田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • 幸せな日々を迎え、続けていくために必要な二つのこと
  • 一つは、これからすること、体験することに対して気持ちのうえで「前祝い(前喜び)」をすることです。つまり、既にワクワク、満ち足りていること。その喜びや満足の波動を出していること。もう一つは、その喜びや楽しさを感じられることを、誰にも遠慮することなく、「行動」に移していくことです。 [続きを読む]
  • 真に楽しい事を続けていくと成果や結果が出来て来る<br />
  • 私たちの心の奥底には「何も成し遂げない自分が楽しんだり喜んではいけない」という洗脳データが強烈に入力されています。すると、なんらかの成果や結果を形のうえで自分に出さないうちは、楽しんだり喜んではいけないという思いにかられます。しかしこれは逆です。楽しんで喜んで、前祝いの気持ちで、ただ遊び(ワクワク)をエンジョイしていると、勝手に楽しい形が外側にできていくのです。これが本当の「成果」です。これが具現 [続きを読む]
  • 喜びと感謝は人を幸せにする<br />
  • 喜びの感情は人間を健康にする力があります。だから、常に喜び、常に希望に輝き、常に感謝している人は病気にかかるものではありません。 病気にかかるのは、ちょっとしたことで腹を立てたり、不平に思ったり、口惜しがったりしたあとで、その心の現われとして病気になるのです。人は自分の出している波動と同じようなものを引き付けるのです。 腹立ちを「ゆるし」に替え、不平を感謝にかえ、口惜しさや悲しみを、「これがあるので [続きを読む]
  • 本当に悟った人、本当の聖人とは
  • 悟った人、聖人は、ただ自分が自分であることを楽しみ、祝い、遊べています。 他に証明する必要性が全くないからです。 「至福である」とあえてアピールすることもありません。 本当に悟った人、聖人は、頭の後ろに「後光」や「霊光」を欲しがったりもしません。そういったもので 「私は崇高だ」とは表現しません。そんなものは一切必要がありません。 素晴らしい聖人になろうと思っていないからです。 真の聖人は、何でもない存 [続きを読む]
  • あなたは、「あなた」を生きればいい
  • この宇宙では、どういう思考・信念・概念なのかが大切なのではなくて、その考えが「あなた」が気に入るバイブレーションなのかどうかだけなのです。この宇宙では、大勢の集合意識がどうであれ、各自がたった一人でもそう思うなら、自分が望んだ現実を体験し現実化できます。そのように素直に自分が信じたら、自分の宇宙の中でのみ、そういう現象を創って観る(体験する)ことになるのです。 人の数だけ好みがあってよいのですから [続きを読む]
  • 陰徳を積めば必ず陽報があります
  • 人知れず善をなすことは、想像以上の力で運を変えます。 徳(善業)の積み方は、その人の運にも影響を与えますし、子供や孫などの運にも影響します。たとえ本人が世俗的に大成功を収めても、知らずに悪業を積んで いれば、孫が急死する、子供がぐれるなどという不幸は避けられません。もし、このようなことが嫌いなら、徳を積み、運を変えるしかありません。そのために最も有効な方法が陰徳を積むということで、それを続ければ、必 [続きを読む]
  • 諦める人を人も神様も助けません
  • 一生懸命に努力している姿は人の心を打ちます。なんとか手伝ってやろうという気を起こさせます。それを見ていて、その人の素質を見抜き、アドバイスする人が出てくるのです。どこで、どのような人が現われ、どのような道を提示してくれるかわかりません。しかし、あきらめる人を人は助けないのです。 成功している人は皆、人知れぬ努力をしています。その精進が彼らの今日を築いているのです。 近い将来の運命は決まっています。自 [続きを読む]
  • やる決意・・・やると決め実行に移すこと
  • 「できるか」「できないか」ではなく「やるか」「やらないか」の決意しだいで活路は開かれます。 「やるなら決めよ、決めたら迷うな」 です。 決めないから出来ないのです。決めれば必ず能力が生まれてきます。 「出来ないのではない、しようとしない」のです。せっかく決めながら迷いを繰り返し、前に進めないことがあります。こんな愚かな、無駄なことはありません。 人に甘え、手伝ってくれる人があると思うからです。自分のこ [続きを読む]
  • 慈しみの心
