ポリー さん プロフィール

  •  
ポリーさん: 冷えても夫婦は継続中
ハンドル名ポリー さん
ブログタイトル冷えても夫婦は継続中
ブログURLhttp://lonely-polly.blogspot.co.uk/
サイト紹介文英国在住。穏やかな生活が送れると思いきや、イギリス人夫の浮気発覚や予期せぬ義両親との同居に悩む日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/07/12 07:44

ポリー さんのブログ記事

  • SNSで知る夫の1日。
  • 夫のフェイスブックを見ると、日本で楽しんでいる写真が沢山投稿されていた。昨日は大阪でたこ焼きを食べたらしく、何種類かのたこ焼きの写真があった。「いつも食べているたこ焼きより、ずっと美味しい」と書いてあった。いつも食べているたこ焼きとは…私が作ったたこ焼きのことだ。家庭のたこ焼きとプロのたこ焼きが、同じな訳ない。だから別にいいのだが、それをわざわざSNSに書くこともないのでは…と思ってしまった。少し悲 [続きを読む]
  • 夫は大阪。
  • 夫は仕事の関係で、早朝に大阪に移動したらしい。起床して携帯を見て、私ははじめて、夫が関西に行っていることがわかった。私と夫は、夫婦なのにお互いの予定も把握していないのだ。それは私がいくら夫に聞いても、「細かく聞かれるのが嫌だ」と言われるからである。夫は私に、予め予定を教えてくれない。とはいえ、大阪に移動したという連絡が来たのだから、それで良しと思わなければならない。今日は母に料理を教えて貰った後、 [続きを読む]
  • 念願の風俗店。
  • 夫から、「今日の夜は、新宿にいると思う」と連絡が来た。日本にいる仕事仲間に連れられて、新宿で飲むそうだ。そのメールを見たとき、最初は特に何も思わなかった。けれどもふと、「イギリスから日本に来た夫にしてみたら、新宿は刺激的な街だろうな」と思った。数年前、まだ夫と結婚しておらず交際していた時、私と夫は新宿で食事をした。その時に夫は、「新宿は最高。楽しい」と言っていた。 当時私はバカだったので、「きっと [続きを読む]
  • 搭乗前のトラブル。
  • 日本に無事着いた。すごく、暑い。けれど到着直後に空港で食べたうどんは、何故だかすごく美味しかったので、嬉しかった。その後行きつけの焼き鳥屋さんに行ったのだが、こちらも相変わらず美味しくて、食べ過ぎてしまった。実は搭乗前に色々トラブルがあったので、正直日本に帰れないと思っていた。夫がケアレスミスをしてしまい、チケット購入の際、姓と名前を逆にしてしまったのだ。搭乗する前々日に、私はそれに気づいた。夫に [続きを読む]
  • 明日から日本。
  • 明日、日本に向けて出発する。今日は1日仕事を休んで、荷物をスーツケースに入れたり、足りないお土産を購入したり、日本で買うものリストを作成したり…色々忙しい。けれども楽しい忙しさなので、全く苦ではない。夫に再度「私の両親には会わないのか?」と聞くと、「今の所その予定はない。時間が空けばいいけど」と言われた。夫を強制してまで両親に会って欲しいとは思わないけれど、普通は会うものなのではないだろうか。夫に [続きを読む]
  • ダンスサークル。
  • 早速私は、仕事帰りに習い事をすることにした。以前から通っているスポーツジムに、もっとやる気を出して毎日行くということも考えたが、それだけだとつまらない気がする。何か負担にならずに自分にでもできることはないか…と考えた時に、同僚が行っているという、ダンスサークルに行ってみようと思った。同僚にダンスサークルの話をすると、先週の金曜日、早速仕事帰りに連れて行ってくれた。私のようにメンバーでもない者が、い [続きを読む]
  • 息が詰まると言われても。
  • 昨日義母に、「あなたが家にいると、息が詰まる。どうにかならないかしら」と面と向かって言われた。それは、お互い様だ。義母に言われた言葉がきっかけ…というわけではないが、少し家から離れてみようと考えている。離れるといっても、別居するとかそういうことではなく、なるべく予定を作って、家にいる時間を少なくしようと思うのだ。そうすることで、少しでも義母や夫との衝突を避けたい。 もちろん、私のやるべきことは絶対 [続きを読む]
  • 怒られてばかり。
  • 私が義叔母の家に行った事で、義母の機嫌がすごく悪くなってしまった。最近義母は、連日フェイシャルエステやタイマッサージに通い、「肌の調子がいい」と機嫌がよかったのだが、私が一気に義母の感情を急降下させてしまった。別に何も悪い事をしたわけではないのに、私は今、とても居心地悪い。今朝もずっと怒っていて、「どうせあっちの家の方がいいんでしょ」と何度も言われた。それは…事実である。義叔父と義叔母は私にすごく [続きを読む]
