田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • この世で最も悲しいことは・・・<br />
  • この世で最も悲しいことは、リストラされるこでも、会社が倒産することでも、貧乏することでも、人並み以下の暮らしをしていることでもありません。また、病気になることや災害に遭遇すること、最愛の人と離別することでもありません。「心の持ち方、とらえ方次第で人生は変えられる」ということを知らないことです。 [続きを読む]
  • ただそうあるだけです
  • 私たちが意味を与えるまで「状況」にはまったく意味がありません。こんな状況に見えるけど、「自分自身には、何か必ずいい意味があるに違いない」と考えましょう。 私たちがそういう(良い)意味を与えることによって常にうまくいきます。どんな状況も、すでにその中に本質的に決まっている意味はありません。 私たちが与える意味によって、そこから得られる結果が変わってきます。だから、私たちのハッピーな人生にとって、いかに [続きを読む]
  • 幸福でいるには・・・
  • 心が変われば、つまり、とらえ方を変えれば、自分の環境が変わってきます。環境が変わって感じられます。 幸福は心の乱れた世界には存在しません。幸福は心の平和からもたらされます。 心の平和は、今あることろの恵みに満足するところから得られます。そのまま、そこに幸福を見い出すということが大切です。そのまま、そこに与えられた生命を愉しむということが大切です。そのまま享(う)けてたのしむものは常に幸福でいられます [続きを読む]
  • 一人の行動(言動)は全体に影響を与えている
  • 一人の行動(言動)ということが、全体に影響を与えます。それは、地球全体にも及びます。 一人が勉強すること、挨拶すること、ほほえむこと、それが社会全体の調和を守っていくのです。 自分という一人の行動がとても大切な価値を持つのだとわかれば、悪いことはどんなに小さいことでも絶対にしないことです。 良いことはためらうことなく、サッと行動に移しましょう。いつも優しい波動を出していましょう。いつも満ち足りた波動 [続きを読む]
  • 役に立つ・・・とは?
  • 人は、何かしら他と関係を持って生きています。生きているということは、関係性です。その関係性の中で、何か「役に立つ」ことが大切です。 「役に立つ」といっても、決して大それたことではありません。お茶を入れてあげたり、ほほえんだり、ちゃんと挨拶するとか、そういった小さなことなのです。それによって、人の気持ちを穏かにさせたり、気分よくさせることが、「役に立つ」ということです。本当は、何もしなくても、すべて [続きを読む]
  • 今日死んでも大丈夫ですか?
  • 人は必ず死にます。そして、いつ死ぬかわかりません。 今日かもしれません。明日かもしれません。だんだん歳をとって病気になって病院で死ぬとは限りません。 「今日、死んでも大丈夫か」と、いつも念じて暮らしていると、平和な生き方ができるようになります。 「いま死ぬかもしれない」と思うと、ものを集めたり、人と争う気持ちはなくなり穏かに生活できます。 [続きを読む]
  • 本当に必要であれば手に入るものです
  • 観念的に単に「欲しい」というのではなく、自分に本当に必要であれば、そのものは手に入るものです。 真に必要なものは、自分で獲得する能力が備わっているからです。 必要でないものを「欲しい」と頑張るから、うまくいかないのです。 具体的に必要であれば、しっかりと頑張れるのです。あたふたする必要はありません。 [続きを読む]
  • 運をよくする根源・・・<br />
  • 曹洞宗の開祖、道元の言葉に以下のようなものがあります。 「古人云(いわ)く、霧の中を行けば覚えざるに衣しめる、と。よき人に近づけば覚えざるによき人になるなり」 昔の人は霧の中を歩いていると、知らないうちに衣が湿ると言っている。それと同じように、よき人のそばにいると、知らないうちに、自分もよき人になっている、ということです。 道元のこの言葉は、実は運をよくする真髄を教えているのではないかと思います。ど [続きを読む]
  • それぞれの役割を精一杯果たして・・・冥界に移っていく