  • すべては心から出ています。心があって、考え、話し、行動しています。すべては心のあらわれですから、心が汚れていればすべては汚れたものになります。心がささくれだって荒れていれば、争いが起きます。心が苦しめば、どこにいても苦しい世界です。天国に行けたとしても苦しいでしょう。 逆に、心が安らかであれば、どこにいても安らかな世界になります。優しい慈しみの心があれば、すべては清らかになります。人間関係も円滑に [続きを読む]
  • いつもいかなる時にも、心の平穏を保つ<br />
  • ものごとの重要性は、自分がそれを重要であると信じるかどうかで決まります。 悩みもまたしかり、何事も深刻ではなく、たいして重要でないと思えば、ほんとうに深刻なことも、重要なこともなくなるということです。 自分の心の弱さ、捉え方に応じて、問題も大きく、抗し難いものになってきます。 心が強ければ、また捉え方を変えれば問題もとるに足らないことに思えてきます。 何でも、自分の思い通りにしようと思わないことも大 [続きを読む]
  • 長生きしたいならイライラしない
  • 長生きしたい人は、心の持ち方が大事であると肝に銘じましょう。では、どんな心の持ち方をしたらよいのでしょうか?それは、いつも平常心でいることです。平常心とは、常に平らかな心でいるということです。ヒステリーやかんしゃくをおこさないこと、怒りやイライラにとらわれないこと、悩みや心配事を抱え込まないことです。いつでも静かで平らかな気持ちで暮らしていくことです。 執着から解き放たれることです。すべてのことを [続きを読む]
  • どんなことも、自分を益します・・・宇宙には悪いことはありません
  • どんな悲しみも肉体的な苦痛も、それが何ごともなく解消されると、もう痛みは実感できません。体験した沢山の悲しみや苦しみは、いまになってみると、みな明るい悲しみ、明るい苦しみに変わっています。もう追憶でしかないのです。そうして、むしろそんな悲しみを過ごしたから今がある、とか、あの苦しみのおかげでこんなに得るものがあった、とさえ言えるようになっているのです。 「その時」にはわからないけれど、「後」になる [続きを読む]
  • 感謝すれば、既に満たされていることがわかる
  • 感謝がないと、何をやるにも不満が出ます。 感謝がないと、周囲の不備や不完全さばかりが目に留まり、批判的になり、幸せな感情を味わうことができません。 逆に、感謝をすれば、すでに「満たされているんだ」という面が見えます。 実際には足りないものよりも満たされているもののほうが、はるかに多いという事実に気づきます。 自分が幸せでない、うまくいってないと感じるのは、出来事や環境そのものではなくて、それに対する感 [続きを読む]
  • どんな時にも今既にあるモノ、豊かさに焦点を合わせる
  • あなたの心の中から豊かさ以外のイメージを締め出してください。お金の心配をするたびに、自分が貧しさにフォーカスしていることに気づいてください。その意識の焦点が、次の現実を引き寄せます。 貧しかった時のこと、苦しかった時のこと、社会で起きている凄惨(せいさん)な状況を話題にしないでください。苦しみでなく、豊かさにフォーカスしましょう。 意識は一瞬で変えられます。 豊かさに視点を合わせましょう。 今既にあ [続きを読む]
  • 選んだのは自分です
  • 「こんな目にあう」のは、何か、あるいは誰かのせいだと考えているかぎり、どうすることもできません。 「私の責任だ」と言ったときはじめて、それを変えられます。 自分がしていることを変えるほうが、他者がしていることを変えるよりずっと容易です。なにごとであれ、それを変える第一歩は、選んだのは自分だと認め、受け入れることです。あなたがこれまでの人生で思ったり考えてきたり行動してきたことが今のあなたの人生を創っ [続きを読む]
  • 頑張る姿は必ず誰かに勇気を与え、何かの気づきを与える
  • 「一生懸命」は、それを見ている人々に勇気を与えたり、気づきを与えます。だから、私たちは、どんなにちっぽけなことでもいいので自分がワクワクできることを、ただひたすら一生懸命やっていればいいのです。ワクワクすることは疲れません。一生懸命できます。 「やるべきこと」 「やった方がいいこと」 を無理して一生懸命やるのではなく、ただ自分のワクワクを楽しんでやっていれば、他の人に良い影響を与えることができるの [続きを読む]
  • まず先に、あなたが変わればいい
  • 誰か一人が賢くなったらいいんです。 一人賢い人がそこに出てくるだけで、まわりがよりよく変わってくるものです。あなたが先に、誰よりも先に、仏さまのようになればいいんです。 「あの人が、どうのこうの。世間がどうのこうの」と文句を言ったり、他人を変えようとするのをやめて、まず先にあなた自身を変えればまわりも自然と変わってきます。 [続きを読む]
