GardenPorter さん プロフィール

  •  
GardenPorterさん: GardenPorterのブログ
ハンドル名GardenPorter さん
ブログタイトルGardenPorterのブログ
ブログURLhttp://gardenporter.hatenablog.com/
サイト紹介文滋賀県にある山野草のネットショップGardenPorterのブログで山野草等の情報をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/07/24 11:51

GardenPorter さんのブログ記事

  • ガーデニング初心者必見!植物の肥料の基礎知識!
  •  だんだんと暖かくなる今日この頃。麗らかな春の訪れに次々と蕾が開いていき、ガーデニング意欲も高まるというものですね。この時期は若芽が早く成長した姿を見たくて、綺麗な花を咲かすのが見たくてついつい植物の成長を助ける肥料をあげたくなりますよね。ですがちょっと待ってください。その肥料は本当に植物の為になるのでしょうか。肥料もただあげればいいというわけではなく、その植物に合った成分やタイミングをよく考え [続きを読む]
  • ガーデニング大国イギリスで人気の庭木20選ー後編ー
  • www.gardenporter.com 前回に引き続き、イギリスで人気の庭木を紹介していきます。日本では流通していないものもあるのであまり役に立たないかもしれませんが、ガーデニングの本場ではこんな庭木が使われているんだなあと思っていただければ結構です。Embothrium coccineum和名・・・ー属名・・・ヤマモガシ科エンボスリウム属開花期・・・4〜7月タイプ・・.・落葉中高木パイオニアプランツとしても知られるヤマモガシ科の [続きを読む]
  • ガーデニング大国イギリスで人気の庭木20選ー前編ー
  • www.gardenporter.com 今までいろいろと日本の植物について紹介してきましたが、今日はちょっと趣向を変えてイギリスで人気のある庭木を紹介していきたいと思います。日本とは環境が違うのであまり役に立たないかもしれませんが、ガーデニング大国のイギリスではいったいどんな木が庭に植えられているのか、参考にしてみてください。Acer palmatum 'Osakazuki'和名・・・イロハモミジ オオサカズキ属名・・・ムクロジ科カエデ [続きを読む]
  • あなたの知らないマネーの世界。お金に刻まれた植物文様を徹底解説!
  • www.gardenporter.com私たちの生活に無くてはならないもの、お金。毎日誰しもが触れている身近な存在ですが、果たして皆さんはお金を隅々までじっくり観察したことがあるでしょうか。1円玉から1万円札まで、お金をじっくり見てみるとそこには必ずといってもいいほど植物の姿が見られます。なぜこんなにも植物なのか。きっと古くからの日本人と植物の関係を尊重しているのかと思いきや、調べてみるといろいろ面白い事実が発覚し [続きを読む]
  • 地味な下草とは言わせない。特徴的なシダ植物10選
  • www.gardenporter.com 突然ですが皆さん、シダ植物は好きですか?庭において下草はとても大事だということはこれまで何度か書いてきましたが、とくにシダ植物は和風の庭や自然風の庭の雰囲気によくマッチします。シダ植物は特に花も咲かないし一見地味に見えるかもしれませんが、野趣溢れる雰囲気が魅力でその世界は奥深く、様々な種類があります。今回は魅力的なシダ植物たちをいくつか紹介していきたいと思います。ホウライ [続きを読む]
  • あのスパイスの正体を解き明かす!香辛料に使われる植物9選
  • www.gardenporter.com 私たちが普段食べている料理の中には、大抵香辛料が含まれています。中でもスパイス料理の金字塔といえば、やはりカレー。インド料理を代表するカレーは、日本のだし文化と融合し、今では日本人の国民的料理として親しまれていますね。世界中の香辛料が手に入るようになった今ですが、名前は知っていてもなかなかその全貌は知り得ないものが割とあると思います。料理に使われるスパイスたちが元はどんな植 [続きを読む]
  • 庭師とめぐる、庭めぐり〜日本一広大な日本庭園「栗林公園」後編〜
  • www.gardenporter.com前回に引き続き、栗林公園をめぐっていきます。早足で回ったのにも関わらず、皆さんに紹介したいところがたくさんの大ボリュームで整理が大変ですが、続きを書いていきますね。↓前編はこちら↓栗林公園西端の石壁を経て道なりに進んでいくと、やたらとソテツが植えられている場所に出くわしました。それも一本一本がかなりの大きさで迫力がすごいです。ソテツといえば沖縄や九州の日本庭園によく植えられて [続きを読む]
