いぬかん さん プロフィール

  •  
いぬかんさん: いぬかんサイト
ハンドル名いぬかん さん
ブログタイトルいぬかんサイト
ブログURLhttp://inukma.blog.fc2.com/
サイト紹介文現在創作しているのは妖怪、オカルト?系の創作とエセ推理小説です。
自由文オカルトほか民俗学に夢中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/07/12 09:18

いぬかん さんのブログ記事

  • きんきょー
  • こんにちわ。いぬかんです。ますます暑くなり、熱帯夜になったりと体調管理が必須な季節になりましたね。我が家のクーラーというガラクタはまだ稼働する兆しもありません。Google Playがオススメしてきた新作(?)の『あめのふるほし』を始めました。GPSと雨が必要らしいです。私のスマホはすぐ速度制限にかかってしまうので・・・あまりやってませんけど。雰囲気と音楽がとても好みです。『ひとりぼっち惑星』をやっていたくちなので、 [続きを読む]
  • 自作小説の大まかな話の流れ投稿【エセ推理小説】4
  • ついに殺人事件が!あれが人の死体。 陳腐な表現が似合う、あれだ。“今にも動き出しそう”。 野見山は絨毯の上で眠っているみたいだった。寝息を控えめに立て深い眠りの縁にいる―不謹慎にも彼女の死に様は穏やかに、清楚だ。 生まれて初めて遭遇する死体。さっきまで動いていたのに。 塔婆ユウはまじまじと遺体を観察していた。恐怖を通り越し疑問が湧いてくる。 これは本当に死んでいるのか? まさか、いきなり起き上がり [続きを読む]
  • 自作小説の大まかな話の流れ投稿【エセ推理小説】3
  • 投稿しました。 母親が美味しそうな夜食をこさえてリビングにやって来た。育児放棄気味でギャンブル好きな母が、こうも「親らしい行為」をするなんて。 ―わあありがとう! 友だちがわいわいとテーブルに群がる。当然ユウも母の粋なはからいに喜々とした。 ―ママ、わたし、こんなの夢みたい。嬉しい! ―そうだね。夢みたいだね。 母親はそれしか語らなかった。 ―ねえ、今日は何かいいことがあったの?誕生日?パパが会社 [続きを読む]
  • 自作小説の大まかな話の流れ投稿(エセ推理もの)②
  • 前回に引き続き投稿。「はあ…あの三善ってひと、気が抜けないわね。」「私は全員怖いです…。」「愛も?」 こくりと頷いて馬場は散らかったテーブルを片付ける。「僕には…わ、わざと無知なフリをしているように見えるんです…。彼女、い、い異常ですよ…。」 挙動不審にどもりながらつぶやくと、非から逃れるようにカーテンを締めた。「汚いですよね…。人を端から…。」「ま、反対に人を疑わないのもどうかしてる。三善がカマ [続きを読む]
  • 自作小説の大まかな話の流れ投稿(えせ推理もの)
  • 自作小説。断片的に投稿。 三善が席を外しコマが食器を片付けに来た頃には、大分時がたった気がした。体感なのでもしかすると大して立っていないのかも。「今、何時なのかしら?」 ラジオは煩わしいので消してしまったし...改めて確かめてみると客間に時刻を告げる家具はない。「時計がないんだ。私達時間に左右されたくないから。」 傲慢不遜というか浮世離れした彼らのもっともらしい理由だった。月でも出ていれば多少時間を [続きを読む]
  • お久しぶりです。
  • 久しぶりに絵を投稿。懲りずにSNS(Twitter)を始めました。どこかネットのスレッドで目にした「承認欲求や自己顕示欲で創作をしている人はSNSをすると、とたんに創作しなくなる」という言葉になんだか納得しています。創作意欲減退中です。5月は家庭内が怒涛だったり、色々状況が少し変わったりして妄想にふけれませんでした。でもちょくちょくスマホで絵を進めたり、小説をちょびっとだけ書いたりしてます。自分の唯一の生きがい [続きを読む]
  • 自作小説の大まかな流れ引き続きを投稿しました。
  • カプセルホテルの一室でアラートが鳴った。すやすやと眠っていた麗羅はムリクリ夢から叩き起こされ、不機嫌だ。「んーなにぃ?」携帯を開くと(ガラケーユーザーである)久しぶりに仕事が舞い込んできた―仕事仲間からのメールであった。ただし内容は書いていない。集合時刻と場所が指定されているだけ。もちろんそれはうって変わった出来事じゃあない。枕元にストックしてあった菓子パンの袋を雑に開封し、無理やり胃に流し込む。味 [続きを読む]
  • 自作小説の大まかな話の流れ投稿
  • 「あんまり勧めないよ。ヒトには強すぎる。」妖獣人が片眉を上げ渋りだした。かつて古代で安寧秩序をとりもったシャーマンは幻覚剤によるトランスで神秘を体験した。ライラは内心自分がそのシャーマンの末裔なのだと吐露してしまいたくなったけれど、男は言い訳だと鼻で笑うだろう。「それに最近雲行きが怪しいんだと。なにやら人外がヒトを襲ってるらしい、俺ぁ捕まりたくはない。」「何それ初耳だわ。」「それはそう。あんたらは [続きを読む]
  • 自作小説の大まかなぷろっと