  • どんな偉大な指導者も,哲人も一人で人格を形成した人はいません。 人は皆凡夫なり、と聖徳太子は言ったそうですが、人は皆、縁の中でしか生きられません。 その意味では人は皆一様に凡夫です。 どなたかの作かは思い出せませんが、一篇の詩が思い出されます。時折、思い起こしては自らを省みます。 生きているということは、誰かに借りをつくること 生きているということは、その借りを返していくこと 誰かに借りたら、誰かに返そ [続きを読む]
  • 良い教え、良い言葉、善い人に触れて学ぶ<br />
  • 北宋の学者で政治家でもあった欧陽脩(おうようしゅう)が次のような言葉を残しています。 「人の性は物に因(よ)りて則(すなわ)ち遷(うつ)る。学ばざれば則ち君子を捨(や)めて小人と為る」 人の性質はふれる物によって変わる。聖賢の教え、よき言葉にふれて学ばないと、いつの間にかつまらない人物になってしまう、ということです。 心したい言葉です。良い交友を持てるように努めましょう。 [続きを読む]
  • 来るものを好悪せずに頂く
  • 来るものをして、一応すべて来らしめよ。 「来るもの」が時として、「人」であることもあれば、「事」であることも、「物」であることもあります。それらは必ずあなたに何かを与えるためにやって来つつあるのです。 教訓を持って来てくれることもあれば、経験を持って来てくれることもあり、富を持って来てくれることもあります。時として損失を持って来るかのように見えることもあるかもしれませんが、それを静かに受けて省みると [続きを読む]
  • 小さな日々の恵みと豊かさに感謝しましょう
  • どんな小さな恵み、小さな小さな豊かさ、贈与、または小さな幸福にせよ、それに対して純粋な心で感謝しましょう。 大きな恵福であるから感謝し、日常の小さな恵福であるから感謝しないというのでは、その人の心は現象的分量にと捕らわれ、取引根性、打算根性に陥ってしまっているのです。 分量を見ないで、その恵みの奥にある神の愛を見なければなりません。そして感謝の念を起こすとき、自分の心が浄(きよ)まるのです。常に感謝 [続きを読む]
  • 自分が選ぶ言葉と解釈が現実を創造している
  • たとえば、何かをやって期待通りの結果にならなかったとします。それを「失敗した」と思えば、それは失敗になります。「自分がダメだからだ」と思えば、自己評価は下がります。でも、「いい経験をした」と思えば、いい経験になります。「自分はベストを尽くした、よくやった」と思えば、自己評価はポジティブなのもになります。 「どういう言葉で、出来事を説明するか」は、自分が「どう解釈するか」であり、それが現実を決めてい [続きを読む]
  • 与えれば与えられる・・・出したものを受けとる
  • 「与えれば与えるほど与えられる」という法則は、あなたが信じようと信じまいと、知ろうと知るまいとそんなことに関係なく、あなたの生活にいつもその法則は行われて(働いて)います。 引力の法則があることを知ろうが知るまいがリンゴが上から下に落ちるのと同じように、どこにでも行われているのです。もしあなたが欲しい物を得ることが出来なかったならば、それは誰の罪でもありません。あなたが他の人の欲しいものを与えたこと [続きを読む]
  • 弱点や欠点が幸福の種になる
  • 何か欠点や弱点がある人、あるいは、それをいつも意識している人は、ある意味で幸福かもしれません。「一病息災」という言葉のとおり、「体に何か悪いところのある人は、体をいたわるので、長生きする。徹夜をしても、びくともしない人の方が、かえって危ない」ということがあります。自分の欠点や弱点を、四十になっても五十になっても意識している人は、あまり無理をしませんし、やはり、成長の余地があります。人は悩みの種とし [続きを読む]
  • 悪口、噂話はやめましょう
  • 人の欠点を見ている限り、あなたの心は楽しくなれません。私たちの心は自由ですから美点を見ることも欠点を見ることもできます。しかし、私たちは他人の欠点を見ることによって自己処罰されて、自分が苦しくなるのです。 「あいつは悪い」と思うことは一種の攻撃精神であるから、他人に対する「攻撃精神」は自分の方へ反転して来て、自分を害することになるのです。 弾丸はまずみずから薬きょうを破壊してから相手に到達します。 [続きを読む]
  • 悩みを神(宇宙)にゆだねる
  • 多くの人たちは大事件にはそれほど心を騒がせないのに、家庭内などの身近な小事件には心をイライラさせてせっかくの人生を不快なものにしてしまいがちです。 大事件には 「仕方がない」とあきらめがつきますが、小事件ほど、何とか成ると思ってその事件をつかむからです。 何でも心でつかめば、心が悩むのです。もしあなたの心を悩ますものがあるならば、それをあなたの心から放して、「神さま、この問題をあなたの無限の叡智のは [続きを読む]
