田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • 人生(運命)は心(思考)によって創られる
  • 外で起こる出来事は内側の思いによって形づくられ、命を吹き込まれます。その逆ではありません。 誘惑は外部の人やものによって引き起こされるのではなく、そうした人やものを求める心の渇望によって引き起こされるのです。 苦しみや哀しみを生み出す原因も、外側のものごとや人生の出来事にあるのではありません。そうしたものごとや出来事に対して、とりみだした反応をする未熟な心の中にあるのです。 知恵によって鍛えられ、き [続きを読む]
  • 毎日、毎日しあわせを感じられるようにするために・・・
  • あらゆる形態の不幸は間違った心の状態から生まれます。正しい心の状態には幸せが最初から備わっています。 幸せとは調和のとれた心の状態を指し、不幸せとは調和のない心の状態を指します。 間違った心の状態で暮らしているかぎり、人は間違った生活をし、苦しみから解放されることがありません。苦しみは過ちに根ざしているのです。至福は悟りに備わっています。 自分自身の無知や過ちや自己欺瞞を打ち砕かなければ、人は救われ [続きを読む]
  • 人はいつも心の中で思っている通りの人物になる
  • いつも自分本位で低俗なことについてばかり考えていれば、ついには利己的で堕落した人間になるでしょう。逆に他者への思いやりに満ちた汚れのない思いをたえず抱いていれば、間違いなく純粋で利他的な人になるでしょう。あなたが最も頻繁に強く心の中で思うことは何でしょうか?あなたの心がもっとも自然に思いを馳せるものを教えてください。そうすれば、あなたがどんな苦しみの場所やどんな安らぎの場所に向かおうとしているか [続きを読む]
  • 悲観論者であってはなりません
  • たとえあなたが否定的なものに出会っても、その中に肯定的なものを見つけてください。あなたは常に、何か肯定的なものを見つけられるでしょう。否定的なものの中に肯定的なものを見つけることがうまくなると、あなたの人生は穏かになり、歓びにあふれるでしょう。 楽観主義的な見方で考えましょう。悲観論者であってはなりません。悲観論者は自身の周りに地獄を創り、その中で生きます。あなたはあなたが創った世界で生きるのです [続きを読む]
  • これから、ずっとずっと明るく幸せな人生に出来る<br />
  • 「継続する想いによって人生は支配されている」ということを自覚されるならば、その自覚の深浅に応じて、それが現実となってあなたの人生に現われてきます。 想念は動力であると同時に、ものの実質であるのです。 私たちが強く持続的に想い念じることが、その人自身の人生となり、運命となります。あなたが今、何者であるかということは、これまで何をあなたが持続的に想い続けて来たかを表しているのです。あなたは今、不幸であっ [続きを読む]
  • 簡素に生きる
  • 私たちはよく、「何と何さえあれば幸福になれるのだが」などと言います。しかし、いくら多くの欲望が満たされても、それで幸福になれるかと言えば、決してなれません。 物は、持てば持つほど、さらに新しい欲が湧いてきます。 簡素に生きることを学びましょう。ないものに焦点を当てるのではなく、今、あるもの、所有しているものに感謝しましょう。 自然の恵み、水道施設、電気施設、家、温かい布団、毎日いただける食事、健康な [続きを読む]
  • 自分が輝ける道を見つける・・・人生に失敗はない!<br />
  • 私たちは、何かの天才かもしれません。まだ自分で気づいていなかったり、世の中であまり必要とされていない分野なだけです。 世の中、選択肢は無限にあります。何かやって、うまくいかなかったら、興味の向くままに他の道に移ればいいだけです。自分に合った道を選べばいいだけです。敗北感を持つことなんてありません。 人生に失敗などありません。起きている現象はすべてプロセスであり、結果ではありません。もし失敗があると [続きを読む]
  • 「思い込み」から離れる・・・すでに十分
  • 人はみんな「幸せになりたい」と思って生きています。ところが、そのためにやっていることの多くが、実は間違った「思い込み」に根ざしています。 「どうすれば幸せになれるか」という手段も、実はそれ以前に、「幸せになりたい」という思いそのものも「思い込み」なのです。 何故なら、私たちはありのままの自分で、もう既に幸せなのですから。 自分を取り巻く状況がどうであれ、いまの自分をどう感じていようと、私たちの真我は [続きを読む]
