万森 さん プロフィール

  •  
万森さん: よろずのもり
ハンドル名万森 さん
ブログタイトルよろずのもり
ブログURLhttp://blog.yorozunomori.com/
サイト紹介文選択肢って「やる」か「やらない」かってだけだよね。奈良で他力本願生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/07/19 04:22

万森 さんのブログ記事

  • 阪急電車
  • 安心と信頼の有川浩さん。普通の人たちと、知った順番(読んだ順番)が違って、「県庁おもてなし課」「植物図鑑」「図書館戦争」(全シリーズ)の順。ぱっと思い出せないだけで多分他にも読んでると思う。そしてやっと「阪急電車」。本屋さんへ行っても、何故かこれだけ無くなっていることが多くてなかなか読めなかった。金曜日に偶然見つけて、月曜日の行き帰りの電車の中で読み切ってしまった。有川作品は読んでると顔がにやけて [続きを読む]
  • 「快慶」特別展
  • 奈良国立博物館で開催している「快慶」の特別展を観に行ってきた。先週の大阪市美術館の仏像は飛鳥時代から平安時代のもの。今回の奈良国立博物館の仏像は鎌倉時代のもの。展示場の入り口にいきなり一対の金剛力士像。「金剛力士像は寺院の門を守るために作られたものであって、こんなところにあるわけないだろう。」と思ったので、学芸員さんに「レプリカですよね?」と聞いたら「本物です。」と返ってきて、なんかとても大変なこ [続きを読む]
  • MissionDay京都
  • 土曜日、IngressのMissionDayで京都へ。伏見稲荷もスポットになっていたので、2014年に身に着けた御守りを返しに行ってきた。お札や、御守りを返すことを納札って言うんだね。それを置く場所を納札所。意外と知っていそうで知らない単語。神主さんに聞きました。この御守りは長良川のミドルの一週間前に、小ねぃちゃんが一緒に来てくれて、大会で事故に遭わないようにお参りに行ったときのもの。長良川は相性が良く、スイムで散々 [続きを読む]
  • 木×仏像
  • 大阪市立美術館の特別展「木×仏像」に行ってきた。行こうと思ったきっかけは通勤で使う地下鉄の通路に貼られていたポスター。「宝誌和尚立像」の顔の部分の写真。観音様の化身である宝誌和尚の体を破って表に出てくる場面を表現した立像。重要文化財でありながら、ポスターの写真はなかなかおどろおどろしい。ポスターは毎日見るので「実物を見てみたい」と強く思うように。なかなか都合が付かず今日ようやく。外は夏のような日差 [続きを読む]
  • さみだれ
  • 昨日の夜から何か目に見えない境界線を越えるような雨。明け方は大きな雨音がしていたので、雨の量も多かったんだと思う。今年に入ってから今回より長い時間雨が降っていることはあったと思うけど、今回の雨はなんだか今までの雨とは違う気がする。五月の雨って書いて五月雨「さみだれ」。一月雨とか二月雨が無くて、五月の雨にだけ「さみだれ」という単語がわざわざ用意されている。今みたいに無駄な情報に圧迫されない生活をして [続きを読む]
  • アメリカン チェリー パイ フラッペチーノ
  • アメリカン チェリー パイ フラッペチーノStarbucks のカウンターにシークレットキャラクターのような予告の模型があって「4月13日」に発売。火薬箱の上にあるような国際安全保障の話はどこ吹く風。この日を待っていた。味覚のような感覚の話なので、100人が100人賛同するとは思わないけど『スタバ史上最高に美味しいと思った』上にあるのは、空洞のドーム状になったクッキーというか、クラッカーというか。最初の一撃をくらわ [続きを読む]
  • 宇治川へ
  • 先週の横浜滞在中に以前住んでいた山手にあるお花屋さんへ行っておばさんに逢ってきた。娘も連れて。娘の誕生日のお花。お花は僕の好みを知っているのでカスミソウにカサブランカを併せて、チューリップをお願いすると、八重咲のピンクの大輪のものを混ぜてくれた。「お嬢さんに逢わせてくれたお礼。」と言ってお代を受け取らない。僕もおばさんがこうなったら梃子でも動かないのを知っているので、頂いた。長くお話をしたかったけ [続きを読む]
  • 台湾ローズ烏龍茶
  • ここによく鳥貴族の話題と共に登場するツカ氏は子供の頃からの親友。大人になってから親友になるのはとても難しい。そんな中の一人、小ねぃちゃんと京都に今日オープンしたCHARM VILLAへ行ってきた。CHARM VILLAは金魚の形をしたティーバッグの烏龍茶を販売している台湾のお店。Facebookで中国語と英語と日本語で最新の情報を提供していて、コンセプト商品を出展した当初から、いいねを押してフォローしている。去年の年末に日本の [続きを読む]
