゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん プロフィール

  •  
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん: 〜闇と真実の扉〜
ハンドル名゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん
ブログタイトル〜闇と真実の扉〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/legend-rina/
サイト紹介文日々の日常と 文章作品を載せるページ 文章作品は過去の物から新作まで 此処に何かが在る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供375回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/07/13 09:31

゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さんのブログ記事

  • 信頼の表裏
  • 信頼の表裏不安が一番の不幸への種になる中恐怖を与え疑心を呼び葛藤に導き不安が纏わり付いて離れない中で怯え続ける日々は地獄でしかない自分と共に相手も信じられないと頭に浮かぶ不安で雁字搦めになり身動き一つ取れなくなってしまう自分が少し出来るようになったら知らぬ間に人を見下す罠が潜む中必要以上の心配は侮ってるだけだ何でも心配なんて見縊った姿勢で当てにはならないと人を舐めるな誰が何も出来ない扱いされたい? [続きを読む]
  • 機械人形
  • 機械人形真面目に努力しても変わらない全てが当たり前に馴染まされて置き去りにされて忘れ去られる何故ひ文字な仕打ちまで受けて残酷な運命で頑張りたいだろう高い望みなんて無いのに叶わず軟派な人々に溢れ振り回される普通に生きれるだけで良かった少し何かが出来て何が残るの?偽りだらけの世界に踊らされて懸命にやったって褒められない血に飢えて暗闇の祭壇に祈って幸せになんて導かれない寂寥感非力で何一つ変えられないか [続きを読む]
  • 一人の闘い
  • 一人の闘い人に先に信じて貰いたいなんて自分が可愛いだけの我侭な想いだから誰にも信じられないんだ先ずは自分が先に信じて始まる判ってるのに請う助けは譫語?一人切りで立ち上がり先を進め決して誰も闇から助けやしないすぐに甘えて人に期待をするな負んぶに抱っこで生きるのか?人に助けを請い叫んだら敗北だひけらかす為の弱音は要らない大人しく死んだ方がマシになる差し伸べられた手を振り払って暗闇の中へと独りで駆け抜 [続きを読む]
  • 親子の宿命
  • 親子の宿命相手の為を想うなら逆になる中悪しき親は檻に放つ事が救いで守る事は手遅れに腐らす危うさそれが匿う事が悪い事の理由で放置するほど無責任な心もないそれを全て情が狂わせてしまう救う力と自信を宿す訳でもなくただ割り切りに乱されてしまう人間の情が齎す割り切れなさは相手の為ではなく自分の甘さだ甘さと弱さが絡み合っている中冷たいと温かいが逆に映る錯覚現実は冷たく哀しく非情だから初めから与えられてる選択 [続きを読む]
  • Parallel World
  • Parallel Worldどんなに冷たく装ってみても心に咲く華は温かさを漂わし鐘の音が周囲に響き渡る中で全てを超えたParallel Worldへ狭く不自由な檻に鎖される中いつも素直な心は引っ込んで闇はひぐらし付き纏いながら軟派な世界に嫌気が差す日々天に跼り地に蹐すような中で塩の浸むような日々の輪廻に化ける事ばかり今は得意でも水は方円の器に随う物だから素の自分を外に出せる刻まで酸いも甘いも知りながら進めルートは無限に広が [続きを読む]
  • 巡り廻る螺旋力
  • 巡り廻る螺旋力不安とは波のうねりのようにいつでも心に付いて回る物でどんな言葉を貰ったところで安心して消える訳ないだろう不安は心に付き纏い続ける中気になってしょうがないか?どうしようか焦りまくるか?もう終わりだと狂いそうか?闇は心行きて尚も与え続けるまだ灯心が眠っているままで穏やかな中で魂が泣いている溜めてるだけだから辛いんだ忍ぶ間に湧き上げ爆発させろ闇なんて出し抜けに引き放ち闇も吹き飛ばせるのは [続きを読む]
  • 弱音の戯言
  • 弱音の戯言理に適ってすらいない悲観は見苦しいこじ付けに過ぎない不必要なほど託けても無様で無意味に粋がっても弱々しい整合性さえ保てなくなる中で必要のない物を生み出す人々何一つ意味を持たない想いで何かを覆せる訳がないだろう意味がなければ戯言と同じで無意味な事は何の必要もない食物連鎖からは遁れられない猿になるのを指を加えて待ち考えるほど盲点ばかり増やし悩み過ぎると頭の中まで鈍る非力で始まるから自然なん [続きを読む]
