ダイキチ さん プロフィール

  •  
ダイキチさん: 逢花打花 逢月打月 ー 百寺百社御朱印巡り
ハンドル名ダイキチ さん
ブログタイトル逢花打花 逢月打月 ー 百寺百社御朱印巡り
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tsukasa_and_e-bratsu/
サイト紹介文ぶらっと足を運んだ御朱印集めの整理・整頓・ご報告。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/07/19 23:31

ダイキチ さんのブログ記事

  • 京都) 恵比寿神社
  • 京都東山区・建仁寺の隣に鎮座する恵比寿神社。建仁寺の鎮守であり、七福神の一つである「えびす神」を祀り、商売繁盛・家運隆興の神社として信仰を集めている。今年のお正月に京都七福神巡りを目指して参拝した。所在地:京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125主祭神:八代言代主大神京都七福神 恵比寿天 [続きを読む]
  • 愛知) 牛頭山 宝寿院
  • もともとは津島神社の神宮寺であったという津島・宝寿院。そこのくだりも、副住職さんに丁寧な解説をいただける。境内にはちょうど紫陽花の花が美しく咲いており、梅雨時に訪れるのは趣深い。最近、アートな御朱印で人気の津島。宝寿院の御朱印も長く順番待ちをするだけのことはあり、なかなかのアートである。●地蔵尊の御朱印●6月の季節の御朱印所在地:愛知県津島市明神町2宗派:真言宗宝寿院のHP [続きを読む]
  • 和歌山) 妙法山 阿弥陀寺
  • 熊野・那智の滝を超え、那智山スカイラインを延々と車で走り妙法山を登ると、ふと眺めの良いエリアに出くわす。黄泉の国の入り口といわれる阿弥陀寺。観光名所として賑わっている那智の滝周辺から一変し、物静かな佇まい。古代の熊野古道はかくあったのかと、熊野神道の真髄を感じる神聖なエリアだ。 御詠歌「熊野路をものうき旅とおもうなよ 死出の山路で思ひしらせん」所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町南平野2270-1宗派 [続きを読む]
  • 京都) 明星山 三室戸寺
  • [西国巡礼 第10番札所] 西国第10番札所は、京都・宇治にある三室戸寺。紫式部の源氏物語「浮舟之古蹟」の舞台となった寺社である。花の寺としても有名でで蓮や紫陽花の庭園としても名高い。残念ながら、今年の紫陽花シーズンはニアミスで訪れる事が叶わなかった。来年は、是非紫陽花を堪能させていただきたい。御詠歌「夜もすがら 月を三室戸わけゆけば 宇治の川瀬に立つは白波」 源氏物語・浮舟の御朱印と御詠歌 昨年末に参 [続きを読む]
  • 奈良) 勝宝山 西大寺
  • JR大和西大寺駅を降りて、すぐ目の前にある西大寺。奈良時代に創建された真言律宗の寺院であり、境内には本堂や四王堂をはじめとする数々のお堂が立ち並ぶ。それぞれのお堂で御朱印をいただける。 ● 大和四神めぐりの散華にいただいた御朱印 JR東海のキャンペーンにもなっている愛染明王坐像の御朱印。実物は予想外に小さな坐像だった。 「ぼさつの寺めぐり」の御朱印所在地:奈良県奈良市西大寺芝町1丁目宗派:真言律 [続きを読む]
  • 京都) 黄檗山 萬福寺
  • 京都・宇治にある黄檗山萬福寺。中国の僧・隠元により創建されたことから、現在でも異国情緒溢れる寺社になっている。天王殿の布袋尊、開パンetc. 広大な境内は観るものを飽きさせない。●開パンの御朱印●布袋尊の御朱印●韋駄天の御朱印所在地:京都府宇治市五ヶ庄三番割34宗派:黄檗宗萬福寺のHP [続きを読む]
