《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から さん プロフィール

  •  
《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄からさん: 《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から
ハンドル名《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から さん
ブログタイトル《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hirayanitumogenki
サイト紹介文私信メールは、左側面の「メッセージ」へ。ブログには出ません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/07/25 14:36

《沖縄楽園生活》沖縄実生活編 沖縄移住者が沖縄から さんのブログ記事

  • 「沖縄楽園生活」さよなら編 (10)「最終回」
  • ※2017年4月15日早朝の6時30分、無事「大阪南港」に到着しました!2006年4月15日「沖縄移住準備編」から始まった「沖縄楽園生活」も、奇しくも本日2017年4月15日、2103号をもって最終回になりました。永く良く書けたなぁと、本人自身が驚いています。毎日書いていた年もあり、今は亡き友人に感心されました(懐かしい思い出です)。「沖縄病に罹り」大好きな沖縄へ、移住を計画するも訳あって、計画より2年遅れて「沖縄移住」が実 [続きを読む]
  • 「沖縄楽園生活」さよなら編(8)「沖縄のまつりに参加」
  • ▲<「那覇大綱曳き」の始まる直前、久茂地交差点で那覇の旗頭が、すべてが集まって「旗頭ガーエー」が行われる>我が家の引っ越し荷物詰めも佳境です!「沖縄の祭り」は、たくさんあり「参加型」も多いです。一番有名なのは、「那覇の大綱曳き」。私も初めて参加した時、綱(細い手綱を引く)を引いた時、感動した。大さは世界ギネス認定で、国道58号線の分離帯を外して、交通を一昼夜遮断して行われる(途中から、米軍関係者が [続きを読む]
  • 「沖縄楽園生活」さよなら編(7)沖縄の気候と自然遊び
  • ▲<4月に入ってからのご近所の風景(このハイビスカスは、花弁の大きさが20cm以上もあった!)>沖縄は、亜熱帯気候だから冬がないと思われているが、2年も住むと「20度」を切ると「少し寒い」と言い、「15度を切ると「寒くて風邪をひく」ようになる。私が、移住した6月は、「梅雨後半」だった。持って来た、「皮製品」や「式服」に、「カビが生えた」。それ以来、靴も含めて革製品は購入していない。驚いて電気屋に行って [続きを読む]
  • 「リーダーシップを身に付ければ、人生を自分で切り開いて行ける」
  • 4月3日の夕方、那覇市久茂地「沖縄タイムスビルホール」で、顧問先企業の「18期キックオフ」があり、全国からメンバーが沖縄に集結した。「前年度の業績報告」や「優秀パートナー表彰」が行われ、その後、社長と各グループMgrから、「今期の方針」が発表された。キックオフの後半は、「パーティ」があった。毎回、「乾杯音頭」は、私の仕事です。今回は、沖縄を離れるので、いつもより時間を頂いて「私の思い」を語った。先月の [続きを読む]
  • 「古民家食堂4月例会」に参加
  • ▲<4月4日の古民家食堂の夕景>4月4日の夜、「古民家食堂4月例会」に参加した。いつもは第二週の定例会を私の都合で、今回は第一週にしてくれた。▲<いつも渋い、友利さん>例年4月から外で「BBQ」を行いますでも、今年4月の夜は寒い!(夕方16度)参加者みんなが厚着して震えていた(笑)。私は、「古民家食堂例会」で、たくさんのいい縁を頂いました。「古民家食堂」が出来た時の話を聞かせて貰った・・・。▲<高良さんと又 [続きを読む]
  • 「沖縄楽園生活」さよなら編(6)地元の仲間は、「公民館活動」から
  • ▲<9回目、2017.2.5の「小禄南公民館舞台発表会」>207年の6月に沖縄に移住した。一ヶ月あとに来た家人は、9月に公民館の「琉舞サークル」に入会した。私も負けじと、10月に「三線サークル」に入会した。沖縄に永く住むつもりだったので、楽器経験がないのに、何か沖縄らしいものを身に付けたかった。三線は、牧志公設市場周辺にあった「三線製作所」に、飛び込んで、ワンセット25,000円くらいで購入した。講師の小野さんは、宮城 [続きを読む]
