゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん プロフィール

  •  
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん: 〜闇と真実の扉〜
ハンドル名゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん
ブログタイトル〜闇と真実の扉〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/legend-rina/
サイト紹介文日々の日常と 文章作品を載せるページ 文章作品は過去の物から新作まで 此処に何かが在る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/07/13 09:31

゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さんのブログ記事

  • 代々の宿命
  • 代々の宿命常に不調なんて喚き続けてれば慣れの力が周囲の心配を弱めて慣れ切れば何でも自然と化す中慣れの力は無意識に差別させていつもの弁解に終わらされる中極端に些細な事は理解されないだから精神力を鍛え上げるんだ独りで起きてる幻影に踊らされ自分で自分の首を締め続ける中凝り固まった戯言の集う思考に手後れの紅い刃が突き刺さって繕いだらけの縁は見限られてる後の危機感が抜け落ちている中すぐに愛に逃げ込んで縋るか [続きを読む]
  • 孤独な別次元
  • 孤独な別次元人々が感知出来ない恐怖に慄き独り周りと別次元に追いやられ次々と絆を築き分かり合う裏で本音を隠して認め合えず滅ぶ絆有りもしない危険に怯えながらわけもわからず信じ続けて歪む誰も努力も無しに進歩はしない出来ないなら素直に喜んで堕ち激しい苦しみの快感に浸ってろそれが無理だから努力するんだやる前から出来ないは証せない怠けているほど不満を叫び上げ努力しているほど希望を散蒔く努力は人に誇示する物じ [続きを読む]
  • 嗤いのステージ
  • 嗤いのステージ騙り合う見栄の結託で縛り合い紛い物の繋がりだから失われる継ぎ接ぎだらけの脆過ぎる嘘に騙された振りして嗤ってる人々連む人々の馴れ合いの聞く耳に否定が相次ぎ独り取り残されるつもりだけの潜めてる襤褸の中欠陥だらけの使い捨て操り人形保留されてるだけの裏切りの中用途なしの人体は数合わせの駒狎々しく擦寄り懐に押入られて断ち切れない縁を築き上げられ拒めない細工を固め尽くされる握った証拠は力尽くで [続きを読む]
  • 自意識過剰と疑心暗鬼
  • 自意識過剰と疑心暗鬼自意識過剰が過度に上辺に頼らせ逆に心を開かないと嫌わせて行くどうして上辺で塗り固めた人間に大勢が本音なんて伝えたくなる?数合わせや手当り次第でも誘う中誘いや勧めを無理に合わせるのは独りで期待されてると誤認の痴態断るだけで壊れる関係なんてない気にもされてないのに恩はない中上辺で無理に合わせたりするから今度は自分が過度に期待して誘い容易く断られて不満の愚痴になる自意識過剰の闇に囚 [続きを読む]
  • 夢幻の星群
  • 夢幻の星群紅い月が照らす終焉の夜の中で天空に浮かぶ名もなき星の群れ期待の先に待ち構える悲嘆の中降り注ぐ幻影は降り止む事なく無数に煌めく星の光は散りゆき想いは疑心に阻まれ届かない中認め合えぬ物と分かり合えぬ物常に隣りに翻弄される振り子に本当の女神は永遠に微笑まない一視点の過去に足を掬われるな光と闇の狭間に真実が潜み続け運命の天秤は不幸に傾いて行く無限かのような夢幻の星群の中祈る幻像の祭壇は何も叶え [続きを読む]
  • 関わらない理由
  • 関わらない理由様々な人の視線と想いが飛び交う中襲い掛かる虚しさや淋しさに屈してずっと信じ続けてた人々を裏切るな光の重みを背負って闇を輝きで射せ誰一人として動かない事実だけなら一体どれだけの真実が視えるかい?どうして一人なのかも分からないですぐに騙されたなんて揺さぶられる誰が誰だか分からなくなる時代の中勇気を出す事に幾らの速さを望む?強いるように動いて変動せず堕ちる視えないからこそ大事な物がある中 [続きを読む]
  • 人を変える人
  • 人を変える人満身創痍の前に甘さと狡さに斃り本当に血塗ろの恋愛模様は好き?続けても悪めくのみの考えは在る嫌いな人の為に苛め悲しみ泣いて好む人を自分を醜いと罵り傷付け嫌いな人の代わりに自分を虐げて嫌いな人の為に尽くすのはやめろいくらでも自分は犠牲に出来ても人が自分の為に犠牲を負い動けば非力だから応えられず罪悪感では本当に全てを済ませられはしないどんな理屈も感情に形無しになる冷たい割り切りは想っても使 [続きを読む]
