けることにしました。スーパーやら八百屋さんだったら、もう開いているからです。娘からレオニダスのチョコレートを頼まれましたし。 まず、一気に?R. de Grenelle”まで来ました9時。『franprix』はもう開店同じく八百屋さんも今日こそセップ茸(中央)を買 [続きを読む]
  • 朝食とお土産整理
  •  とうとう、丸一日歩きまわるのも今日が最後になりました。もっとも明日は飛行機の時間が遅いので午後3時ぐらいまでのんびり出来ますが。昨日の疲れが残っているのか、起きたら8時半を回っています。『DAVOLI』のサラミとパン等で朝食をササッと済ませました。  出掛ける前に、昨日買い込んだお土産の整理を。今回は滞在が短いこともあり、キャリーケースはガラガラです。まだ買い物出来るな〜とニンマリ。ブランド [続きを読む]
  • 『Le Palais des Thes(ル・パレ・デ・テ)』に寄って帰宅
  •  『Quatrehomme(キャトルオンム)』を出た後は、真直ぐアパルトマンに帰るべきかどうか・・・疲れたので迷いましたが『L’Inconnu(ランコニュ)』をキャンセルした代わりに、お茶屋さんへ頑張って行く事にしました。  これまた昨年、パリ最大のショッピングモール『Beaugrenelle(ボーグルネル)』に行った時のこと。休憩した『Häagen-Dazs(ハーゲンダッツ』で、ケーキと共に出て来たのが『Le Palais des Thes(ル・パ [続きを読む]
  • 『Quatrehomme(キャトルオンム)』再訪
  •  地下鉄のオペラ座からメトロを乗り換えて、本日最後のスケジュールをこなします。向かうはチーズ屋さんの『Quatrehomme』(キャトルオンム)。昨年に続き二度目となります。  実はすっごく楽しみにしていたお店を一軒、キャンセルしました。名前は『L’Inconnu (ランコニュ)』。こちらもシェフは日本人。フレンチではなくイタリアンです。元々は『Passage53 』でセカンドシェフとして働いていた方。チーズ屋さん『Quatre [続きを読む]
  • 『Foucher(フーシェ)』とオペラ座
  • バスを降りてオペラ座に向かって右側を数分行くと、チョコレートで有名な『Foucher(フーシェ)』。創業1819年という老舗です。う〜ん、以前はここに無かったような。パリもどんどん変わっていきますねぇ。でもラッキー。そろそろ本格的に留守番中の娘にお土産を買わなくちゃなんです。 お客が引きも切らず 猫ちゃんの箱はラングドシャ ここでもマカロン  買い物をした後、足はそのままオペラ座へ。随分人だ [続きを読む]
  • 29番バスで?芸術高架橋”〜オペラ座
  •  予定よりも早く戻って来て気持ちにゆとりがあるのか、またポカをやらかしました。ちょっと疲れたので駅前からバスに乗ったんです。?29番”。オペラ座方面に行く筈が、逆方向に走り出しました。 無事、Kホームに帰着して スイスのジュネーブ、ローザンヌ、ドイツのチューリッヒの他南仏のトゥローンやリヨンにも行く長距離列車が出る駅です駅の混雑ぶりは朝よりひどい スタバにも行列 外に出てみれば駅の正 [続きを読む]
  • 一つ星レストラン『L'Axel(ラクセル)』その2
  •  さぁ、次はメインだぞと思っていたら。前菜、その2が来ました。まぁ、大丈夫かしら。注文間違ってない?と思いつつ、それはそれで仕方ないっしょと、本日の私は珍しく鷹揚。いいお天気になったので気分も軽くなったんでしょうかね。サーモンと相性が良いフロマージュの組合せです 来店して約45分ぐらいで席がほとんど埋まり、残るは2席のみになりました。予約ナシで来る場合は、お早めに。月〜水のランチはCloseで変則的。郊外 [続きを読む]
  • 一つ星レストラン『L'Axel(ラクセル)』その1
  •  日本で予約した時は?後藤シェフ”から「前日にお電話くれればいいですよ。」とお返事のメールを頂きました。そして今日。時間通りに到着。店内には先客が一組。『Passage53 』と同様に白が基調のインテリアです。清潔感が大事なんでしょうね。もっとも郊外なのでお店の中は広々とした空間を取ってあります。  さて、気になるメニューですが。本来ならばお得なランチにしたい所なんです。でも昨日はお昼に魚介 [続きを読む]
  •  ?Fontainebleau”の一つ星レストラン
  •  バス停まで戻って来ました。ちょっと先にメリーゴーランドがあるんですが、今朝は止まっていました。古いまま置き去りかな〜と思いましたが、お昼近くになって営業中。小さな子供達で順番待ちするほどの人気です。大人達は後ろのカフェでのんびりと座って、それを眺めています。いい天気になりました! かなりの年代モノ大きなカフェが2軒このカフェに向かって右を行けば?Rue de France”(フランス通) さて、本日のお [続きを読む]
  • 日帰りの旅『Fontainebleau(フォンテーヌブロー)』その6
  •  次は『Grans Appartements(グラン・アパルトマン』へ移動します。ここは狩猟の館を宮殿へと変貌させた第一人者、フランソワ1世が造った回廊等々。ベルサイユほどではありませんが、幾つもの豪華絢爛な部屋が続きます。彼はアンボワーズの城下に?ダヴィンチ”を招聘したことでも有名ですが、当時のイタリアはフランスよりもずーっとオシャレな都。そのエスプリをフォンテーヌ城に吹込みたかった。それで大々的にリノベーション [続きを読む]
  • 日帰りの旅『Fontainebleau(フォンテーヌブロー)』その3
  •  駅前から乗ったバスで?Château(シャトー)”の停留所まで約10分ぐらいだったでしょうか。料金はナヴィゴを使いましたので、私はナシ。実際には10?もしないだろうと思いますが。  満員に近い乗客のほとんどが、お城へ行く人達。その後を行けば迷うことは無いとタカをくくっておりました。で、降りて見れば昔見たお城の門じゃない。遠くに馬蹄形の階段が見える筈なのに。へぇ、なんでだろと思いつつ皆様と同じ方向へ。&n [続きを読む]