  • Mission Day Sakai
  • 日曜日Mission Day Sakai行ってきました。堺市という土地勘が全くない場所。「MissionDay 堺g+」で詳しいミッションのポータルの位置を載せてくれていたので、どのメダルを優先して取りに行こうか考える。全部集めるつもりはなかったので、必須の1番と最低限あと2つ。仁徳天皇陵はずっと行ってみたかった場所なのでこの機会に行こうと決めていました。天王寺から初の南海電鉄に乗って堺駅へ。スキャナですぐ1番のミッションにエ [続きを読む]
  • 純正品を推奨する気持ちは判るけど
  • 確定申告の提出書類を印刷するためにインクカートリッジを交換した。HP純正のインクが店頭になかったので、リサイクルカートリッジを初めて試してみた。今使っているのはENVY4500。安いからと言うよりはすぐ必要だったから。カートリッジを交換してOKを押すと、プリンタの液晶画面に大きく表示された「偽物です。」の文字。使えないとかいうオチだったらカートリッジではなく、プリンタを叩き壊して二度とHPのプリンタは買わないに [続きを読む]
  • バトンを繋いでくれた
  • いろんな人たちのお陰で奇跡的に確定申告が本日発送と相成りました。出稼ぎに行っているので、源泉徴収がいるのだけど、もらっていた記憶はあるのに、週末探しても見つからない。青くなって月曜日にコーディネーターさんへ電話。「大統領!」(違)まさに「24」源泉徴収を一日で届けてくれるとか、普通では考えられないような離れ業をやってくれた。派遣会社の営業で僕の世話をしてくれるコーディネータさんが、僕の電話を受けて会 [続きを読む]
  • 鉛筆を削ってる方がいい
  • 色鉛筆を削った。いつだったか百円均一で買ってきた18色。去年の夏娘が遊びに来た時に大笑いしながら一緒にこの色鉛筆で絵を描いた。蝋の含有量が多いせいでまだ芯が見えていても画用紙に色を走らせてくれなくなっていた。簡易式の鉛筆削りは削り過ぎると芯が根元から折れてしまう。ほどほどに。鉛筆を削っているとその間だけこの世界から自分を切り離せるような気持ちになる。世の中が複雑になりすぎている。本質とはかけ離れたも [続きを読む]
  • 雨の中、文庫を保護
  • 置き傘があるのを忘れて外に出てしまって、戻るのも面倒なので・・・「春雨じゃ、濡れてまいろう」と、帰路へ。最寄り駅から寄り道をせず、自宅へ向かっていると、一冊の文庫が転がって、雨に打たれていた。自転車の籠から落ちたのか、車から投げ捨てたのか。カバーがはだけて、中のタイトルが見えていた。「楽園」(下)宮部みゆき宮部みゆきさんの本は、ブックカバーの絵のせいか、なんか苦手で食わず嫌い。「楽園」というタイト [続きを読む]
  • 一番綺麗な本
  • 「染司よしおか」五代目当主、吉岡幸雄氏の著書「源氏物語の色辞典」源氏物語の源氏の君のプレイボーイっぷりは絶句だけど、物語中の相関図や情景、相手を気遣う気持ち、言葉の表現がとても綺麗なので昔から好きな源氏物語。源氏物語は注釈付きの文庫で何度も読んだけど、わら半紙のような文庫の本と注釈と僕の語彙では物語中で表現されている色彩をイメージするには限界があった。縁があって奈良に越してきて、この時代のことをも [続きを読む]
  • 自転車を整備
  • 色々書きたいことはあったんだけど、なんかよくわからない内に時間が過ぎて書けなかったので小出しにしていきます。日曜日、Emonda(自転車)をかなり真面目に洗って、チェーンオイルを一回剥いでから塗り直して、ブレーキシューも交換。今使っているホイールはMavicのアルミリムなので、ブレーキシューもshimanoの庶民グレードのブレーキシュー。形状が違うから判りにくいけど、下が今まで使っていたもの、上が今回交換したもの。 [続きを読む]
  • 塗り絵みたいな本
  • 家では読まないで、行き帰りの通勤電車だけと決めて読んでいた本。「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和著予想通り一週間もたず、三日で読み終わってしまいました。前に書いたように、電車の中の広告で本屋大賞2017にノミネートされているとのことで読んでみた。行間が広くて、塗り絵みたいな本。読み手の経験や感性、どこまで深くこの本の中に入り込んでいけるかなんかで、感想は全く別のものになると思う。僕の塗り方ではまだ塗 [続きを読む]
  • 奈良通2級