  • 行きは誰もいなかったはずの階段に誰かが座っていた。「おねぇさんたちなにしてんの?」女子校がひとり、ぽつんと階段に座っていた。参考書らしき分厚い本だったものが足元で徹底的に破壊されていた。受験戦争に発狂した優等生だろうか?「サボってんのかあ?悪い子だなあ。悪い子には悪い仕事を任せちゃうよ?」ボーイッシュな女子高生は変なノリにドン引きしたが、なに?と興味を示した。「これを町中に拡散させればいいの?」女 [続きを読む]
  • 自作小説を書けたところまで投稿。
  • 廃れたビルがある。麗羅はこのビルに馴染みがあった。遥か昔妖獣人が教えてくれた夕日の絶景ポイントである。その妖獣人が今何をしているかは謎だけれど、暇になればここに出向き町並みを見つめる。暇つぶしの拠点であった。階段を登り屋上に行くと焼け付いたコンクリートと錆つく手すり、あとは汚れた貯水タンク。なんの変哲もない屋上である。霞んだ山のシルエットと遠巻きに佇むビル群。晴れ渡った昼間の柔らかな風が誰もいない [続きを読む]
  • 彼らと雑談(創作漫画)
  • 今日現在お絵かきかきかき途中。TVを視聴する童子ちゃんたち。デカくてサーセン┏○ペコ風呂に入れないのはキツイ。これは数ヶ月前に描いた漫画です。そのころまさか風呂に入れなくなる日が来るとは思ってなかった...いぬかんです\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーッ!! [続きを読む]
  • 自作小説『とぅるば』を投稿しました。
  • とぅるば更新しました(υ?ᆺ?υ)おかしな三善《いち》おかしな三善《に》だんだんと繋がってきました。ミヨシがめちゃくちゃ扱いにくく、虫食い状態だったので一安心です。今自分の存在意義が気薄になっていまして、小説と創作が唯一の拠り所になってます。それに気分が沈んでいる時の方が文章がよく書けるみたいです...?? [続きを読む]
  • 自作小説『とぅるば』を書けたところまで投稿します。2
  • ほんの少しだけ。「そーね、女子だけのステキなパーティよ。」「パーティー?いいなー、愛も参加させて。」 幸福の化身そのものの笑みに否定ができなくなる。苦笑いを肯定ととったらしく彼女は強引に、隣へ腰を下ろした。「あらぁやけにはしゃぐのね。」「だって、こんなのいつぶりかしらっ!いつもだったらおばさんに怒られちゃうわ!」「ごめんなさい。このこも混ざりたいんですって。」「いいですわ。人が多い方が話が弾みます [続きを読む]
  • 見学と搬出をかねて、赤レンガ倉庫へ行きました。
  • 見学と搬出をかねて、赤レンガ倉庫へ行きました。所々写真を撮影しました。何枚か加工してあります。 まずこれが噂の赤レンガ倉庫です。さすがは横浜、人が多い。心身の不調も重なって、後半ヨボヨボになりながら見学しました……。加えてこの日は日曜日、激混みでした。見学コーナー 卒業制作展示風景。見学しにきて写真がこれしかないのかよ?!と思いましたよね(´;ω;`)ウゥゥ緊張してしまってまともな写真がこれしか [続きを読む]
  • 自作小説『とぅるば』を書けたところまで投稿します。
  • 「よろしい?」 あの大口を叩き叱られていた女性が余裕綽々で尋ねてきた。「ご令嬢。わたしとお話しません?」 礼儀正しく三善が語りかけてきた。一番話ずらそうな人に当たってしまったなとユウは内心困惑する。「ええ。」 扉を開け部屋に招く。ラフなパジャマ姿を披露した彼女は可憐に挨拶をした。よくよくみると若々しく、街にいたらチヤホヤされそうな容姿である。座すがは摩耗一族というところ。 金持ちは美人に目がないと [続きを読む]
  • ひき続き『CHARATアバターメーカー』
  • ひき続き『CHARATアバターメーカー』で、私が創作している小説のキャラクターをの似姿を作らせてもらいました。エセ推理小説の主人公ちゃん。昔高校時代の友達にキャラデザをしてもらいました。私と違って衣服のセンスが抜群です。主人公ちゃんの付き人、馬場さんです。館に住む変な幼女ちゃんです。この子はとくにキャラデザもイメージがなかったため、ぼんやりとした容姿になりました。アニメや漫画にでてくる幼女のテンプレート [続きを読む]
  • 『CHARATアバターメーカー』で、創作のキャラクター
  • 『CHARATアバターメーカー』で、創作のキャラクターを似姿を作らせてもらいました。自分で描くより脳内イメージに似せられるので、大満足です。イラストが可愛くてツボ!童子ちゃんです。巫女型の式神、童女ちゃんです。ませた幼女感がでてgood。大学生かつ占い師。いかにも漫画に登場する余裕綽々のかませ犬感が出て、嬉しいです!さっちんです。没個性の典型的な女子高生テンプレ。イズナ使いの女術師さんです。こちらも没個性。 [続きを読む]
  • 久々の更新
  • 久カキコ...ども。卒業制作が終わって、精神力が皆無です。気力と体力と自己顕示欲が一気にズダボロですわ。いろいろありすぎて去年の夏頃が随分むかしに思える...? ? ?創作意欲も底を突き、ネガティブ思考まっしぐらですよ...。何故か天井に御札はられてるしw季節の変わり目は精神が振り回される時期ですよね……活力を高めるためになんかします。では、また。 [続きを読む]