きよと さん プロフィール

  •  
きよとさん: 前縦隔腫瘍を退治する!
ハンドル名きよと さん
ブログタイトル前縦隔腫瘍を退治する!
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/kbee-kiyo/
サイト紹介文2015年7月、前縦隔に腫瘍が見つかりました。 自分の気持ちや病気の事を書き綴っていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/07/11 21:09

きよと さんのブログ記事

  • 大腸 内視鏡検査 結果
  • 結局、4日の日は朝から下剤を飲み始めて、検査を受けたのは13時頃。麻酔無しで内視鏡検査をする方針の病院なので、ものすごく緊張しました。時間にして30〜40分程度の検査。果てしなく長く感じました。たまにお腹の中が動いてどーんと痛かったり、そろそろ終わりなんじゃないか?と思ったら、実はまだ半分も到達してなかったり。とても、カメラの画面を見てられる余裕は無かったです??検査後、その場で結果を先生から聞きました [続きを読む]
  • 大腸 内視鏡検査 リベンジ!
  • 先週の発熱で延期されてた内視鏡検査。本日リベンジです。前日の下剤は先週飲んでしまってたので、コーラックを買ってきて代用(病院も承諾)。やはり病院でもらってきた下剤とは違って効果はいまいち?全部出た感じは無いですが、今から、腸管洗浄剤モビプレップ2リットルを飲み始めます! [続きを読む]
  • 検査前日の夜から
  • 子供の風邪をもらったらしく、発熱・・・38.5℃。胸腺嚢胞の手術の時も前日熱出たなー。なんだ、この子供みたいな身体は??とりあえず、指示通りに下剤を飲んでいますが、8時半から、腸管洗浄の下剤を大量に飲む必要があります。病院の電話対応も8時半から始まるので、一度問い合わせてみよう。やれるなら、やっちゃいたい! [続きを読む]
  • 検査前日
  • 明日が内視鏡検査当日となります。今日は朝から飲み物は水のみ、食べ物は、食パン、塩むすび、カロリーメイトしか口にしてません。今夜からは下剤、下剤、下剤で、明日の午前中にはお腹の中は空っぽになるでしょう。何も見つからないといいなぁと思いますが、もし、なにかあるなら、早めの段階で見つかってくれますように! [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • ずいぶんと月日が過ぎました。半年検診も無事に終了し、寛解の日々を忙しく過ごしています。この家族と過ごす、当たり前と思ってた日常がどれだけ幸せな事なのか、少しだけかもしれませんが気付く事ができたことが、この病気を経験しての一番ありがたかったことです。多くの方が今も闘われています。熊本の地震でも苦しんでる人がたくさんいます。自分の幸せはいつ崩されてしまうか分からない、儚いものなのかもしれません。それ [続きを読む]
  • 前縦隔腫瘍を退治した!
  • 本日は朝から病院へ。抜糸と病理検査の結果を聞くために。込み合ってたため、30分ほど、予約時間から遅れましたが、診察していただきました。まずは、抜糸。初めて傷口をマジマジと見ました。メインの大きな傷にはしっかり3針縫われておりました。他の小さな傷は溶ける糸で縫われてるとの事で抜糸はありませんでした。鈍い痛みを感じつつ、糸を抜いていただき、無事に抜糸は終わりました。そして、緊張の病理検査の結果を聞きまし [続きを読む]
  • 復帰まであと5日
  • 仕事復帰まであと5日。手術から2週間経過しました。手術後の経過は順調です。最近気付きましたが、手術を行った左胸全体が、痺れたような感じになってます。手術前の説明で教えて頂いてたので、驚きはしませんでしたが、違和感ではあります。でも、日常生活に問題はありません。あと、ここ数日、摘出した胸腺左葉があった辺りがズキズキしてます。痛み止を飲んでいないからかもしれません。体が治ろうと頑張ってくれてるのかな? [続きを読む]
  • 術後1週間
  • 早いもので、手術を受けてから1週間が過ぎました。傷は、病院で透明なフィルムの様なもので覆って頂いてますので、直接見ることは出来ません。手術では、1cm位の穴を3箇所、2cm程度の切創傷が1つ。左の脇腹に手術のあとがしっかりあります。1週間を過ぎて、体の中から感じる痛みはだいぶ無くなりました。たまに出るくしゃみが大敵ですが、怖いのはそれくらいです。普通に生活できています。まだ重いものは持ってはいませんが、そ [続きを読む]
