hihiro さん プロフィール

  •  
hihiroさん: 政治軍事にを考える
ハンドル名hihiro さん
ブログタイトル政治軍事にを考える
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/1751393
サイト紹介文90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/07/14 10:37

hihiro さんのブログ記事

  • アンケートの応募したら正解がないはずのアンケートがクイズとは他
  • 広範囲の意見が目的と思い、老骨でも参加できるかと応募したらクイズの四択だった。これアンケート。認知症誰もなりたくないが、病は理屈抜きに訪れる。なぜ起こる。予防手段は存在しなのか。有名、無名を問わず襲ってくる。、報道で有名人の名前を見ると、予想外の感覚をおぼえる。絶えず脳を刺激すべきか、ぼうーとしてると人名が浮かばない。何時日常の行動に異変が起こるか予想ができない。恥ずかしいのでなく、他人に如何に迷 [続きを読む]
  • 異常気象下のオリンピック開催は根本から考え直せ
  • 開催国が開催日時も決定できない制度に加えて、天変地異の激動の地球で、地球規模の一括開催は見直すべきだ。各競技の世界規模の競技会は選択の余地はあると思うが、資金負担の問題は、今より深刻となる。オリンピックの精神が次第にゆがめられ、ドーピング問題の複雑さはますます深化し何の為違反が無くならないか、もう一度初心に帰るべきだ。東京大会で公開を求め辛うじて今後の入り口が明確になった。君臨を許す時代ではなくな [続きを読む]
  • 岩盤規制は何時何の目的で出来たのか
  • 規制の目的を明確にすべきだ。競争させる時代だと安易に解除すれば,たちどころに破綻が生まれる。質の低下が顕著に表れる。生活賃金不足の現象を来たすことなる。どんな業種でも地域で生活するには、一定の利用者数が基盤となる。それを犯すと競争激化を来たす。国家資格の必要な業種は組合、業界団体が一応コントロールしている。このコントロールが邪魔で獣医学部がなかなか開設出来ないと岩盤に穴を明けたと言う。それが総理大 [続きを読む]
  • 獣医学部の岩盤は誰が築き、どうやって穴があいたか
  • 10年以上も岩盤規制に悩まされたとはどんな規制があったのか。前愛媛知事加戸氏の説明を聞くといかにも大きな規制と思はれる。実は容易に改廃できる単なる告示だと言う。獣医学の学問上の問題は獣医学会が賛同しないと、何かにつけて問題が生ずる。万機公論に決すべき事項だと思う。知事が誘致を計画されるのは自由である。知事が一方的にこれで一見落着とまくし立てても私は理解し難い。太平洋戦争の開戦時前の日本、二進も三進 [続きを読む]
  • 獣医学部新設について前愛媛県知事の発言聞こえたか
  • 加計学園獣医部を愛媛の多年の願望を縷々説明された。テレビで拝見したが私にはお声が低く内容が不明でした。本論は獣医学部の新、増設は加計学園だけでなかった点です。2〜3校あれば比較し選考すおれば、公の行政は淡々と進行する筈、そこに公私入り混じった交友関係が絡むと今回のようになる。愛媛県では十年以上前からい獣医の不足で悩んでおられたようだが、その間如何に対処されたのか。大学があれば卒業生は県内に就職する [続きを読む]
  • 長時間残業を命じ自分も適宜同席し助言をした事があるんか
  • 電通の実態は知らない。判っているのは、新入従業員に長時間残業を命ぜられ、着いてゆけず自らの命を絶った。検察側は不起訴相当といたが裁判所は起訴すべき案件と決定した。死を決めた周辺には、同僚も、直接の上司も見て見ぬふりをしたか、、誰に相談してよいやらそれすら迷いこんだ心境だったのか。普通深夜残業等すれば、顔色とか生気で疲労度は分かるものだが、それすら見届ける者がいない職場はむしろ閉鎖すべき企業環境だ。 [続きを読む]
  • 惰眠を貪る政党は自滅する
  • 自己の反省より他党との比較に汲汲とし、あれが無かったらこんな目 に合わなかったと老いの繰り言、惰眠を貪った現実を正視せよ。人事は運命まで狂わす。国会で招致された参考人議員、官僚、政府関係者の答弁を拝聴すると、誰が正しいか判別が出来た。本来は正論の討論であるべきを、肝心な人物は欠席で話が詰め切れない。普通我々の生活で将来の問題が起きた時証明として、分書、映像、録の必要と準備するが、政府は短期間の保存 [続きを読む]
