ポリー さん プロフィール

  •  
ポリーさん: 冷えても夫婦は継続中
ハンドル名ポリー さん
ブログタイトル冷えても夫婦は継続中
ブログURLhttp://lonely-polly.blogspot.co.uk/
サイト紹介文英国在住。穏やかな生活が送れると思いきや、イギリス人夫の浮気発覚や予期せぬ義両親との同居に悩む日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/07/12 07:44

ポリー さんのブログ記事

  • 家の中も安心できない。
  • 義母に勝手にお財布を中身を抜き取れた私は、義母の反省するどころか逆ギレしてきた態度にかなり腹が立った。これは無視できないと思った私は、夫に全てを話した。夫に話したところで現状が変わるとは思えなかったが、それでも少しは何かが変わるのではないかと考えていた。けれどもやっぱり、私の考えは甘かった。夫に「借りただけって言ったんだろ。返してもらえるんだからいいじゃん」と言われて、この話は終わってしまった。本 [続きを読む]
  • お金を持っていく義母。
  • ここ数日、お財布の中から現金が消えている気がしていた。最初は、自分の勘違いだろうと思っていた。しかし先日100ポンド下ろしたお金が、何故か50ポンドになっていた。もちろん、使っていない。全然心当たりがないので、ずっと不安だった。当初はあまり疑いたくはないが、もしかしたら職場の人が…と心配になっていた。何も証拠も確証もないのに疑心暗鬼になるのは嫌だったが、他に思いつかなかった。通っているスポーツジムの可 [続きを読む]
  • 最強の二人。
  • 最近忙しくて買い物に行けなかったので、ネットスーパーを利用して宅配に頼ることにした。その注文した品物が昨日届いたのだが、注文した物と違う物が来て、結構びっくりした。義母と夫は、激怒していた。例えばAというメーカーの瓶ビールを購入したのだが、Aの銘柄がないため、Bの銘柄の缶ビールになっていた。またレタスの代わりにキャベツ、ピーマンの代わりにパプリカ、玉ネギの代わりに紫玉ネギ…今回はこういうことがたくさ [続きを読む]
  • 母の日のプレゼント。
  • 昨夜、来月母の日に実母に贈るプレゼントを探していた。毎年毎年贈っているので、そろそろ案が尽きてきた。イギリスの母の日は、先月末だった。義母には、フェイシャルエステのチケットと、リッチなレストランでのディナーをプレゼントした。かなり値が張るプレゼントだった。別に義母に高価なプレゼントを要求されたわけではないが、何をプレゼントしてもあれこれ文句をつけてくる義母のことだ。安価なプレゼントをあげた場合、文 [続きを読む]
  • 再開するらしいです。
  • 土曜日、冬のコートや夫のスーツをクリーニングにだすため、ポケットの中身などをチェックしていると、夫のスーツのポケットからとあるレシートを見つけた。どうやらレストランのレシートのようで、日付はついこの間のものだった。早速レストラン名を検索すると、人気のフレンチレストランだった。おそらく2名で利用したらしい。日時と夫の予定を照らし合わせた時、私はああと思った。一時浮気をやめていた夫だが、どうやら再開し [続きを読む]
  • 父親になりたくない。
  • 義母が夫にも、孫の催促をしたらしい。昨夜就寝前に、夫が「下着もらったんだって?」と私に聞いてきた。夫は義母の話を真剣に受け止めていないようで、「そのうち言わなくなる」と、どこか他人事のように言っていた。けれども私が義母にもらった下着は気になるようで、「デザインをみたい」と言ってきた。クローゼットに入っていた紙袋を夫に渡すと、夫は「ポリーには似合わなそう」と笑って言ってきた。失礼だなと感じたが、事実 [続きを読む]
  • 義母の干渉がつらい。
  • 義母からもらった下着は、使用することもなく、タグを取ることもなく、紙袋に入ったままだ。おそらく私には、義母からもらった際どい下着を、着用する機会はないと思う。残念ながら、義母の期待に応えることはできない。色々憂鬱だった。事あるごとに義母には「下着どうだった?」と聞かれるし、「まだ着てません」というと怒られるし、「あなたが頑張ってよ」と言われると腹がたつし…すごく憂鬱だ。頑張るって、一体何を頑張れば [続きを読む]
  • 下着。
  • 義母の「下着買ってあげるから」という言葉を、冗談だと思っていた。けれども冗談ではなく、現実になってしまった。昨日仕事から帰宅すると、食卓テーブルに某下着メーカーの紙袋が置いてあったからだ。その紙袋を見た瞬間、私は寒気がした。私が呆然と紙袋を見ている様子を、義母はニヤニヤしながら見てきた。私は思わず義母に、「これなんですか?」と聞いた。 声が震えていたかもしれない。義母は「奥手なあなたに下着を買って [続きを読む]