  • 術後の病院での生活
  • ICUから出れた時には、ドレーンの管も、呼吸の酸素管も、おしっこ用バルーンの管も点滴類も全て取れていたため、病室での生活は、体力回復と日常生活の再生訓練となりました。先生から言われたのは、積極的に歩くこと、無理はしないこと、痛みはすぐに看護師さんに言うこと、でした。基本的には、痛みは1日3回の飲み薬で対応、間で強い痛みが出た場合は、座薬で対応が予定されていました。結局は座薬は使わず飲み薬のみでいけま [続きを読む]
  • 手術〜ICU? (回想完)
  • ICUでは2時間毎に、体温、血圧測定、聴診器での体調確認がされます。それは夜中も継続して行われます。手術前日の夜、高熱と格闘してほとんど眠っていなかったこと、ICUでもなるべく昼は眠らず体を動かすことに努めたこともあり、この日の夜は割とぐっすり眠れました。これは酸素吸入の影響もあるかも。ほんと呼吸が楽で、時々検診で起こされつつも、朝まで割と眠れたと思います。看護師さんも、ここで熟睡できる人は珍しいとおっ [続きを読む]
  • 手術〜ICU? (回想)
  • 手術の際、胸腔鏡を通すスペースを作るため、左の肺はつぶれた状態にされていました。なので、術後は肺の機能が著しく下がっています。水を飲む際に、酸素マスクが口から鼻導入に変更されました。肺が機能不完全なので、酸素マスクがあると呼吸がとても楽になります。また、水を飲む時に、痛み止めの飲み薬も処方され飲みました。 看護師さんから、肺の機能を回復させるために、深呼吸を心掛けてと、お話がありました。息を吸って [続きを読む]
  • 手術〜ICU? (回想)
  • 記憶がはっきりしてきたのはICUに入ってからでした。その時には事前に言われていた呼吸確保の管も抜かれていて、手術開始時に着けた酸素マスクになっていました。回りには大きな機械や、大きな心電図モニター、何人もの看護師さんがいったりきたり、両手に点滴、身体を確認する余裕はその時はありませんでした。ここがICUなんだなとは理解しました。だんだん意識ははっきりしてきます。麻酔はまだ効いているのか、あまり痛みはあ [続きを読む]
  • 手術〜ICU? (回想)
  • 断片的な記憶。回る天井。名前を呼ばれる。明るい光。ぼやけた世界。知らない人達。手を握れ。気持ち悪い。今、何時なんだろ。口がカラカラ。でもなんていうか、そんな曖昧な意識のなかでも、嬉しかったんだ。 [続きを読む]
  • 手術〜ICU? (回想)
  • とても大きな手術室の自動ドア。付き添いの看護師さんが扉を開けてくれて中に入ります。すると中に受付中の他の患者さんたちの列が。キョロキョロ雰囲気に飲まれていると、「手術室担当の看護師の○○です。よろしくお願いします。」と、挨拶されました。こちらも頭を下げて挨拶すると、看護師「お名前と本日どこを手術するのか聞かせてください」私「○○です。胸のまん中辺りを手術します。」と、答えました。他の人と間違えな [続きを読む]
  • 手術〜ICU? (回想)
  • 前日に39℃の高熱が出て、夜中は睡眠薬をもらって飲んでたにも関わらず、あまり眠れず、氷枕を2時間毎に交換してもらいながら、解熱に挑んでました。その甲斐あってか、朝方に熱は37℃台に。半ば手術延期を覚悟してましたが、先生の回診の時間(8時頃)には平熱まで解熱!なんかもうリラックスして手術を待つって状態とは程遠い悪戦苦闘の夜を乗り越えて、なんとか手術当日となりました。先生の回診でも手術OKとなり、次は手術の準 [続きを読む]
  • 帰還しました!
  • ただいま、ICUから出てきました。驚くことに、全ての管は昼には抜かれました!とりいそぎ、報告です。あらためて、お礼とともに報告させていただきますね!多くの応援、ありがとうございました! [続きを読む]
  • 緊急事態
  • 入院してからの発熱、夕方に39℃を突発。これは本格的にリンゴ病なのやもしれん。。。明日の手術、延期になるかもしれません。なんちゅうネタ作りのうまい身体なんだか。。。ううう。 [続きを読む]
  • 入院初日!
  • 無事に朝10時に入院いたしました。そして背もたれが自由に可変できるパラマウントベッドを堪能しています。午前中に、嫁さんも交えて呼吸器外科の先生に手術内容のお話を聞かせてもらいました。私は一度聞かせてもらえた内容でしたが、嫁さんは初めてMRIの結果等を見たので、興味深く見てくれてました。ただし、そこで全て順調!といかないのが私の身体。入院と同時にやった検温でなぜか37.6℃。あー、なんか朝から熱っぽいって思 [続きを読む]