  • 長たる器は責任の明確さにある
  • 「ガダルカナル島撤」退準備中、兵団の三岡参謀が方面軍の兵団に対する要望の無理、無計画に対し余りにひどいので例え話を例に、100円の預金を持っている者に50円で服を買え、20円で靴を買え,10円で帽子を、但し貯金の80円は残せと言うに等しいと言ったのが気に食わぬと処罰問題となった。桜田兵団長閣下は「あれは私が書かせた」と言われ日宇面軍参謀も二の句がつげず収まった。桜田将軍のえらいところは、自分で目を通しサインし [続きを読む]
  • 懸念三題
  • 変換で意味不明                                         北朝鮮のミサイル発射、日本海落下のニュースで、臨海線?さて海に向かって臨海とは何かと思った。これは臨界線即ち落下点の限界を意味しているのではないかと独り合点したが変換ご振り返らない欠点だ。先ず一秒でもよいから字引で自分も理解しよう。内閣の入れ替え信賞必罰。時を移さず最大の効果を求めるべきで、時間と共に減 [続きを読む]
  • 四つの話題
  • 何時でも発言が取り消せる政界の特典。何を言っても何時でも前言を取り消せる極めて有難いお話。勿論取り消さない人もいる。取り消しても杳として恥じない。聞いた人は取り消しなど記憶にない。マイナスイメージのみ鮮明に残る。何時かは野次罪?が持ち上がる可能性がある。そもそも野次とは他人の言動を非難、さげずり、冷やかし妨害することを言う。これにいちいち目くじらを立て、あんな人の負けたくないと言う。「あんな人」演 [続きを読む]
  • 今の自分に大臣をこなす器量がないのに命ぜられたらどうする
  • 自身満々の人、自信は無いが遣ってみたいなと慾が沸く人、総理から特別目を掛けられた人、様々な例に不自由しないほど存在する。何かの対抗馬として人選する傾向即ち小池元防衛大臣と現稲田防衛大臣、小池東京都知事に足して丸川オリンピック担当大臣ずれも成果ところかマイナスの結果が出ている。誰も咎めない。男女同権と言いながら女性にお飾り的仕事ぶりに文句ひとつ言えない。素より直接は文句も出よう。国民の腹立たしさは只 [続きを読む]
  • 政治を志す者を強くする方法はないのか
  • 議員の選挙後必ず出て来る言葉は、チルドレンに何が出来るか。衆議院、参議院、地方議員との未熟な議員が多数存在している。松板幸之助は政治家の小粒を憂い、一人でもいい本物の人物育成に私財をあて松下政経塾を作り国家百年の計を目指した。残念ながら明治維新時代の命を懸けた人物がいまだに輩出しない。今までの政治の流れを変えられない。二世三世議員も加わる。二世三世で親の地盤を覆す度胸は生まれっこない。では一匹狼で [続きを読む]
  • 大本営設置の観あり
  • 太平洋戦争のときは、昭和12年12月に大本営が設置された。動機は大本営を設置すれば統帥部の意のままに政策も動くと言う考えが強かった。大本営は統帥の府であって、政策は別に政府がやると言う正確な解釈も不十分で、後日国民を誤魔化す道具と化して、極めて危険な局面も多々あった。ガダルカナルの争奪戦と言えば一木支隊、川口支隊も相次いで軍旗もろとも敗退 半年にわたる死闘の末「ガダルカナル」を放棄、数万の人命、海 [続きを読む]
  • 頂点に立つ者は廻りには権謀術数なき人物を選べ
  • 聞く耳を持たぬ政党には、真実を感覚的にとらえた国民は惰眠してはおらぬ。結果は都議員選挙で如実に現れた。話題におならぬ時から新設学校建築工事が始まっていた。森友学園、加計学園問題、さらに拡大して獣医学部はもっと増やすべきだと言う。有識者会議、専門家会議、と第三者に結論をゆだねた形式には欺瞞を感じる。政党の議員はなにをやっているのか。禁煙一つ纏められない根拠は何か。他人のたいする健康被害が、気に入らな [続きを読む]
  • 自分の反省発言に悪足掻きする政治の貧困
  • 遣り返さないと気が済まない性質が反省の弁もただちに打ち消され、再び自説を再燃させる悪足掻きで、前以上に混乱させる、之は政治ではない。これは小役人の焼きが回った姿の為せる業、国民を小馬鹿にした発言、「獣医学校一校に限定せず3〜4校でも造ればよい地まで宣う。」大臣に任命してから教育しようとする浅はかさ、ひとたび戦争でも引き起こしたら、総理が誤って済む問題でない。徒に女性総理の生みの親にでもなりたいとし [続きを読む]
  • 死について