  • 想いの反比例
  • 想いの反比例大切な想い出より現在の為に乗り越えられず忘れて済まし忘却した想いは亡いと等しく忘れる為に憶えているのか?常に都合の良さの為に歪めて放却した宝玉は二度と戻らず棄てる為に貰っているのか?上辺は消せても事実は消せずあの日々が脳裏に半端に憑く想い起こす為の物もないまま遺される想いは虚しさのみで継ぎ接ぎの心で振り返った刻大切な光がある方が不自然だどんな人間の生き様なのか?繕いだらけの仮面が割れ [続きを読む]
  • 緋いバレンタイン
  • 緋いバレンタイン雑踏に紛れて消え行く存在に怯えるだけの日々を生き続け人々から薄らいで散り行く中逃げたくないのにと深い溜息見失った居場所に生き続けて淋しさに明るく燥いでみても闇へと突き堕とすChocolate渡せる事のないまま時は流れ地に零れ落ちた褐色の破片に一体何の価値が宿っている?淋しく血が滴り落ちている中空虚なだけの独りのまま佇む様々な意図が交錯している中加われもしないバレンタイン渡せぬままの睨み合い [続きを読む]
  • 眠れる獣
  • 眠れる獣虚像の中で素顔が躍ってる中信じ続ける騙されたモン勝ち疑心の化身にでもなる気か?本当の事ばかり拘り過ぎるな時に真実は価値を失った塵で穢れた真実より光り輝く嘘だ唯一つの自分の心を煌めかせ自分まで共に汚れる事はない醜い実態が何の光をくれる?欠片も失くした綺麗さで嗤い自分で闇に心を生贄に捧げて身を以て体現してどうする?悍ましい心が列を成して歩き力へと手招きして誘惑する中慾で人間が変貌し力を得ると [続きを読む]
  • 全てを魅了する力
  • 全てを魅了する力散蒔かれた光と闇に犠牲が生まれ血の海の中に心が残っているなら悔しさを心の底から引っ張りだせ怯えてる間に人が幸せを掴んでる砕け散った意志の破片を拾い尽せ実感した全てを紅蓮の珠に変えて黒煙に身を包む狡さを撃ち抜きな見っともない事なら散々やったろ恥に飽きを知らなくても誇れない肩書きばかり名ばかりを求めるな誰が視ても実情はと想われてやれ決断力で優柔不断な自分を棄てろ安心して頼れる頼もしい [続きを読む]
  • 闇の窪み
  • 闇の窪み守る力が全くないのに愛する?また努力しないで愛で傷付けて随分と残酷な傷付ける為の愛だ非力なままじゃ命を棄てたって何一つ本当に守れやしない物だいつまで闇の窪みに居る気だ?諦めるなら理由と根拠と証拠を並べ尽くして魅せてからにしろ自分で自分の力を決め付けるなそんな決め付けなんて証せない当てにもならない予測は棄てろまだまだ限界は見えてはいない覚束無くても可能性はあるんだそんな腑抜けのままで生きれ [続きを読む]
  • 運命の桜と樺の心
  • 運命の桜と樺の心闇を彷徨い終わりを求めても光を浴びて終われない日々に温もりを探して季節を旅する交錯する想いに揺られながら人を心配して人に心配を掛けいつでも本気で接していたい人にも自分にも甘い心だけど頑張って前へと進みたいから時の流れの中を生き続けてるどんなに辛く苦しい日々でも心の底で温かさが煌めくから全てを放っては遁れられない過ぎ去りし出逢いと別れの中全てを虚しさに出来はしない憎めも怨めもしない [続きを読む]
  • 一風の紗の穂
  • 一風の紗の穂周りばかり忙しく見える刻は時に玩ばれし操り人形の様で果てなく長い一刻みの秒針に置き去りになると闇を彷徨い全てが分からなくなって行く森羅万象の理が在るのかさえ人々は知る由もなく生き続け何処の誰にも定められない物だが何一つ考える事をやめて決まりに仕えるだけなら人形従えない事なら理由を顧みろどんな文の日々を描きたい?歪んだ字が滲んで舞い散る中一体誰に何を言えると云う?誰かに依り縋るから狂う [続きを読む]
  • 灼熱の意志
  • 灼熱の意志いくら日々は空っぽになれど想いまで真っ白にはなれないいつから闇の飼い犬になった萎えたままでは何も出来ない敗北は新たなる序章に繋がり叛逆の亡い犬に成り下がるな幾度の限界を超えて来たんだ烈火の如く昂る感情が迸る中どんな矛盾より許せないのはいつまでも非力なままの自分どんな痛みより激痛が走る中怒れる心が暴走して胸を殴る確りと焦れったさを噛み締め心行くまで堪能して力に変え永遠と虚しさに抱かれなが [続きを読む]
  • 大切な物
  • 大切な物愛に落ち着かない日々に何の本当が見付かった?焦る想いで勢いに任せるから後から嘘の心だと気付くのさあんまり急ぎ過ぎるなよ無理して築く物じゃない逸る想いで身投げしてどうする?そんな日々に現状が繋がるだけさ焦り過ぎれば悲劇を生む求め過ぎる事が意味ないんだ燥いだら飽きて終わってるぜ誰の為に何の為に今までって誰かしらは視ているはずだぜふいに何もかも馬鹿らしくなって全てを投げちまったら意味ないぜ全て [続きを読む]