  • いい加減<br />
  • 流されることを愛しましょう。そして流されながら、しかし最後まで、小さな希望だけは明確にしているという生き方をしてみましょう。 「いい加減」という言葉は実にいい言葉です。 塩味、お風呂の温度、花の咲き具合、それぞれにいい加減というものがあります。 同じ個人でも、日によって状態によって好みも変わります。 一杯目の茶はぬるく次は熱かったことを褒めた人もいますし、今日は少し辛い味で食べたい日もあれば、寒風の [続きを読む]
  • この道に悔いなし・・・すべては最善だった
  • 何十年かこの道をひたすら歩いてきました。自分の選んだ道だから、一つも悔いはない・・としましょう。いきがかり上、そうせざるを得なかった人もいるでしょうが、自分から選んで積極的にそうしたという人もいます。どちらでも構いません。この道を歩む以上は、これが最善だったと思うことが心を穏かにしてくれます。 人生はUターンができません。「ああすればよかった、こうすればよかった」と思いわずらったところで、過ぎ去っ [続きを読む]
  • とにかく、些細なことでもいいので行動しましょう
  • 感動は誰でもできます。 感動しても行動しなかったら、ただ知っただけです。 感動を行動に変えましょう。 五十、六十になって「もう人生は決まってしまった。こんなものだ」と自分の人生に見切りをつけているあなた、こんなもののまま死んでいいのですか?せっかく、もらった命なのだからやりたいことをやって「これでよかった」と笑って死ぬ方がいいですよ。これからでも、自分次第で、人生はどうにでもなります。 [続きを読む]
  • 高齢になってもオシャレを心がける
  • オシャレは、自分のためでもありますが、人のためでもあります。オシャレは、人を喜ばすことができます。つまり、オシャレは他人に対するサービスなのです。 会合など、オシャレをしてくる人は、人に喜びを与える人なのです。 「わたしは目立つのが嫌いで地味な格好が好き」と、かまわない服装で来る人がいますが、好みの問題ではなくサービス精神の問題なのです。 若いときと違い、五十代にもなったら、少しは人を喜ばせることを [続きを読む]
  • キレイな暮らしが心を整え平安をもたらす
  • 外で会っている時はわからなくても、家の中を見るとその人がわかります。家はその人の生き方を表します。 部屋のゴミは心のゴミを表します。年寄りだから、ひとり暮らしだから、汚いのではなく、生活は若いときからの習慣です。年齢のせいにしてはいけません。 年寄りでもこぎれいに暮らしている人はたくさんいます。つまり問題は、その人が人生を楽しんでいるかどうかなのです。以前はよくテレビで片付けられない女(男)の特集を [続きを読む]
  • 心が乱されないことが一番です
  • ガンになったり、夫や妻が認知症になったり、遺産相続のことで家族が憎しみ合うようなことがあると、何のために働き、何のためにお金を貯めたのか、何のために勉強してきたのかと、今までの努力が無意味に感じられ、そんなことよりも、病気にならない、家族仲がよい、仕事も続けられるということの中に本当の幸せがあることを痛感します。 大金を儲けたり、地位が上がったり、大きな家に住んでいても、心の平安がない時には、そん [続きを読む]
  • 受け止め方を変えればいい
  • 自分の苦痛も他者の苦痛も、それを減らすには、受けとめ方を変えればいいのです。 私たちは、外部の出来事を変えることはできません。 出来事は多数によって創造されており、集団的に創造されたものを個人が変更できるほど、私たちの意識は成長していません。だから、内的な経験を変えるしかありません。これが、生きることの王道です。 内面、受け止め方を変えると外の世界が変わります。 [続きを読む]
  • 良い事も悪い事も考えないこと
  • 「無門関」という善の著書に、「不思善、不思悪」という言葉が出てきます。これは、六祖慧能(えのう)が善の本旨は、「不思善、不思悪。よいことも、悪いことも思わないことだ」と明上座に説いたものです。 「不思善、不思悪」と示されたこの教えは禅、いや仏教の根幹をなすものです。よいことを考え、悪いことは考えるなというのが常識的な教えですが、仏教ではよいことも、悪いことも考えるな、その何も考えないところに本当の [続きを読む]
