ポリー さん プロフィール

  •  
ポリーさん: 冷えても夫婦は継続中
ハンドル名ポリー さん
ブログタイトル冷えても夫婦は継続中
ブログURLhttp://lonely-polly.blogspot.co.uk/
サイト紹介文英国在住。穏やかな生活が送れると思いきや、イギリス人夫の浮気発覚や予期せぬ義両親との同居に悩む日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/07/12 07:44

ポリー さんのブログ記事

  • 空き巣の犯人。
  • 先週休日に出勤したので、今日は振り替えで休みをもらった。義父と義姉は仕事、義母は友人と会っているので、私は家に一人だ。のんびり過ごしたいところだが、いつも通りに起き、家族の食事の支度をし、普段の家事をした。今から3時間半前頃だろうか。インターホンが鳴った。既に活動を始めているとはいえ、早朝のインターホンにはびっくりした。これが日本であれば、疑いもなく宅急便が来たのかな?くらいに思うが、この国ではそ [続きを読む]
  • 義母の勘違い。
  • 私と通っている場所とは違うが、義母もスポーツジムに通っている。義母は自身の体型にはとても気を遣っており、スポーツジムやダンス教室、フェイシャルエステなどに、結構マメに通っている。今日義母は、早朝からスポーツジムに行った。普段は朝の10時頃に義母はジムに行くのだが、早朝に行われているスタジオトレーニングに参加したいとのことだった。私が仕事に行くついでにジムの前で降ろしてくれと言われたので、その通りにジ [続きを読む]
  • 呼び出し。
  • 昨日の終業間際に、独立を決意している上司と対立している上司に、私は呼び出された。話はもちろん、「ここは辞めて、あいつについて行くのか」ということだ。未だ気持ちを固めていない私は、曖昧に返事を濁したが、その上司は今私の決断を聞きたいようだった。その上司には、「ここに残れ」と言われた。私は一体どうすればいいのか。直属の上司にはとてもお世話になったし、また一緒に仕事をしたいと思う。けれど今の会社にも同じ [続きを読む]
  • スカイプ。
  • 日本に滞在している夫が、突然「スカイプしよう」と言いだしたのが、この間の日曜日。体調が悪くて寝込んでいたので、あまり気が乗らなかったが、夫が私に連絡をくれること自体、珍しいことだった。日本が深夜、こちらが夕方の時間帯で、夫とスカイプをした。スカイプ中の夫は、上機嫌だった。今までほとんど口にしたことがないのに、夫は日本をべた褒めしていた。いかに日本が素晴らしいか、日本に住みたい、日本の食べ物は美味し [続きを読む]
  • 職場で疎外感。
  • 一部の同僚達から、冷たい対応をされていると感じている。最初はただの私の勘違いだと思っていた。しかし今朝、数名の同僚に呼び出され、「ここを辞めて、あの上司と仕事するの?」言われた。その中には、直属の上司と対立している上司もいた。もしかしたら日本では、こういうことがあってもおかしくないのかもしれない。けれどイギリスでは、日本よりも結構人間関係はドライだし、辞めようが辞めまいが個人の自由という感じで、あ [続きを読む]
  • 冷たい同僚。
  • 先日、独立を考えている直属の上司から、「一緒に仕事をしないか」と誘われた。あれ以来、直属の上司からは特に何も言われておらず、私が返事を考えあぐねているという状況である。もうすぐ答えを出さなければ、ならない。今朝職場につき、手紙や書類を確認した後、私はコーヒーを淹れた。自分のデスクでコーヒーを飲んでいると、同僚の女性Cに、「うちの会社を辞めて、あの上司と一緒に働くの?」と聞かれた。返答に困っていると [続きを読む]
  • 病院へ行く。
  • 体の痺れやリンパの痛みがひどいので、昨日病院に行った。本当は午前中だけ半休をとるつもりだったが、病院のことを上司に告げると「今日は休みなさい」と言われた。うちの職場は、何故こんなに休みに寛容なのだろう。皆、気軽に休みすぎなのではと思う。診察は、数分で終わった。待ち時間は40分、診察は5分程度だったと思う。もしかしたら、もっと短かったかもしれない。最初に血圧などをチェック、それから問診。症状を説明した [続きを読む]
  • 体調がおかしい。
  • 昨夜も手足の痺れで起きた。痺れて起きてしまったので、お水を飲みにキッチンに行った。もしかして、体の水分が足りてないから痺れるのではと思い、気休めだが水分をたくさんとった。しかしお水を飲んでいる時、あごの下が妙に痛かった。あごの下、おそらくリンパの痛みだと思う。元々リンパ腺がズキズキと痛むことが多々あったが、ここ最近日本に帰国していた間は痛まなかったので、すっかり忘れていた。体の痺れ、リンパの痛み、 [続きを読む]
