田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • イライラする考え方をやめましょう
  • 相手を変える必要なんかどこにもありません。その人を認めて、自分が「気にならない人」になったら、それで「終わり」です。 自分の価値観を押しつけないで「気にならない人」になりましょう。すなわち、自分の心を広げる。許容量、寛容度を上げるということです。すべてのことに鷹揚になって、イライラしなくなったら自分が一番ラクだということです。そもそも、宇宙にはイライラする現象があるのではなくて、イライラする考え方 [続きを読む]
  • 既に恵まれていることに目を向ける・・・焦点を向けたものが拡大する
  • 悩みや苦しみというものは、自分が足りないものを挙げつらねて、 「足りないものをよこせ」 「足りないものが欲しい」 と言っているだけのようです。ないものを欲しがるのではなく、自分がいま持っているものを喜ぶと、自分がどれほど恵まれているかに気がつきます。ないものをねだるのではなく、自分に与えられて、すでに恵まれているものに目を向けたら、自分はどれほど恵まれているかわかりません。どれほど満たされ恵まれて [続きを読む]
  • 相手を変える必要はありません・・・他人は変えられません
  • 多くの人は、自分の価値観の中に相手を連れてこようとして苦しみます。こういう場合は、その人の良いところも悪いところも踏まえた上で、そのまますべてを受け入れてしまえばいいのです。すなわち、自分の心を広げる。許容度、寛容度を上げるということです。 「世の中には、そういう人もいるよね〜」と、自分の価値観を押しつけないで、「気にならない人」になることです。 相手を変える必要なんかどこにもありません、その人を認 [続きを読む]
  • すべての本質(現象)は「空(くう)」です
  • 私たちが「楽しい」とか「つまらない」と言っているその現象とは、楽しい現象やつまらない現象が独自に独立して存在しているわけではありません。 淡々とした何の性格もない空(くう)である現象が続いているのです。それを私たちは勝手に、独自の判断で「楽しい」とか「つまらない」などの性格を付けて見、判断し、評価し、論評しているのです。このことが本当に理解できた人は、その瞬間から悩み・苦しみ・苦悩・煩悩から離れる [続きを読む]
  • 受け入れる
  • 自分の辛く悲しい感情というのは、その現象を否定しているからであって、その現象を受け入れれば、どこにも悩み苦しみは存在しません。すべての現象は、受け入れないから辛いのです。すべてを受け入れて、「思い」を持たなければ、悩み苦しみは生じません。 「思い」を持っていないようにみえても、悩みや苦しみだと自分の感情を言ってしまう人は、受け入れていないのです。 起ってくる現象を受け入れて、今できることをやっていれ [続きを読む]
  • 「自分がどう生きるか」だけです
  • 「今、自分の家族に、すごく元気のない人がいる。病気の人がいる。引きこもりの人がいる。ウツ病傾向の人がいる。自閉症傾向の人がいる。そういう人をどうしたら治してあげられるでしょうか」という相談がたくさんあります。その人をどうこうする必要は全然なくて、自分がどう生きるかだけを考えることです。 「私」が元気に楽しく幸せに明るく生きていると、周りの人はどんどん元気になります。もし、家族で一人でも、楽しくて幸 [続きを読む]
  • ピンチと認識する自分の認識力の低さを反省する<br /><br />
  • ピンチという現象そのものは宇宙には存在しません。ピンチと認識する自分の認識力の低さをやめましょう。 現象はゼロです。宇宙にはピンチやマイナスの現象があるわけではありません。 現象はすべてゼロです。それを自分がどう思っているかだけです。もともとピンチという現象はありません。ピンチと認識すること自体が、まだきちんと宇宙を認識していないということです。 [続きを読む]
  • しあわせになる真の奥儀(方法)<br />
  • しあわせになりたいなら、何も変えようとしないこと。何も望まないことです。しあわせになりたい当人は、いつも考えていること、口に出して言ってることは、「望み」だと思っていますが、実はそれは、波動的には「不平」を言っていることになってしまっています。いつも不平を言っているので、また不平を言いたくなることが引き寄せられて全然希望は叶わずしあわせになれません。しあわせになりたいのなら、いつもいつも、いつもい [続きを読む]
  • 「役に立つ」「役に立たない」ということ・・・
