さてぃ さん プロフィール

  •  
さてぃさん: Kissako
ハンドル名さてぃ さん
ブログタイトルKissako
ブログURLhttp://ameblo.jp/honeylovesmom/
サイト紹介文感じること思うこと考えること、いろんな事を綴ってみます。ひとえに無知ゆえに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/07/10 15:35

さてぃ さんのブログ記事

  • いい思いをすることが即ちいい経験ではない。
  • 3月10日予定日から6日目。NSTを受けに行く。苦手な助産師さんにあたり身構える。人は自分の人生で得てきたデータのすべてを加工して思想やら哲学やら価値観を形成し、自分の人生をさらに積み上げていく。そこにはその人なりの正義あり、真実あり、信念あり、だけどもちろんそれはそのまま誰にでもどこででも通用する真理ではない。人それぞれ受け取るデータの中身も量も、データに対する感じ方考え方も、データの活かし方も、全部 [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜妊娠末期〜
  • 10ヶ月になると、健診は週一になる。二回目と三回目のマタニティクラスにも出席し、一回は旦那さまも連れていく。マタニティヨガにも参加してみる。その時の助産師さんがとても優しくて心温まる。赤ちゃん服や布団など、お迎えする用意もして、ついに3月4日、予定日が来た。開かない子宮口、来ない陣痛、起こらない破水。ま、予定日に生まれる方が少なくて、初産婦は大体遅れるということだし、焦らず待つ。赤ちゃんのタイミング [続きを読む]
  • 春の現象学
  • 春色ってどんな色。梅や桜のピンク。明るい空の青。菜の花の黄。若葉の緑。どれも胸が高鳴るほどに愛しい。春の香り。多分、少し甘い。たまにほろ苦い。春の味。柔らかく新しく、目の覚めるような味。空を仰いで深呼吸したくなるような、爽やかな風が肌をかすめたり。少しずつ強くなる陽射しが、まぶたに降り注いだり。生き延びた者に訪れた、春。胸の踊るような、命の歓喜。それで、春の音はどんな音。今年はちゃんと、聴いてみ [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜八ヶ月半と九ヶ月健診〜
  • 12月25日八ヶ月半健診。引っ越して、近かったクリニックが徒歩15分の距離になってしまってから初の健診。今までみたいに受付して一旦家帰って、健診終えたらまた帰るなんて身軽なことはできなくなった。ので、しっかり仕事の準備までして出掛ける!満月だからか?分娩の方がいて診察進まず。やっときた順番、増えすぎた体重、4Dなしで普通のエコーのみ。助産師さんには糖質制限の資料渡され落ち込みながら眺めるも、赤川先生は「 [続きを読む]
  • 理想郷は
  • 人は戯言をとめどなく語るあたかもそれが真実で真理であるかのように批判し批評し断言する自分だけは常に正しく聡明だとでもいうかのように世界と向き合うその眼差しはどこまでも、あくまでもその人の世界だけを捉えるのに近代という時代が自我というものを求めてなおさら人は固有の何かを確立しようとしてちっぽけな脳の使い方も誤るばかりで理解を超えるものへの尊重立場の違うものへの想像力理論に先立つべき生身の命どんな知 [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜八ヶ月健診〜
  • 12月9日彼の実家の鹿児島に行くことになっていたので、2日ほど前倒しで八ヶ月健診に行きました。体重はなぜかの1g減。ヘソ下(子宮底長)もなぜかの5cm減。測ってくれた助産師さんに、赤川先生もえ?って聞き返してたけど、ま、そんなの測り方次第よね!誤差の範囲!エコーでみる赤ちゃんは、しっかり育ってるし。相変わらず標準より少し大きめらしいし。手を口元にやってもごもごしてたのでなにかおいしいもの食べてたのかな? [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜七ヶ月半健診〜
  • 11月27日七ヶ月と半の健診へ。これからは二週間に一回のペースです。前回増えすぎた体重、今回はどうなってることやらとちょっぴしの恐怖と憂鬱。でも大好きな果物も控え、間食や夜食も控えたし。口さみしい用に寒天作ったり。炭水化物もあと一口食べたいというところ我慢したり。それに積極的ではないにしろ相当歩いた。不動産や、家具家電を見て回り、妊婦になってこんなに歩いたの初めてというくらいの運動量になったし。そし [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜七ヶ月健診〜
