蓋散歩びと さん プロフィール

  •  
蓋散歩びとさん: 東京蓋散歩 〜マンホール巡り〜
ハンドル名蓋散歩びと さん
ブログタイトル東京蓋散歩 〜マンホール巡り〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/tokyo-manhowalk/
サイト紹介文マンホールや消火栓などの蓋、特に地味蓋を中心に観察しながら歩きまわります。
自由文タイトルとは裏腹に東京以外の頻度が高いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/07/11 17:26

蓋散歩びと さんのブログ記事

  • 例幣使街道蓋散歩 富田宿〜楡木宿 その1 レトロ建築の宝庫
  • このお堂から再開です。(前回記事: 例幣使街道蓋散歩 天明宿〜富田宿 その3) 以前は玄米を近所の精米機で精米していたけれど、ヌカハウスというのは見たことがなかったです。 城跡とかの遺構かとも思いましたが何の説明も見当たらず...単に公園としてこのようなものを作ったのか??? ライオンの調教場 昔の親父はちゃぶ台をひっくり返したものですが、浴槽をひっくり返すつわものもいたようです。あぶない看板に描いてあるよう [続きを読む]
  • 金沢で蓋散歩 その他の蓋篇 蓋以外も
  • で載せたものとも一部ダブりますが、今回の蓋散歩の最後です。 ツルツルの蓋。中央に市章らしきものがあり、その下左右にガスとあるような気がします。 こちらもツルツルですが水道の裏蓋? 靴洗栓 市営ガスや北陸電力 石川県の蓋。 県の境界石 文部省の境界石 ひょうたん型透かしブロック 遺跡発掘現場的景色 〆にならなくなってきたのでオブジェで終わることにします。 街・建物写真 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 金沢で蓋散歩 用水篇
  • 金沢には江戸時代に防火用水と飲料水用に引かれた辰巳用水という水路があります。その関係の蓋を並べてみます。辰巳用水以外の用水路も含むかもしれません。 「辰巳用水」と明記された蓋。 用水の終点 この放水口の横の橋も渋い。金沢城址にあった吐口 「用水」表記の蓋 市章しかないので何とも言えませんが下水道篇の蓋のように「下水」の紋章ではないので用水の蓋かと思います。市章すらない大型角蓋。いかにも暗渠の蓋です。 [続きを読む]
  • 金沢で蓋散歩 下水道篇
  • 水道篇、消防篇に続いて下水道篇です。 内側6分割の異体JIS。中国地方に多い気がしていましたがそうでもないようです。ただ広島あたりでよく見た蓋(関連過去記事はコチラ)とは違って内側の穴の周りが3分割ではなく4分割です。マンホールの蓋構造式で表現すると12/12-12/24になります。 穴の部分が塞がっているとJIS系の地紋には見えなくなります。 さらに崩れてもはやJIS系ではない地紋 同じメーカーの蓋に見えるこの2枚。違い [続きを読む]
  • 金沢で蓋散歩 消防篇 
  • 消防関係の蓋と送水口を並べます。 消火栓の右書き左書きペア二組 取っ手付き消火栓 兼六園の石灯籠デザイン蓋とありふれた黄色蓋。 ポンプ車ではなくはしご車に囲まれた防火水そうの蓋と採水口汎用蓋 消防関係ということで送水口をいくつか。 単口 後付けにょろにょろ 3Dメガネ風 街・建物写真 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 金沢で蓋散歩 水道篇
  • 前回は雪の季節で思うように歩けなかった金沢に再訪です。同じ蓋の撮り直しを含めて複数回にわたって書いてみます。 まずは水道の蓋。 制水弇の蓋。小さい取っ手が付いています。 濡れ蓋になってしまった。「量水器」 2枚組「量水器」 「止水栓」微妙に市章というか水道章の位置や大きさが違います。 三角に割れる角蓋で取っ手付きは比較的珍しいかも?「空気弁」 「仕切弁」 よくある汎用品 街・建物写真 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 神戸でデザインマンホール蓋収集 2017
  • 採取しても採取しても次々の新しいデザイン蓋が発表される神戸。今年も行ってきましたが昨年に引き続き今回も雨でした。せっかくのデザインが見えにくくて残念です。 アーケード内は何とかなりますね。SANNOMIYA TOWN 1st BLOCK 三ノ宮町1丁目(センター街)の蓋。元町商店街やセンターサウス街や中華街にはそれぞれ独自の蓋がありますし、まだ増えるかもしれません。 「だいすき こうべ」 ありがとう。 以上が今回コレクショ [続きを読む]
  • モンチッチの蓋