  • 節食の習慣を・・・
  • 健康、長寿はこの世のいかなる宝にもまさり、何ものにもまして求められるべきものです。どんなに多くの富を得たとしても、病気で苦しむようでは、いったいどこに幸せがあるでしょうか?まことに、食における慎みは、神が嘉(よみ)したもう習慣であり、自然の友でもあり、また理性の賜物でもあります。言いかえれば、あらゆる美徳がこれを基礎としています。それは、私たちの人生観に積極性を与え、すべての営為に活力をもたらす源 [続きを読む]
  • 陰徳は耳鳴りの如し<br />
  • 仏教では私たちの思うこと、言うこと、行うことのすべては業(ごう)という貯金通帳に蓄えられることになっています。 特に、人に知られずに行う良いことは、大きな利子がついて、その貯金が多くなり、その結果もたらされる幸せの程度も大きくなるといいます。 「陰徳は耳鳴りのごとし」とは、まさにそれを表す言葉で、「耳鳴り」とは自分だけがわかり、人にはわからないという意味です。 年をとってくると徳を積む、徳を失わない [続きを読む]
  • 不自由は心の迷い
  • 目の前の対象に、時に、所に、不自由を感じているのは、実は己のわがまま根性が写ってそうさせるのです。いかなる環境にも事柄にも仕事にも、不自由は何一つないのです。 時のせい、所のせい、人のせい、環境のせいだと考えていることはすべて心の迷いです。すべては、あるがままです。問題も不自由も宇宙には存在しません。あなたがこれまでの経験や知識だけでそう考えているだけです。 [続きを読む]
  • 豊かさとは・・・<br />
  • 豊かさとは、他から得ることではなく、他へ放出するものです。 豊かな思いや余裕の心が豊かな現状になってゆくのです。 豊かな人、富裕な人が持っているであろう意思を持ち、富裕な人が実践するであろうパターンを真似しましょう。できるだけ限界まで。 身体の癖を変えましょう。富裕な体質に慣れてください。 物もお金も英知も才能も既に持っている自分として発想し、言葉にし、振る舞いましょう。 「すでにある!」というバイブ [続きを読む]
  • 宇宙には「失敗」というものはありません
  • もし、あなたが何かを決めたのにもかかわらず、それを迷ったり、怖くなったり、キャンセルしたくなるのは何故でしょう?それこそが、[定義・解釈・観念]のせいです。損得感情、あるいは失敗への怖さという観念のせいで、せっかく湧いた意志を台無しにするのです。しかし、過去においても、あなたは本当の意味で一度たりとも失敗などしていません。失敗とは【こういうことが失敗だ!】と[定義]する人たちにとってだけのリアル [続きを読む]
  • 感謝と歓喜で毎日を過ごしましょう
  • 有意義な人生に生きるには、どんな場合があろうとも、恐怖観念でものごとに応接しないようにすることが、人生の鉄則です。 感情というものは、その種類がどんなものであろうと、私たちの肉体や人格に影響を与えます。だから、常に感謝と歓喜という積極的な感情を持っていれば、肉体や人格に積極的な良い影響を与えます。 感謝と歓喜は、あなたの波動を高めます。しかし、反対に怒ったり、怖れたり、悲しんだりする、消極的な感情や [続きを読む]
  • あなたの見方、捉え方を変えさえすれば・・・すべてはうまく行っている
  • 宇宙の本質、万物の本質は中立なる「愛」です。すべての出来事、すべての体験、すべてのもの、すべての現実は・・・・、「ただそうであるだけ」です。だから、あなた独自の定義で意味づけしてもいい自由があり、他の人も、他の人独自の定義で意味づけしていい自由があります。 百人いれば百通りの解釈があり、百人の視点があり、百人の価値観があり、百人の決めつけや意味づけや意義づけがあります。それによって百人百様の変形さ [続きを読む]
  • 好きなこと、ワクワクすることをしましょう
  • 好きな事、夢中になれることに情熱を注ぎましょう。 無我夢中になっていると、氣が高まり、少々の不安やストレスなら吹き飛んでしまうものです。 好きな事に取り組んでイキイキと過ごしてください。 好きなこと、ワクワクすることを一生懸命に全力で行い、その結果には執着しないことです。そうすると自分にとって、人生にとって良いことが必ず起こります。 [続きを読む]