  • 「役に立つ」 「役に立たない」という言葉は、分離や排除を表します。 役に立つ人、役に立たない人。 役に立つ仕事、役に立たない仕事。また、役に立つ動物・植物・鉱物、役に立たない動物・植物・鉱物などなど、宇宙にはそんな基準(価値判断)はありません。あらゆるもの、すべての状況など全部一つ残らず価値があります。あらゆるすべてのものは、常に「機会」を、「学び」を提供しています。 [続きを読む]
  • 「平均値」という言葉・数字に振り回されえないこと
  • 「平均値」という言葉・数字に振り回されないことが大事です。 人はいろいろなものの「平均値」を気にするよう教育されてきました。そして、「平均値」より上である事を「よし」とする洗脳(教育)をいつのまにか正しいこととして受け入れてきました。 能力、財産、収入、地位、容姿、家、車など、また食べ物、持ち物などなど、本当にあらゆるもの、また状況に対してです。 「平均値」を意識することから比較が生じ、不安や心配や [続きを読む]
  • 歳を重ねても・・・<br />
  • 七十代、八十代になって、急に自分の老いを身にしみて感じるようになることがあるでしょう。そういうときは、この歳になっても、なおいろいろなこと(仕事・用事)ができる体に産み、育ててくれた父母に感謝しましょう。これまで何年間も働いてくれた目、耳、その他の痛んだ部品に、「今までありがとう」と言いこそすれ、責めない自分でありましょう。 老いてなおできること、それは、ふがいない自分を、あるがままに受け入れ、機 [続きを読む]
  • 苦しみが教えてくれる幸せ
  • 今、有るものは、有り難い、あることの難しいものだと気づいてください。そうすると人は幸せになれます。 幸せは、客観的に何があるか、どういう状況にあるかだけでなくて、それを「有り難い」とみるかどうかにかかっています。あたりまえでなくて、有り難いものだと気づけば、幸せの度合いは高まります。 苦しみは刺激となって、それまでのたるんでしまった自分に、あたりまえを輝いたものとして見せてくれる効果を持っています。 [続きを読む]
  • 美しい魂を穢(けが)してはなりません
  • ただただ自然体であれば、私たちは美しい存在です。いつもいつも良心に従っていれば大丈夫です。 自身の心にある不安や恐れ、すべての邪気はその美しさを穢します。 心身をゆるめ美しくありましょう。そうすれば、創造の波動によって、様々な新たな命を生み出す力が起こってくるでしょう。 美しい魂に宿る直感と想像の波動こそ私たちの加護となるでしょう。 花のように美しい己の魂をゆめゆめ穢してはなりません。 [続きを読む]
  • 本人の気の持ち方次第<br />
  • 不幸になるのも、幸福になるのも、本人の気の持ち方次第です。 自分が不幸が好きなときは不幸ですし、幸福が好きなときは幸福です。 不幸になるのも幸福になるのも、本人の望み次第で、自分の好き勝手になれるものです。その人の不幸なのは、神様が不公平であったり、他人が意地悪だったりするためではありません。 自分の捉え方次第、解釈次第で状況はどうにでもなります。すべては「あるがまま」なのですから。 [続きを読む]
  • 中 庸
  • 全てを中庸に保ちましょう。 精神成長のことのみに限りません。 肉体を鍛えることのみではありません。 心をゆるめることのみではありません。 人に左右されてはなりません。 我意に執着してもなりません。 全てにおいて偏ってはなりません。 霊・心・体の調和が取れ全てが中庸であるとき、真実の己の姿が表れます。それが悟りと知りましょう。ところで、中庸の大切さを真に理解するためには、何か関心のある事に対して「極端」を [続きを読む]
  • 情熱を持ちましょう・・・なんでも構いません
  • 情熱を失うことのないようにしましょう。 情熱を向けるものをお持ちでしょうか。あるならば、その気持ちを大切にし、一心に取り組みましょう。 続けるとなおいいことがあるでしょう。 無いならば、まずはそれを探しましょう。 情熱を燃やすことこそ、己の魂を取り巻く不安、恐れ、心配、邪気、負の要素全てを燃やし尽くし、浄化に導く術(すべ)です。 何かに情熱がないと、人生もつまらなくなり、老けていくのも早くなるものです [続きを読む]
  • ものごとに正邪はありません
  • ものごとは、あなたがそう言うから、そう思うから、正しいとか間違っていることになるのであって、それ自体には正邪はありません。 「正しい」とか「間違っている」とかは、ものごとの本質ではなく、個人の主観的な判断です。その主観的な判断によって、あなたは自らを創り出します。 個人的な価値観によって、あなたは自分が何者であるかを決定し、実証します。どういう価値観を持つのも自由ですが、他を傷つけることがないよう [続きを読む]