  • できれば、義叔母が義母ならよかった。
  • 昨日の仕事帰り、私は義叔父夫妻の家に遊びに行った。義叔父一家に会うのは随分久しぶりだった。予定が合わず、ずっと会えていなかったので、私はすごく楽しみにしていた。義叔母は体調を崩していてしばらく元気がなかったのだが、最近は外の出歩く気力も出てきて、充実しているという。夕食とケーキをご馳走になった。義叔母は身体を壊して弱気になったからか、しきりに何度も「ポリーが息子と結婚してくれたら嬉しい」と私に言っ [続きを読む]
  • 些細なことで、悲しくなる。
  • 昨日の夕方、私は夫のカウセリングに付き添った。以前夫は、施設に入院していた。退院後、夫はカウンセリングをずっと続けているが、 その効果があるのかはわからない。ただ効果はなくても、カウセリングを続けていることに、私は若干の安心感がある。夫のこういったヒステリックで暴力的な部分を、私や家族以外の人も知っていると思うと、少しだけ肩の荷が軽い。カウンセリングは、まず夫とカウンセラーの間で行われた。その間私 [続きを読む]
  • 休暇申請とケーキ。
  • 職場に、休暇の申請を出した。日本に帰ると告げると、皆「よかったねー、楽しんできてね!」と言ってくれた。同僚には抹茶味のキットカット、上司にはシートマスクやお菓子をお土産に買ってきてと頼まれた。皆に「日本の写真たくさん撮ってきて」と言われていると、いよいよ日本に帰るんだなと実感してきた。今日は同僚の誕生日だ。普通は誕生日ではない人が、ケーキを買ったりすると思うが、何故か私の職場は、誕生日の人が自分の [続きを読む]
  • 両親に会わないと言う夫。
  • 嬉しいが、日本に帰る話が急遽浮上したので、慌ただしい。荷造りも日本へのお土産も購入しなければならないが、それは何も苦ではなかった。一番の苦は、夫と日本に帰るということだろうか。夫は仕事の関係で、おそらくホテルに滞在すると思うが、もし実家に泊まることになると、色々大変だなと思う。両親に日本に帰ることを伝えると、とても喜んでくれた。もしかしたら夫も実家に泊まるかもしれない、と話すと、実母は「お口に合う [続きを読む]
  • 一時帰国。
  • 急遽、夫が仕事で日本に行く事になった。夫が日本と仕事の取引をしているだなんて驚いたが、これを機に私も日本に帰ろうかなと考えている。来週には、夫は日本に行くことになっているので、私も一緒に帰国しようかと思っているが、急なことなので仕事を休めるかはわからない。けれどもここ最近色々悩んでいたことが、日本帰国話で一気に吹っ飛んだ。我が家では現在、夫が日本に行く話が浮上しているので、夫の別居話は消えた。実は [続きを読む]
  • 粉瘤。
  • ストレスが原因かもしれないが、肩とデリケートゾーンに粉瘤らしきものができてしまった。最初はただのニキビだと思っていたが、少し痛みがあるし、潰れないし、しこりのようになっている。色々調べると、粉瘤ではないかということがわかった。とりあえず応急処置として、日本から持ってきた軟膏を塗っている。けれどもあまり効果は期待できない。せめて粉瘤が小さくなればいいなと思う。夫は私の意見は無視して、本当に賃貸物件を [続きを読む]
  • 別居したいと言われて。
  • 土曜日夫に、「別居したい」と言われた。別居して不倫相手と一緒に暮したいのかと思ったが、特にそうではなく、「別居したほうがお互いのためだと思う」と言われた。お互いのためって…自分のために別居したいくせに、なぜ「お互いのため」と言うのだろうか。すごく腹が立った。こういう時、頭ごなしに反対するのは逆効果なのではないだろうか。かといって、手放しに賛成することもできない。結局私は夫の申し出に、返答できなかっ [続きを読む]
  • 若年性更年期?
  • 夫が浮気したと思われる日の翌日は、私はあまり気分が良くない。頭痛や腹痛で悩むこともあるし、料理を失敗してしまったり、ちょっとしたミスをしてしまう時もある。イライラしたり、無性に情けなくなって、泣きたくなる時もある。若年性更年期障害なのでは…と思うこともある。以前夫が通っていた精神科医が、「ご主人は病気です」と言っていたが、病気なのは私なのではと…悩むこともある。いっそ病気だと診断された方が、ずっと [続きを読む]
  • またか。
  • 昨日仕事帰りに、お米を買いに行くためアジア系のスーパーに行った。車の中でコーヒー片手に、音楽を聴きながら運転していたのだが、赤信号で停車していた時に、ふと横断歩道を渡っている歩行者の中に、見覚えのある顔を見つけた。最初はぼうっとしていたことと、確信を持てなかったこともあって半信半疑だったが、よく見ると夫だった。隣には女性がいた。車が青信号になってしまったので、発進しなければならず、結局夫を見失って [続きを読む]
  • 幻覚?
