みどりの小野 さん プロフィール

  •  
みどりの小野さん: おのにち
ハンドル名みどりの小野 さん
ブログタイトルおのにち
ブログURLhttp://yutoma233.hatenablog.com/
サイト紹介文会津からお送りする「おのにち」はてなブログで田舎暮らしや本のレビューを書いています。
自由文みどりの小野の雑文ブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/07/18 20:54

みどりの小野 さんのブログ記事

  • 夏休みに!おすすめ地底探検SF6選
  • 夏休みです!夏休みなので、県民として福島が誇る鍾乳洞、あぶくま洞にて涼んできました!暗いぞ狭いぞ綺麗だぞ! 入場チケット1200円(ネット割引あり!)にプラスして200円払えば、ものすごく狭い所を登ったりくぐったりする探検コースにチャレンジできるのですが、そこがめっちゃスリリングで楽しい!あぶくま洞 あぶくま洞に行くなら探検コースが絶対にオススメです。ただ175cmのダンナはかなりギリギリだったので [続きを読む]
  • 残暑お見舞い頂きました。
  • 葉書など、書かない/貰わない昨今ですが、素敵な暑中お見舞いを頂いてしまったので、紹介します。会津に住むみどりの小野、という私のことを上手く盛り込んで、私のブログのことを『今、日々その暮らしを紡ぐ』と書いてくれているのだ、と思います。「小町」は、私が普段『はてなブログの小野小町』と呼ばれているところから来たのでしょう(事実無根)。緑の風が吹いてくるような、自分のブログを少し誇れるような、とても素 [続きを読む]
  • 便乗牛乳石鹸CM・ショートストーリーズ
  • 牛乳石鹸CMがこの夏、盛り上がってますね。最初はケーキ腐るーー!とかプレゼント当日でいいの⁉と戸惑ってた私ですが、皆様の色んな意見を読むうちに一周回って面白くなってきました。そんな訳で今日は三者三様、家族の目線に寄り添う「私の考えた牛乳石鹸ショートストーリズ」です。父・浩文編「電話、大丈夫ですか?」部下に心配されて、浩文はつい携帯を気にしてしまう自分に気が付いた。何やってんだろ、俺。落ち込む部 [続きを読む]
  • 本当に「こんな時代に生まれてきた子どもはかわいそう」なのか?
  • お盆で、久しぶりに学生時代の友人たちと会った。 ちょうど同じ年頃の子どもを育てている私たち、自然と自分が育った時代と、今の子どもたちを取り巻く環境の違い、という話になった。そんな中で友達がこぼしたのは『こんな時代に生まれてきた子ども達はかわいそうだよな』という言葉だった。私たちの暮らす田舎の町には少子高齢化、それから過疎問題の影響が如実に表れている。都会に比べて、保育所も幼稚園も空きがあるのは恵ま [続きを読む]
  • 子育てシェアハウスから学ぶ、新しい家族の暮らし方
  • phaさんのビルを建てよう、という記事を読んだ。pha.hateblo.jp巨大なシェアハウスビル。実際に出来上がったら入居費はそこそこ高額になりそうだけど、かなり面白い暮らし方だと思った。シェアハウス、という言葉が定着しつつある今、若い世代向け、もしくは貧困層向けだったシェアハウスもこんな風に進化・細分化していくのだろう。国の政策で老人ホームが増えなくなった今、代わりに高齢者向けの介護付きシェアハウスが増えて [続きを読む]
  • 夏休みはやっぱり険しい
  • タイトルは大江千里(ポンキッキーズエンディング)の歌声で読んで頂けると幸い。えっと、夏休み真っ盛りな訳ですよ奥様。お宅のお子様も、毎日プール行ってアイス食べてお腹出して寝てますか。おかげでまっくろくろすけな子どもたち。 足の裏と手のひらだけが白いので、暗闇で光って見えて、ひぃっ!寝室にウーパールーパーが!と恐れおののかなおのにちですこんにちは。しかしなんでウーパールーパーだと思ったんでしょう?飼っ [続きを読む]
  • 生涯モラトリアム?大人になるとはどういうことか
  • 週末に思春期の子供に関する講演会に行ってきた。その中で「大人になる」とはどういうことか?と言う話が出てきた。キーワードは「3つの自立」である。自己選択、自己決定、自己責任。その三つを果たして初めて自立した大人と言えるのではないか、と講師は語っていた。しかし体の成熟度と心の成熟度には乖離がある。さらにホルモンバランスも相まって思春期の子供は不安定になる、また社会構造の変化によってモラトリアム期間が長 [続きを読む]