  • 体の不調。
  • この頃、体の痺れが止まらない。手が痺れ、指が痺れ、足が痺れる。夜中に足の痺れで目が覚めることも、珍しくはない。一体原因がなんなのかはわからないが、悪い病気ではなく、ただの勘違いだと思いたい。とはいえ、夜に襲ってくる謎の痺れで苦い思いをしている今、勘違いで済ませられるものではない気がする。たまに動機もある。呼吸が急に苦しくなったと思えば、心臓の動きが通常よりも早くなるのだ。そういう時は痺れはないが、 [続きを読む]
  • 餃子で機嫌が良くなるなら…。
  • 昨日もブログに書いたが、今義母は、餃子作りにハマっている。餃子を包むのが相当楽しいようだ。私もそうだが、皆餃子が好きとはいえ、一昨日も餃子、昨日も餃子、今日も餃子、明日も餃子、明々後日も餃子…というのは、なかなかヘビーだ。イギリスのチャイニーズレストランで食べる餃子は、大体、ニンニクがあまり入っていないのか、すごくあっさりしている。焼きではなく水餃子が一般的の本来の中国の餃子は、味付けが濃くなく、 [続きを読む]
  • 餃子。
  • 義母以外の家族、夫や義姉や義父は、結構アジア料理が好きである。義母はそうではないが、他の家族は、週に一回は何かしらアジア料理を食べたがるので、私が彼らのために作るか、またはテイクアウトしたり、デリバリーを頼むことがある。 中でも皆、餃子が好きだ。餃子は義母も好きらしく、結構頻繁に「ダンプリング(餃子)が食べたい」と言う。一度に200個程作るのだが、足りない。成長期の子供がいるわけでもない、大人5人で200 [続きを読む]
  • 尽きない悩み。
  • 独立を決意した直属の上司から、「一緒に仕事をしよう」と言われた。直属の上司と一緒に仕事をするということは、私は今の職場を退職するということである。直属の上司と仕事をしたい反面、複雑だ。今の職場には、とてつもなくお世話になっている。大した英語も話せない外国人の私を雇ってくれたことは本当に感謝しているし、皆親切で優しい。同僚たちや上司との仲も良好で、こんなに楽しい職場に出会ったのは初めてだ。日本では仕 [続きを読む]
  • 独立話。
  • 先ほど一仕事が終わったので、ラウンジでコーヒーを飲んでいた。休憩中の私は、突然直属の上司に呼び出された。仕事のミスでもあったのかとドキドキしたが、そうではなかった。上司はとても深刻な顔をしていたので、何事かと思った。あまり普段利用されない会議室に呼び出された。直属の上司は会議室に鍵を閉めた。どうやら上司は、私たち二人が今ここにいることを、周囲の人間に知られたくないようだった。少し間を置いて、直属の [続きを読む]
  • ご近所迷惑。
  • 日曜の夜は、義姉と義母の口論の所為で、ほとんど眠れなかった。昨夜義姉と義母は、映画を観ながらお酒を飲んでいたのだが、何かの拍子で口論になってしまった。私が覚えている限りでは、映画を観ながら義母が義姉に、「あなたもこうだったらよかったのに…」とボソッと言ったことが始まりだったと思う。そこから色々な話に飛び火して、口論が勃発したのだ。義母と義姉の口論は、とてつもなく凄まじい。まあ私も実母と口論になる時 [続きを読む]
  • 延長延長延長。
  • 今朝夫から連絡があったのだが、メッセージを見た瞬間、私は思わず呆れてしまった。今現在日本に滞在している夫。私と一緒に日本に行ったのだが、仕事を理由に滞在を延長。当初予定していた復路の飛行機を変更してまで、日本滞在を延ばした。その夫が、また更に日本滞在を延長するという。8月末まで日本に滞在するというのだ。台湾で仕事があるとかで、数日は台湾に移動するらしいのだが、それ以外は全て日本。メッセージを全て読 [続きを読む]
  • 病の疑い。
  • 当初の予定通り、私はイギリスに戻っていつもの日常を過ごしているというのに、夫は復路の飛行機の時間を変更して、イギリスに帰らなかった。今だに日本を満喫している夫が、とてつもなく恨めしく、憎らしい。仕事を理由にいつまでも日本滞在を延長している夫に、文句を言いたいが、夫は私からの連絡を全て無視しているので、連絡が一方通行だ。ところで今朝、私は仕事前に義母を歯医者に送った。一昨日から歯が痛む義母に言われ、 [続きを読む]
  • 手紙の送り主。