  • 昨日夫に、「明日のランチにサンドイッチを作って」と頼まれた。具は、卵とツナを希望された。もちろん、野菜は一切抜き。私は夫の要望を了承して、今朝それらを作った。夫はサンドイッチを持って、仕事にでかけた。けれども私が職場に到着した時、夫から怒りの電話がきた。何事かと思えば、「ツナに玉ねぎが入っている、なんで入れた」と怒られた。私はもちろん、玉ねぎを入れていない。夫が野菜抜きでないと食べないことをわかっ [続きを読む]
  • 鼻をほじる人。
  • 職場に、鼻をほじる人がいる。しかも決まって、ほじった手を舐めるのだ。 すごく不快だが、何も言えるわけがない。もしかしたら私だけが不快に思っているだけで、別に他の人は何とも思っていないかもしれない。それに、ここはイギリスだ。普通に公衆の面前でおならをする人もいるのだ、もしかしたら鼻をほじるくらい、特に気にとめることではないかもしれない。だから私は、その人が鼻をほじっているのを、見て見ぬ振りをするしか [続きを読む]
  • 取り残されている気がする。
  • 土日は特に何も予定がなく、スポーツジムと料理をすること以外、何もなかった。何もないくらいの方が、いいのかもしれない。けれど単調すぎて、少し辟易する時もある。義母や夫に怒られるよりはずっとマシだが、何か用事が欲しいなと思う週末だった。憂鬱になったのは、SNSで友人達の投稿を見たからかもしれない。もういい加減SNSをやめようかと思っているが、それでもやめられないのは何故だろう。別に私は投稿しているわけでなく [続きを読む]
  • SNSでクレーム。
  • 夫がよく食べている、とあるメーカーのポテトチップス。 そのポテトチップスの質が、リニューアルしたからなのか、変わってしまった。以前までは日本のポテトチップスのような質だったのだが、変わってしまった今は、ポテトチップスという感じではなく、日本のさつまいものポテトチップスのような食感になってしまった。さつまいものポテトチップスは好きだが、ポテトチップスの食感が変わってしまったことは、とても残念だった。 [続きを読む]
  • ありもしないことを言われて。
  • 昨日書いた、近所の噂話が好きな中年女性のことだが、やっぱり既に私の噂話を広めていた。しかも私に直接言ってきた内容よりも尾鰭がついており、「不倫相手と堂々と歩いていた。近々離婚して一緒になるらしい」ということになっていた。義母や義姉には事前にこのことを言っていたので、義母たちの耳に噂話が入っても、どうってことなかった。義母はその中年女性に直接、「ポリーは不倫なんてしてませんけど」 を言ってくれたそう [続きを読む]
  • 噂話が好きな人。
  • 昨日の仕事帰り、少し大きめのスーパーに行って、買い物をした。最近このスーパーでは、アジア風の食器が売られるようになった。特に麺類系を入れる丼のようなお皿が人気のようで、いつも品薄だった。昨日は入荷したばかりだったらしく、その丼がたくさん陳列してあった。我が家は日本のインスタントラーメンを好きな人が多いので、丼を使用する機会がよくある。私もその丼を購入した。その時に、話しかけられた。振り向くと、近所 [続きを読む]
  • 義父と義母の関係。
  • 長年交際していた不倫相手と別れた義父は、最初そこ憔悴しきっていたものの、今は元気だ。デートアプリでデートの相手を見つけて、 デートをしているという。特定の恋人はいないそうだが、夜な夜な出かけているので、相手に困っていないのだろう。すごいことだ。義母は、義父の事をどう思っているのか知らないが、義父の行動を咎めたりしないので、もう諦めているのだろうか。それとも義母も不倫をしていた過去があるため、お互い [続きを読む]
  • お互い様。
  • 幼い頃から、そばかすに悩まされている。ビタミンCを毎日摂取したり、あらゆるソバカス対策をしてきた。それでも、そばかすは消えない。それどころか、イギリスに住み始めて以降、更に増えている気がする。私はそばかすをコンシーラーで丁寧に隠しているので、そばかすで悩んでいると相談しても、「どこにそばかすがあるの?」と言われる。昔、「そんな綺麗な肌してるくせに、嫌味だ」と言われたこともあった。そんなことはない、 [続きを読む]