田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • 自分の思いそのものが、自分の現実を創っている
  • あなたが何かを考えると、宇宙はその考えをそのまま反映し、現実を創り出します。それは、「万有引力」などと同じで、その自覚があろうとなかろうと関係なく働きます。 宇宙はあなたの思考をもとにあなたの現実を与えています。宇宙はバカ正直で、機転がききません。だから、あなたの思考そのままを作り上げようとします。 人は欲をかくと失敗します。その理由はここにあります。お金に余裕があるときは、「私には余裕がある」と [続きを読む]
  • 人生を楽しむための環境は、いつだって完璧に整っている
  • 新たな環境や状況があなたを幸せにしてくれるわけではありません。あなたは大きな勘違いをしています。あなたの持っている「目的地思考」は、「いま足りない何か(状況や環境・物・人間関係・才能など)を得ることによって、きっと今より幸せになる(よくなる)であろう」という考え方です。 意欲的に見えますが、その考え方では、単に幸せを先延ばしにしていまうことになります。 「いま幸せであること」を選ぶのではなく、「何か [続きを読む]
  • 知慧(ちえ)ある老人になりましょう
  • 髪の毛が白くなったからといって、彼(彼女)は智慧ある老人とは限りません。ただ歳を重ねただけの、むなしく老いぼれた人は世に多いものです。あなたが歳をとるのならば、そのときには誠実で、人格があり、愛に溢れ、何をしても他人をそこなうことなく、また慎み深く、身と心がいつも整った、そういう人になるようにしてください。 簡単なことです、善い本を読み続けるのです、善い人と付き合うのです。 立派なお手本となる大人・ [続きを読む]
  • 目から心に移さない・・・外側の出来事に左右されないこと
  • 妄想や執着を断ち切りましょう、と言っても、この世に生きている限りは多くのことを見聞きするでしょう。だから、目に入ったものは目に入っただけのこととしましょう。つまり、目に入ってきたことについて自分の心や情を動かさないようにしましょう。 同様に、聞こえてきたものは聞こえてきただけのことにしておきましょう。そうすれば、それらは自分の内側に入らず、苦しみや煩悩の種になることはありません。 私たちは、本来、内 [続きを読む]
  • 比べない(比較しない)<br />
  • 仏様のように穏かで静かな境地を知りたいですか?ならば、心を動揺させないようにしなければなりません。 心を動揺させないためには、いっさいの比較と評価をしないことです。つまり、自分と他人の、また自分の過去・現在・未来の損得を考えない。勝敗を考えない。優劣を考えない。上下を考えない。左右を考えない。新旧を考えない。美醜を考えない。増減を考えない。濃淡を考えない。多寡を考えない、ことです。 [続きを読む]
  • 言葉は魔法のようなものです・・・言葉は創造主です
  • 自分が発する言葉は、宇宙に向かって宣言しているようなものです。 対象が自分ではなくても、「あの人はダメだ」とか「こうなってはおしまいだ」とか「絶望的な状況になった」というような否定的な言葉を発すると、その言葉の影響を一番受けるのは自分で、同じような状況を加速させて引き寄せることになります。また、褒められたときに、それを否定する言葉も言わないことがだいじです。褒められたら、「ありがとうございます」と [続きを読む]
  • うまくいかない時は、流れに任せてみる
  • 波に乗るときは万事は調和して順潮(じゅんちょう)に行きます。ところが、順潮も逆らえば逆潮(ぎゃくちょう)になります。 波に乗って泳げば疲れることを知らずに、その目的地に達することが出来るけれども、波に逆らえばしばしの間に疲れてしまい、泳ぐ力もなくなって途中で溺れてしまうでしょう。 人生の行路もそのようなものです。 地位や名誉や損得にあまり執着しないで、何事も我を張らず流れにある程度身を任せると、穏か [続きを読む]
  • 心を浄化し平安を得ましょう
  • 苦しみはさまざまな原因と条件から生じます。しかし、自分の苦痛や苦しみの根本原因は、無知で修養の足りない状態の、自分の心にあります。 私たちの求める幸福は、自分の心を浄化することによってのみ得られるのです。 幸福は心の状態です。肉体的に安楽であっても、もし心がまだ混乱と動揺の状態にあれば、幸福ではありません。 幸福とはたくさんのお金やモノを持っていること、高い地位を得ていることではありません。 幸福とは [続きを読む]
  • 夢を叶える人になる