  • 思い切って捨てる
  • モノを捨てるとその分必ず心が軽くなります。いつか使うかも?必要な時があるかも?・・・と、思いがちですが、そういう時はその時必ず手に入るものです。多くの人は、不必要なものに自分の空間を占領されていて窮屈に暮らしています。思い切って捨てましょう。 掃除しましょう。 整理しましょう。 捨てましょう。 心はモノを捨てた分、確実に軽くなっています。モノを捨ててできた空間に新しい良い気(エネルギー)が入って来て [続きを読む]
  • 「バランスよく食べましょう」に騙(だま)されないように
  • 日本というのは未だに戦後に制定された、嘘だらけの栄養指針がまかり通っています。 学校の給食のパンも牛乳もそうです。牛乳は、飲めば飲むほどカルシウムが出て行き、骨がもろくなります。お年寄にも、骨粗しょう症の予防だと言って、牛乳を飲ませ奨励しています。 体に悪いまったく反対のことをやっています。 「バランスよく食べましょう」という意味は、要するに、いろんな食品業界に利益がいくように、まんべんなく買ってあ [続きを読む]
  • 若い人を立てる<br />
  • 老人になっても、あらゆることについて自分が前面に出たがる人がいます。それは前向きでいい生き方なのかもしれません。しかし、大人気がありません。 老人が真先に失うのは実に「大人気」なのです。正しい日本語としては、「大人気」という言葉はありません。「大人気ない」という否定の要素を含んだ形容詞です。しかし、いつのまにか「大人気のある」などという言い方も、口語として使われるようになっています。その「大人気」 [続きを読む]
  • 方向が正しければ・・・
  • 一部分だけ見ると、人間誰しも欠点があります。完璧な人間など存在しません。 大切なことは、その人がどの方向を向いているかということです。向いている方向さえキチンとしていれば、少々の欠点くらい何の問題でもありません。たとえ、一時期つまずいて失敗しようが、過去にどんな生き方をしてきたとしても構わないことです。さて、ともすれば人は、難しくて大きなことをしなければ、成果が挙がらないように思いがちです。そうい [続きを読む]
  • 我慢しないこと
  • 辛い。怖い。そんな環境に常時身を置くと、心も体も萎縮してしまいます。辛い目に遭うと心がいじけてしまいます。人の心は弱いものだからいつもストレスを感じる環境にいると、自分本来の能力を発揮させることができなくなります。「逃げる」ことも必要な時もあります。「逃げる」ことをためらってはいけない時もあります。 「苦労は金で買ってでもするな」と風水ではいいます。だから、なるべく自分がイヤだと思うことはしないほ [続きを読む]
  • ないものは知恵で補う
  • 足腰の衰えという老化を、すぐさま目の前に立ちはだかる巨大な壁のようにとらえてしまえば、その先には一歩も進めなくなります。ほんの少し視野を広げてみれば、その壁が思っていたほど高くはないことも、壁の周囲には何本の脇道が通っていることも見えてきます。もっと頭をやわらかくして受けとめてみましょう。 老人は身体の機能は衰えてきますが、知恵は若いときよりも豊かです。知恵はしまっておかずに大いに使うべきです。 老 [続きを読む]
  • 「悟り」とは今ある状況を受け入れること
  • 「悟り」とは「受け入れること」。いつもいつも楽しく平安でいられること。 「悩み・苦しみ」を持たなければいいのです。 「悩み・苦しみ」をどうしたら持たずにいられるのでしょうか。それは、「思い通りにしたい」という思いを持つことをやめることです。これだけです。 「こうありたい」「こうであって欲しい」という執着を持たなければ、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言うこともなくなります。 「思い」を持たず「執着 [続きを読む]
  • 住んでいるところを褒めよう・・・地場の神様が喜ぶ「国褒め」
  • 「ここは本当にいいところだな〜」と、その場所を褒めていると、神様は喜んで、「この子はいい子だから、良き仲間をたくさん連れてきてあげよう」「いろいろいいことを運んでこよう」と、いいことを集めてくれるます。そうなったら、もう風水なんて関係ありません。 縁あって、今そこに住んでいるのに、その場所からすべてがスタートするのに、その場所の悪口を言っていたら、何もかもうまくいかなくなるのは当たり前です。 住ん [続きを読む]