  • この時期に夏休暇を取った人が多いからか、職場にはほとんど人がいない。今職場にいるのは、私と私の直属の上司、そして別の部署に数人いるだけだ。私の直属の上司は仕事が好きなのか、ほとんど休暇を取らない。イギリス人にしては、珍しいのではないかと思う。ところで、昨日夫のオフィスで見つけた手紙。送り主について、つい検索したところ、その彼女の情報が簡単に出てきた。SNSによると、彼女は既婚者でお子さんが二人いるよ [続きを読む]
  • クレジットカード。
  • イギリスの銀行のクレジットカードの期限が、今月末で切れる。 いつ新しいカードが届くのか待っていたのだが、なかなか届かなかった。このままでは今月末までに届かないのではと思っていたところ、夫の会社に夫と私の新しいカードが届いていることがわかった。そういえば、一度夫の職場に郵便物を送ってもらいたかったため、銀行に届けてでいた住所を、自宅から夫の職場の住所に変更し直していたことを思い出した。早速取りに行き [続きを読む]
  • いつもの日常。
  • イギリスに戻ってきてしまった。今日は家の雑務に追われているため、止むを得ず仕事を休んだが、明日から本格的に日常が始まる。日本時間の深夜に出発して、イギリス時間の金曜日のお昼にイギリスに到着した。土日は旅の疲れなどを取るため、ジムのジャグジーやサウナを利用したが、何故か余計にどっと疲れた。帰宅早々、私は義母から空き巣について、一部始終を聞いた。義母の話は若干大げさで、少し盛っているところがあると義姉 [続きを読む]
  • またイギリスへ。
  • 今日の深夜、私はイギリスに戻る。深夜発のイギリス行きの飛行機に乗る予定だ。戻りたくない気持ちが強くて、未だ荷造りが捗らない。日本にも良いところもあれば悪いところもあるし、もちろんイギリスにも良し悪しがある。イギリスの良いところもたくさん知っているが、それでも何年住んでもイギリスは好きになれない。いつかもっと長く住めば、イギリスに馴染んだと思えるのだろうか。父と母は、夫に会うことを諦めたのか、何も夫 [続きを読む]
  • 粉瘤除去。
  • デリケートゾーンと左肩に、粉瘤がある。当初デリケートゾーンの粉瘤には、痛みや腫れがあったが、今は治まった。左肩は痛くはないが、日に日に大きくなっている。石ころくらいの大きさになってしまったので、一度絞って潰したところ、大量の脂肪が飛び出て、至る所に飛び散ってしまった。左肩の粉瘤は、絞り切れるところまで絞って潰したが、根本的な芯は残っているので、またいつ大きくなるかわからない。せっかく日本にいるのだ [続きを読む]
  • 親戚。
  • 今日は、あまりいい日ではなかった。母方の伯母が日中我が家にやってきたのだが、伯母が帰るという頃に、伯母の娘、つまり私の従姉妹も我が家にやってきた。従姉妹は一児の母で、当然その子供も従姉妹に連れられて我が家に来た。私は子供が好きではないが、別に嫌悪感を露骨に示す程嫌いでもない。要は、好きでも嫌いでもないのだ。どうでもいいという感情である。だから従姉妹に「抱っこしてあげて」と言われるのが、すごく苦痛だ [続きを読む]
  • 昔から自分勝手なところはわかっていたけれど。
  • 今週の金曜日に、イギリスに戻る。結局この滞在中、夫は関西を中心に滞在しているため、関西にいない私は夫に会う機会がなかった。しかも今日夫から、「飛行機を変更しようと思う。羽田には行かず、関西からイギリスに帰る」と連絡が来たのだ。つまり私は、夫とは一度も会う事なく、イギリスに戻る事になる。父と母は出立の時に、空港で夫に会えると思っている。当初私も出発時に、夫に両親に会ってもらおうと思っていたが、このま [続きを読む]
  • 人間ドッグ。
  • 今日は、人間ドッグに行ってきた。イギリスではほとんど病院に行く機会がないし、日本のように気軽に行けないので、この帰国時に自身の体調をチェックしようと思ったのだ。費用はそれなりにかかったが、必要だし、異常がないとわかれば安いものである。私がお世話になったクリニックでは、人間ドッグが全て終了後に、デパートの飲食店の割引券が貰える。当初はこの割引券で、昼食を食べようと思っていた。 しかし終了後、バリウム [続きを読む]
  • 両親の本音。
  • 本当はダメなことなのかもしれないが、私は海外転出届けを提出していない。日本に住民票を残したまま、海外で生活している。年金や各種料金の支払いなどは、請求が来るたびきちんと支払っているので、問題はないと思う。が、本当にこのままでいいのかなと思う時もある。当初、イギリスに引っ越す時に、海外転出届けを提出しようと思っていた。しかし両親に、「日本に住民票があっても、いいじゃない。帰る場所は残しておきましょう [続きを読む]