  • 感謝と共に生きる・・・よき人生を送るために
  • この世の中には、自分にとって良い人もいれば、よくないことをしてくる人や、イヤなことをしてくる人もいます。また、良いものがあれば、よくないものも蔓延していたりします。良い時間もあれば、イヤな時間もあったりします。しかし、本意・不本意に関係なく、すべての人と物と出来事と時間と流れは、なにかしら、たとえほんの少しでも、自分の魂を磨き、成長させているものなのです。そのことに感謝を少しでも感じられるように [続きを読む]
  • 物事の本質を見抜く<br />
  • 物事の本質を見抜くこと、そこだけじ〜っと見つめ、あとのことは気にすることはありません。ところが、世の人はおおかた、物事の本質より、そこから派生した瑣末な、小さなことにこだわり、しまいにはそれに捉われすぎて、振り回され本来の大事なことが見えなくなってしまいます。 人の世の、もろもろのくだらないこと、取るに足りない些事はあまり考えないことです。 「コンマ以下は切り捨て」ということです。そうすればイライラ [続きを読む]
  • どんな状況もはじめから意味を持っているわけではありません
  • すべての状況は、いい意味にも悪い意味にもどちらにも捉えることができます。 自分がその中から、どんな肯定的なことを引き出せるか、という姿勢を持てば、そこから肯定的な結果を生み出すことができます。どんな状況もはじめから意味を持っているわけではありません。すべての状況は本質的には何の意味もないのです。「中立」 「無」なのです。 実際は、自分が与える意味によって、自分のこの肉体レベルでの現実を創っているの [続きを読む]
  • 自分の好きなことだけを追求しよう
  • 世間の価値観に囚われず、また世に言う成功にも執着せず、自分の好きなことだけを追求しましょう。そうすれば、意欲的に積極的に事に向かうエネルギーが枯渇することなく、楽しく生きていけます。 自分の好きなことを追求する人は、結果的に世間が成功と評する事を成すことができるし、意識しなくても新たな成功を積み上げていくこともできます。 自分の嫌なことは無理をしてすることはありません。世間の常識や社会通念にも振り回 [続きを読む]
  • 「過去」と「未来」の棚上げのススメ
  • 将来の不安ばかりを気にしたり、過去の失敗や過ちばかりを引きずったりしていたのでは、決して幸せな人生(老後)は得られません。 将来や過去は、いったん横に置いて、今日をいかにして充実させるかを考え、実行する。また、人生の目標を明らかにして、そちらの方向へ向いて歩み出す。 老いというものは避けることができません。ならば、いかに受け入れるか。どのように考えるか。それが問われます。 老いていく自分を認めながら [続きを読む]
  • 「欲七分」の生き方にシフトする
  • 水をなみなみと注いだグラスを持たされたら、あなたは手ぶらのときのようにスイスイと歩けますか?こぼしてはいけないと思う余り、とても自由に歩くことなどできません。 七分くらい水を注いだところで満足すればいいのに、「もっと入る、もっと入る」と欲張ってコップいっぱいに水を入れるから、たかがコップの水一つに、体と心の自由を奪われてしまうことになるのです。こんなふうに、人生には、「もうちょっと」と欲張ってしま [続きを読む]
  • 宣伝と本当のこと(真理)は違います
  • 多くの人は、カロリー計算をして何でもバランスよく食べれば、健康的な食生活だと思っています。カルシウムは乳製品から、タンパク質は肉や魚から、小魚は骨を作る、果物は太るもの・・・ そう固く信じ込んでいます。これらの間違った栄養学の考え方が、日本ではまるで宗教のようにいまだに信仰されているのは、この国が世界の栄養学の巨大な潮流に疎いという事実に加えて、様々な食品業界が国民の健康管理を行うはずの厚生労働省 [続きを読む]
  • 何でも直ぐに信じないこと・・・名医は少ないもの
  • 現代医学が信奉する栄養学による食事療法は、生活習慣病の蔓延に貢献してきました。これは信じられないことですが、現実にそうなっています。 病院で出される食事は、うどん、ジャムパン、マーガリン、スキムミルク、ベーコンなどの粗悪な加工食品と加工の過程でタンパク質や食物繊維が破壊された豆腐、こんにゃくなどの自然食品と称す加工食品、鶏肉の炒め物や魚の塩焼きなどの血圧を上げる料理がほとんどです。 「糖尿病のための [続きを読む]