  • ついてない1日。
  • 昨日はイースターホリデーで、休日だった。休日だったことを、私はすっかり忘れていた。いつも通り起床して、いつも通り朝食を用意して、いつも通り出勤した。職場には誰もいなかったが、私がいつも一番に出勤するので、休みだということに全然気づかなかった。気づいたのは、カレンダーを見たときだった。出勤時間になっても誰も来ずおかしいなと思っていたところ、ふとカレンダーを見て休みだということに気づいた。もう何やって [続きを読む]
  • いつまで続くか。
  • 義母の提案で、毎週農家から、オーガニックの野菜のセットを購入することになった。野菜セットとは、毎週日替わりで、色々な野菜が入っている盛り合わせセットだ。たくさん野菜が入っているので有り難いが、もちろんこれだけの野菜では足りないので、今まで通り、スーパーでも野菜を買う。私の負担はあまり変わりない。けれどもスーパーでは手に入らないような野菜や、見たこともなかった野菜に出会えるのは、嬉しい。この野菜セッ [続きを読む]
  • 酒乱の義母。
  • 義母は昨日、地元の教会で催されているダンススクールの日だった。午前中に一時間程教会でダンスをした後、そのダンス仲間とランチをしたらしい。その時に義母は何かカチンとくるようなことを言われたらしく、帰宅してからの義母はずっとイライラしていた。何を言われたのかは、知らない。ただ義母はイライラすると、お酒を飲む量が普段よりも更に増えるのだ。昨夜はビールを2パイント、ワインを一本…他にも飲んでいた。飲んでい [続きを読む]
  • ティータイムと悩み。
  • たんこぶの所為なのかはわからないが、ひどい頭痛に悩まされている。たんこぶの痛みにも辟易している上に、頭痛の痛みも加わってしまった。今朝はなんとか起きて出勤したが、全く仕事に集中できない。今はコーヒーを飲みながら、職場のデスクでぼうっとしている。皆がティータイムに参加しているので、気兼ねなくぼうっとできている。私の会社には、1日二回にティータイムがある。まずは出勤後に、即ティータイムが始まる。私は朝 [続きを読む]
  • たんこぶ。
  • 義姉が買ってきたアイスを、食べた食べないで口論した義姉と夫。その激しい口論の時に私は二人を仲裁したのだが、その時に夫に叩かれた場所に、たんこぶのようなものができてしまった。昨夜髪を乾かしている時に、頭にたんこぶのような、腫れものがあることに気づいた。その腫れた部分を手で触ると、痛かった。優しく触っても、ちょっと触れただけで痛む。気づかなかったが、私は相当な力で夫に叩かれたのかもしれない。 腫れ物が [続きを読む]
  • 姉弟喧嘩。
  • 夫は、些細なことですぐに手をあげる。昨日夫と義姉が、冷凍庫にあったアイスについて、口論をした。義姉が言うには、義姉が買ってきたアイスが、冷凍庫にないというのだ。私も義母も義父も、一切そのアイスを知らなかった。けれども夫は、義姉がアイスを買ってきたことは知っており、夕食前にそれを食べたらしい。夫がアイスを食べたことを知った義姉は、激怒だった。たかだがアイスくらいで激怒するのか…と一瞬思ったが、確かに [続きを読む]
  • 人生イージー。
  • 「いいなー、人生イージーそうだね」と、大学時代の友人に言われた。何気ないラインをやり取りしていたのだが、「最近どう?」という問いに「変わったことはないよ」と返信したら、上記の返答が来たのだ。彼女に他意はないのかもしれないが、すごくもやもやしたし、失礼だなと感じた。彼女は商社勤務のキャリアウーマンである。仕事はとても充実しているそうで、ラインの中で、今の仕事内容がいかに大変なのかということを、こと細 [続きを読む]
  • あの可能性。
  • 夫がデリケートゾーンのクリームを使用しているとわかった瞬間、私は「もし夫が、性病だったら?」と咄嗟に思った。私は性病になったことがないし、性病について詳しくないので、なんとも言えない。安直だが、ふとそういう可能性も考えてしまった。一度そう考えてしまうと、何だかその考えが離れず、夫を見ると、ついそういう見方をしてしまった。 「もし性病だったら自業自得だ」とも思うし、「汚らしい」という思いも若干ある。 [続きを読む]
  • 夫が女性を切った理由。