  • 本当の君
  • 本当の君本当かどうかの証拠もない君を信じているからこそ努力してる時を割くほど日々は難しくなるそれをやるだけの価値あるんだ二度と還らない時の代償は重いだけど君が宿す価値は更に重い指が圧し折れるまででもやって必要だから時を削っているんだ居ても居なくても同じになって逃げていたいだけなんだろう?怒鳴って終わらせて誤魔化すな忙しい中でやる気がないだけだ煩わしいなんて感情は焼き払え明かしてないのは数名の別人 [続きを読む]
  • 親子の溝
  • 親子の溝関わらないのは出逢えてもない人と関わるのに他人に化けるな在るがままの自分で関わるんだ独り堪えても誰も救われてない信じてくれる人々が居るはずだ叶わぬ恋と人の選択権を奪うな一生悔やむより振られる覚悟で傷付けるより傷付いた方が良い弱虫でも臆病者でも我が子なら時間配分して何ヶ月でも掛けろ粘り強く何時間でも使ってやれ諦めは選べない選択肢なはずだ時間を割く事さえ惜しむのか?手間を惜しむ大切が有る訳な [続きを読む]
  • 閉口社会
  • 閉口社会誠実な興味なんて持ち合わせず鬱憤を晴らす為に託けた物まで正面から捉えるから痴態と化す無縁の他人の事など知る訳なく自分が実害を被る事の方が重要出来ないだらけの非力な人々が家から遁れたいから自立する中歓迎しないで返還させたい人々撒き散らされた求めてない錘に燃え滾る怒気が火の粉を散らし力なき自立は迷惑を極め尽くす家を出る前に精神的に自立しろ望まれない中の風当たりは強く紅い怒号が鳴り響いてる最中 [続きを読む]
  • 琉球蘭のように
  • 琉球藺のようにいつでも行き交う人々は冷たくいきなり赤の他人を心配したり怖いほど得体の知れない優しさ偽り演じて繕う孤独な輪廻の中本当の想いなんて伏せてばかりどんなに辛く苦しい日々だって諦めたくない目指す先がある中やり方に干渉される覚えはない好まれたら何でも良いわけなく自分の求める物は曲げられない心の中に抱く世界は果てしなくとにかく発しないと始まらない真摯に他人の評価を求めてる中軽率な想いで褒めちぎ [続きを読む]
  • 誇りなき無い物ねだり
  • 誇りなき無い物ねだり心があるから感情に支配されて不完全な結果で認められたがり弛んだ頑張りで褒められたがる誇りのない甘さで無い物ねだり感情を消そうなんて切望したら蹴り飛ばされて闇を孕まされる出来もしないのに欲しがっては衝撃的に悲劇を焼き付けられる闇に強いて呵責を植え付けられ狡さで成果も無しに楽を希って隙を衝いたチートで休み惚ける只より高い物はないもんだぜ?只で貰った楽は却って高く付く巡り廻って力不 [続きを読む]
  • 生粋の自責
  • 生粋の自責何もかも面倒なら手元も止めろ中途半端に逃避するぐらいなら全て放棄して思い切り逃避しろ一言も出す勇気なんて必要ない人知れず去るだけで出来るぞ?想いは多くが複合されてる物で相反するように矛盾している中後の事を考えるなんて変だろ?本気なんて積もりだけと気付け甘過ぎたら碌に逃避も出来ない出来ない自分に慣れてしまうな責めると正当化が掏り替わる中幸せになっていいほど正しくて不当を叩く側に入れ替わっ [続きを読む]
  • 蒼い闇に制圧された世界
  • 蒼い闇に制圧された世界あの幾度でも甦りし過去は永遠病みが差して震え始める鼓動に血塗れの狂える日々が再開するこの地で友に出逢い心を射す陽この血で共に出遭い心を鎖す火希望と企望の大いなる差を受け妬ましい想いが人々に煮え散るチャンスを前にしたってそうさそんなの出来る勇気ないなんて出来ない事にし無理と決め付け言えない事にし弱いと言い張り何もかも全て臆病で終わらせてただただ弱さで固め尽くしたらだから死にた [続きを読む]
  • 快楽と略奪の闇
  • 快楽と略奪の闇気狂い染みた快楽の飢えに渇きボディ一つの為に心を巻き込み後悔に向かってる途中の輝きは辿り着く最果てに心ごと饐える異なる闇が対立しているようで秘かに立場は掏り替えられてる似て非なる想いは問題ではない何故なら一方だけ救われて行く心を喰らって往く鬼神は悔いず愛の深みの操り人形だけ悔いて生まれた犠牲は血塗れに染まる救いは不平等に傾いた黒い天秤刹那の優先する選択肢を過って致命的な愛の尽きる行 [続きを読む]
  • 忘却と麻痺による溝
  • 忘却と麻痺による溝心が強くなる事は良い事だけど歳を取るに連れて過去を忘れて気にならない前提に移り変わり気になる全てが意味不明になる何もかも変わり果てた感じ方で弱き子供の心を解らなくなって悩んでる全てが理解不能になり強き大人が悩みを全て否定する聞く必要あるとも想えなくなり何一つ聞こうとすらしなくなる幾多の弱き大人は耳を傾けるも脆過ぎる力では共感しか出来ず弱いと解決不能の壁に阻まれるかつて感じてた威 [続きを読む]
