Moana さん プロフィール

  •  
Moanaさん: カナダの風に吹かれて
ハンドル名Moana さん
ブログタイトルカナダの風に吹かれて
ブログURLhttp://ameblo.jp/chikipop/
サイト紹介文カナダの首都オタワからフレンチ・カナディアンの夫との生活、大好きな旅の話など発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/07/13 02:09

Moana さんのブログ記事

  • ノヴァスコシアのキュートすぎる宿!
  • 夫が予約していた宿は、今流行りのAirB&B と通常のB&Bのコンビネーションのような感じ。自分たちで料理できる設備が全て整っている一方、簡単な朝食が自分たちで作れるように冷蔵庫もストックされています。作りはこちらでいう「アパートメント」のスタイルで、オーナーの家の一部を貸し出すために改築したスタイル。入り口からデッキから全て本家とは遮断されています。まあその可愛さったら!カントリーチックな雰囲気でとっても [続きを読む]
  • ロードトリップのお供は…。
  • ペギーズ・コーヴで散策を終えると、午後3時半。まだ早い時間ですが、私たちはもう宿に向かうことに。というのも、ペギーズ・コーヴからこの日の宿までは約230キロの距離をドライブしなければならないため。今回の旅は夫が提案したもので、この日の宿の予約も「僕に任せておいて!」と張り切っていた夫。一方私はとっても不安。何せタイでのあの件がありましたから…。二日目は夫のいとこの家に泊まらせてもらうことになっていたの [続きを読む]
  • ペギーズ・コーヴの風景
  • ノヴァスコシアの旅関係の記事には必ずのっているのがこの灯台。ハリファックスから車で南西へ一時間ほどのマーガレット・ベイというコミュニティにある小さな小さな漁村の端に立っています。色といいデザインといい、灯台らしい灯台(?)で人気があるのがわかります。灯台の周りはなめらかに磨耗した岩盤が目立ちます。カナダの東海岸にはこうした海岸線が多くは見られますが、氷河の後退や大西洋の潮汐によって長い年月をかけて削 [続きを読む]
  • 「自転車泥棒」で腹ごしらえ
  • ハリファックスに行くと言った時、同僚のサヴァンナが是非行くといいと言って勧めてくれたのが、Bicycle Thief という変わった名前のイタリアン・レストラン。ダウンタウンの観光もそこそこに、11時半開店と同時にランチをしに行きました。レストランの正面に赤い自転車のオブジェ。 かなり広い店内。インテリアもとてもいい感じでした。 窓の外は海沿いのボードウォーク。カワイイのがこのお皿!メニューも自転車にちな [続きを読む]
  • カナダ東海岸、ノヴァスコシア州の旅
  • 年に一度か二度夫の出張に後から合流して、週末旅行をするのが習慣になりつつあります。今年はノヴァスコシア州。なんとこれで私はカナダの全州を制覇しました。イエーイ!カナダ人の夫に勝った!彼はまだ真ん中の州(マニトバ州、サスカチュワン州、アルバータ州)に足を踏み入れていません。結構そういうもんですよね。さて、夫と合流したのはノヴァスコシアの州都ハリファックス。石造りの建物が並ぶダウンタウン。中心にはダルハ [続きを読む]
  • 午後の散歩
  • ずっと雨で気温も上がらずジメジメしていたオタワですが、今日はいきなり31度まで気温が上がりました。オフィスにいてもソワソワしちゃって集中できないので、昼過ぎ一人で散歩に出ました。まだ街路樹は葉っぱが芽吹く程度ですが、とっても気持ちがよかったです。青空が広がる頭の上をちょと強めの風が渡っていき、葉っぱを揺らしています。ただこうなると花粉が絶好調なので、目はシバシバ。いつもはマーケットの方に散歩にいき [続きを読む]
  • パーティーナイトで女の本性発揮
  • いつも自分の夫のことをディスってる同僚が、前回の記事で述べたカンファレンスのオーガナイザーの一人。彼女はいろんな意味でアツイ性格で、彼女をよく知る元上司などは彼女の性格について話す時ファイヤークラッカー(爆竹)という表現を使ったり。リーダーシップも抜群でチームをグングン引っ張る力がある一方で、ちょっと無鉄砲。世渡りも上手く外交的なので、こういうイベントがあると、彼女に群がる男性もチラホラ。問題はこう [続きを読む]
  • カンファレンスという名の…
  • 少し前に2泊3日で参加してきたカンファレンス。毎年春に行われているものですが最後に参加したのは5年も前。というのも、ワークショップなどから得るものがあまりなく、カンファレンスの夜に行われるパーティーの方に気合いを入れてる参加者が多いのを目撃して、がっかりしたため。でも同僚の1人がここ数年オーガナイザーの1人に抜擢され頑張っていたので、うちのオフィスからも予算が許される限り参加者を募っていました。このリ [続きを読む]
