みどりの小野 さん プロフィール

  •  
みどりの小野さん: おのにち
ハンドル名みどりの小野 さん
ブログタイトルおのにち
ブログURLhttp://yutoma233.hatenablog.com/
サイト紹介文会津からお送りする「おのにち」はてなブログで田舎暮らしや本のレビューを書いています。
自由文みどりの小野の雑文ブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/07/18 20:54

みどりの小野 さんのブログ記事

  • 赤い服も素敵
  • 私の職場の50代女性たちが、いつもオシャレでとっても素敵なのである。背筋がぴんと伸びていて、シャキシャキ早足で歩く。パンツにシャツという、動きやすいベーシックなファッションだけど羽織っているカーディガンがみんな素敵。カナリヤイエロー、エメラルドグリーン、コーラルピンク!ダークトーンが多い職場なので、いっきに華やかになる。きれいな色の服は見ていて楽しい、明るい気分になる。みんなで同じ形のカーディガンを [続きを読む]
  • 2017年に読む『すべての男は消耗品である』
  • 前にも書いたけれど、kindleアンリミテッドサービスを利用している。最近借りたのが「すべての男は消耗品である」完全版。1984年8月〜2013年9月の30年間分のエッセイ全349編が収録されている。とにかく厚い。目次を読むだけでも大変なボリュームである。毎晩寝る前に少しずつ、懐かしい気分で読んでいる。すべての男は消耗品である。VOL.1?VOL.13: 1984年8月?2013年9月 連載30周年記念・完全版作者: 村上龍出版社/メーカー: 村上 [続きを読む]
  • ダイエットは続くよいつまでも
  • チルドさんのダイエットをやめるぜ!みたいな記事を読んだ。わかーるわかるよきみのきもち…。cild.hatenablog.comダイエット中にも関わらずカツライスを食べてしまった私にはとても刺さる記事でした。ダイエットって終わらないのよね。痩せた!と思っても、元の生活に戻れば元通り。リバウンドしないためには、体重の変動のない健康的な生活をずっと続けていかなくちゃいけない。自分をきちんと律することのできる、己に [続きを読む]
  • 断片の恋人
  • ブログ、と言う不思議な名前の人が書いた文章を読んだ。増田みたいに個人的な文章が綴られた、小さな日記。最初は映画の助監督、と言う変わった職業に惹きつけられて。そのうち忙しい仕事の支えが恋人とか、すっぽかされたデートの話とか、かつての自分にも重なるような話が出てきて、ほろ苦い気分になった。続きが読みたいです、と小さなメッセージを送ったけれど、私が惹きつけられたのは恋人たちの行く末ではなく切り取られた断 [続きを読む]
  • Kindleアンリミテッドで全巻読めるマンガ『テンプリズム』
  • Kindleアンリミテッド、スタート時は流行ったけど最近は記事を見ない。私は休んだり、また加入したりを繰り返しながら実はそこそこ継続している。ラインナップが定期的に入れ替わるので、読みたい本がなくなったらやめて、しばらくして読みたい本を見かけたら加入、と言う感じ。月980円だけど、この間借りた「すべての男は消耗品である」全話(村上龍。懐かしい!)は1冊1,250円だから、読まない期間や忙しい時期は1ヵ月休む、を忘 [続きを読む]
  • 清野とおる『ゴハンスキー』を読んで憧れる北区赤羽
  • 赤羽行きたい。憧れのきっかけは清野とおるさんの「ゴハンスキー」である。絵は綺麗じゃないし(というか時折怖い)食べ物もあまり美味しそうじゃない(なぜか隅に座ると気分が悪くなるお好み焼き屋の話もある。もはやグルメですらない)。100円ローソンで売ってるホタルイカをライターで炙って食べるの最高!みたいなチープな話が載っている。でもそれがいい、そういうのが大好き。現代はインスタやTwitterに、美味しそうな食 [続きを読む]
  • 閉じた世界を切り拓く?気持ちの簡単リセット方法
  • 最近子どもたちがスポーツに勉強に、いろいろ頑張っている。子どもが頑張っているのだから、親も頑張らなくてはいけない。週末は大会の応援、練習の送り迎え。平日は地区委員会、別の夜は学童の委員会。そのまた別の夜はPTA委員会。子どもの応援は楽しいからいいのだが、子ども関係の委員会は重なりすぎて少し辛い。しかもなぜか、役職は全部会計である。なぜみんな会計なのか。私は会計ヅラなのか。いろいろ悩ましい。こんなふ [続きを読む]