  • 11月13日七ヶ月健診に行きました。爽やかな朝を体中に吸い込みながら向かう。朝8時に受付してから一回帰り、家事をちょっとして8時45分に戻る。近いって便利!いつも通り色々調べ、基本問題なし。むくみとか。しかし!体重が一ヶ月で2.8kg増えていて、ショックを受ける私。追い打ちをかけるように、優しく問いかける助産師さん。「自分で体重増えたと思った?」はい。「心当たりはある?」けっこう食べてました。「どんなもの?」 [続きを読む]
  • マタニティクラス〜一回目〜
  • お陰様で特に大きなトラブルもなく妊婦生活を送っております。11月1日マタニティクラスに参加してきました。まず集まったみんなの自己紹介。カップルで参加の方も多かったです。ほんとは私も彼に一緒に行って欲しかったけど、普段から忙しい人なので隙あらばゆっくりしてもらいたいと思いお留守番させました。そして赤川先生のお話。色々なトピックを思うままに色々語られて、なかなか私は面白く拝聴しました。ご家族のこと、お産 [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜六ヶ月健診〜
  • 秋は寂しい、と言っていたおばあちゃんの一周忌が来週あります。可愛かったばあちゃん、明るくて面白かったばあちゃん。にぎやかなのが好きで、いつも家族や友人に囲まれて。季節だけじゃなくて人生の深い秋を、過ごしていたばあちゃん。でもきっと、寂しさは、紛らわさなくていい。自覚して、見つめて、味わって。妄執を、執着を、ひとつずつ断ち切って。ばあちゃんのいるところから、おなかに小さな命がやってきたよだから私は [続きを読む]
  • 秋風邪
  • 先週、妊婦、風邪をひきました。喉と鼻の症状の、今流行りの強い菌の風邪というものを彼にうつされた模様です。今回学んだことを書き留めたいと思います。一、風邪にも種類がある。葛根湯が効くのは寒の風邪。熱の風邪には天津感冒薬。一、喉の炎症には蓮根湯が良い。蓮根を粉にしたコーレンという商品もある。一、喉と鼻だけの症状だと特に食欲は落ちない。一、南天のど飴は最近色んな種類が出てるけど、昔からあるスタンダード [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜五ヶ月健診〜
  • 脳と心とおっぱいに非日常の体験をした一ヶ月が無事に過ぎ、二回目の妊婦健診へ行く。9月18日まず助産師さんのとこへ行って色々測ってそれから赤川先生の診察‥と言われてた気がしていたのだが、今回はいきなり診察室に通される。そういうこともあるのだろう。体重や血圧やおなかのサイズを測り、エコー!わくわく。普通のモノクロで、赤ちゃんの大きさや、心拍や、胃の中や、色々見る。平均より頭大きいって言われた‥。そして4D [続きを読む]
  • ホリスティック
  • スピリチュアル、つまり魂やら霊性やらの精神世界と、初期仏教、つまりただ現実を生き切る実践的実存主義とのあいだで揺れ動く日々。宗教というものも好きで、キリスト教も素晴らしいとこあるし日本の仏教も面白いしヒンドゥー教も興味深い。哲学も好きだけど、最近はもっぱら東洋哲学。といっても基本はインド哲学。中国の陰陽やらタオイズムやらはその延長線のように考えてます。西洋哲学に至っては東洋哲学を超える価値をもは [続きを読む]
  • 私の健康観
  • アーユルヴェーダでは生命を魂と、精神と、感覚器官と、肉体でできていると考える。魂はいわゆる自我だとかいわれるアートマンのこと。ちなみにアーユルヴェーダは、バラモン教の聖典であるヴェーダから生命や健康に関する部分を抜粋して構成されるもの。世界最古の伝統医学です。一方、仏教では眼耳鼻舌身意の六根、つまり感覚器官と意識を認める。さらに五蘊といわれる色受想行識(肉体など形あるものと、感じ、イメージし、意 [続きを読む]
  • 千川産婦人科〜結果発表〜
  • エコー、細胞診、組織診とを受け、ついに結果が!の、前の金曜日。傷口を見てもらいに一度千川へ。傷口がきれいだと診察され、帰った。次の日には結果が来るという。ならば明日来ればよかったのではあるまいか。二度手間〜〜いいのいいの!傷に貼った水除けフィルム蒸れてたし!かゆかったから早く取ってもらえてよかったの!また消毒もしてもらえたし、抗生物質まじめに飲まなかったことバレなかったし!!そんなんを経て、9月7 [続きを読む]
  • 千川産婦人科〜精密検査?〜
  • 細胞診の結果を聞きに行く私。大丈夫だった!で今日ですっきり終わる可能性と、何かしら言い渡されてさらに検査が続く可能性との両方を、なるべく考えないように。祈ろうが恐れようが、結果はもう決まっているのだ!9月7日診察室に入り、先生が話し始める。やっぱりよくわからなかった、と。そんなに悪いものではなさそうだけど、とも。前回は血が混ざったから、また細胞診をやってみるという手もある。組織診をやる準備もできて [続きを読む]
