チーム・ねむら さん プロフィール

  •  
チーム・ねむらさん: Nameless.Life
ハンドル名チーム・ねむら さん
ブログタイトルNameless.Life
ブログURLhttp://nameless.life
サイト紹介文シンガポールのシェアハウスでたまたま出会ったアラサー男性いくさんと、25才女子Jが現地よりお届け。
自由文シンガポールで働くいくさん(アラサー男性)とYJ(20代前半女子)がお互いの特技を生かしコンビを結成。海外就職、シンガポール生活、時々ネタ、言語学習、インタビュー、旅行記事、写真、グルメの話からくだらない話まで。世代も来歴も性別も異なる二人が、それぞれの視点で見つけた素敵なことや人を現地シンガポールよりお届けしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/07/20 13:54

チーム・ねむら さんのブログ記事

  • 中国・中華系の人たちへ送るとNGなプレゼント
  • 誰かに何かを贈るというのは、かなりハイコンテクストな行為だ。 そもそも人が喜びそうなものを考えるのが難しいし、相手の文化や宗教が違うと日本の常識では推し量れないマナーや、意外な失礼グッズが地雷のように埋まっている。しかも、そういうハイコンテクストな情報は日本語で検索しても上手くヒットしなかったりする。 海外に住んでいると文化の違う人へのプレゼント選びで途方にくれる。そこで今日は、僕が裸足で地雷を踏み [続きを読む]
  • 電線がある!シンガポールの農業地帯に行ってきた
  • シンガポールの食料自給率は、卵23%、葉物野菜7%、魚介類7%(2011年)という。こんなん絶対ウソじゃん、畑なんて見たこと無いぜ!とずっと思っていた。 ところがスーパーでたまに見かける「Product of Singapore」の野菜。もしかしてどっかに農業地帯があるのだろうか。 シンガポール島北西の農村地帯 というわけで調べてみるとLim Chu Kangと呼ばれる地域を中心に、シンガポールの東北部は農業が盛んであるらしい。おまけにこん [続きを読む]
  • ヒトまみれのシンガポールで気軽なプライベート空間をみつけた
  • 昨夜は仕事上がりにJessicaさんと待ち合わせ、彼女がおすすめする韓国資本のカラオケ店「VOICEBOOTH」へ行ってきた。 わたし的ベストカラオケ店はここだ!<上級者向け>私の一番のストレス発散方法は、歌うこと。でもシンガポールに移住してから、歌う機会がめっきり減りました。 なぜなら、自宅の部屋の壁が薄すぎる。電話で話すくらいの声量ですら、隣の部屋に筒抜け。いくら多様な人々に寛容なシンガポール社会でも、大きな音 [続きを読む]
  • Apple Storeか゛遂に来た!これて゛シンカ゛ホ゜ールも先進国。
  • これほどAndroidスマホが高性能になった今、iPhoneを使う意味とはなんだろうか。これはもはや哲学の問題だ。 確かにMachの流れをくむiOSやmacOSはマイクロカーネルのアークテクチャを踏襲し、モノリシックであるAndroidよりもメモリ効率が良いだろう。実際、駆動メモリに関してはiOSの方が小さい容量でもパフォーマンスを発揮する。メモリはスマホの中でも電池を消耗する部品なので、これはバッテリーの効率化、ひいては筐体の小型 [続きを読む]
  • わたし的ベストカラオケ店はここだ!<上級者向け>
  • 私の一番のストレス発散方法は、歌うこと。でもシンガポールに移住してから、歌う機会がめっきり減りました。 なぜなら、自宅の部屋の壁が薄すぎる。電話で話すくらいの声量ですら、隣の部屋に筒抜け。いくら多様な人々に寛容なシンガポール社会でも、大きな音で隣人を困らせるのは、さすがにマナー違反。 とはいえ、この人口密度の国で、人のいないところを見つけて歌うのも至難の技。 となると、やはりお金を出してカラオケで歌 [続きを読む]
  • 「キミカワイイネ」シンガポールの文化の話。
  • ブギスをぷらぷら歩いていて見つけたこちらのお店。 KIODA 너귀엽다 International Korean Concept Store … ツッコミどころが多すぎる。 結局インターナショナルなのか韓国なのか、気持ちを決められないまま開業してしまった模様。ロゴのデザインは堂々と日本のユニ○ロをパクっている。韓国語の部分「너귀엽다」は「You are cute」ってことで、つまり「キミカワイイネ」ってこと。ちなみにそれの発音は、英語で記載されてい [続きを読む]
  • シンカ゛ホ゜ールには高級車の自動販売機か゛ある
  • 飛行機、船、電車、バスなどなど、子供の頃はいつか運転してみたいと思ったものだ。小さな男の子(および一部の女の子)ってのはなんであんな杓子定規にデカい乗り物に興味を持つのだろうね。 とはいえ現実ってのは退屈なもので、大人になって実際に運転できるのはクルマかバイク程度なものだ。しかも、子供時代は輝かしい未来のように見えたクルマは、21世紀ではタダの移動手段に成り下がってしまった。 プログラム制御の電気自 [続きを読む]
  • シンガポールの定番娯楽「エビ釣り」とは?
