《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から さん プロフィール

  •  
《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄からさん: 《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から
ハンドル名《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から さん
ブログタイトル《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hirayanitumogenki
サイト紹介文私信メールは、左側面の「メッセージ」へ。ブログには出ません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/07/25 14:36

《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から さんのブログ記事

  • 映画「アシュラ」(R15指定)
  • ▲<3月4日より全国ロードショー中の韓国映画「アシュラ」>主人公の刑事は、現職の刑事でありながら副業で、街の利権を独り占めする事には、手段を選ばない極悪人市長の裏仕事を引き受けていた。そこに、市長逮捕に燃える検事が、刑事の弱みを掴んで脅かし、市長の不正証拠を出させようと画策する。進むも地獄、引くも地獄。刑事の苦悩が続く・・・。後輩の刑事も巻き込み、「同僚刑事殺し」、「市長の兄の殺害」、「市長室長の犯罪 [続きを読む]
  • 「偶然に対して、能動的な人のみに、幸運が訪れる」
  • ▲<いつもの通り、パワーポイントを使って話しをした>3月21日、顧問先の朝礼で「講話」を行った。約3年前から、月一回続いている「講話」も、今回で終了です。月に一回とはいえ、平均年齢29歳の全国150人に対して、どんなテーマを選ぶか?何を話なせば、仕事やキャリアに役立つか?を考え続けた。この事は、私にとって凄く勉強になった。本もよく読んだ(「教える方が良く学ぶ」という事を実感した)。今回は、4月大異動 [続きを読む]
  • 「沖縄楽園生活」さよなら編(2)人の始まりは「ジュリ馬」から
  • ▲<旧二十日正月に那覇市で行われる「ジュリ馬祭り」>【那覇の三大祭り】は、「大綱曳き」「ハーリー」「ジュリ馬」である。その中でも「ジュリ馬」だけは、那覇市民は、ほとんど知らない。その理由は、戦前辻にあった女性達は【じゅり】と言われた。「花街の祭り」です(花街は廃止された)。一般市民が、足の踏み入れない地区の祭りだから、今でもいつどこであるかも地元新聞でも事前に伝えない。▲<建物の中に「祭壇」があっ [続きを読む]
  • 「古民家食堂」3月例会
  • ▲<原川さん手製の「岡山焼」>3月14日の夜、「古民家食堂例会」があった。いつもの通り、「?良さん」の車で連れて行ってもらう。今回のメイン料理は、「お好み焼き」でした。▲<本日の付き出しの、「沖縄近海でとれたマグロ」です>▲<どんどん作ってくれた、7枚焼いただろうか?>一緒に行った、「原川さん」が、「広島風」と「大阪風」の中間「岡山焼」を焼いてくれた。※「岡山焼」とは、下地は「広島風」で、キャベツの中 [続きを読む]
  • 第6回「わったー那覇めし」
  • 3月11・12日で、「わったー那覇めし」が、奥武山総合公園(補助競技場)で行われた。11日は、一日中小雨が降っていたので行かず、12日が晴天になったので、自宅から散歩を兼ねて行って来た。会場の大テントの中も外にも、家族連れで人が溢れ返っていた。  最初に、1,000円でチケットの束を購入する(250円の食事券が4枚入っている。他には、「領収書」と「投票券」)。大テント内に、参加店舗が26ブース出ている。「餃子酒場金 [続きを読む]
  • 「ぬみあっちゃー栄町」
  • ▲<「ぬみあっちゃー」とは、沖縄の方言で「飲みに行こう!」という意味らしい>▲<チラシ裏面は、31店舗のメニューになっている>▲<待っている時、非常に人なっこい猫とたわむれた>那覇市栄町で、「ぬみあっちゃー栄町」というイベントがあり3月10日の夜に行って来ました。地元のグルメフリー雑誌「ちゅらグルメ」主催のイベント(3月10日〜11日)です。会社の仲間二人と「安里駅」前にある「りゅうぼう」で、19時に待ち合わ [続きを読む]
  • 仁丹いわく、「案外、オッサンたちがこの国の希望かも知れない」
  • ▲<那覇の「寒緋桜」もピークを過ぎました>「日経ビジネスオンライン」「河合薫」さんのメルマガ2017.3.7 の抜粋(10分の一くらい)です。森下仁丹が、“第四新卒”の採用をスタートさせた。                毎日新聞では「『第四新卒』おっさん、おばはんWANTED」東京新聞では「森下仁丹が『第四新卒』採用へ おっさん、おばはん求む」読売新聞では「求む中高年、森下仁丹が『第四新卒採用』」日経新聞では「 [続きを読む]
  • 映画「スンノーデン」を観ました。
  • ▲<全国で上映中の「スノーデン」>話題作ですが、少し遅く「スノーデン」を観ました。「ロシア」や「中国」などの「情報スパイ合戦」が、報じられますが、やはり一番、情報を収集している国は、「アメリカ」だという話でした。忠実に再現しているのだと思いますが、それでも現代のIT社会の「情報(サイバー)戦争」は、ここまで凄いのかと恐怖すら感じる映画です。主人公の「スノーデン」は、ロシアに情報を持ち込みたかったので [続きを読む]
  • 沖縄住生活を終了します
  • わたくし事ですが、4月に「沖縄移住生活」を終えます。沖縄を嫌いになったからでも、私の健康問題でもありません。沖縄を離れる要因は、妻の95を超える母の介護問題です。そしたら、妻だけ母のもとに行けばいいという事になりますが、今回色々話し合ったすえ、私も沖縄の地を去る事にしました。新しい住まいは、妻と私の実家の中間地点である、「大阪市」になりました。沖縄での顧問先の仕事が一番気がかりだったのですが、2月末に [続きを読む]
  • 関西は寒かった!