  • これが人生最後のカレー!?ファイナルカレーを作ってみた
  • 突然ですがお宅のカレー、手抜きじゃありませんか?忙しいからカレー、献立が思いつかないからカレー。そんな扱いでいいの、日本の国民食カレー!?…なんて熱く語ってみましたが、なにを隠そう手抜きカレーは我が家の話。若い頃は無印のグリーンカレーキットにハマったり、様々なスパイスが入ったカレーキットで手作りしたり、華麗なカレーライフを楽しんでいたものです、カレーだけに!(うわ)それがなぜか、今や消え失せてしま [続きを読む]
  • 夏だからあえて!あったか鍋料理のススメ。
  • 盛夏です!毎日暑いです、死にそうです!外は暑くて汗ダク、室内ではクーラーの効いた部屋で冷たい飲み物…。そんな生活しちゃいますよね?そして体調の悪くなる子どもとダンナ…彼らの共通点はクーラー直下のソファでゴロゴロするのが大好きってこと!頭痛い?お腹痛い?オマエラ冷えてるやんかーい!とはいえクーラーを切るのは流石にキツイ。今日は、冷えたお腹を温める生姜たっぷりの暖かい肉団子鍋を作りました。クーラー [続きを読む]
  • 夏の日、君のつむじ
  • 夏なので、今日は夏休みの思い出話を。高校の夏休み、休み明けの文化祭の準備のために、クラスメイト達と一緒に高校近くの工場まで、木材を貰いに行ったことがある。2m近くある長い木材を、二人で運んだ。重量があるため、女子二人ではキツイ。自然と男女ペアの組み合わせになった。私はたまたま最後尾、友達が好きだと言っている男の子との組み合わせになってしまったので、少し気まずかった。学校まではそれなりに距離があり、 [続きを読む]
  • 『考え方が変わった』と揶揄されるブログの特徴
  • 山田ズーニーさんの『伝わる・揺さぶる!文章を書く』という本が好きで、時々読み返している。文章の細かなテクニックより、他人と向き合う、人の心を動かすにはどうしたらいいのか?という基本的なコミュニケーションに重きを置いている一冊。上手く人に寄り添うための心の在り方まで伝わってくるから、ストレスで心が凝り固まってしまった時にはピッタリなのである。伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)作者: 山田ズーニー [続きを読む]
  • 坂のある町が好き
  • 孤独のグルメseason6、長崎飯店の話を見た。渋谷の、長崎料理のお店。長崎ちゃんぽん、皿うどん!皿うどん、大好き。パリパリのカタ麺、お酢ドバドバ、辛子もたっぷり。ただしアレはビール無しでは食べられない。私にとって皿うどんは最高の酒のツマミなのだ。分かりますよね?あのパリパリの、スナック感。ツマミよツマミ。リンガーハット 長崎皿うどん 4食入り出版社/メーカー: 株式会社リンガーハットメディア: その他この [続きを読む]
  • 人が恋に落ちる瞬間を見た-売野機子『ルポルタージュ』
  • お久しぶりです、おのにちです。来週締め切りの仕事が忙しくて、正直日々うわの空の昨今。でもあんまりブログを休むと、書きかたを忘れそう…ってことで、今回は大好きだけどまだ感想が定まっていないマンガに感じたことをツラツラと。まだ一巻しか出ていないけれど、なんかすごいぞ、これは『今』だぞ、リアルだぞ…って思わせてくれるマンガが、売野機子さんの『ルポルタージュ』であります。ルポルタージュ (1) (バーズコミッ [続きを読む]
  • 方言とマイノリティー
  • 方言をいじる事はイジメでは無いのか、とelveさんが記事で問いかけていた。いろいろ考えさせられたので、今日は方言とマイノリティーについて、私なりに考えたことを書いてみたいと思う。elve.hateblo.jp絶滅する方言elveさんは自分が嫌な思いをした経験として、北海道訛りがいじられる話を書いていた。No.1291 方言のこと - ダメシ添加大戦elveさんの場合いじるのは同居人だけど、同じように東京の大学や職場で訛りをいじられる [続きを読む]
  • 歌合戦、参戦します!