  • ロコンドで靴を買ってみた話。
  • こんにちは!好きな靴はズックです、おのにちです。毎日ぺったんこです(乳の話ではない)。職場ではカウンターでお客様から見えないのをいいことに健康サンダル、通勤はスニーカー。休日も子供を言い訳にスニーカー。たまの出張は冠婚葬祭兼用楽々黒パンプス。楽に流されて、気がつけば顔だけではなく足までも、平たい族になりつつある今日この頃…(足って、楽な靴ばかり履いていると横に伸びていきませんか?)こんな私ですが、 [続きを読む]
  • ずっと真珠を探してた
  • 最近たくさんの女子高生と会う機会があって、その眩さに目を細めたくなった。みんなキラキラ輝いていてとても可愛らしい。若いということはそれだけで綺麗だし、かわいらしいのだ、としみじみと感じた。髪も肌も輝いていて、真新しかった。かつての私によく似た、メガネでぽっちゃりで少し垢抜けない、前髪で世界を遮断しているような女の子もいた。でもそんな姿も純朴に見えてかわいらしい。高校という小さな輪の中にいた時は、 [続きを読む]
  • 最近話題のMastodon(マストドン)を遊んでみた感想。
  • タイトル通り、話題のマストドンを少し遊んでみました。きっかけははてなブロガーで、いつも顔色の悪いelve姐さんのこの記事。elve.hateblo.jpこれを読んで、アカウント作ってログインすれば姐さんのシマに行けるのかな…鉄分を送りたい! と思って最初に行ったのが最大手mstdn.jp。わーい、文字が高速で流れていくよ♪ (凄まじい勢いで流れていくTwitterのタイムラインを想像してくれ!)なんだこれは⁉私はどこにいるの⁉迷子! [続きを読む]
  • 社会の「息苦しさ」を変えていくのは誰?
  • 最近立て続けに辛い話を見かけた。一つは消防団の方達が大会帰りにうどん店に立ち寄ったらメールで咎められた、という話。もう一つは教職課程雑誌に載せられた座談会の話が酷すぎる、という訴え。www.buzzfeed.com悪いけど、Aさんは保護者辞めて欲しい。できればBさんにも。こんな保護者がいると、若手の立場がない。鍵を外しました。拡散してください。 pic.twitter.com/vCj27qWDhf― ぽむ (@pompompompompo_) 2017年4月26 [続きを読む]
  • 君と出かけたい!デート漫画「オデットODETTE」の魅力。
  • こんにちはおのにちです!暖かくなるとフットワークも軽くなって、いろんなところにお出かけしたくなりますね。そんな時に見つけたのが日当貼(ひあてはる)さんの漫画「オデットODETTE」(COMICポラリス連載中)。一組のカップルが毎回いろんな場所にお出かけする、デートコミック。お話の作りとしては最近流行りの1テーマ、一話完結型の漫画なのですが(お取り寄せ王子とか北欧女子オーサみたいな)取り上げるテーマがご飯じゃな [続きを読む]
  • 疾走する少女の物語‐「マルドゥック・スクランブル」
  • 先週末、Twitterのタイムラインを眺めていたら「マルドゥック・スクランブル」が積んである、みたいな呟きがあって、うおおおおお!よろしければぜひ読んでくだせぇ!感想聞かせてくだせぇ!とかなり暑苦しく思ってしまった。直接話しかければいいのだが仕事中だったため、こんなところで、しかも今頃ひっそりとエアリプさせていただきます。めんどくさいって言うな!「マルドゥック・スクランブル」はかなり昔に感想を書いた [続きを読む]
  • 都会の結婚、田舎の結婚
  • 最近『貧乏と恋愛』というphaさんの記事が話題になっていた。貧乏と恋愛 - phaの日記内容には完全に同意だが、私にはどうしても実感の湧かない部分もある。コメント欄にあった「お金のある男性としか付き合わない女性」はどこに生息しているのか?という問題である。また、phaさんの記事を受けてニャートさんが書かれた記事にも色々と考えてしまった。お金の打算をしないで恋愛できる女性が少ない理由 - ニャート私の周りにも独 [続きを読む]
  • ジョイナーとサーバルちゃん、どっちが足が速いのか問題
  • 4月3日、先週の月曜日の朝の話を今更。その日は年度始め。心を入れ替えて、いつもよりきちんとした服装、早めの時間に職場に着きました。コーヒーでも入れようか、なんて優雅な気持ちでマイカップを取り出したとたん、思い出したのです。今日から駐車場のスペースが1つ右に移動になったことを。私の職場は社屋、庭園、駐車場と田舎らしく無駄に敷地にゆとりがある作りになっています。時間に余裕があるときは庭のツツジや桜、藤棚 [続きを読む]