  • 新子安駅付近にモンチッチの蓋が設置されたということで見に行ってきました。これ、「かつしか」とありますが、葛飾区の施設の蓋ではなく都下水道の蓋なんですね。見にくいですが下の方に「東京・下水道 合流」と書かれています。蓋の代金は区が払ったのかな?この人葛飾区観光広報課長なのだそうです。 ちなみに課長のよだれかけ(今はスタイとかって言うのかな?)にはMonchhichiと。ローマ字だったらMonchicchiなのでスペルミス [続きを読む]
  • アステカ風?の蓋 谷津遊路商店街
  • ど派手なアステカ風のデザインの蓋。 谷津駅と谷津干潟の間にある谷津遊路という商店街にあるとのことで見に来ました。 魚やエビもユニーク もともとは色付きだったようです。 干潟の方はサギ類やカルガモくらいしかいませんでした。シギチのいる季節にもう一度来てみたいです。 街・建物写真 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 鯖江で蓋散歩 めがねとレッサーパンダ
  • 鯖江と言えば眼鏡のまちですが、マンホールの蓋にはアライグマ? いや、レッサーパンダだそうです。 蓋の周辺部に小さく眼鏡。他にトイレットペーパー?とお椀。 動物園もないのにパンダが欲しくて眼鏡技術を教えたら送られてきたのはジャイアントパンダではなくてレッサーパンダで教えた技術で安く作られるようになり地元の産業が壊滅したなんて嘘かほんとかわからない噂もあるようです。参照記事。 駅前には眼鏡のオブジェ で [続きを読む]
  • 小松でミニ散歩
  • 久しぶりの北陸散策。今回(と言っても昨年)は福井県小松駅周辺です。 マンホールの調査。 ではなく発掘現場ですね。 ひときわ目を引くでっかいダンプカー。 期待の新幹線 KOMATSU 梅と松葉でしょうか? 他にはめぼしい蓋はなく。 その代わりに素敵な看板が。 フレームの装飾も凝っています。 街・建物写真 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 例幣使街道蓋散歩 天明宿〜富田宿 その3
  • 続きです。 街道歩きの楽しみの一つが火の見櫓鑑賞。好きな方が結構多いと思います。個人贈でした。「第四分團 寄贈者 和久井善治」 このあたりの大地主さんとかでしょうか? 古い煙草屋の”遺跡”も好き。 今回の街道歩きの最後の記事なので蓋もまとめてアップしておきましょう。栃木市の新旧市章付き 倉と水路のデザイン蓋。 消火栓にも蔵。纏はよくあるデザインですが手鈎はめずらしいかも。こちらは [続きを読む]
  • 例幣使街道蓋散歩 天明宿〜富田宿 その2
  • そろそろ佐野市を抜けます。コスモスの蓋 旧岩船町章バージョンと栃木市新市章バージョン苔とのコラボで渋い「量水器」蓋 採石場なのか割れた山。 「町制記念石船町 昭和三十七年四月」 店のおじいさんが中にいらっしゃったので正面からとることを遠慮した「通商産業大臣賞受賞 セキネ自轉車代理店」の琺瑯看板 埼玉県内でよく見る消火栓付近駐車禁止黄色線がここにもありました。 では、その3へ行 [続きを読む]
  • 長沢浄水場の右書き人孔室・泥吐室、沈下棒その蓋の他
  • 川崎市内の浄水場に東京都水道の右書き泥吐室の蓋があるということだったので見に行ってきました。TOKYO WATER WORKS BUREAUNAGASAWA FILTRATION PLANT川崎市内ですがれっきとした東京都の施設です。敷地内には都内で見慣れた蓋があります。 と思ったら、縁石付きのもっこり蓋。「人孔室」の蓋。まさにマンホールの中のマンホール。目的の泥吐室と同じタイプですが、このタイプで人孔室とあるのは左書きを含め見たことがあり [続きを読む]
  • 大分県蓋ツアー 番外編 その5 路上観察の2
  • 大分県蓋ツアー最後の記事になります。番外編といいつつ蓋の写真から。 日本通運 TAKESITA TETUKOZYO KAGOSIASI 古そうな倉庫の壁面にありました。通気口でしょうか? マンホールの蓋と相性がいい(?)のが境界石ですね。手書き感のある「別府」佐伯基地周辺にあった「防衛庁」「衛」の字が略字です。こちらは「防衛省」? 道路元標もいつも撮ります。「大分縣道路元標」 石つながりで石碑を。「停車塲建設 [続きを読む]
  • 大分県蓋ツアー 番外編 その4 路上観察の1
  • 大分県蓋ツアー番外編の最後は路上観察で。数が多いので2回に分けます。 大分駅前の変なおじさん「ピカピカのおじさん」。マントに子供を取り付けています。 若いころマントにつけていたのはクマのぬいぐるみでした。 西洋医術発祥記念像。日本初の洋式病院(1557年創立)を記念して。 大分市大手通。 「電信電話発祥記念碑」凝ったレリーフ。こちらはさすがに日本初というわけではなく大分県として。NTT大 [続きを読む]