紗蘭 さん プロフィール

  •  
紗蘭さん: 紗蘭  UKISS/EXO/VIXXの ”愛を綴る”
ハンドル名紗蘭 さん
ブログタイトル紗蘭 UKISS/EXO/VIXXの ”愛を綴る”
ブログURLhttp://ameblo.jp/fufufu-878/
サイト紹介文K-POPで妄想・愛の物語を綴ってます。ただただ、愛って良いなあって言うお話です。
自由文K-POP大好き
大好きな彼らと同じ時を生きている喜びを表したかった。
BL大好き、腐女子です。
でも、K−POPをを愛してやまない人々と共に、愛のお話しを妄想していきたい。
彼らの、美しさと愛の素晴らしさを描ければ良いのですが・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/07/17 20:40

紗蘭 さんのブログ記事

  • シウミン愛の告白 84
  •     「美しい人」 ー「だあ」さん・傷心の記憶(2)ー 「!?」 タクヤが、何かに気がついた。 「バイク買っても、学園に置けない。  どうやって乗り回すんだ?」 「そうだ。  学園の前は一本道だから  隠して置くところも無いよ!」 「タクヤ、良く気がついたな。 [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 83
  •     「美しい人」 ー『だあ』さん・傷心の記憶(1)ー 「だめだ、だめだ!!  いい加減にしろ!!  何を考えているんだ!!」 「だあ」さんの怒鳴る声。   店の外まで聞こえている。 「だあ」さんに何があったと言うのか? 「何だよ、そんな怒鳴らなくてもいいじゃないかよ。  [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 82
  •       「美しい人」 ーベッキョン悪魔の目(3)ー 辛い・・・ ベッキョン、お前の涙を見ているのは辛い・・・ もう、泣かないでくれ・・・ 泣くなベッキョン。 本当に、私で良いのだろうか・・・? 生徒だから? 教官だから・・・? 自分の気持ちを黙殺し、否定する。 そんな自 [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 81
  •       「美しい人」 ーベッキョン悪魔の目(2)ー グレイは、自分の動揺を必死で隠していた・・・ 「ベッキョン・・・  私は、君の気持ちを受け入れられない。  愛の無い行為は無意味だよ。  私は教官で、君は生徒なんだ。  それを覆すような事は、私には出来ない。  ベッキョン・・・  [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 80
  •        「美しい人」 ーベッキョン悪魔の目(1)ー                          =グレイ教官の部屋= トントン・・・ 「先生・・・  僕だよ」 「ベッキョン・・・  外出禁止時間だというのに何をしているんだ。  仕方が無い、さあ早く中に入りなさい」 &nb [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 79
  •    「美しい人」 ーシウミンの愁い(17)一 =「ル・モンタナ・バーランド・カレッジ」教員執務室= 「た、た、大変です!  先生方、びっくりですよ。  私の授業に  あのジョンイン達が出席しました。  あの、五人組です!」 「ジーグラス先生、そんなに興奮なさらないで・・・  皆さん既にご [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 78
  •      「美しい人」 ーシウミンの愁い(16)ー 東屋での昼下がり・・・シウミン達は、食堂で昼食をとると 授業にも出ず、何時もの東屋でまったりしていた。 さっきからベッキョンが、シウミンをちらちら見ている。 シウミンは軽くうなずくと ゛大丈夫・・・゛ 、目で答えてやる。 「ジョンイナ・・・ [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 77
  •    「美しい人」 ーシウミンの愁い(15)ー 夜が明けて来た・・・ カーテンの隙間から日の光が差し込んで来る。 ベッキョンは、その晩一睡もせず考えていた。 "シウミン、ジョイン・・・  二人、このままじゃいけない。  諦めちゃあ駄目だ。  このまま、自分の不運を受け入れちゃあいけないんだ!"  [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 76
  •     「美しい人」 ーシウミンの愁い(14)ー ゛ジョンイナ、又、ハーレーを見てる・・・  好きなのか?  それとも、何か思い出してるのかな?゛ シウミンは少し気になったが本人に確かめる事はしなかった。 ジョインが何も言わないという事は、今は聞かない方がいいのだろう。 シウミンは、気付かないふりをした。   [続きを読む]
  • 京都へ出国
  • 京都へ出国たしました大袈裟やん・・・ 出かけちゃいました 名張に引きこもり、出不精になっておりましたが・・・ えいやっと! 京都へ行ってまいりました(^_^)/         おお! 素晴らしい  かの有名な、祇園でございます 祇園・京都のお寺(@_@) 人がわいて出て来たよう [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 75