  • まず叶えられたことに感謝を
  • 朝、目がさめた時、感謝しましょう。眠っている間も守護されて、生きていたことを感謝しましょう。こうして今朝も生きているという事は、生きているのではなくて、全く「生かされていた」ことに他ならないのです。そして昨日も自分の思いが叶えられたように、今日もまた自分の思いが叶えられることになっていることを想い浮かべて感謝しましょう。 「だって、昨日だって私の思いは叶えられなかったのに」とあなたはおっしゃるので [続きを読む]
  • 現実は言葉を模倣する
  • 私たち自身の言葉はすべて心にある影響を与え、心の振動はまた互いに感応して集団的波動となり、それが具象化して現象界の事物を創り出しています。 楽しい言葉を常に語っていれば楽しい環境が現われて来ます。荒っぽい言葉を常に使っていれば荒っぽい環境が現われて来ます。悲しい言葉を常に使っていれば悲しい環境が現われて来るのです。 現実は言葉を模倣します。こういう訳で、私たちは、よい言葉、明るい言葉、楽しい言葉をい [続きを読む]
  • すべては預かりもの
  • この世では、人は何も実際には持つことができません。ただ、何かを「預かる」ことが、許されているだけです。 伴侶を預かる、自分の子供を預かる、土地を預かる、家を預かる、仕事を預かる、地位を預かる、自動車を預かる、服を預かる・・・・、自分の肉体も預かっています。すべて自分の持ち物ではなくて、大いなる存在から預かっていると考えると、自分の視点や執着具合が変わります。 預かっているのだから、一、愛情をかけて [続きを読む]
  • 日々を平穏に暮らしていくには・・・<br />
  • すべて自分に対して必然的に与えられた事柄については、そこに好悪の感情を交えないで、素直にこれを受け入れるというところに、心の根本態度が確立します。これを「天命」として謹んでお受けする、ということが大切です。また、わが身に降りかかってくる一切の出来事は、自分にとっては、ベストタイミングで、必然で、必要で、ベスト(最善)である、という「最善感」を持って生きてゆくことは人生を平穏に暮らしてゆくコツです。 [続きを読む]
  • 宇宙を味方につける方程式
  • 宇宙(神様)には感情がなく、すべて方程式のとおりに反応します。神様を動かすには、お願いごとをしても駄目なんです。「自分の人生が思いどおりにいかず、辛いので何とかしてください」 と言っても、神様(宇宙)は聞いてくれません。「面白がること」 「楽しむこと」 「幸せに過ごすこと」こそが、神様を動かすために有効な手段です。「人生が面白くて、楽しくて、恵まれているものがたくさんあって、とても幸せです。神様あり [続きを読む]
  • 悪いこと面ばかりに捉われないこと
  • 自分が今いる環境に不満ばかり言うのではなく、そこにある楽しみや恵や感動を探す努力をする方が、しあわせに生きていけます。なにごとも悪い面ばかりに捉われるのではなく、いい面を発見することで、自分の価値観を変えられ、イライラする気持ち、不満な思いがなくなっていきます。この世の中は、意識を向けること、焦点を合わせることが拡大され強調されるようになっています。そのことを銘記しておきましょう。 [続きを読む]
  • 宇宙には枠はない<br />
  • 宇宙は、それが「よいか悪いか」ではなく、私たちの持っているエネルギーの質、意識の持ち方、反応の仕方、意思の力など、すべてが総合されてそれにふさわしいものを返してくるエネルギー体です。宇宙には「善悪」の基準もありません。そこに私たちが「不幸」というエネルギーで反応すれば「不幸」というエネルギーを返してきて、実際に不幸を感じる現実になります。私たちがそれに対して別の見方をすれば、別の未来が展開します。 [続きを読む]
  • 状況は心の投影
  • 状況は多面性を持っています。楽観的、悲観的、どう見るか。心を変えれば状況も変わります。状況はすべて心の投影です。どんなに嘆き悲しんでも、事実としての状況は一つも変わりません。だとすれば、見方を変えてみたらいいのです。心を変えれば、状況の色合いも変わり、意味も大きな変貌をとげます。人生観、歴史観、宇宙観、死生観すべて心の所産です。ある状況をマイナス面からだけ見ていたら、新しいものは何も生まれません [続きを読む]