卓球三昧 さん プロフィール

  •  
卓球三昧さん: 卓球三昧
ハンドル名卓球三昧 さん
ブログタイトル卓球三昧
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nakasheilanancy
サイト紹介文定年になって毎日、卓球をして楽しんでます。卓球を通じて友好を深めたいと思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供531回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2015/07/21 10:12

卓球三昧 さんのブログ記事

  • 『オーストラリアへの想い』の話〜ニューデリーの旅
  • *『オーストラリアへの想い』の話  所で、最近になって私は、『今後の旅』について悩んでいた。『Madras(マドラス)から船でPinang(マレーシアのペナン)へ渡り、Singapore(シンガポール)、若しくは、Bangkok(タイのバンコク)からM&Mフランス商船で帰国すべきか。又は、オーストラリアへ行き、そこで旅費を稼いでアメリカへ行くべきか』と。自分の気持としては、折角退職してフリーの身になったので、『もっと旅をしたい [続きを読む]
  • 乞食の話〜ニューデリーの旅
  • *乞食の話  インドを訪れた途端、あらゆる面で旅行者は、カルチャー・ショックを受けるであろう。特に、日本や欧米から直接インドに来て、群れをなすその乞食の数を見ると、その悲惨さに身震いし、驚愕しない人は居ないであろう。  だが日が経つにしたがって、その悲惨さに慣れて来るのか、インドはこれが現実なのだと認識し、あたりまえの光景になっていた。私は、イギリス・フランスから段々貧しい国へと旅をして来たので、身 [続きを読む]
  • 足に錘付きの鎖を嵌められた女奴隷達〜ニューデリーの旅
  • ・昭和44年1月31日(金)晴れ(足に錘付きの鎖を嵌められた女奴隷達)  昨夜の列車の旅は、寒かった。インドは、暑いイメージを持っていたが、この時季の北インドは、夜まだ冷えた。私は寝心地の悪い網棚で、リックと手提げバックの盗難に注意していたので、良く寝られなかった。   列車は、朝の6時半頃、ニューデリーに到着した。下車した乗客目掛けて、殺到して行く多くのポーター達に、ビックリした。彼等は皆、素足で [続きを読む]
  • 1ルピーとその価値の話〜ニューデリーの旅
  • *1ルピーとその価値の話*1ドルは360円、1ドルは7.3ルピー、1ルピーは約49円、1パイサは49銭 ・日記を書くに当っては、公式レートで表記した。*闇両替レート〜1ドルは9.25ルピー、1ルピーは約39円、私は闇両替屋を利用していた。 インドは、“人口6億人以上”(実際には統計されない、出来ない人々が居て、7億とも言う)の人々が住んでいて、凌ぎを削って生きていた。そこには、『人を騙す様な行為』 [続きを読む]
  • 闇売買の話〜ニューデリーの旅
  • *闇売買の話  関から話を聞いたのだが、実際に彼はスイスで安い時計を買って、インドで高く売るつもりで持ち込もうとしたのだ。その背景として、インドは自国の製品保護の為、電化製品、自動車、“高級商品等”(カメラ、時計、トランジスター・ラジオ、万年筆等)を輸入していなかった。従って、インド製品は直ぐ壊れる粗悪品である事を彼等インド人も承知していた。金持ちのインド人は、高くても優れた物を求めているので、 [続きを読む]
  • 高麗の郷から高麗峠への花めぐりハイキング
  • 平成29年4月10日(月)天候薄曇 春爛漫の今日この頃、桜と野の花を求めて、埼玉県日高市の高麗駅から高麗の郷(巾着田及びその周辺)、高麗峠、ほほえみの丘を巡り、飯能駅に戻って来ました。▲高麗(こま)駅と将軍標(天下大将軍・地下女将軍)〜将軍標は“南北朝鮮”の村の境界に設置して村の守り神であるようだ。この外に将軍標は日高の高麗神社と聖天院にあります。日高(高麗郷)は昔、朝鮮半島の高麗人(こうらいじ [続きを読む]
  • イスラム教の話〜テヘランの旅
  • *イスラム教の話 ▲チャドルを纏ったイスラムの女性。 Copy from the Net.  所で、私はイスラムの国に来たと言うのに、恥ずかしながらイスラム教について、殆んど知らなかった。それではいけないので、又、この日記を纏める為にも、『イスラム教とはこんな感じ』と言う、アウト・ラインでも良いから知る必要があり、少し記述する事にした。   [イスラム教の人々を、『ムスリム』と言う。ムスリムは、イスラムの教えであるイ [続きを読む]
  • パキスタンの通行許可書を取得
  • ・昭和44年1月20日(月)雪後小雨(通行許可書を取得)  雪の降る中、パキスタン大使館へ通行許可証を取りに行った。大使館員が、「チョッと待ってくれ」と言うので、私は待った。1時間程で“通行許可証”(ロード・パ−ミッション)を手に入れた。時間にルーズなイスラム人と言うよりは、大陸的な感覚を持った人にとって1時間位で出来たのは、早い方かもしれなかった。   午後、小雨になった。ジェーン、ロンそして私の [続きを読む]
  • テヘランの簡単な印象の話〜テヘランの旅
  • *テヘランの簡単な印象の話▲チャドル(チャ―ドル)を纏ったイスラム諸国の女性。アフガニスタン、パキスタンでは「ブルカ」と言う。  テヘランは、思っていたより物価が高かった。物によっては、日本よりも高かった。今まで色々な国を旅して来た経験から、物価の高い国は、豊かであったが、この国はそうでなかった。政府の政策が悪いのか、これをどう判断したら良いのか、分らなかった。イスラム諸国の中でもイランは、比較的 [続きを読む]