  • 千川産婦人科〜精密検査〜
  • 赤川先生に紹介され、千川にある千川産婦人科へ行くことになった私。8月26日生まれて初めての千川駅。から徒歩2分の病院。診察室に通され、とりあえずエコー。そして黒い影を確認。これですねぇと言いながらエコーぐりぐり。産婦人科の赤川クリニックとは違って乳腺外科だ。プロなら、見て判断がつくものかと思いきやそうでもなく。もやもやしてるがどう、血流がどう、大きさがどうだとか、だからなんなのかと。つまりなんなのか [続きを読む]
  • 赤川クリニック〜妊婦健診〜
  • すずらんクリニックを卒業した私のその後。8月12日役所にて母子手帳をもらう。マタニティマークももらう。俄然妊婦感が出てきた!8月21日赤川クリニックにて一回目の妊婦健診。待ち時間、椅子に座って雑誌読んでいたらめまいが!へたへたと横たわる。少し休んだら治る。今後幾度かこの症状に悩まされることに。助産師さんに今後の色々について説明を受け、体重やら血やら血圧やら調べてもらい、赤川先生にご対面!実は赤川先生、 [続きを読む]
  • そんなわけで〜神秘の妊婦〜
  • 特に妊娠したよ的な日記を書いてはいませんが、そんなわけで妊娠5ヶ月に入りました。ざっと今までの流れを復習しておきましょう。6月30日妊娠検査薬で陽性。もう戻れない大きな流れに乗ってしまった感。7月7日いつ初診に行ったらいいかネットで調べ、子宮外妊娠の可能性もあるので早めに、という意見を採用。荻窪のすずらんクリニックへ行ってみる。しかし週数が早いので尿検査しかできない、と検査し終わってから言われる。エコ [続きを読む]
  • ぶっでぃすと。
  • 立場表明をしてみるなら年齢や性別や国籍や学歴なんかの記号以外に、なにか自覚があるとすれば常に釈尊の説く 仏道 を手繰っているということそれも豊富な方便に甘んじている大乗的戯れよりも犀の角のように一人歩む小乗的孤高の方が本当は好きそしてその落とし所としての禅に落ち着いている今は龍樹の根拠、空海の超越、親鸞の苦悩、良寛の奔放どれも、誰も偉大であったし敬愛しているけれど解釈も融合も介さない純粋な釈尊の内 [続きを読む]
  • スープって好き
  • 図書館で、最近スープづいている私にぴったりの本を見つけ、早速借りて読んでます。スープの歴史 (「食」の図書館)/ジャネット クラークソン¥2,160Amazon.co.jp妊娠してからあまり料理したくないし、生野菜食べたくないし見たくもないという私的要因、そして暑いから熱いもの食べにくいしたっぷり作っても腐るしという外的要因、などにより、ここ数ヶ月はスープ離れしているのでした。ま、味噌汁は作るけど。アーユルヴェーダで [続きを読む]
  • 祈る
  • 今は亡き大切な人、また、いつか亡くなりゆく愛する人を思うとき、その人の人生が幸せであったように、と願う。もしも生まれ変わりがあるのなら、次の生も幸 せであるように、と祈る。思いを馳せる度に、生前と変わらず私の、私達の心配をしてくれているのではないかと感じられる。ずっと近くで見守って、見届けたかったはずだとも。残された方が辛いなんて、残された側の言い分に過ぎないのだ。救いを願うには死後は不確かで、心 [続きを読む]
  • あかんぼあかいな
  • 赤ちゃんや、小さな子供が好きっていうひとは多いと思う。小さいものは弱くて、可愛くて、大人に大切にしてもらえるようにできてるんだと思う。でもそれは動物や植物にも言えることで、人間が特別なわけではない。*人は赤ちゃんとして生まれて老いて死ぬまで、幼子でいるのはせいぜい数年。秘めた可能性、なんて開花するまで無いも同然。無垢で無知で、ただ可愛いだけの数年間。純粋さ、汚れのなさ、そんなのはある程度の邪悪と [続きを読む]
  • let me be.
  • 私は、私とあなたとの境目が、わからないの.笑顔喜び安心恐怖孤独痛み感覚も感情も認識もとても個人的なようで、きっと普遍的なこと私たちに壁はある?ほんとに断絶されている?私とあなたは違う個体だけれど、そんなの忘れそうなほどに、あなたの脳が、心が、体が、生々しく胸に迫って苦しいの.私とあなたは違う個体だけれど、わからないことの多さより、わかることの重さが、私には大きいから。目が合うことで、触れ合うことで [続きを読む]
  • むじょう..
  • 変わりゆくの、すべて。だけど願えば変わらないものだって、少しはあったの引き延ばしに過ぎなくても。所詮いつかは変わるものならこの痛みもこの温もりも抱きしめていられなくて。きっと自ら望んできたの移ろうように過ぎゆくように変わり続けるように。ほんとはまだ受け入れられないこともつらくて引き裂かれることも知っての上で覚悟なんてできない上で。これからも続く絶え間ない変化の中に、傍に誰か居るのかなそれとも私は [続きを読む]