  • 傾いた世界
  • 傾いた世界健常者を理解しようとしないで障害者の理解ばかりを請い叫ぶアンバランスな傾いた世界の中本気で向き合わず何をしたい?目覚めた絶望の中の心の一欠片仄かにほっとした想いが舞った自分でも気付けなくなったか?零れるだけの記憶なら無意味だ自分一人なら良くても他人まで振り回すだけなら邪魔なだけだ自分で何もしない心を堕とす中何か出来る事を頼まれたらやる頼まれなくてもやれる事を探す時と場合では冗談からでも [続きを読む]
  • 有り触れた中の光と闇
  • 有り触れた中の光と闇身勝手を極める給料泥棒より優しい働けない障害者が良い働いてるか働いてないかより人間性が大切な煌めきなんだ普通のように思われている方が下手に心配を掛けずに済むけど対応も普通に出来る扱いになる病気と意識して思われていると心配され歪な扱いもされやすい自分の為に努力出来ないのなら誰かの為に努力出来るのが心だいつでも先に先にで考える力とは現在への対策は万全であっての物現在を見れてなけれ [続きを読む]
  • 仮初の救い
  • 仮初の救い仮初の救いで何が変わる?助けてくれない訳じゃなく他人には薄情な訳でもない意味がないからしないんだ代わりに壁を壊す事ぐらい多少の強さがあれば簡単だ金など当座凌ぎでしかないすぐに使い果たす物なんだ道を切り拓ける力がないとまた行き詰まって同じ事だ自分の人生を切り拓くのはずっと自分に決まっているたった今だけ人が代わりにどうにかしても意味がない人生棄てて構わないのか?少しでも嫌な心があるなら全力 [続きを読む]
  • 自己憎悪
  • 自己憎悪堕とす為の策略を巡らされ大嫌いな事を知ってるから愛の噂を捏造し罠に陥れる強烈なインパクトに堕ちて企望の心に容赦なく謀られ半強制的な闇の力が躍動し強いて心へと浸透して来る心の奥に面を刷り込まれて剥がせないで悶え苦しむ中現在形の過去が襲い掛かる悪夢の魔手が伸びて来る中振り切ったはずを先回りし心と心の肉弾戦に融け合い生涯付き纏う闇を植え付け闇の中へと強制連行されるいつも理想は心の蜃気楼で惹かれ [続きを読む]
  • 時の歪んだ世界
  • 時の歪んだ世界悲しみの雨に打たれ続けて心まで染め上げられて泣く棘を付けて心を護る日々に封鎖されて彷徨い続ける中盛られ続ける毒に心は沁み時の歪んだ世界で狂う秒針光の鎖された暗闇に震えて淋しさが心を突き抜ける中本心を誤魔化し続ける日々盛り尽くした飾り細工の中寄り付いて来た人の群れに臆して一足早く逃げ去るも巻尺の心に憑かれてしまい暗闇の奥深くに潜んでる中何処からでも引き伸ばして心を心へと巻き付けて来る [続きを読む]
  • 一人と二人
  • 一人と二人いつの間にか重心がぐらついて支え合うつもりが傾き始める中二つの心を繋ぎ止める箍が外れ奔って愛の行方を外に移される支え合えてないで崩れ始める中確り心に箍を締め直してる間に奔り出して轡を嵌められている失せた想いでも縋り付きたい心ただ臆して独りを選べないだけメンヘラを侵食してるヤンデレ溝を挟んでいる二人の孤独より溝さえない一人の孤独が優しい一人だから守る物がなくて強い一人だから頼る術もなくて [続きを読む]
  • 残酷な螺旋
  • 残酷な螺旋虚構の美辞麗句に嵌まり誤謬して残酷な螺旋が観えもしなくなる中眼に映る実存で創った狭い現実で詭弁から成る力で裏返る盲目でも現実の痛みを全て感じる積もりで麻痺した頭脳は正義なんて騙れる信じていたいだけの幻想を漂う中闇に葬り去ってる裏側が視えない真面に全ての現実に向き合う恐怖そうであって欲しい人間の弱さがそうしようと動き出して力を得てそうでないといけない悪に転がる善と悪は紙一重で移ろいやすい [続きを読む]
  • 死神と正解
  • 死神と正解暗雲を貫く雷光が閃き雷鳴が鳴り響く空の下大きな刃を持った死神が立っているその見詰める先には信じ切れない弱さで傷付け合って悔いる無数の心が映し出されてる人を信じられないのは己の弱さで人を信じたいのは相手の為の感情弱さがあるから強くなろうとして人は自分より誰かの為に成長する死神は闇の中で一人呟く痛みなど微塵も感じなければ全てが容易いかも知れないが努力する為の大きな糧を失う自分の事は弱さに負 [続きを読む]
  • 笑顔の恐怖
  • 笑顔の恐怖笑い者にする企みが蔓延る中何も知らずに信じてしまって笑顔の恐怖を心に摺り込まれ自分の眼で視た判断で堕ちる裏で愛の噂を捏ち上げられて嫌いなのに誤解され怒り狂う違うとは言えないかのように場の雰囲気を完全に支配され問われる拷問に叩き込まれて圧されて違うのに認める悲劇悍ましい付き合いへと繋がる周りが集団で追い込んで来て外野から散々な噂が舞い飛び束になって最低呼ばわりされ囃し立てられ蒼い戦慄が走 [続きを読む]