  • ▲<2泊3日の「関西旅行」、帰路ANAから観た雲の上を進む飛行機・・・>沖縄に住んでから、何が嫌かと言えば「冬に本州に行く事」です。2月23日〜25日まで、関西に行って来た。行く日の那覇は、23度くらいだったが、「伊丹空港」(大阪)は、8〜14度(前日は、1〜11度だったらしい)。翌日は、奈良の実家に帰ったら、−1〜9度でもっと寒かった!!(昔は、そこで育ったのだが・・・)。大阪で、10人くらいの人と会い [続きを読む]
  • 企業の「成長ステージ」による求められる「人財要件」とは?
  • ▲<2月20日は、朝礼で「私の講話」の日でした>今月のテーマは、「企業の“成長ステージ”による求められる“人財要件”とは?」だった。顧問先の企業は今年16期目だが、現状は「拡大期」なのか?「変革期」なのか?を少し考えてもらいたかったからだ。▲<「成長ステージ」のサイクル(標準)>起業したすべての企業が、順調に成長する訳ではない。と強調しつつ・・・。▲<「企業のステージ状況」>ステージごとに、企業の状況が変 [続きを読む]
  • ご近所巡り「那覇市宇栄原」編
  • ▲<空一面に咲く「イッペー」(さっき小学校校門前)>2月19日は、朝から晴天で、21−15度。陽気に誘われて、昼過ぎ、自宅から一番近いご近所(那覇市宇栄原地区)を散歩した。※那覇市宇栄原は、那覇市南部に位置し、「那覇空港」から、一駅目の「赤嶺駅」の南側にある丘陵住宅地です。▲<コザ信用金庫(小禄支店)の駐車場に巨大な植物?出現(高さ4m位)>▲<バス通りから、少し入った住宅街の綺麗な花>▲<宇栄原で [続きを読む]
  • ご近所歩き「那覇市具志」編
  • ▲<民家の「屋根瓦」が、実に味わい深いです>北風が緩くなった2月中旬の午後、20度を超えていたので、Tシャツ姿で歩いて「スポーツセンター」に行った。コースは、「那覇市具志」の住宅地です(具志は、那覇市の南端。豊見城市と接しています)。垣根越しに、「グアバ」の大きな果実が熟れ始めている。▲<沖縄では、「グアバ」が熟しても誰も食べないので、鳥だけが食べている>昨年、白い花を見て「シークワサー」と思ってい [続きを読む]
  • 古民家食堂2月例会
  • ▲<2月は、「古民家食堂」名物の「きりたんぽ鍋」でした>2月14日の夜、「古民家食堂2月例会」に参加した。メイン料理は、沖縄では珍しい、「きりたんぽ鍋」でした。始まりは、いつもの通り、前菜の「きびなごのから揚げ」と「殻付きピーナツ」で、ビールを飲む。今日の午後、「スポーツセンター」で、汗を流した後なので「ビール」が美味しい!▲<今月の「刺身」は、沖縄近海で獲れた「マグロの山盛り」です>今回は、「囲炉裏 [続きを読む]
  • さかな君「島魚(しまいゆ)の干物」を持ってやって来た。
  • ▲<さかな君が手土産で持ってきてくれた「島魚の干し物」(ビニールパックの実物)>2月10日の夕方(当日の那覇も寒波襲来で14-16度でした)那覇市の「ままや」で、後輩の「中澤さかな」君と飲み会をした。中澤さかな君は、道の駅「萩しーまーと」の駅長で、地方自治体で「特産品」や「販売店創設」のお手伝いをして全国を飛び回っている。前日から「うるま市」で、「島魚の干物」のプロジェクトの仕事でやって来て、明日関西の仕 [続きを読む]
  • 「叱ってくれる人は、大事にしよう!」
  • 2月10日、TVで19時57分から「卓球愛ちゃん24年の軌跡」を観た(愛ちゃんの3歳〜28歳までの成長を追いかけたドキメントだった)。「天才卓球少女愛ちゃん」が、国民アイドルになり、中国に留学し、日本の卓球女子を世界の頂点に誘う道程でした。「リオオリンピック」で、不調の愛ちゃんが、一回りしたの後輩にアドバイスする姿を観て、涙したのは私だけではないはず(お母さんが愛ちゃんに激励している様子と一緒だった)。そんな [続きを読む]
  • 「小禄南公民館祭り」舞台発表
  • ▲<「ロハス三線サークル」舞台発表>2月5日(日)10時30分、「小禄南公民館まつり」の舞台に上がった(今年は、22サークルが発表した)。毎週火曜の19時〜21時に、小禄南公民館で練習している「ロハス三線サークル」の、年に一度の「舞台発表」です。私が、沖縄に移住した2007年6月。近所にあった、「小禄南公民館・図書館」に、通って沖縄の関連書物を読んでいた。▲<オープニングを飾った、母と子供の創作踊り>そんな頃、妻 [続きを読む]