  • ビジネス・ランチ
  • オタワの小さなクラウド・データ・マネージメント会社のCOOとビジネス・ランチ。彼女が予約してくれたのはWestboroというエリアにあるAbsintheというイタリアン・レストラン。早めに行って準備したかったので11:30の予約の10分前に着きました。レストランにも一番乗り。ビジネスといっても簡単な打ち合わせだったので、リラックスしたムード。チャーニーズの彼女は私と同年代。しかもお互い夫はフレンチ・カナディアン。英語も中国 [続きを読む]
  • 日本で食べた美味しいもの
  • 少し前の記事でも書きましたが、日本へ帰国するたびに「食べたいものリスト」が長くなっているのを実感します。一年前の帰国の際のリストはこちら。カナダの首都でありながら、日本の食材がほとんど手に入らない(または非常に手に入りにくい)オタワにいると、バンクーバーやトロントに住んでいる日本人のみなさんが羨ましい日々です。さて、家族でよくランチに行ったデニーズでは毎度このデザートを食べることが前提で、そこから逆 [続きを読む]
  • 熱海旅行〜囲炉茶屋とハマグリ事件〜
  • 熱海旅行のお楽しみは何と言っても海鮮料理!今回宿泊したホテル・ミクラスは夕食はフレンチのオプションしかなかったので、朝食のみついたプランにしていました。夕食は「囲炉茶屋」という炉端焼きのお店を予約。(コースを選ぶと予約ができます)私たちは1人3000円のコース。結論から言うと十分な量で、お腹いっぱいになりました。座ってすぐに舟盛り(大人3人前)が登場。久しぶりに食べる新鮮なお刺身はとっても美味しかったです! [続きを読む]
  • 熱海旅行 〜ホテル・ミクラス〜
  • 毎回日本に帰るときには、家族で一泊旅行に行くのが慣例になりつつあります。今回は熱海。サンビーチの目の前のホテル・ミクラスに宿泊しました。覚えている方もいると思いますが、東京や神奈川では桜散らしの雨が降ってしまった週末です。ホテル・ミクラスは私的には気に入ったホテルです。デラックスルームだったかな?各階に一部屋だそうです。部屋に入ってすぐ左にバスルーム。奥にはビューバス。ビューバスにはレインフォール [続きを読む]
  • 10年ぶりの桜の下で思うこと
  • 私がカナダへ移り住んだのが今から11年前。教師の仕事をしていた頃は一年の終わりと始まりを桜と共に感じていました。私が勤めていた学校は穏やかな気候の横須賀にあったので、三月の卒業式に桜が綺麗に咲くこともあり、桜を見るといつでも切ないような、でも嬉しいような不思議な気分になります。カナダから日本に帰る時期は、だいたいいつもチケットが安い時期を選ぶので、桜の季節には重ならず、もう10年も見ていませんでした。 [続きを読む]
  • おきな堂でランチ、草間彌生を見たかったけれど…。
  • さて気分を変えてお楽しみのランチ。妹がリサーチしてくれていた「おきな堂」という老舗の洋食レストランに行きました。可愛いロゴ。ローマ字でおきな堂って読めますか?私は看板メニューらしいハヤシライス。こってりとしていて美味しく、味はビーフシチューに近い気がししました。9歳の甥っ子はカルボナーラ。オシャレ〜!でもこのカルボナーラ、パルメザンチーズがたっぷり使ってありかなり大人の味。甥っ子が予想した味ではな [続きを読む]
  • 松本城と押す人たち
  • 山梨の実家から高速でピューンと松本城を見に行って来ました。4月になったばかりで松本では桜はまだまだでしたが、天気に恵まれて青空にお城が映えます。せっかくだからということで入場料を払って城内を見学。城を囲むお堀が大きいのに驚きました。私はお城といえば高校時代、大阪城を外から見たのと、後は京都の二条城に夫を連れて行ったのみ。二条城ではガイジンということで小学生のグループに囲まれていた夫。ハキハキした元 [続きを読む]
  • Happy Easter 2017
  • 二週間の日本での滞在からカナダに戻り、時差ボケマックスの私ですが、なんとかイースターの三連休に元に戻れば、と思っています。 土曜日は夫の妹ステファニーの家で家族15人が集まりました。木曜日の夜に帰国し、翌金曜は祝日でスーパーなどが休み。そのため普段だったらアペタイザーなど持っていくところですが、間に合わずチューリップとワイン、日本で買った抹茶クッキーなどを持参しました。自分で言うのも何ですが、や [続きを読む]
  • 小淵沢で鰻料理
