あなたと心を通わせたい さん プロフィール

  •  
あなたと心を通わせたいさん: あなたと心を通わせたい
ハンドル名あなたと心を通わせたい さん
ブログタイトルあなたと心を通わせたい
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mikods1211
サイト紹介文・趣味の粘土細工、陶芸、パソコン画、   詩などの紹介をしたい  ・友達づくり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/07/21 10:40

あなたと心を通わせたい さんのブログ記事

  • 〜笑われるけど〜
  •          きっと 笑われるけど 穏やかな風に吹かれたい 何て  近頃 想い始めている だから 面倒くさいこと 厄介なこと 知りたくないこと 泣けること もう 何もしたくない 何も考えたくない だから 昨日までの 思いのすべてを 何かに包み込んで 風に飛ばしてよ 「出来る」「出来ない」 そう 出来たら どんなにいいか 振り返りたくもないから 進んで行くだけだけど 窓辺の風に  吹き抜けて行く [続きを読む]
  • 〜緑の風〜
  •         どこから   青葉の梢を揺すりながら 緑の香りを運んできたのか 木々の芽を渡る風に吹かれて 野山は爽やかに春色で染まり 何もかもが一斉に芽吹き始めた 暖かな陽射しに 木立の合い間から 太陽の光が透けて見える若葉は 煌めいて  瑞々しくて 輝いている 小鳥は囀り 草木も野花も戯れ 新樹も一緒になって 仲間のように語り合い どこか生気が溢れてみえる 何時だったか  薄桃色で華やかに飾 [続きを読む]
  • 〜明日を待って〜
  •             いつでも どこでも 明日を探していて 昨日までの想いを 閉じ込めた だから 今日は 何も考えたくない  まわりの 煩わしさも 繋がる やさしさも 聴きたくない 噂話も 飛んでいきそうな 憧れも みんな みんな 置いといて 明日を待っている  明日に込めたから  何も 話さないで   [続きを読む]
  • 〜四つ葉のクローバー〜
  •            散歩道の公園  ブランコや滑り台の周りに 茎が地面を這いながら 蔓延るように 白い小さな花 クローバーが咲いている 濃い緑の三つ葉が とても似合って 多くの草花に混ざっても 可憐で 可愛いのに 四つ葉だけが注目されるから  拗ねているように 見えてしまう  誰も  四つ葉のクローバーで  ”しあわせさがし”をしてみたいけど なかなか 見つからないから 諦めてしまい クローバー [続きを読む]
  • 〜雨音に魅かれて〜
  •       何時からか  雨音が聴こえて ポタポタ ポットン  ダワダワ ポトリ   出窓から見える空 降り出した雨は いつまで続くのか わからないけど どこまでも 灰色の雨雲で覆いながら 何もかもを隠すように 広がって 風まで呼んでしまった 木々を揺すり 濡らしながら 雨音と一緒になって ざわめき 陽射しを遠ざけて だけど 庭先のツツジが鮮やか色で 煌めいて  欅も木斛も青々として 瑞々しく 草 [続きを読む]
  • 〜眠れないから〜
  •        どうしたのか  一向に 眠れないから もう起きちゃえと 時計を見ながら はずみで 飛び起きてみた まだ3時半 何度見ても早すぎるけど テレビをつけると 大好きな ポール・モーリア楽団が 演奏していて 「夜霧のしのび逢い」「ひまわり」など 懐かしい曲が流れている わあ〜儲けた 聴きたかった名曲だ 次々に流れる音楽に 少しだけ うっとりしてしまう  まだ 朝ご飯の支度には早いし  新聞は [続きを読む]
  • 〜風を追いかける〜
  •        風が気になって 風を追いかけるのは 何故だろう  いつも どこでも 飛ばされないように 踏ん張っていたいから 風の行方を 強さを 知りたくて 向かっているような そんな 気持ちから だろうか  いいえ そうじゃない あなたとの 語らい  あなたとの 想い あなたとの いままで あなたとの これから  すべてが 風のなかで 吹かれながら 揺らされて 求めても 投げ出して の繰り返しに  [続きを読む]
  • 〜雨上がりの朝〜