  •        「美しい人」 ーシウミンの愁い(13)ー バイク屋の『だあ』さんと、セリナ姉さん夫婦。ガチャガチャと落ち着きのない二人だが、根はやさしい人柄だった。友達想いのジョンインの話を聞いて、ついつい世話を焼いてしまっている。 セリナ姉さん、どこかへ連絡を取っている様子・・・ 「ディオ?  セ [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 74
  • 「美しい人」 ーシウミンの愁い(12)ー 『ル・モンタナ・バーランド・カレッジ』 バーランド公爵が設立した、私立の学園。 世間と隔離し、国を支える精鋭を育てる教育機関。 首都の町を囲むように連なる山並み、その山々の奥 [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 73
  •         「美しい人」 ーシウミンの愁い(11)− レイは、幸せだった。 目の前には、朝日に輝く天使がいる。 しばらく見つめていると、長いまつげが震えて・・・ パチッ!という音が聞こえて来るみたいに目が開き、透き通る瞳が現れ見つめてくる。 至極の時間だった。 「シウ・・・ おはよう。  よく眠れた?」&nb [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 72
  •         「美しい人」 ーシウミンの愁い(10)ー ・・・うぅぅぅん ・・・眠れない。 ひたひたひた・・・ 寝静まった、宿舎の廊下に足音がする。 部屋の前に来ると、小さくノックをしていた。 ”トントン・・・” ”ふあい・・・” 中から、寝ぼけたレイが出て来た。 「さむい・ [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 71
  •         「美しい人」 ーシウミンの愁い(9)ー シウミン、レイ、ジョンイン、タクヤ、ベッキョン・・・ 五人は何時も一緒に行動するようになった。 ほとんど授業にも出ず、だだっ広い学園の中をフラフラと散策し 結局、裏山の東屋にたむろしていた。ただ・・・ シウミンは、好きな歴史の授業だけは出ていた。 しかも、理工 [続きを読む]
  • ハッーピーバースデー?シウミン生誕祭(一週間前)
  • 1990.3.26                                                                                                                                                                                [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 69
  •         「美しい人」 ーシウミンの愁い(7)ー 寄宿舎練ーA棟(一学年) A−101の部屋の前トントン・・・ 「はい、どなたですか?」 「今日、転入して来たレイです。    聞きたい事があるので、ドアを開けて下さい」 ドアが開いて、中から出て来たのはクラスの級長シリルアンディ。& [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 68
  •     「美しい人」        ーシウミンの愁い(6)ー          ”『ISCK』にいたのか・・・” ジョンインはつぶやいた。 さっき不意を突かれたのもあるが、腹を突かれて地面でのたうつ羽目に もう学園一番と粋がってはいられない はあ〜、ため息が出るぜ・・・ 三人は、気が抜けたように東屋にあるイスにすとん [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 67
  •        「美しい人」 ーシウミンの愁い(5)ー                  シウミン・・・「何故、知っているんだ?」 ジョンイン・・「何故、知っているんだ?」 シウミンは警戒していた。 ”こいつ何者なんだ、普通は知るわけないからな” ジョンインは、何を言っているんだという顔 [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 66
  •      「美しい人」 ーシウミンの愁い(4)ー 「シウ、戻ろうよ・・・」 「イヤだ!!  あんな堅苦しい授業受けたくない!  サローヤンのやろう、棒でぶちやがった   くそっ!!  たかが、教師のくせに」 「でも、シ [続きを読む]
  • シウミン愛の告白 65
  •       「美しい人」          ーシウミンの愁い(3)ー ー1-Aの教室ー 「なあ、ジョンイナ・・・   さっき女子が騒いでいたのって  あれ、転入生の事だぜ」 教室の後ろで窓際の棚に座っている二人の方を向いて [続きを読む]
  • 愛するケビンへ・・・
  •                    I LOVE KEVIN こんな日が来るなんて・・・ 2017・3月 なぜ? 今なの・・・? あなたの幸せを考えれば、笑顔で送り出さないといけないのだけど けど・・・ 心が付いて行けない・・・ K−POPに導いてくれたのはあなたでした。 2011 neve [続きを読む]