  • 愛知) 氷上姉子神社
  • 熱田神宮の境外摂社である氷上姉子神社。氷上・スケートの神様であり、そのご利益なのか、名古屋からは伊藤みどりや浅田姉妹といった名スケーターが続出している。その由緒は古く、熱田神宮創祀以前は、ここに草薙剣が守護されていたという。車通りが激しい国道のすぐ傍にあるのに、ここだけが別世界のような静かな空間である。所在地:愛知県名古屋市緑区大高町火上山1ー3主祭神: 宮簀媛命 [続きを読む]
  • 奈良) 清涼山 喜光寺
  • 東大寺大仏建立に携わった行基が参考にしたと伝えられる奈良・喜光寺。「試みの大仏殿」として知られている。古来より「蓮の道(ロータスロード)」の出発点として、唐招提寺・薬師寺と並んで蓮の花の名所である。今回の参拝では、みごとな蓮の花を堪能できた。また、「老人の顔を持つとぐろを巻いた蛇」というユニークなお姿の秘仏・宇賀神像が特別公開されており、限定御朱印をいただけた。宇賀神像が祀られている弁天堂 蓮 [続きを読む]
  • 静岡 / 甲江山 鴨江寺
  • 浜松駅の駅前ロータリーからほど近い真言宗・鴨江寺。奈良時代、文武天王の勅願によって創建された浜松で有数の初詣参拝客を集めるお寺である。●浜名湖七福神の紅一点 弁財天の御朱印 所在地:静岡県浜松市中区鴨江4-17-1宗派:真言宗 鴨江寺のHP [続きを読む]
  • 奈良 / 興福寺
  • 南都六宗の一つ 法相宗 興福寺。奈良・平安の時代には莫大な勢力を持った寺社であり、かつては奈良公園の大部分が興福寺の境内であったという。仏像・絵画・工芸品等々、数々の国宝芸術品を収蔵した文化財の宝庫であり、中でも三面六臂の阿修羅像の美しさは素晴らしい。6月18日まで阿修羅像をはじめとする「天平乾漆群像展」が開催され、これを記念した限定御朱印をいただくことができる。 昨年参拝した際にいただいた御朱印●令 [続きを読む]
  • 京都 / 藤森神社
  • 「刀剣」や「競馬」といった、どちらかといえば男気の神社との印象を持っていた伏見・藤森神社であるが、今回参拝に訪れて、この印象を撤回せざるを得ない。3,500株の見事な紫陽花が境内二箇所に咲き誇っている「紫陽花まつり」。今年は気温が低い為、紫陽花の元気がないというが、それでも色艶やかな紫陽花が一面に咲き誇っていた。 紫陽花祭りの限定御朱印2種は6月いっぱいいただける。 ●藤森神社の通常の御朱印所在地: [続きを読む]
  • 奈良 / 興福寺 南円堂
  • [西国巡礼 第9番札所] 西国第9番札所は近鉄奈良駅の目の前、興福寺の境内に立つ南円堂。春日大社に向かって、直径15mの八角円堂が建っている。第5番札所(葛井寺)以来の街中の札所であり、これまでのどの札所よりも参拝客で賑わっている。 御詠歌「春の日は 南円堂にかがやきて 三笠の山に晴るるうす雲」 一言だけの願いを聞いてくれる「一言観音」の御朱印と御詠歌(こちらは昨年いただいたもの)所在地:奈良県奈良市登大路 [続きを読む]
  • 京都 / 八坂神社
  • お正月ご参拝で、紹介が滞った御朱印を紹介する。半年遅れで申し訳ない。[平成29年お正月参拝] 京都の「祇園さん」こと八坂神社。今年の正月は八坂神社にも足を延ばした。無病息災・厄除・災難除けの信仰が厚い神社である。 ●青龍の御朱印八坂神社は青龍が宿る処であり、本殿の下には龍脈が溢れ出る「龍穴」があると伝えられる。 ●壬 恵方朱印 (正月限定)節分までの限定御朱印として恵方(歳徳神が在する方角) の御朱印をい [続きを読む]
  • 京都 / 八坂神社