  • 奈良まほろばソムリエ検定奈良通2級3浪の末ぎりぎりでしたが合格しました。引っかけがとにかく多いので、ギリギリ詰め込んだ知識をどれだけ無駄にしないかが重要。この後、奈良通1級があって、その上に奈良まほろばソムリエ。これを取ると認定証を提示すれば3年間県下55寺社の拝観料が無料になる。Ingressで課金ポータルのキャプチャーがタダに・・・(まて)資格試験というか、入試もそうだし、試験は敵前逃亡するくらい苦手意 [続きを読む]
  • 本を読むのが好きだということ
  • しばらくばったばったのぐるぐるで忘れていたこと。本を読むのが好きだということ。朝の大和路線は驚くほどのろのろ運転。乗ったらびゅーんと連れて行ってくれる昼間のそれとは別物。この時間を読書に使わない手はない。少し前に車内のドア付近に貼ってあった本の広告。「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和著こういうのがきっかけで読むことが多い。ハズレもあるし、福井晴敏さんや、有川浩さんみたいにすっかりファンになってし [続きを読む]
  • 昨日、日曜日。5年ぶり?サイクルシューズを新しくしました。MAVICでShimanoクリート。キタサイクルさんが店舗拡張工事中で在庫品セール。更にシンデレラのように現品限りがジャストフィットしたので特価でゲット。通常価格じゃとても手が出ない。今のEmondaはホイールをMAVICにしているのでこの選択ができました。自分のテーマカラーを色々変えようと思っても結局赤に落ち着く。赤い自転車は子供の頃から欲しかったものだし。今週 [続きを読む]
  • お腹が緩くなりそうな味
  • お昼を買いにローソンへ。いつもなら温かい飲み物のコーナーで午後の紅茶なのだけど、お試しキャンペーンでローソンポイント70Pで交換できるというもの。金曜日。今日一日頑張ればお休み。気付けに朝スターバックスへ寄ってチャイティー・ラテを買おうとしたけど、ギリギリで寄る時間がなかったので試してみた。さくらラズベリーミルク店舗でもサクラフラッペチーノが始まったし話題的には美味しいけど、味は・・・要約すると、桜 [続きを読む]
  • スーツを着るのをやめた
  • 今、派遣で勤務している職場はドレスコードにカジュアルが認められている。先週まで当然のようにスーツで仕事をしていたけど、居室がひろく席によっては空調の排気口が作る気流で冷気のたまり場になる。寒さのせいで、室内なのに常にコートを羽織って仕事をしていた。コートの袖はよごれるし、動きにくいし、何より肩がこる。体温が上がらない状態での冷えは集中力なんかどこ吹く風だし、この体の一部に熱が伝わらない気持ちの悪さ [続きを読む]
  • 少し前に進んだ
  • 半年ぶりくらいに切迫感とは無縁の休日。土曜日は寒かったり、疲れも出て、よくわからない内に一日が終わってしまった。日曜日。松尾寺にルリビタキの写真でも撮りに行こうかなと思ってたところに境内のポータルが相手陣営の手に落ちたとの報。これは行くしかないと思って準備をするも、自分でもあきれるほどのスロースターター。家を出ても道中、いろんな場所で年配の方に声を掛けられる。観光に来ている方だったり、近所の顔見知 [続きを読む]
  • 引き渡し完了
  • 丁度1年前に受注した商社の販売管理システムの引き渡しが完了しました。販売管理システムとは言っても、生産管理、工程管理、販売管理は行っていないので、実質は購買管理システム。10月からは生活を安定させるため、派遣契約でC-DISCのプロジェクトに参加。それだけでも帰宅は遅く、そこからまたシステム構築する毎日。此方の意図が伝わらないことが多く、ずっとモヤモヤしていただけに、ようやく引き渡せてホッとしています。こ [続きを読む]
  • スペックの高いパソコンが使う人に合うかどうかは別の話
  • 定期的にパソコンを買いたいのでいいのを見繕ってくれと依頼をくれる企業さんがいる。お付き合いを始めて、8台も入れてくれているから、ありがたい。僕は商社や販売店ではないので在庫は持っていない。パソコンはメーカーの法人担当や、NTT-Xさんからキャンペーンやクーポンを駆使して可能な限り安く購入して仕入れ値で流す。その代わりネットワークやソフトウェアなんかの利用環境を構築することでいただく。時間と手間を考えたら [続きを読む]
  • やりたくないけど、やってしまわないと終わらない。
  • ずっと重荷になっていて、やりたくないけど、やってしまわないと終わらない仕事があって難儀している。嫌々ながらもこの土日で8割終わった。早く解放されたい。土曜日、Ingressで防衛圏にしている町内が攻撃されたのを理由にして外へ出た。日昼は温かくて、自宅で仕事をしているのがもったいないくらい。早く寒い冬も終わって欲しい。抜かれたところを埋めて一旦落ち着く。町内のポータルキーはそこそこ持っているので場所によって [続きを読む]