Francesca さん プロフィール

  •  
Francescaさん: Francesca-ハンドメイドのロザリオと日々の事-
ハンドル名Francesca さん
ブログタイトルFrancesca-ハンドメイドのロザリオと日々の事-
ブログURLhttp://rosary-francesca.com
サイト紹介文手作りロザリオの紹介とグレゴリオ聖歌や、時々小説など気ままに日々の事を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 77日(平均6.5回/週) - 参加 2015/07/18 23:44

Francesca さんのブログ記事

  • The Story : Chapter.6 Edward (1)
  •  レイは、よく眠れないまま朝を迎えた。  突然、嶋田と出くわしたせいなのか、彼を思うと、どうしようもなく心が波立ち、切なかった。  ジェイに楽しいことを考えろと言われたばかりなのに、とレイは思った。  寝不足のまま午前中 […] [続きを読む]
  • The Story : Chapter.5 Laurencia (4)
  •  その言葉に、レイは目を見開いた。 「彼に、頼んでおいたものがあったんだけど、すぐそこまで来てるから、届けてくれるって。……どうする?レイ」 「どうするって……、どうするもこうするもないわよ!帰る、帰るわ!」  レイは慌 […] [続きを読む]
  • The Story : Chapter.5 Laurencia (3)
  •  ジェイは、やりきれない表情で、声も無く泣いているレイを見た。ああ、まだ昔の傷が痛むのだ。だから誰かを好きになることが怖いのだ、と。 「……誰も愛してくれないなんて、そんなことはないわ。誰だって、誰かに愛されたいし、あな […] [続きを読む]
  • The Story : Chapter.5 Laurencia (2)
  • 「……どうして、彼を知っているの?」 「彼もここのお客様よ」  レイは黙ったままワインを飲むと、うつむいたまま微かに首を振り、静かにグラスを置いた。ジェイは、少し困ったようにため息をつくと 「で、どうなの?」と聞いた。 […] [続きを読む]
  • The Story : Chapter.5 Laurencia (1)
  •  いつの間にか、季節は緑のまぶしい夏になろうとしていた。あの日、立川安紗美と嶋田の姿を見て以来、レイの心は波だってばかりだった。心が軋んでどうしようもなく、それを収めるには、踊る以外の方法を彼女は知らなかった。    そ […] [続きを読む]
  • “平和の挨拶”で固まる 〜私が洗礼を受けるまで 3 〜
  • 初めてで、何をやっているのかさっぱりと分からなかったミサ。それでも、ずっと遠かった神様を少し近くに感じられて、とてもうれしい気持ちでした。そして、ミサも中盤をすぎたころ、それは突然やって来ました。 平和の挨拶、それは突然 […] [続きを読む]
  • The Story : Chapter.4 初夏 (3)
  •  その日、仕事が終わると、千夏はKINGSへと向かった。 「ナツ、いらっしゃい。あら?レイは?一緒に来るんじゃなかったの?」 「今日は踊りたい気分なんですってよ」  少し憮然とした表情をしながら千夏はカウンター席に座った […] [続きを読む]
  • The Story : Chapter.4 初夏 (1)
  •  春も終わりを告げ、通りの木々は淡い緑で彩られていた。そろそろ梅雨の季節が来る、と千夏が憂鬱そうに言っていたが、とてもそんな風には思えない気持ちのいい日だった。  レイは、ランチを買いに出かけたものの、心地よい空気の誘惑 […] [続きを読む]