  • この記事を読んで、『会津弁ひまわりの約束』に呼ばれた気がしたのでノリで歌ってみました(いいかげんこのノリの良さをなんとかしたい40歳)。www.kandosaori.comカラオケボックス行くの面倒だったので、自宅パソコンに入ってたボイスレコーダーアプリにアカペラで録音、サウンドクラウドにはじめてアップしました。これで多分聞けるはず。あっ、素人のカラオケだからごにょごにょごにょごにょ言うの禁止な!音痴!?うっせえば [続きを読む]
  • 『誰にでも分け隔てなく』は難しい
  • チルド某氏がひまわりのような女の子なんて存在しないよ、といじけてらっしゃった。cild.hatenablog.comただブコメにもあったように、ひまわりは全方向ではなく光がさす方へ、その顔を向けて咲く花である。だからひまわりのような女の子は、その優しさや温もりを自分の大切な、太陽のような人にだけ向けるのではないだろうか?もし本当にチルドさんの周りにはドクダミのような女の子しかいないと言うのなら、それってつまり彼 [続きを読む]
  • 子どもと大人に生活習慣を身につけさせる方法
  • 昔、とある会社の新人指導みたいな仕事をしていたことがある。教えるのは仕事でもビジネスマナーでもなく、基本の生活習慣。書類の整理整頓、洗顔歯磨き身だしなみ。そんなの教える必要があるのか!?と思われるかもしれないが、例えば寝癖がついている会社員、結構見かけたりしないですか?そんな訳で、今日は私が新人を教える中で学んだお話です。指導のきっかけ私の勤めていた会社の地方支店には、新入社員が最初に配属され [続きを読む]
  • 他人の仕事に手を出すな、というブラックボックス
  • 月末なのです。今日は各支店の一か月分のデータを本店のシステムに送る…というそこそこ大事な仕事がある。それをやらなければ帰れない。まぁ実際は端末の『送信』ボタンを押せば終わり、というサルでも出来る軽作業である。ところが今日はエラーコードが出ていて送信できない。どうやら違う支店で昨日行った作業にミスがあった様子。多分、ここがこんな風に間違ったのだろうなーと推測は出来るのだが、まだ実際の手続き内容が送ら [続きを読む]
  • ペヤング激辛超大盛やきそばがホントに激辛だった件
  • …カップ焼きそばが…好きです。しょっぱなから小声ですいません。好きなんです、時折無性に食べたくなるんです。でもインスタント食品を食べる時、脳内をよぎる罪悪感ってばヤバい。塩分脂質炭水化物科学調味料。そして私の脳内でせめぎ合う海原雄山と山岡士郎。岡星で食べる究極のやきそばとは…!?「まぁ!小麦本来の味わいがしっかりと感じられるわ!それでいてスルスルと食べられる…これぞ究極の塩やきそばね!」ゆう子うっさ [続きを読む]
  • あなたでも運べる!簡単畳運び講座
  • 突然だが、畳を運んだことがあるだろうか?私はある。っていうか、先週の日曜日に生まれて初めて運んだ。それがちょっと楽しくて、40代にして新たに学ぶ知見…だったので、今日は「あなたでも運べる!簡単畳運び講座」を書きたいと思う。需要?検索だぁ?そんなものは後ろ足で砂ひっかけときゃいいと思うわ!(あまりの検索流入の少なさにとうとう開き直ってきた)まず一言で畳、といっても種類はたくさんある。私が運んだのは柔道 [続きを読む]
  • あったかお茶生活3ヶ月目
  • ここ3ヶ月ほど、職場に温かいお茶を持っていく、という健康生活を送ってます。きっかけは今年の冬、職場でネスカフェグストを導入したこと。これ、豆乳ラテやら抹茶ラテやら、様々な飲み物がいただける優れもの(ただし自宅に導入するにはドリンクカプセルのゴミが結構かさばるし、単価がお高い!)なんですが、調子に乗って飲み過ぎてしまったらカフェイン摂取量が増えるし、肌は荒れるしいいことがない…。カフェインって、あま [続きを読む]
  • 江波光則「屈折する星屑」と私たちの生き方
  • 今日は江波光則さんの小説「屈折する星屑」の感想。宇宙の辺境にある、小さなスペースコロニーで暮らす青年の青春と、コロニーの終わりの物語。物語としては終末後の地球を描いた「我もまたアルカディアにあり」の方が好きかも。yutoma233.hatenablog.com「屈折する星屑」はタイトル通りかなりひねくれていて、誰も救われない。ただ独特のこじらせ感は相変わらず面白かった。かなり使い古された言葉を使うと、江南さんの物語は [続きを読む]