  •         雨上がりの朝  窓辺から見える 庭のケヤキ あまりにも瑞々しく 緑の葉が 輝いて 白く光り  幹から小枝に 重なり合いながら いっぱい いっぱい 葉をつけ 重たいほどに 垂れ下がり  微かに 揺れて  周りの サツキやツツジに声かけて 競い合いでもするのだろうか 赤や白色 ピンクとコラボしても 青葉が映えて見える   何時の間に 勢いがついたのか  わからないけど 日射しや 雨の [続きを読む]
  • 〜止めたいけど、ブログ〜
  •           もう 止める  もう 書かない  いつも ブログを見ながら   にらめっこ  だけど ふとアクセス数を見て  見てくれてる人が わずかでも  増えていると 嬉しくなって  気持ちが 和らいでしまい  また  ボチボチ 何かを  表現してしまう  くだらない ポエム なのに  いつも その繰り返しで  私のサイクルになって いる  でも   ほとんど 誰も訪問がないと  寂しくて [続きを読む]
  • 〜初夏の陽射しに〜
  •           ほら  こんなにも陽射しが強くて お部屋のなかまで 届いているから 今日はすっかり お熱いようで 何処へも 行けないんじゃない これじゃあ 何処へ行っても 熱射病になるかも 何て〜  もう  初夏の様相で 太陽が しっかりと 熱視線を送ってくるから 免れきれない  どうしょうか  取あえず 珈琲飲んだら  考える....けど   [続きを読む]
  • 〜散歩道からの夕日〜
  •        あの 海の向こう 島並みの合い間から オレンジ色で 眩しいばかりの 光を放ちながら 先ほどまで 輝いていた夕日が いま 静かに 沈んでいく 遠くの空には 薄雲が広がり 辺りいちめんが 夕暮れ色で 染まってしまった  いつもの 散歩道 坂道から 見下ろす  海辺の夕暮れは 何処でも  いつの間にか やって来て 歩いて行きたい道を 遠ざける  しばらくの間 夕日に 想いを巡らせながら   [続きを読む]
  • 〜何処からか〜
  •           何処からか   暖かい風が吹いて  春がやって来たから  かつての 荒れ野が  息を吹き返したように  あちらこちらから 芽吹いて  気がつけば 緑が輝き 靡き  若葉が香る 山里になった  ああ....  待っていた この時   小鳥も虫たちも 小さな動物も    木立の木洩れ日  風の囁き  野花の合唱  こだまの行方  何もかもが 息づいて    持てる力で 今を生きようと  [続きを読む]
  • 〜春色の空〜
  •        この 緑に香る  樹木の風に 吹かれながら 大空に向かい 絵具で描いたなら どんな空色に 広がて行くだろうか  きっと 春風の 柔らかさ 透明さに負けて 緑の野は 何物にも染まらず いまのまま このままで 透き通った風を 運んでくれるから 何処までも 蒼くて   それが 春色で〜  [続きを読む]
  • 〜ゴールデンウィーク何て〜
  •         毎日が  ゴールデンウィークで お休みだから このまま いつものライフスタイルを 貫いて 変えないで  いつも通りに過ごし のんびりしたいと 世間の雑音から 遠ざかっていたけど 何だかんだ言っても 外野が喧しく 誘われている 気がして 押されている 気になって 旅行誌をさかんに アサってしまう もう遅い 無理だろう  今からでは間に合わない どうする  どうしょう  だけど どうに [続きを読む]
  • 〜5月の風に〜
  •        もう5月 はや5月 そう言えば 昨日歩いた野道に 梢の若葉が 日射しに透けて見えるほど  白く光っていて どこかしこ 艶やかな若葉が 緑で染めてしまったように 輝いていた  野山は  早足で やって来た風が 樹木も 草木も 野花も  辺りいちめんを 包み込み 緑の風を 吹かしていて  散ってしまった 桜の並木道も いまは 薄茶葉が 芽吹きのようで 他の若葉と コラボしているから 存在 [続きを読む]
  • 〜図書館って面白い〜
  •                    昨日 図書館へ行ったよ 館内までの 並木道に 楡の葉が青々と 繁りはじめ すっかり 青葉の季節の 風が吹いているような 何を 読もうか 何を 借りてみようか 大勢の人達で 広い空間の中は いっぱい それぞれの時間を それぞれが  のんびりと過ごしている そのスペースが ここにはあって 誰にも邪魔されないで 見たい本が きっとある なんて思いながら あっち こっ [続きを読む]
  • 〜夕映えの海〜