  • 小林麻央さんご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。歌舞伎役者の妻、家庭での妻、子供を持つ母親、健康でも大変な役の酣な時期に発病、事後はグログで病状、心境等を語られ、ファンもまた祈り励ます事が続きました。人は生まれた時から死へ向かって行く人生が始まり、突然いつ誰のところに来るかと不安に悩まされる時がある。そのうち年齢順でない病や事故にぶつかり亡くなる人が出て初めて死を意識する。場合によっては戦場に駆り [続きを読む]
  • 教育から人材育成を軽視した結果はこうなる
  • 東大卒、ハーバード大卒、何がえらいのか。アメリカかぶれで、自分より下の人だと侮る偽エリート思想の持主が、国会議員に現れた。東大はなにを教えたのか。アメリカに行って日本人のすばらしさを学んだ人もおれば、謝ることをしない悪習に染まり、国会議員として採用した政党の無知、やがて恥ずかしげも無き自民党の離党を飲まされたような議員が在職する国会の無力さ、何より教育の基本が間違っているのではないか、猛省を促す。 [続きを読む]
  • 何事をやるにしても万人に良い顔ばかりは見せられない
  • 豊洲市場移転問題、築地市場跡地の活用問題は、万人に良いと言う顔ばかりは見せられない。不便さを克服し使い勝手の良い市場を今後とも進めることが大事だ。批判は誰でも起こせる。しかし責任者が意思表明 を行い、当面オリンピックの駐車場、操作場使用計画がある以上それが終了するまで、築地市場跡地の利用は検討期間とみるべきだ。オリンピック自体完全に消化しきれなければ、いくら良案が浮かんでもあくまでも案である。自民 [続きを読む]
  • 情報管理の甘さ露呈
  • 政治は戦争と同じく情報の氾濫の中にある。国内、国外、公式の情報、枝葉に分かれた情報、今は何でもないと思われるが、以外に確信を突いた情報がある。先ずはバラバラのなまの情報を如何に管理するかが、組織の中で最重要な情報である。虐められれば偽情報が発生する。公平でないと真実を遺して置きたいが為に本当の情報を残したいのは人情だ。国家も今発表すると問題が大きいと判断すれば密約として資料を後世に残す。今加計学園 [続きを読む]
  • 国の重要なる職に在任中は国政以外の職は名誉職と言えども辞退すべきだ
  • 諸団体の会長などは一切在任中は辞退すべきだ。運動競技の会長また同じ。もう一つ「イイネ」式の単純な意思表示もすべきでない。そんな暇があれば、己を磨くことに専念願いたいし、後輩の育成に力を注ぐべきだ。先ず人物を見抜く眼力だ。国会の回答は第一に担当大臣が回答、総理はその中の勘所を集約すればよい。大臣を無能呼ばわりされるようでは、国は栄えない。突っ張ればよい程度の大臣が目に余る。平素から小さい事でも話を交 [続きを読む]
  • 勝てば官軍、公私混同は人心を倦ましめ、戦争は国を亡ぼす
  • 明治、大正、昭和と戦争の連続で、日本は身の程知らずと言うか、要人は国外事情も具に見分、他国との差も承知しながら己を顧みる心を失い、独善的精神論を打ち立て、国力の差を無視し、日本国内事情だけで戦争に追い詰められた。資源のない国は資源を調達すればよい、食料がなければ敵の食糧を奪えばよい。兵力は質を問題としなければ多少身体的障害も乗り越え、銃がなければ竹槍で戦えと、今でこそそんな馬鹿なことがまかり通るか [続きを読む]
  • アメリカ空母イージス艦の有ってはならぬ衝突事故の被害
  • 世界に誇るアメリカのイージス艦がコンテナー船と衝突、損傷を受けた。装備、能力、運営、あらゆる面で最優秀のはずのが、軍艦が損傷を受けたとなると、はたして何処に欠陥が潜んでいたか。精巧なるが故、運営する人間に未熟と言う重大欠陥がありはしないか。官庁の交代もあったようだ。トランプ大統領のアメリカ全部を把握していない好み人事がなかったか。戦争は好みでやるものでなく、あくまでも訓練が第一で、呆然と往来激しい [続きを読む]
  • 言い逃れの狡猾さが白日の下に晒される
  • 日本人同志が日本語の会話がお互い理解しようとしないのは何故か。森友学園問題、加計学園問題、共謀罪問題、いずれも金国会で延々と追跡と言い逃れに終始した其技法の国会は、後世の汚点となる政治である。信念をもって政治をやっていれば、それが真実である限りとことんまで言論を戦わせるべきだ。公明正大ならば、相手をゲスの勘繰りと言う前に、正しい政治をやるべきだ。国内の政治でこれだ。外交でのテクニックに一抹の不安を [続きを読む]