  • 京都・祇園、八坂神社。いつ訪れても国内外の参拝客が途切れることがない日本を代表する神社である。恥ずかしながら、今年の年初、ご参拝したものの、御朱印の紹介を怠っていた。今更感はあるが、ご紹介したい。 圧倒的に美しい御朱印帳。好みが分かれるらしいが・・・書き置きであるが、多数の御朱印をいただける。 所在地:京都市東山区祇園町北川625主祭神:素盞嗚尊、櫛名田比売命 八坂神社のHP [続きを読む]
  • 愛知 / 大珠山 龍渕寺
  • 津島詣の2つめは曹洞宗・龍渕寺(りゅうえんじ)。一見、民家と見間違うほどの閑静な住宅地の中に鎮座している。いただける御朱印は、まさに最近の津島の勢いそのもののアート系。曹洞宗の法語も味わい深く、御朱印に合わせて書を買い求めてしまった。 是非、いただいておくべき御朱印。 所在地:愛知県津島市瑞穂町1ー8宗派:曹洞宗 [続きを読む]
  • 奈良 / 霊園山 聖林寺
  • 室生寺から談山神社に向かう途中に立ち寄った聖林寺。ミロのヴィーナスに比較されるという東洋の傑作・十一面観音菩薩を拝観した。気品と美しさ、優美な指先、一見の価値あり。所在地:奈良県桜井市下692宗派:真言宗 聖林寺のHP [続きを読む]
  • 愛知 / 牛玉山 観音寺
  • 最近、御朱印通のSNSで評判の津島・観音寺。ネットで御朱印対応日を確認すると、ちょうど都合が良い日曜日だった事もあり、まずは参拝に赴いた。名古屋方面からの車でのアクセスは良好。かなりの行列を覚悟して早朝からの出発としたが・・・7時半には観音寺に到着し、多少早すぎた感はあるものの、そのまま受付開始を待つことに。7時45分頃から徐々に順番待ちの人が増え始め、受付を開始していただいた8時20分頃には7人ほどの行 [続きを読む]
  • 滋賀 / 多賀大社
  • 古くから「お多賀さん」として親しまれてきた滋賀・多賀大社。伊邪那岐命と伊邪那美命をお祀りしていることから、「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」と謳われていた。古事記にも記載があるとされる神話の世界から続く神社である。 境内にある蕎麦屋「寿命そば」で食べたニシン蕎麦がとても美味しく、以降、しばらくのマイブームがニシン蕎麦になってしまった。所在地:滋賀県犬上郡多賀町多賀604主祭神: [続きを読む]
  • 和歌山 / 丹生官省符神社
  • 和歌山・九度山の慈尊院の境内から延びる長い階段を上ると、同じくユネスコ世界遺産の構成要素である丹生官省符神社にたどり着く。弘法大師・空海が高野山を開山した際の政所として慈尊院を開いた時、神通寺の壇として、慈尊院の参道中央正面上壇にこの神社を建てたという。ここにも神仏融合の深い趣きがある。所在地:和歌山県伊都郡九度山町慈尊院835主祭神:丹生都比売大神 丹生官省符神社のHP [続きを読む]
  • 奈良 / 豊山 法起院(長谷寺塔頭)
  • [西国巡礼 番外札所] 長谷寺の参道手前にある塔頭・法起院は、西国観音霊場の開基である徳道上人が晩年を過ごした寺院であり番外札所となっている。上人は病で死にそうな時、夢の中で閻魔大王に会い、悩める人々を救う為に三十三ヶ所の観音菩薩の霊場を広めるよう言われ、三十三の宝印を与えられたという。御詠歌 「極楽はよそにはあらじわがこころ おなじ蓮のへだてやはある」閻魔大王と徳道上人を描いた散華所在地:奈良県桜 [続きを読む]
  • 奈良 / 談山神社
  • JR東海のキャンペーン「うましうるわし奈良」のモチーフになっている談山神社。「大化改新」「青紅葉」の二つの言葉に魅了されて、早速参拝に訪れた。日本史に登場する藤原鎌足に思いを馳せ、美しい青紅葉を堪能した。JRのキャンペーンは決して大袈裟ではない。 まずは、特別公開の御朱印をいただいた。 JRのキャンペーンに用いられている本殿からの青紅葉の絶景。時が経つのを忘れて、ファインダーに夢中になってしまった。 [続きを読む]