  • 日本で時間を持て余したらカラオケや漫画喫茶がある。ファミレスで時間を潰すのも良い。我らがシンガポールに残念がら漫画喫茶はないけど、エビ釣りがある。今日はシンガポールの定番娯楽「エビ釣り」についてご紹介しよう。 シンガポール郊外の行きにくい場所にある PunggolやSembawang、東京で言えば八王子の山奥ような場所にエビ釣り施設はある。クルマが無いと心が折れるほど行きにくい場所だ。僕は職場の強制イベントで行った [続きを読む]
  • シンガポールでスケボーを乗り回すの巻
  • すでに終わってしまった週末を惜しみながら、そして次の週末を夢見ながらのお届け。 私とスケートボードの出会い スケートボードを始めたのは確か、Penny Boardというミニクルーザータイプのスケートボードが女子の間で大流行していた2014年だったと思う。B系の男子が乗るアイテムだったスケボーが、女子の間でもファッションアイテムの一つとして持たれるようになった大革命。 ミニクルーザータイプは、サイズが小さいために持ち [続きを読む]
  • シンガポール初登場!@Starbucks Reserve Coffee Bar
  • 正直コーヒーの味はわかりません。それでもシンガポールでは、週に4日くらいのペースでスタバを利用している私。 スタバ以外にカフェがないわけではもちろんありませんが、スタバが楽。だいたいカフェに行くと一人でもくもくと作業をすることが多い私。しかしローカルのカフェは店内がせまく席数が限られていたり、賑わっていて落ち着けなかったり、落ち着いたカフェとなると今度はアクセスが非常に悪かったり。 それにシンガポー [続きを読む]
  • ヤンゴン&バガンの旅 in ミャンマー
  • もう先月の話になってしまいますが、初めてミャンマーに行ってきました!たぶん18カ国目。2017年初の海外。 ヤンゴンの空港に着くなり、ドライバーのおっちゃんに「シンチャオ!(ベトナム語で’こんにちは’)」と挨拶されてのスタート。アジア系であれば結構何人(なにじん)としても通用できる見た目なのは、個人的にはかなり得だと思っている。 今回は人生で数回しかしたことのない友人との旅。わくわくどきどき。首都ヤンゴ [続きを読む]
  • 近未来か゛到来しているChoa Chu Kanて゛LRTに乗ってきた
  • 読者の皆さんの大半が日本にお住まいのようなので「Choa Chu KanのLRT」とか意味不明と思う。Choa Chu Kanというのは東京で言えば多摩センターみたいな、シンガポールの「ザ・郊外」の街である。多摩センターには多摩都市モノレールが走っているけど、Choa Chu KanにもLRTが走っている。LRTってのはこんなやつ。 ちっこくて可愛いだろう。僕はLRTが大好きで、郊外に行く用事があればわざわざ遠回りして乗りに行くくらいだ。先週、R [続きを読む]
  • インド風焼き込みご飯「ブリヤニ」を美味しく食べる方法
  • たまには軽めの記事をば。 RICOH GR2という良さげなカメラを買ったので、練習がてらインド人街をぶらぶらしてきた。っていうか家から徒歩5分くらいなんだけど。シンガポールのインド人街は、イギリス植民地時代の分割統治には関係なく、自然にインド人労働者が集まってきて形成されたらしい。確かこの本に書いてあった。 なのでコテコテのインド臭でかなり影が薄いものの、中華やマレーの料理屋も未だにしぶとく存在している。そ [続きを読む]