  • 無意識の「吐」くから、マイナスを取ってプラスの言葉だけを口から吐く、そうすると「叶」うという字になります。夢を叶えたいならプラスの言葉を使うことです。・・・と、(株)日本成功学会の黒木安馬さんがおっしゃってました。 口からプラスの言葉を出すか、マイナスの言葉を出すかによって、人生は百八十度違うものになります。夢を叶えたいと思うなら、プラスの言葉を使うようにすることです。ところで、ここで夢を叶えると [続きを読む]
  • 生涯勉強(修業)・・・やめるとそこから老化が始まる<br /><br />
  • 江戸時代後期の儒学者の佐藤一斎の「言志四録」の中に「たとい視力や聴力は落ちても、見える限り、聴こえる限り、学を廃すべからず」という言葉があります。 人間は幾つになっても成長できるし、成長すべきです。歳を重ねるごとに学んでいかなければなりません。 歳を重ねたから尊いわけではなく、歳を重ねてもなお道を求めてやまない姿勢こそが尊いのです。お釈迦さまも法句経の中で「頭白きがゆえに尊からず」という言葉を残して [続きを読む]
  • 常に善き友、善き書物、善き情報と交わる
  • 見る姿・形は一種の暗示となって私たちの魂の中に投げ込まれます。友達または知人の悪しき範例を見ていると、その悪しき姿が自分の潜在意識内のレコードとなり、縁を得ればその通りの悪しき姿が自分の行為(おこない)に現われてきます。 反対に、善き友と交わり、善き友の行為(おこない)を見、善き友の言葉を聞くことは、目に見えない無限の宝を内に積むことになるのです。 潜在意識の中にある善き観念は、無限のよき宝であると [続きを読む]
  • 今日喜べない人は、明日も喜べない
  • 毎日を爽快な気分で過ごすためには、物事を良い悪いと区別しないで、より良いものの光によって、より悪いものの存在をかすませるのがコツです。 悪いところばかり見つめていると、それを勢いづかせることになるからです。ありふれたことにも光を当てて、無視しないで、数の中に入れて感謝すべきです。 私たちは、とかく自分が所有していると、それを無視したり軽視したりしがちです。 自分が持っているものを大切にする人は、他人 [続きを読む]
  • 一日も休まないことが大事
  • 心を磨くには、少しであっても毎日修行を欠かさないということが必要です。 自分が自分に課したもの、たとえば、掃除や写経、読経などなんでもいいんです。 「今日一日、今一回くらいしなくても、別に悪いこともないだろう。一日の遅れくらい、長い人生から見れば大したことはない」などと理屈をつけて、怠けたくなることもあるでしょう。しかし、「一日も欠かさない」ということが大事なのです。 今日のみで明日はない、今日だけ [続きを読む]
  • 諦(あきら)める人を人は助けません
  • 一生懸命に努力している姿は人の心を打ちます。なんとか手伝ってやろうという気を起こさせます。それを見ていて、その人の素質を見抜き、アドバイスする人が出てくるのです。どこで、どのような人が現われ、どのような道を提示してくれるかわかりません。しかし、あきらめる人を人は助けないのです。 成功している人は皆、人知れぬ努力をしています。その精進が彼らの今日を築いているのです。 近い将来の運命は決まっています。自 [続きを読む]
  • 陰徳を積めば陽報あり
  • 人知れず善をなすことは、想像以上の力で運を変えます。 徳(善業)の積み方は、その人の運にも影響を与えますし、子供や孫などの運にも影響します。たとえ本人が世俗的に大成功を収めても、知らずに悪業を積んで いれば、孫が急死する、子供がぐれるなどという不幸は避けられません。もし、このようなことが嫌いなら、徳を積み、運を変えるしかありません。そのために最も有効な方法が陰徳を積むということで、それを続ければ、必 [続きを読む]
  • 自慢しないこと
  • 人は嫉妬するものだと心に留めておくと多くの場合に判断を過(あやま)たず、人間関係を損ないません。もしあなたが誰かに嫉妬心を持つとするなら、その人も同じような気持ちを持っていると考えるのが妥当です。こちらが嫉妬心を持っているのに、周囲の人が持っていないというようなことはありえません。なんとか嫉妬心を駆り立てないように生きていくことが大切ですが、その最も簡単な方法は自分のこと自分の家族のことを自慢しな [続きを読む]
  • 受け入れるという習慣・・・人は皆違うのです
