Junna さん プロフィール

  •  
Junnaさん: 食べもので放射能対策
ハンドル名Junna さん
ブログタイトル食べもので放射能対策
ブログURLhttp://radijp.net/
サイト紹介文自身も放射能防御をしながら、食品や栄養でできる限りの対策をするための情報をメモしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/07/18 17:52

Junna さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本ブログ終了のお知らせ
  • このたび、本ブログを終了し、閉鎖することとなりました。これまでの記事は、以下URLブログにて、加筆修正の上で移転いたします。せっかく訪れてくださった方々には申し訳ありません。 健康食習慣で体キレイ日記☆ [続きを読む]
  • 生活圏から離れた森林 除染しない方針固める
  • 福島第一原発事故で汚染された場所の除染作業がされてきていましたが、生活圏から離れた森林は除染しないという方針が固まったとのことです。 生活圏から離れた森林 除染しない方針固める 東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、各地で行われている除染を巡り、国は住民の生活圏から離れた森林について、除染で落ち葉を取り除くことで土砂が流出するなどの悪影響が懸念されるとして、除染を行わない方針を固めました。 福島第 [続きを読む]
  • 食品の放射能検査地図(2015年上半期) by ホワイトフード
  • ホワイトフードさんから、食品の放射能汚染地図の2015年上半期版が出ていました。こちらに転載します。 食品の放射能検査地図(2015年上半期) ■カテゴリー別の放射能検査地図(市町村別) (地図拡大) ■カテゴリー別の放射能検査地図(都道府県別) (地図拡大) 長野県がけっこう高く出てますね。。私が今いる所です。 【海産物】 http://news.whitefood.co.jp/tag/map_fish/ 【肉類】 http://news.whitefood.co.jp/tag/map_m [続きを読む]
  • 九州電力・川内原発2号機、15日に再稼働
  • 川内原発2号機が明日再稼働されてしまいます。 九州電力、川内原発2号機で最終点検作業−制御棒など確認、あす再稼働へ 九州電力は川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)2号機の再稼働に向け、核分裂を抑える制御棒が正常に動くかどうかなどの最終点検作業を14日に行う。問題がなければ15日に再稼働させる見通し。原発の再稼働は8月の川内1号機に続く2基目となる。関西電力高浜原発(福井県高浜町)3、4号機や四国電 [続きを読む]
  • 高汚染の福島国道6号線で子どもたちや高校生が清掃活動
  • 線量が高い福島の国道6号線で子どもたち〜高校生に清掃作業をさせていたことがわかりました。狂っています。 5年ぶり「清掃ボランティア」 国道6号で1400人が汗流す NPO法人ハッピーロードネットや浜通りの青年会議所でつくる「みんなでやっぺ!きれいな6国(ろっこく)」実行委員会は10日、浜通りの国道6号で5年ぶりとなる清掃ボランティアを行い、住民ら約1400人が古里の道の美化に向けてごみ拾いに汗を流した。 [続きを読む]
  • 岡山大・津田教授:福島の甲状腺がん発生率は50倍
  • 岡山大の津田教授から衝撃の発表でした。外国人記者クラブで渓谷の会見をされていました。 甲状腺がん、発生率50倍。言いにくいことを言ってくれてる。 pic.twitter.com/Tz3IZsGW18 ― 松野大介 (@daisumatsu) October 9, 2015 ネットのニュースにもありました。 福島の甲状腺がん発生率50倍…岡山大・津田教授が警告会見 岡山大大学院の津田敏秀教授(生命環境学)が6日付の国際環境疫学会の医学専門誌「エピデミオロジ [続きを読む]
  • 逃げられるのならば逃げましょう
  • 諸事情で日本にしばらくいなければならなかったため、栄養や生活習慣で放射能を防御しようとやってきたわけですが、やっぱり予定を変えて逃げることにしました。 相当気をつけてきたつもりでも、原因不明の体調不良になり、夫にいたっては白目が血で赤くなってしまいました。(姉妹ブログ記事に同様の症状をまとめてます) ここにも書いているけれど、やはり然るべき最善は避難なんですよね。ただ流通などを介して汚染は全国に広が [続きを読む]
  • 福島でオーロラ目撃(偽情報が疑われる模様)
  • 2日ほど前ですが、福島でオーロラが目撃されたという情報が出回っていました。真偽のほどが不明とは思っていたものの、ガセ情報である可能性が高いです。 逆に工作員が「ガセ」ということにしているということもなきにしもあらずですが、福一原発の危機的な状況を考えると、何かしら関係があるのでは…と疑ってしまうのも理解できます。 以下がその出回っていたオーロラという画像です。今はPhotoshopなど画像編集ツールでいくら [続きを読む]
  • 過去の記事 …