ラントマン アンティーク さん プロフィール

  •  
ラントマン アンティークさん: ラントマン アンティーク
ハンドル名ラントマン アンティーク さん
ブログタイトルラントマン アンティーク
ブログURLhttp://lentement.com/antiques/
サイト紹介文フランスのアンティーク雑貨をゆっくりとひとつずつご紹介できたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/07/13 16:31

ラントマン アンティーク さんのブログ記事

  • フランスの麻
  • リネンの古い生地 比類ない風合いの良さ。 麻といっても種類が多く ハリのある、かなり固めのものや やわらかでコットンのようなものも。 最初はベッドリネン(シーツ)として広幅で手織りされ 使ううちに薄くなったり破れたりした […] [続きを読む]
  • フランスの古い地図
  • 麻のしっかりとした生地に裏打ちされた古地図です。 このような染み 広げると、、 フランスの電電公社(といっても今は通じない?)の時代の 普通の道路や地形の地図ではなく、郵便や電話、電報のためのルート地図。 版画の文字がす […] [続きを読む]
  • 銀のレギュミエ
  • 銀製品というものは、多少 手がかかりますが 生き物のような存在感があります。 18世紀ごろから盛んに使われていたレギュミエという小鍋。 (レギュミエ=メイン料理の横に添える、野菜料理などの器) これはホテルの名前が刻まれ […] [続きを読む]
  • タイプライター
  • フランスで使われていたアメリカ製のタイプライター。 ロイヤル社製。 オリジナルのインクリボンもありますが切れてしまっています。 かっこいいですね Qの文字とか。 すこし剥がれた金文字とか。 紙の端までいくとチーンとなるベ […] [続きを読む]
  • ちいさなランプ
  • ほのかなあかり。 ガラスの脚に 薄いセルロイドのシェード。 モールと縁の渋金リボンがクラシックです。 ちいさな白熱球の光。 夕暮れ時になったら灯してほしい。 1900年代初期 フランスのものです。 高さ 30cm 32 […] [続きを読む]
  • 陶磁器 白
  • 陶器の白と、磁器の白 フランス料理の要、ソースをよそう器は陶器です。 ハンドルやソーサーにやわらかな貝がらのレリーフ。 2枚の小皿は磁器。 テーブルで使っても、アクセサリーをのせても似合います。 古くなれば、うつくしさが […] [続きを読む]
  • オレンジ色のホーロー
  • 冬の冷たさのなかのホーローは、さらに固く冷たいけれども せめてあたたかなカラーはどうでしょう。 艶っぽい、つよい質感。 あたたか色がにじんだようなバケツ。↑↑↑なんでも入るよ。 毎日つかうところに置いて 石鹸やブラシをい […] [続きを読む]
  • 陶器の燭台
  • 王冠をかぶったトリ? ではなく、左右にある、まるい穴。 ろうそくを立てるもの。燭台です。 こんなかたちです。 ヨーロッパの燭台は対になったものが多く、こちらもふたつ。 テーブルの左右、暖炉の左右、ツリーの両側などに シン […] [続きを読む]
  • クロモのカード
  • 冬のひかりは、冷たく白い。 1900年前後、こども向けに刷られたちいさなカード。 額もちいさなものに入れました。 クロモ と呼ばれる版画技術で刷られています。 これは隠し絵。(にわとりがどこかにいる絵) 昔のものは仕掛け […] [続きを読む]
  • 南仏陶器
  • 南フランスにヴァロリスという村があり、そこで焼かれた陶器。 ↑↑↑朝日のコントラストが強すぎるので、以下は室内で撮影しました。 紅葉したような葉っぱの皿。20cmほど。 とろりと分厚い釉薬の文様が。。クリームみたいな浮き […] [続きを読む]
  • 数字モノ
  • フランスのビンゴゲームのカード。 古びて いい色。 いぬにはちょっと やっぱり、、 オランダのものは、数字もオランダっぽいデザイン。 ホーローの白い数字はアパートの番地用。 丸い鉄の数字はフランスの。なにかに刺してたてら […] [続きを読む]
  • 古いカナモノ
  • 古いカナモノを実用しています。キッチンのフック。 このふたつは帽子やコートをかけるフック。 ちっちゃなフック、よく見ると天使の顔になっています。(オランダ) シンプルなフックも、これという形のものは、なかなかみつからない […] [続きを読む]