  • 異国下毛奇譚
  • 今日Jessicaさんとハンバーグを食いに出かけてエネルギーをもらったので、この勢いにまかせて久しぶりの更新をしよう。そして勢い余ってトピックは下の毛である。 シンガポールにも立派なスーパー銭湯がある。日本でチェーンとして有名な「湯の森」がシンガポールの国立競技場の隣に銭湯を作った。銭湯のくせにお値段が約4000円もするので軽く高級スパなのだけど。それでも日本のスーパー銭湯そのままのクオリティをこんな赤道直下 [続きを読む]
  • 今年のテ゛ィハ゜ハ゛リのイルミネーションは立派た゛ぞ
  • 世界の中でも祝日が少ないシンガポール。日本が15日あるのに対して11日しか無い。 まぁ有給や病欠が自由に取れるので日本より労働環境が圧倒的良いんだけど。 そんなわけで貴重な祝日である「ディパバリ」がもうすぐやってくる。シンガポールの街は祭りの装飾で盛り上がっているよ。 リトルインディアの電飾がいい感じ この国は電飾のトンネルを作るのが好きだ。各種イベントにあわせて、4箇所の道路に大規模なイルミネーションが [続きを読む]
  • 今年のテ゛ィハ゜ハ゛リのイルミネーションは立派た゛ぞ
  • 世界の中でも祝日が少ないシンガポール。日本が15日あるのに対して11日しか無い。 まぁ有給や病欠が自由に取れるので日本より労働環境が圧倒的良いんだけど。 そんなわけで貴重な祝日である「ディパバリ」がもうすぐやってくる。シンガポールの街は祭りの装飾で盛り上がっているよ。 リトルインディアの電飾がいい感じ この国は電飾のトンネルを作るのが好きだ。各種イベントにあわせて、4箇所の道路に大規模なイルミネーションが [続きを読む]
  • コスハ゜最高の高木ラーメン@アンモキオ
  • シンガポールには日本のラーメン屋がたくさん進出しているのでお金さえ出せば簡単に日本と遜色ない味が楽しめる。 ただ、この国でラーメンは高級料理。替え玉してギョウザでも付けたら2000円を超えてくる。チャーシュー麺なんて頼んだ日には会計で絶望すること間違いない。 街のそこら中にラーメン屋があるのに高くて気軽に入れないんじゃ意味ないと思うんだけど、赤道直下まで材料を空輸してえげつない家賃を払うには仕方ない。 [続きを読む]
  • コスハ゜最高の高木ラーメン@アンモキオ
  • シンガポールには日本のラーメン屋がたくさん進出しているのでお金さえ出せば簡単に日本と遜色ない味が楽しめる。 ただ、この国でラーメンは高級料理。替え玉してギョウザでも付けたら2000円を超えてくる。チャーシュー麺なんて頼んだ日には会計で絶望すること間違いない。 街のそこら中にラーメン屋があるのに高くて気軽に入れないんじゃ意味ないと思うんだけど、赤道直下まで材料を空輸してえげつない家賃を払うには仕方ない。 [続きを読む]
  • シンカ゛ホ゜ールのアホ゛カト゛シェイクのホーカー
  • テニスを始めてからというもの、Queensway周辺に出没しまくっている。 せっかくなんで周辺の見所も紹介しておこう。 アボカドシェイクで有名なホーカー屋台 日本ではすっかりサラダ用の野菜として定着したアボカド。アボガド?? このアボカド、シンガポールというか世界的にはたぶん果物扱い。だから甘い味付けでジュースで売られてたりするんだ。もちろん日本みたいにサラダにオリーブオイルとともに登場もするけど、チョコソー [続きを読む]