  • 琉球料理の店「心花(ここはな)」で送別会
  • ▲<メイン料理の数々(男性でも十分の量です)>4月1日のお昼、北中城にある琉球料理の店「心花(ここはな)」で送別会をして頂きました。住宅街の高台にあり、窓の外には「泡瀬」の海が観えます(沖縄本島の東海岸です)。事前予約すれば、沖縄の家庭料理が1,500円で食べられます。▲<「前菜」です>4家族の夫婦で美味しい料理を頂きながら、会話を楽しみました。▲<「龍泉洞」を運営している㈱南都が造っている「地ビール」を [続きを読む]
  • 「肉御殿」(イオンタウン豊見城)
  • 3月30日の夜、大人7人で「肉御殿」へ行って来ました。この店は、われらの仲間の高良さんが、ここ数カ月リューアルOPENに、取り組んでいた店です。店の仕上がりは、以前の店よりもデラックスになっていた(「古民家食堂」の仲間3名の仕事です)。オープン記念期間で、「食べ放題90分」のメニューもあったが、われわれは単品のコースを選んだ。以下、肉のオンパレードです(一部)。「食べ放題90分」のメニュー(飲み物別料 [続きを読む]
  • 「沖縄楽園生活」さよなら編(4)ビジネス接点は「勉強会」から
  • ▲<年中咲いている「ハイビスカス」>沖縄に移住した直後、近くの「公民館&図書館」で、「地元情報誌」(ローカル新聞・タウン誌・経済誌)をたくさん読んだ。その中に、「オキナワグラフ」という地元経済誌と地域情報を兼ねたグラビア月刊誌があった。記事の中に、「サークル・勉強会紹介」があり、「沖縄観光研究会」(主宰NPO沖縄人財クラスタ研究会)という会を取り上げていた。毎月勉強会を兼ねた飲み会を行っているらし [続きを読む]
  • 「沖縄楽園生活」さよなら編(3)ビジネス人脈は「OB」から
  • ▲<最近は、23〜21度の日が続き暖かい。3月27日は、最高気温19度で、少し寒い(笑)>2007年6月に移住して、知り合いもほとんどいなくて、毎日、那覇市内「ゆいレール沿線探索」の日々・・・。秋にさしかかったある日、携帯に、一本の電話が入る。相手は、那覇市内で旅行情報誌を出している株式会社パムに勤める東濱(ありはま)さんからだった。彼とは、面識がないので尋ねたら、元の会社上司に「今度、こんな人が沖縄に移住したか [続きを読む]
  • 映画「アシュラ」(R15指定)
  • ▲<3月4日より全国ロードショー中の韓国映画「アシュラ」>主人公の刑事は、現職の刑事でありながら副業で、街の利権を独り占めする事には、手段を選ばない極悪人市長の裏仕事を引き受けていた。そこに、市長逮捕に燃える検事が、刑事の弱みを掴んで脅かし、市長の不正証拠を出させようと画策する。進むも地獄、引くも地獄。刑事の苦悩が続く・・・。後輩の刑事も巻き込み、「同僚刑事殺し」、「市長の兄の殺害」、「市長室長の犯罪 [続きを読む]
  • 「偶然に対して、能動的な人のみに、幸運が訪れる」
  • ▲<いつもの通り、パワーポイントを使って話しをした>3月21日、顧問先の朝礼で「講話」を行った。約3年前から、月一回続いている「講話」も、今回で終了です。月に一回とはいえ、平均年齢29歳の全国150人に対して、どんなテーマを選ぶか?何を話なせば、仕事やキャリアに役立つか?を考え続けた。この事は、私にとって凄く勉強になった。本もよく読んだ(「教える方が良く学ぶ」という事を実感した)。今回は、4月大異動 [続きを読む]
  • 「沖縄楽園生活」さよなら編(2)人の始まりは「ジュリ馬」から
  • ▲<旧二十日正月に那覇市で行われる「ジュリ馬祭り」>【那覇の三大祭り】は、「大綱曳き」「ハーリー」「ジュリ馬」である。その中でも「ジュリ馬」だけは、那覇市民は、ほとんど知らない。その理由は、戦前辻にあった女性達は【じゅり】と言われた。「花街の祭り」です(花街は廃止された)。一般市民が、足の踏み入れない地区の祭りだから、今でもいつどこであるかも地元新聞でも事前に伝えない。▲<建物の中に「祭壇」があっ [続きを読む]
  • 「古民家食堂」3月例会
  • ▲<原川さん手製の「岡山焼」>3月14日の夜、「古民家食堂例会」があった。いつもの通り、「?良さん」の車で連れて行ってもらう。今回のメイン料理は、「お好み焼き」でした。▲<本日の付き出しの、「沖縄近海でとれたマグロ」です>▲<どんどん作ってくれた、7枚焼いただろうか?>一緒に行った、「原川さん」が、「広島風」と「大阪風」の中間「岡山焼」を焼いてくれた。※「岡山焼」とは、下地は「広島風」で、キャベツの中 [続きを読む]