  • 庭師とめぐる、庭めぐり〜日本一広大な日本庭園「栗林公園」前編〜
  • www.gardenporter.com かなり久しぶりの「庭めぐり」ですが、今回は香川県高松市にある栗林公園が舞台です。今週、ブログを更新しませんでしたがそれには理由があり、香川県まで庭づくりの出張に泊まり込みで来ていたため更新する時間がなかったからです。庭づくりはスムーズに進み、時間に空きが生まれ、現場近くの栗林公園を散策できたので今回はそのことを記事にしたいと思います。栗林公園は国の特別名勝に指定されている日 [続きを読む]
  • インテリアグリーンに最適!独特の魅力を放つ塊根植物8選
  • www.gardenporter.com 突然ですが皆さん、塊根(かいこん)植物をご存知でしょうか?塊根植物とは多肉植物の一種で、根や幹が肥大し主に大きな球形となって地上に隆起しているのが特徴です。大きく肥大化した根や幹には水分を多く蓄える事ができます。それもそのはず、塊根植物の自生地は乾燥した地域なので、これも生きるために進化した術なのです。さて、そんな塊根植物たちが近年ブームとなっており、お洒落な鉢に植えて室内に [続きを読む]
  • 春が来るまでに知っておきたい!チューリップの種類8選
  • www.gardenporter.com 今回はチューリップの種類について紹介していきます。麗らかな春の花壇を彩ってくれるチューリップですが、その種類はたくさんあり、これがチューリップ?と疑問を抱えてしまうものもしばしば。ただ綺麗なチューリップを眺めるのもいいですが、ある程度種類を知っていた方がきっと楽しめると思います。まだ春には早いですが、今流通しているだいたいの種類を紹介していきますね。トライアンフ系チュー [続きを読む]
  • 小さな世界の大きな魅力。世界のおもしろい姿かたちの苔9選
  • www.gardenporter.com 今回も苔についての記事です。前回は良く庭園などで目にする身近で人気な苔たちを紹介してきました。ですので今回はちょっとマイナーな、姿かたちの面白い苔を紹介していきます。まさか私たちの足元にこんな世界が広がっているなんて、いつ考えても驚きですね。ぜひとも皆さんも虫眼鏡片手に、街中を散策してみてはいかがでしょうか。タマゴケ学名・・・Bartramia pomiformis属名・・・ハイゴケ科ハ [続きを読む]
  • 庭園によく使われる人気の苔8選
  • www.gardenporter.com 最近あまり苔についての記事を書いていなかったので、しばらくは苔記事を多く書くかもしれません。今回はまず手始めに、お庭によく使われる苔の種類を紹介してみました。きっと見たことのある苔ばかりだとは思いますが、参考にしてみてください。ハイゴケ学名・・・Hypnum plumaeforme Wilson属名・・・ハイゴケ科ハイゴケ属用途・・.・苔玉、庭園材、テラリウム這う様に成長する苔で、苔玉としてよく使 [続きを読む]
  • バレンタインデーに送りたい!ハート型の植物7選?
  • www.gardenporter.com 皆さん、もうすぐバレンタインデーです。すっかり日本では「女性が男性にチョコをプレゼントする日」となってしまいましたが、起源元とされる西欧では単純にカップルの祝祭日とされています。チョコやお菓子、女性から男性へなどという縛りはなく、お互いに好きなものをプレゼントする。そんな感じだそうです。というわけで植物好きの皆さんでしたら、大切な人に植物をプレゼントするのもいいと思います [続きを読む]
  • インテリアとしても楽しめる。おすすめエアプランツ10選
  • www.gardenporter.com 今回紹介するのは室内でも楽しめる不思議な植物。エアプランツです。エアープランツとはその名の通り、空気中の水分を根や葉から吸収し成長する植物です。直射日光にはあまり強くないため室内でインテリアとして飾られることが多く、並べて飾ったり、上から吊るしたりと楽しみ方は様々です。ガーデニングは土汚れが気になるという方でも、土のいらないエアプランツならきっと楽しめるのではないでしょうか [続きを読む]
  • 植物の歴史はここから始まった。絶滅した遥か昔の植物たち8選
  • www.gardenporter.com いつも園芸についてとやかく書いていますが、今回はかなりスケールがでかいです。舞台は古生代。地球が生まれ、海がつくられ、およそ5億年前のカンブリア紀には海中に生物が爆発的に増えました。そしてシルル紀には海中の植物が地上に上陸し、ここから植物たちの歴史が始まっていきます。そんな古生代に生息していた植物たちを、今回は紹介していきます。当然ながらすでに絶滅してしまっているわけですが、 [続きを読む]