  •                   ほら見てごらん いつの間にか 瀬戸内の海を包み込み 鮮やかな茜色に 雲まで染めた夕日が 眩しいほどの光りの渦を 放ちながら 天に向かって 燃え上がるようで 陽炎みたいに ゆらゆら揺れながら 遥か彼方の水平線へと 沈んでいく ほら見てごらん 夕映えが あまりにも幻想的で 未知の世界へ 誘っているような 不思議な感覚にさせられてしまうから いつまでも 眺めてしまう  [続きを読む]
  • 〜春風を追いかける〜
  •       どこからか 青葉の梢を揺すりながら 緑の香りを運んで来たのか 春風に吹かれて 野辺は ほんのり鮮やか色に染まり 芽吹きが始まった 暖かな陽射しが  木立の合い間から 降り注ぎ  太陽の光で 辺りは  いっぱいに広がり 若葉が薄く映り 光って見える  小鳥は囀り 地中から小さな虫たちも お目見えで 樹木も 草木も 野花も 一斉にざわめき 活きづく いつだったか 薄桃色の花びらが 散ってし [続きを読む]
  • 〜内緒の話〜
  •        こころに バイパスがあれば どうしただろう はき出したい 溜めたくない パンクしそうな想いを すべてまとめて そっと 誰にも見つからないように 流して 知らん顔 きっと 爽快だろうけど いまは どうにもならない いつか どうにかしたい  内緒の話で〜  [続きを読む]
  • 〜春の雨音〜
  •                 いつの間にか  降り出した雨が 薄桃色の花びらを  濡らしながら ゆっくりと落ちて  雨の滴か 無数の透明な玉は  小さい 黄緑葉を包みながら 降りそそぐ 何処から 雨が来て 何時から 風が吹くのか 折角 桜が満開で  咲いていたのに もう ほとんど 散ってしまった ようで   嵐の前ぶれのように 雨雲が 空を灰色に 染めてしまい 風を呼んでいる 滴の声と 花びらの [続きを読む]
  • 〜誰にも言えなかった想い〜
  •             毀れるものを  溢れるものを 落としてきたたものを 残してきたものを 取り戻したくて がむしゃらに  走ったことがあった ずっと ずっと 遠い昔の ことだけど 忘れようとして 忘れられない ひとつの 願いで  だけどそれは  どうにもならない どうにも出来ない から いつしか  諦めてしまった 想いのなかに 閉じ込めた 諦め 諦めることの 切なさ 辛さ 寂しさ  時の流れだ [続きを読む]
  • 〜春の語らい〜
  •         こんなにも 眩しいほどの 朝の光り  庭の木斛が 輝きながら 緑葉を照らし けや木に声かける やっと 芽吹きが始まった 小葉は  目覚めたかのように 反り返り 桜に気がついたのか 驚いたように 見ている そう 桜は散り始め  薄桃色の花びらが 舞いながら 寂しさを誘っている ようで  久しぶりに 雨から開放されて  木々は生きいきと 跳ねて 空を仰ぐけど 放射された 光の渦の中で  [続きを読む]
  • 〜春風と遊ぶ〜
  •       何処から吹いて 何処へ行くのか 野山にそよぐ 春風よ  薄桃色した 桜の花びら  やっと 満開に咲いて お披露目したのに いくら 優しく吹いても 散らしてしまうのは 早すぎる だけど 暖かな風と 一緒に 戯れたくて 頬をなでただけで  通り過ぎようとするから 何故か 追いかけてしまう 風が吹いて 息吹きに 包まれ 樹木も 草花も はしゃいで 碧空の 遥か彼方 雲間の向こう 何処まで 進 [続きを読む]
  • 〜やみそうにない雨〜
  •        また また 雨が 降ってきた  木々の梢を 揺らしながら 雨の滴を 弾きながら 淡い桃色の花びらを 散らせながら 出窓の硝子を 揺さぶりながら  どうして  風まで連れて 雨が降るのか いまは 折角咲いた 満開の桜が  散ってしまいそうなので  もう少し 待ってほしいけど  どこまでも 灰色の空は 雲間も見えない 山並みの 遥か彼方まで続いて  霧のような春雨が 風に吹かれて  泣い [続きを読む]
  • 〜珈琲って不思議〜
  •         いつも 飲んでいる珈琲 今朝はやけに 苦いから やめておこうか だけど どうしても 止められない 風味なのか 香りか 味わいか  何かが 穏やかにしてくれて 騒ぎ立てるから  波長が合う フィーリングが合う 何よりも 味が好き ほろ苦くなったり ちよっぴり  酸味や 苦味や 甘みの 感覚が 毎日 違って 戸惑うことも  そう言えば カップや気分 雰囲気に  何となく 惑わされもする [続きを読む]