  • 第6回「わったー那覇めし」
  • 3月11・12日で、「わったー那覇めし」が、奥武山総合公園(補助競技場)で行われた。11日は、一日中小雨が降っていたので行かず、12日が晴天になったので、自宅から散歩を兼ねて行って来た。会場の大テントの中も外にも、家族連れで人が溢れ返っていた。  最初に、1,000円でチケットの束を購入する(250円の食事券が4枚入っている。他には、「領収書」と「投票券」)。大テント内に、参加店舗が26ブース出ている。「餃子酒場金 [続きを読む]
  • 「ぬみあっちゃー栄町」
  • ▲<「ぬみあっちゃー」とは、沖縄の方言で「飲みに行こう!」という意味らしい>▲<チラシ裏面は、31店舗のメニューになっている>▲<待っている時、非常に人なっこい猫とたわむれた>那覇市栄町で、「ぬみあっちゃー栄町」というイベントがあり3月10日の夜に行って来ました。地元のグルメフリー雑誌「ちゅらグルメ」主催のイベント(3月10日〜11日)です。会社の仲間二人と「安里駅」前にある「りゅうぼう」で、19時に待ち合わ [続きを読む]
  • 仁丹いわく、「案外、オッサンたちがこの国の希望かも知れない」
  • ▲<那覇の「寒緋桜」もピークを過ぎました>「日経ビジネスオンライン」「河合薫」さんのメルマガ2017.3.7 の抜粋(10分の一くらい)です。森下仁丹が、“第四新卒”の採用をスタートさせた。                毎日新聞では「『第四新卒』おっさん、おばはんWANTED」東京新聞では「森下仁丹が『第四新卒』採用へ おっさん、おばはん求む」読売新聞では「求む中高年、森下仁丹が『第四新卒採用』」日経新聞では「 [続きを読む]
  • 映画「スンノーデン」を観ました。
  • ▲<全国で上映中の「スノーデン」>話題作ですが、少し遅く「スノーデン」を観ました。「ロシア」や「中国」などの「情報スパイ合戦」が、報じられますが、やはり一番、情報を収集している国は、「アメリカ」だという話でした。忠実に再現しているのだと思いますが、それでも現代のIT社会の「情報(サイバー)戦争」は、ここまで凄いのかと恐怖すら感じる映画です。主人公の「スノーデン」は、ロシアに情報を持ち込みたかったので [続きを読む]
  • 沖縄住生活を終了します
  • わたくし事ですが、4月に「沖縄移住生活」を終えます。沖縄を嫌いになったからでも、私の健康問題でもありません。沖縄を離れる要因は、妻の95を超える母の介護問題です。そしたら、妻だけ母のもとに行けばいいという事になりますが、今回色々話し合ったすえ、私も沖縄の地を去る事にしました。新しい住まいは、妻と私の実家の中間地点である、「大阪市」になりました。沖縄での顧問先の仕事が一番気がかりだったのですが、2月末に [続きを読む]
  • 関西は寒かった!
  • ▲<2泊3日の「関西旅行」、帰路ANAから観た雲の上を進む飛行機・・・>沖縄に住んでから、何が嫌かと言えば「冬に本州に行く事」です。2月23日〜25日まで、関西に行って来た。行く日の那覇は、23度くらいだったが、「伊丹空港」(大阪)は、8〜14度(前日は、1〜11度だったらしい)。翌日は、奈良の実家に帰ったら、−1〜9度でもっと寒かった!!(昔は、そこで育ったのだが・・・)。大阪で、10人くらいの人と会い [続きを読む]
  • 企業の「成長ステージ」による求められる「人財要件」とは?
  • ▲<2月20日は、朝礼で「私の講話」の日でした>今月のテーマは、「企業の“成長ステージ”による求められる“人財要件”とは?」だった。顧問先の企業は今年16期目だが、現状は「拡大期」なのか?「変革期」なのか?を少し考えてもらいたかったからだ。▲<「成長ステージ」のサイクル(標準)>起業したすべての企業が、順調に成長する訳ではない。と強調しつつ・・・。▲<「企業のステージ状況」>ステージごとに、企業の状況が変 [続きを読む]
  • ご近所巡り「那覇市宇栄原」編
  • ▲<空一面に咲く「イッペー」(さっき小学校校門前)>2月19日は、朝から晴天で、21−15度。陽気に誘われて、昼過ぎ、自宅から一番近いご近所(那覇市宇栄原地区)を散歩した。※那覇市宇栄原は、那覇市南部に位置し、「那覇空港」から、一駅目の「赤嶺駅」の南側にある丘陵住宅地です。▲<コザ信用金庫(小禄支店)の駐車場に巨大な植物?出現(高さ4m位)>▲<バス通りから、少し入った住宅街の綺麗な花>▲<宇栄原で [続きを読む]