  • 今朝洗濯したタオルをバスルームに持っていくと、戸棚に見覚えのない、歯磨き粉のようなものが置いてあった。夫か義父のものだろうかと思い手に取ると、歯磨き粉ではなく、男性用のデリケートゾーンの薬だった。すぐにネットで調べると、それは市販のデリケートゾーンクリームだった。陰部のかゆみなどに使用するそうだ。別にこの薬があったから何なのだという感じなのだが、私はふと、「もしかしてかゆいから、最近不倫をしなくな [続きを読む]
  • 洗濯をする夫。
  • 昨日の夜、夫に突然、「しばらく自分の洗濯物は自分でやる」と言われた。これまで一度も洗濯をしてこなかった夫が、一体何故なのか。思わず私は「なんで?どうしたの?」と聞いてしまった。 夫は「たまにはやるよ」と言ったが、その言葉からは、これ以上聞くなという姿勢が感じられた。昨日も書いたが、夫は今、不倫している気配がない。加えて、「しばらく自分の洗濯物は自分でやる」と言う夫の言葉。自分から進んで家のことをし [続きを読む]
  • 自分が一番わからない。
  • 以前スポーツジムで私に声をかけてきた、夫の会社の社員でもあり、夫の不倫相手でもある女性は、つい先日退職したらしい。昨夜の夕食の時に、「新しい社員を募集しなければならない」と、夫が義母に話していたことから知った。おそらく、夫と不倫相手は別れたのだと思う。ただ単に私の勘違いかもしれないが、この頃夫の私生活は静かな気がする。「気がする」、だけかもしれない。もしかしたらより上手な遊び方を学び、私に感づかれ [続きを読む]
  • 義母に褒められた日。
  • この土日、とても忙しかった。忙しかったといっても仕事というわけではなく、予定が立て込んでいて、ほとんど家でゆっくりする時間がなかった。土曜日は上司の家でパーティーがあったので、昼間から参加。帰宅は深夜になってしまった。日曜日は近所の方にランチ会に誘われて、私、義母、義姉で参加した。帰宅は22時頃になってしまった。上司の家に行く際、ワインを数本買って持って行っただけなので、手間はなかった。しかし日曜日 [続きを読む]
  • ふられた義父。
  • 一ヶ月程前に、義父から「不倫相手が妊娠したかも」と聞かされた。その時義父は確かめるのが怖かったらしく、不倫相手と話ができなかった。しかしその後、ただ生理が遅れていただけで、妊娠していなかったとのこと。その話を義父が私にしてきた時、義父は本当に嬉しそうに「妊娠していなかった」と言ってきた。その表情を見た瞬間、私は何とも身勝手な男だなと私は思った。私が義父のことを身勝手だと思ったように、義父の不倫相手 [続きを読む]
  • 冷静に話し合いたい。
  • 些細なことで、夫と揉めてしまった。夫は服を脱いだら脱ぎっぱなしで、脱いだ服を床やソファーなどに放置している。私はそれが嫌で、「脱いだ服は部屋に持っていくか、洗濯カゴに入れて欲しい」と以前から何度も言っていた。夫はその都度「わかった」と言っているが、口だけ。翌日になれば、元と同じ、脱いだ服は脱ぎっぱなしである。昨日もそうだったので、私はいつもより強めに「お願いだから、脱いだ服は放置しないで」と言った [続きを読む]
  • 私の夜の習慣。
  • 義母が優しかったのは、先週までだった。先週私はお手洗いで倒れたのだが、その件で義母は優しくなり、私を労わる言葉をくれたり、家事などを一切引き受けてくれた。しかしそれは、先週限定だったようだ。今週の義母は、いつものように、口うるさい義母だった。夫もそうだ。ちょっと優しかったと思えば、一昨日お酒に酔った夫に、「本当は心配されたくてわざと倒れたんじゃないのか」と鼻で笑われた。この頃夫は、前以上に、お酒に [続きを読む]
  • 恋をしたい願望。
  • 昨日のお昼、同僚とランチに出かけた。普段はデスクで、自分で作ったお弁当やおにぎりを食べている。しかし昨日は前々から、職場の近くに新しくできたハンバーガー屋さんに行こうと、同僚と約束していたのだ。私はそこまでハンバーガーが好きではないのだが、たまにものすごく食べたくなる。昨日はお腹が空いていたこともあり、チキンのバーガーとポテトとサラダ、それにオレオ味のシェイクも頼んでしまった。食事中同僚に、「デー [続きを読む]
  • 機嫌が悪い夫。
  • 昨日夫は、1日中機嫌が悪かった。機嫌が良くない原因が、一体何なのかはわからなかったが、ちょっとしたことで怒られそうだなと感じた。夫はずっと、ムスっとしながらパソコンの前に座っていた。夫の近くにいるべきではないなと感じた私は、昨日1日スポーツジムで過ごした。私が通っているジムだけかもしれないが、何故か金土日は人が少ない。日本だと、休日の方がジムが混雑している気がするが、どうしてか週末に近づけば近づくほ [続きを読む]