  • 毎回日本に帰国する際には、あらかじめ「食べたいものリスト」を作って家族に送っておきます。年々長くなるリストに苦笑いの家族ですが、先に伝えておくことでお出かけのスケジュールをたてておいてもらえるのでとても助かります。今日は行きたいお店の一つ、小淵沢の井筒屋に行って来ました。鰻料理で有名なお店です。古民家をモダンにリノベーションした雰囲気抜群のお店。注文を受けてから手作業で焼いて行くので30分は待ちます [続きを読む]
  • 春は何処へ
  • 日本では桜の開花が話題になるこの頃、3月の最後の週末にはどっさり雪が降ってしまったオタワ。朝目覚めてびっくり。水気の多いぼってりした雪だったので、裏庭の林の枝について、林を真っ白にしていました。雪は嫌だけど、こんな風に木々を真っ白に染めてくれる雪は好きです。この日は青空をバックに特に美しく見えました。 [続きを読む]
  • パスタソース大量生産
  • 日曜日の午後は4-5カ月に一度のスパゲティソース作りに当てました。この大きな鍋でこれでもかというぐらい大量に作って、小分けして冷凍します。ひき肉が入っていないといやな夫と、肉は出来るだけ食べたくない私の折衷案はミートボール入りのトマトソースを作ること。ミートボールといっても私のは超横着ミートボールで、パックで買ったひき肉をそのままフライパンに落とし、大きな固まりをたくさん残して火を入れたらソースに投 [続きを読む]
  • 旅するアヒルちゃん、スポーツ観戦。
  • ベン・アフラック、3度目の記事です(笑)。スポーツ好きのスコットに連れられてトロント・ブルージェイズの野球観戦やPGAツアーまで出かけているベン。マスコットのエースと。ちなみにこのエース、ジム・キャリーのコメディー加減をベースにかなりのくせ者という設定で、やたらにファンに媚びないところが面白くシーズン中は彼メインのテレビコマーシャルが流れます。もちろんアイスホッケーの試合もチェック。ベンがいることで、 [続きを読む]
  • 忘れ物3つ!
  • オタワは久しぶりの大雪で、自家用除雪機がメンテの関係で使えない私と夫は、翌朝の雪かきを思うとかなりブルーな気分でした。昨日は早朝からアイスホッケーに出かける夫が、ざっと雪かきをしてくれていたのでとても助かりました。カナダでは自治体が除雪車を出し、住宅街をまわります、こまめにまわってくれるのはありがたいんですが、うちの自治体は特に熱心でこの除雪車がとてもひんぱんにやってきます。除雪車がやってくると道 [続きを読む]
  • 旅するアヒルちゃん、ヨーロッパを行く
  • ゴルフとランニングが趣味なスコット。ベンを連れて行く場所もアウトドアが多いようです。こちらは、アイルランドのRoyal Portrush Golf Club に現れたベン。素晴らしいロケーション!ベンはもちろんゴルフコースにも登場します。ベンを連れてコースに出るスコットもすごいけど…。あれ?このお姿は…?(見惚れるベン。)アイルランドは私もいつか必ず行きたい国なので、ベンが羨ましいです。スコットがイギリス圏を中心に飛んでい [続きを読む]
  • 旅するアヒルちゃん、コックピット潜入
  • アテンション・プリーズ。スコットと一緒なら機内もフリーパスのベン。長いフライト中はスタッフの気晴らしにもなるのかもしれませね。ストレスの溜まりやすい仕事をしているからこそ、ユーモアを忘れないことはとても大事なはず。昔と違い、今ではオフリミットとなってしまった飛行機のコックピットにだって、ベンはフリーパス。パイロットなる前、スコットは教師をしていたそうです。でも夢が諦められず、30歳直前でキャリア・チ [続きを読む]
  • 旅するアヒルちゃん
  • 旅するアヒルちゃん、別名ベン・アフラックとは、今回夫がフロリダでお世話になった知人、スコット所有のこのアヒル。内輪で毎年開催している、半分おふざけ半分本気のゴルフトーナメントで、誰かがふざけて景品として進呈したもの。なんでもポジティブに考えるスコットは、このアヒルを旅のお供にすることにしました。というのもスコットはベテランのパイロットだからです。生命保険会社のあのアヒルと、ハリウッドスターのあの俳 [続きを読む]
  • ふて寝した夜
  • 仕事でムカつくことがあり、昨日は8時前にベッドに入って寝ました!州政府から与えられていたプログラムのターゲットを30%も上乗せして達成したも関わらず、どう考えても不当な評価が与えられ、カーッと頭に血が上っていたからです。やっぱり眠りはイライラをリセットしてくれますね。一晩明けて、若干イライラは残っていましたが、朝ミーティングがあって仲間たちと州政府の悪口を言いまくって(!)やっとスッキリしました。やっぱ [続きを読む]