  • チアシードとフラフープで痩せたい!「腸内デブ菌」本を読む。
  • 健康は、好きですかっ…!色々せっぱ詰まっています、おのにちです。最近お見舞いに行く機会が多くて。気がついたのは、ガンは本当に身近な病なんだなぁ、ということ。今や日本は三人に一人がガンで亡くなる「ガン大国」。勿論見た目の美しさも大事ですし、気になりますけど、だんだん「健康」のためにダイエットを考えなくちゃいけない年なのかなぁ、と思うようになりました。肥満は様々な病気の要因にもなりますし。痩せたい…し [続きを読む]
  • 恩田陸「終りなき夜に生れつく」を読んで「夜の底」に戻る。
  • 今日はタイトルどおりの内容。恩田陸さんの短編集「終りなき夜に生れつく」を読んで、とても面白かったのだけれどもう一回上下巻の長編「夜の底は柔らかな幻」を読み返さねば!という気分に。週末は恩田陸ウィークになりそうですよ…というお話。「終りなき夜に〜」は「夜の底は柔らかな幻」に登場するキャラクターたちの過去が語られるスピンオフ短編集。私は帯を読まなかったので、スピンオフだと気がつかず、でも在色者とい [続きを読む]
  • 神様は希望の味?−恒川光太郎「無貌の神」
  • 恒川光太郎さんの「無貌の神」を読みました。6編の物語が詰まった、短編集。帯には大人のための暗黒童話、というキャッチコピーが。童話というより、神話や伝承を思い出す、不思議な味わいの短編集でした。表題作「無貌の神」はタイトル通り、顔のない神が住む村の話。戦火の渦から逃げるうちに、霧のむこうの集落にたどり着いた主人公。村はかやぶき屋根の、粗末な家が数軒あるだけの場所。仕事はなく義務もなく、人々はただ [続きを読む]
  • 怒りの虎を飼い馴らす日
  • 異動転勤の季節です。行く人来る人、人事異動の名簿を眺めていたら遠い昔、遠い街に去っていった人を思い出しました。あの人は元気にしているでしょうか?今日は遠い日の思い出話をひとつ。若い頃花屋に勤めていました。金曜日の閉店間際、仕事帰りのスーツ姿で、アレンジメントを買いに来る男の人がいました。背が高く、少し太っていて穏やかな話し方で、ムーミンパパに似ていると思いました。パパは既婚者で、奥さんが入院して [続きを読む]
  • 面接はロック調で
  • 共感できる記事が好き、なんて話をこの前書きました。ちょうどそんな素敵な記事二本と出会い、あるあるある!と小ネタを思いついたので、今日はまとめて小さな記事に。面接の思い出miraimemory.hatenablog.jp未来メモリーさんの面接の思い出を聞いて、私もいろいろ思い出しました。あの独特の空気感、当時は緊張したけど今思い返せば懐かしい。面接時に隣り合わせた人は、なぜか仲良くなれそうな人が多かったです。同じ会社を志 [続きを読む]
  • 伝わる?共感余白文章術
  • ブログを書くときに、小手先のテクニックよりも魂を込める!書きたいことを情熱込めてかきゃー必ず伝わるんだよ!というホノオモユル的ブログ論をよく聞く。確かに、すごくこの話が書きたい!書かねば!というテーマがあるときには筆も進んですらすら書けるし、情熱が伝わるのか他者へも届きやすいような気がする。だがしかし。私は本音を漏らす。みんなホントに、そんなに描きたいネタがあるのかよ!?そりゃあ私だって、毎回た [続きを読む]
  • 羽田圭介「成功者K」-私の視点はどこにある?
  • 羽田圭介さんの「成功者K」読了。妙な緊迫感があって面白かった。一気読み。芥川賞を取って、TVに引っ張りだこになって、女性にも不自由しなくなった成功者Kの物語。それは著者の通ってきた道筋によく似ているのだけれど、でも…。どこまでが本当でどこまでが虚飾?それとも本当なんて一つもないの?現実と虚構の合間を行き来するようなメタ・フィクションでした。私は羽田圭介さんのことを「王様のブランチ」やバラエティ番 [続きを読む]
  • 何をどこまで信じたらいいか、という話
  • 今日はちょっとゆるっともやっと、はてなブログのお話を。こういう内輪話は一部の人にしか面白くないかなー、と書かないようにしていたのですが、たまに私的な話を。公開するのをためらっていたので、話が少し古いです…。私の好きな女性ブロガーさんが、昔からファンで大好きで憧れている、と言っていたブロガーさんに向けて手紙のような記事を書いていました。私は彼女が昔からその人に憧れていたのを知っていて(私もその人の [続きを読む]