  • 沖縄より、少し早い「春」を献上
  • ▲<2月4日那覇市内の公園で見つけた「寒緋桜」の咲き始め>沖縄県の県北部では、「桜」が満開です(本州の「桜」とは異なる種類で、1月中旬から咲き始めます)。「本部八重岳桜祭り」(1月中旬〜)、「今帰仁グスク桜祭り」(1月下旬〜)、「那覇市与儀公園」は(2月中旬〜)。今日、「スポーツセンター」に歩いて行く途中に、那覇市内では、少し早い「寒緋桜」の咲き始めに遭遇して感動した!※「寒緋桜(カンヒザクラ):バラ [続きを読む]
  • プロ野球沖縄キャンプin2017
  • ▲<2012年2月19日オープン戦(奥武山セルラースタジアム)>2月1日から、沖縄県下で「プロ野球のキャンプ」が、スタートしました。セ・パ合わせて、9球団が沖縄県下でキャンプを行います。今年は、WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)を控えているので、「侍ジャパン」に選出されえた選手は練習に力からが入ります。沖縄県下の市営球場などで、トレーニングや練習試合を行います。プロの選手が、まじかに見られる [続きを読む]
  • 沖縄那覇の「ご近所歩き」
  • ▲<那覇市内の住宅地でも、こんな風景が見れます>寒波も緩やかになった、1月26日(20‐16度)、気持ちがいい天候だったので、半袖T姿で、少し遠歩きして「スポーツセンター」に行く。▲<那覇市はずれの「県道」沿いにある「トックリキワタ」>先日、花が「満開」だったのに、もう「果実」が、ぶら下がっていた!▲<2016.12.10の満開の時(同じ樹です)>▲<一か月少しで、こんな大きな果実が>▲<この果実の中に、「綿」が [続きを読む]
  • 「カエルの楽園」
  • ▲<2016年2月23日に、新潮社から出版された百田尚樹さんの小説です>イソップ童話のような、「カエル」の世界を描いている。内容は、メルヘンな物語ではなく、現代の世界(アジア)で、起きているような「国際問題」が、テーマです。アマガエルの「ソクラテス」と「ロベルト」が、ある日突然にやって来た凶暴な「ダルマガエル」に滅ぼされて国を脱出する。命がけでさまよい、「ナパージュ」という国に辿り着く。そこは、心優しい [続きを読む]
  • 吉田類後援会inKOZA
  • ▲<いつもテレビで見ている「吉田類」さんが沖縄に登場!>1月20日(金)の夜、沖縄市の「ミュージックタウン音市場」で、吉田類さんの講演会があり、那覇市から4人のおっさんが車で出かけつけた。開演の19時直前に滑り込んだ。入口で「ビール(小)」(入場料に含む)を手渡され、飲みながら吉田類さんの話を聞けた(おつまみは自己負担)。「ミュージックウン音市場」は、お酒を飲みながら音楽を楽しむように造られたホールなの [続きを読む]
  • 福幸地鶏が食べられる「スワン」へ行く
  • ▲<「福幸地鶏」は、新鮮で柔らかくておいしかった!>1月18日の夜、「三匹のおっさん飲み歩きの会」があった。今回は、私の要望で「焼き鳥」のおいしい店にした。原川さんが、泉崎にある「スワン」の鶏肉が、那覇で一番おいしいと言ったので私が予約した。この店は、私も沖縄に来て一年目の頃に、よく通った店だった。たしか、「安くておいしい店」の印象がある。会社が、壷川から久茂地に移転したので、5〜6年は行っていな [続きを読む]
  • 変化する市場に、影響を与えようと思えば、スピードを上げるしかない。
  • ▲<1月16日の朝、那覇にも寒波襲来で初めて「長袖のかりゆし」にて出勤した>月に一度、顧問先企業の朝礼で「講話」を行っている。昨年のテーマは、「他人力を鍛えて、好かれて仕事が出来る人になる」だった。今年からは、「良き風土の醸成」。今年最初の題目は、「スピードが命!」にした。世界中で、他社がマネ出来ない商品を持つ企業なら、「競合・競争」には無縁だが、ほとんどの企業は、否が応でも「他社と競争」になる。だ [続きを読む]