  • 他人の欠点を認めましょう。他人が自分と異なることを受け入れましょう。それは他人が私たちと顔も姿も違うのと同じです。顔、姿が違うというのは、脳も違う、考え方、感じ方も違うということです。 潔癖というのは人間関係に関する限り決してほめたことではありません。 人は皆違い、皆異なった考え、感じ方をするものだと思って人と付き合うことが人間関係をよくする上でとても必要なことです。 人を批判し、悪いことを受け入れ [続きを読む]
  • 「ありがとう」は今言う<br />
  • 感謝の言葉、愛を伝える言葉は機会を逃すと、もう言えなくなります。 「おはよう」という言葉と同じです。 朝、出会い頭に「おはよう」と言えばなんでもないのに、その時に言いそびれると、次に会った時になんとなく言いにくく、一日が何かよくないことをしたような気持ちになります。すぐに言葉にしましょう。怒りの言葉は明日、感謝の言葉は今日が鉄則です。 私たちは言われないと分からないという不思議な心の仕組みを持ってい [続きを読む]
  • 続ければそれなりの成果は出る<br />
  • 人は誰でも、いくつも欠点を持っているし、コンプレックスも悩みもあります。 自分には才能や感受性がないからとあきらめるのではなく、心をきちんと持って肥料をやって育てていけばどんどん成長していくものです。 生まれつきの才能はもちろんありましょうが、そういうものは放っておけばなくなります。才能ある人でも、心をかけて自分を一生懸命に磨きあげるからこそ、いい仕事を残すのです。さして才能がないから自分は駄目だと [続きを読む]
  • <br />業績評価にとらわれない<br />
  • 「これだけの仕事をした」とか「これだけお金を稼いだ」とか「これだけの学校を出た」とか、何か業績と結びつかないと全部価値がないとみなし、ものすごく業績評価に偏った見方が社会に蔓延して、業績だけの価値観から抜け出せない人が多くなっています。ここから抜け出せないと人は幸せにはなれません。 業績的価値観を抜きにして身近な生活に目を向ければ、自分のいる場をきれいにしたり、おいしい料理を味わうというように、い [続きを読む]
  • 一日一日を精一杯生きる、そこに幸せはある
  • いま目の前にあることを、やれる範囲で精一杯やっていく、その積み重ねが達成感を生み、天から賜ったその人の生を輝かせることにもなるのです。 何かいい出来事が起きたから幸せ・・・ではないのです。 生きているだけで幸せ。平凡な毎日でも、同じことを繰り返せる幸せ。 目の前に起こる出来事をしみじみと味わうというような、当たり前の日常の中に本当の幸せというものはあるのです。 人生を輝かせて幸せに生きるには、自分に [続きを読む]
  • 人として生まれた幸せを思う
  • 私たちはともすれば人生の苦しみのみに目が奪われやすいものです。また人生の不公平を恨む気持ちにとらわれやすいものです。 中国臨済宗の開祖、臨済禅師は「見ることができる目を持ち、聞くことができる耳を持ち、動かすことができる手足を持っているのに、それ以上なにが不服か」と言っておられます。 五体が満足なだけでも、大変な幸せです。 自分の持っている悪い点のみを見つめることをやめましょう。自分の恵まれた点を列記 [続きを読む]
  • してあげられる幸せ<br />
  • 幸せは三つあると言います。 一番目は、やってもらう幸せ。二番目は、自分で出来るようになった幸せ。三番目は人にしてあげる幸せです。 人がして欲しいことをしてあげれば喜ばれます。「してあげる幸せ」は三つの幸せの中で最高の幸せでしょう。 私たちは、いまだに「してもらう幸せ」ばかり求めて、絶えず不平不満ばかり言っています。「してあげられる幸せ」を噛みしめたいものです。 [続きを読む]
  • 気の持ち方次第<br />
  • 不幸だとか幸福だとかいう言葉くらい、本人の気の持ち方次第のものはありません。 不幸が好きな人は不幸だし、幸福が好きな人は幸福です。おかしな言い方ですが、不幸になるのも幸福になるのも、本人の望み次第です。 幸福にも不幸にも、自分の好き勝手になれるものです。 私たちは、いつでも、ものの考え方の方向を、絶対に明るい方向に持っていきたいものです。明るいところには元気が、暗いところには病気が必ず宿っているので [続きを読む]
  • 100時間考えるよりたった一歩の行動が人生を変える
  • 「百聞は一見にしかず」といいますが、そのことわざには実は続きがあります。 「百見は一考にしかず、百考は一行にしかず」。 心では変化を求めているのに、考えたり想像したりしているだけでは何も変わりません。そんなときは、とにかく「行動」してみるべきです。 無理に大きく動く必要はありません。ボクシングの「ジャブを打つ」気持ちでエネルギーを送っていれば、必ず周りの何かに「作用」します。小さな行動が次の行動を呼 [続きを読む]