  • 涙雨の別れ道
  • 涙雨の別れ道色鮮やかに舞い踊る恋の上辺は擦れ違う心で別れの前夜祭にも傍からは気が付かない仕組みで人々を囃すように恋に誘い込むもうすぐ外れる仮面が見える中寂しくても勢い任せに早まるな移り気な今に焦るから道を過つ流れた時の分だけ誘惑は強まりもういいだろうと聞こえ始めるどうして良いのか理なき人比べ出逢いと別れの春の桜が散る中ときめく綺麗な夢に魅せられて何でも出来る気になってしまう視える華やかさに魅入ら [続きを読む]
  • 生きたパーツ
  • 生きたパーツ世界は嗤い狩人は狙い続ける中殺気立った紅い眼に睨まれたら理想の型を強要で嵌まらされる埋め込まれてる闇が暴れ出す中蒼い闇と紅い怒気の挟み撃ちで不安に悶えている間に盗られる想いを吐露すれば捩じ伏せられ感覚を感じぬ躰のパーツとして好き放題に縛り苦汁に放り投げ生きたままパーツにされる痛み騙り合う絆で傷付け合いながら決死のダイブもあっさり甦る中垂れ流しながら不満を貰い不変拒む間に知りたくなかっ [続きを読む]
  • 捻くれた光
  • 捻くれた光自由を扱う術も得ず自由を欲し不貞腐れて刹那に捩じ伏せられ眼にも映らぬ速さで努力を断念人々が腐っていると見棄てる中前向きに努力し報われない壁に苛立って捻くれてしまいやすく捻くれた事を言っている人々は性根が腐ってる訳じゃないんだ誰に向かって悪罵を叫んでる?罵って活力が湧く訳がないだろ何の楽しみもなく何を頑張れる人々に無惨に裏切られ続ければ誰でも信じようがなくなる物だ乱雑に怒鳴って済む訳ない [続きを読む]
  • 現実逃避の後悔
  • 現実逃避の後悔話せなければ将来頼れる友も出来ない言えなければ想ってた証拠も残らない動けなければ勝手に強くなる事はない努力は遅いほど心身老化し厳しくなる時が経つほど親は老いて助けられない賢くなければ受けれる支援も解らない周囲が弱くなって何とかならなくなるピンチに急に死ぬ勇気が出たりしない心だけでなく独りになって宛てもないとにかく今を生きる為に金に追われる叶わなかった恋は想い出に移り変わり苦悩の末に [続きを読む]
  • 狂気の惨劇
  • 狂気の惨劇寒さと暑さの交差する日々の中闇は力なき者達に犠牲を強要し山積のドラッグに上がる血飛沫斬り刻まれた心と身体の痛みに弱さ故の後悔へと繋がる行いで待ち構える悲劇に吸い込まれる代わりに人の身体は動かせないだけど人の心なら動かせるんだ影響力を放って心を支え続けろアップダウンの寒暖差が襲う中次々と弱き順に狂わされて行く何もかも崩れ去って行く世界で生き残りを懸けて踏み止まる中不安を狙って情緒を乱して [続きを読む]
  • 爀い魂
  • 爀い魂何一つ言えない非力が災いして感謝してる人々とも認め合えず嫌いで終わらすしかない切なさ何でも堪え切れれば済むのか?嫌でも人間は無意識の内に慣れどんな言動でも輪廻する数だけ一度の重さが軽く下がって行く希望を失くす事にまで慣れるな全ての想いが嘘になってしまう本当は自責なんてしてはいない自分を嫌いながら愛してるからただで救われたいなんて想える本当に自分が悪いと責めてれば楽していいに繋がりようが無く [続きを読む]
  • 悲しみのセレナーデ
  • 悲しみのセレナーデどうして大切にしようとしないのそれはもう冷めかけているからなにがいけなかったの最初だけの尽くすだったこと埋まらない心に隙間風が吹いて儚い煌めきは憎しみへと変わりいつまでも変わらないで欲しかった鳴り止まないセレナーデ知らなかったんじゃなく知りたくなかったのです別れを迎えるぐらいならそれでもいいからとすがったのがいけなかったのでしょうその優しさが傷つけると切なく語りかけるように虚し [続きを読む]
  • 一歩の真価
  • 一歩の真価蒼い向かい風の風圧を受ける中どんなに傍から見れば簡単でも恐怖に曝された心は震え上がり計り知れない難題の極みなんだ常に出来る事が出来ても当然で新たな事を出来てこそ凄いんだ不安で動かない左足を引き摺り右足だけが前に出た刹那の光は当然の出来るより遥かに眩しい積み重ねれば一歩も万歩になる過去を忘れ錯覚に満ち溢れる中ほんの僅かな一歩に有る価値を上から目線で嗤ってんじゃねぇ自分は最初っから出来たん [続きを読む]
  • 死の狼少年
  • 死の狼少年常に明るく元気な者が望む死は影響力が高く周りの注目の的で心配もされれば嘲笑もされる中いつも数多く死を望んでいればどんなに辛くて死を望む刻でも影響力が低く心配すらもされず数が増えるほど狼少年と化して別扱いで何もかも掻き消される癖にする闇が引き摺り堕として全てが麻痺して軽く扱われる中泣き出した涙は既に尿となって心配ではなく不快が投げ込まれ聴き慣れた涙声は騒音に代わり満たされない心で周囲を満 [続きを読む]