三ツ星温泉 さん プロフィール

  •  
三ツ星温泉さん: 三ツ星温泉
ハンドル名三ツ星温泉 さん
ブログタイトル三ツ星温泉
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mitsuboshi-onsen
サイト紹介文30代になってから温泉にハマった男のblogです。目指すは日本一の温泉データベースです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/07/26 10:08

三ツ星温泉 さんのブログ記事

  • 森林公園温泉 きよら ★★
  • 札幌から旭川方面へ電車で10分強、函館本線に森林公園という駅がある。そこから歩くと10分もかからない距離。車だと札幌から30分程度、国道12号沿いにある。森林公園っぽく、背景に木々を入れて撮影してみた。建物正面には「モール温泉」「源泉かけ流し」の幟が躍る。料金は、公衆浴場価格なので440円。石鹸やシャンプーは設置されていない。ここの特徴は、何と言っても源泉かけ流しのモール泉。源泉かけ流しは札幌市内唯一だそう [続きを読む]
  • 長島温泉 湯あみの島 ★★★
  • 広大な敷地に、それぞれ黒部峡谷の湯(男湯)、奥入瀬渓流の湯(女湯)という名の人工の自然美を造り、露天風呂をいくつも配したスケールの大きな日帰り温泉。1日1万トンの湯量を誇るため、その湯量をフル活用している。男湯は露天風呂だけでも4つある。中でも、一番奥にある屏風谷の湯は源泉かけ流しなので、往訪の際には覚えておいてほしい。もちろん、内湯もありこちらもとんでもなく大きい。ジャグジー湯や最近流行りの炭酸 [続きを読む]
  • 南濃温泉 道の駅月見の里南濃の足湯 ★
  • 愛知、三重、岐阜の県境に近い。養老山脈の裾野を走る国道258号線沿いにある道の駅だ。名古屋からくる場合は、津島市や愛西市を通り、東海大橋経由となる。一帯が月見の森として整備されており、山の中腹にある「水晶の湯」へも階段で歩いて行ける。水晶の湯は別の機会に書くこととしたいが、麓の駐車場から専用のバスか徒歩でしか行けない。濃尾平野を見渡せるその景色は、東海地区No.1と思う。景色だけが注目されがちだが、泉質 [続きを読む]
  • 長島温泉 湾岸長島パーキングエリア足湯(上り) ★
  •   伊勢湾岸道の長島パーキングエリアにある無料の足湯。利用時間は8〜20時迄。一帯はナガシマリゾートとなっており、インターチェンジから出れば、アウトレットモールや遊園地、ホテルなどが並ぶ一大リゾート地を形成している。湯量豊富な長島温泉の源泉をおすそ分けしてもらっているのが、パーキングエリア内の足湯だ。タオルは売店で100円で売っているが、あらかじめ持っていきたいところ。伊勢湾岸道は将来東京〜大阪を結ぶ大 [続きを読む]
  • 山中温泉 白鷺湯たわらや ★★
  • 山中温泉の中でも古くからある老舗旅館。渓谷沿いにそびえ立つ。風呂は全部で3つ。夜と朝で男女が替わる「鶴仙」「河鹿」と、貸切風呂の「菊香」がある。一番お薦めは「鶴仙」だ。内風呂も野天風呂も広く、眺めも良い。また、「菊香」も一時間3,000円(宿泊者は2,500円)の価値は十分にある。家族3・4人で入るにはもったいない程広い。子供も入り易いよう、浅い場所もある。野天も付いており、贅沢な時間を過ごすことが出来る。 [続きを読む]
  • 山中温泉 総湯 菊の湯 ★★
  • 石川県の南端にある加賀温泉郷には、「加賀温泉」という名の温泉はない。山中、山代、片山津、粟津の4つの温泉地から成り、総じて加賀温泉郷と言われている。JRの加賀温泉駅は、その4つの温泉地に行きやすい位置に新しく作られており、駅前には温泉はない。山中温泉は、この4つの中でも一番山の中にあり、駅からも遠い。故に、一番観光地っぽい気がする。温泉街は歩道がきれいに整備され、名所のこおろぎ橋等にも行きやすい。温泉 [続きを読む]
  • コロナ温泉 天然温泉コロナの湯中川店
  • 名古屋市中川区の西の端の方、国道1号線沿いにあるレジャー施設がコロナリゾート。映画館やボーリング場が併設されており、スパ施設もその一つだ。自家源泉を持ち、しっかりと天然温泉を謳っている。泉質は単純泉で無臭。特徴はない。露天風呂が広かったのが印象的だった。また、このような施設で貸切湯があるのはなかなか珍しい。料金は土休日は750円、平日は650円と平均的。レジャー施設のため駐車場が広く困らないのが良いとこ [続きを読む]
  • 弘城温泉(蒲田黒湯) SPA&HOTEL 和 ★★
  • JR蒲田駅前、1本裏通りのパチンコ屋の上にある施設。パチンコやホテルを経営するのはグループ会社で、蒲田駅前にいくつも施設を持っている。蒲田には昔から温泉が湧いており黒いことで有名だが、この和(なごみ)も黒温泉である。少し甘みがあるような湯で、すべすべである。都会にありながら露天風呂もあり、開放感を得られる。ただし、露天部分は循環式だ。内湯はかけ流しで、加温しているものとそのままの温度の源泉風呂まであ [続きを読む]
  • 上山田温泉 湯の華銭湯瑞祥 松本
  • 松本駅から西へ1kmもないくらいの距離。国道19号沿いにあるショッピングモール内の一角にある。スタバの隣だ。料金は680円。これと言った特徴は無く、どこにでもあるスーパー銭湯という感じ。戸倉上山田温泉の内、上山田温泉の姉妹店から温泉を直送しており、湯船は循環式。地元民の憩いの場であって、旅行者がわざわざ行くような施設ではないと思う。旅行者は、タクシーを飛ばしてでも、浅間等の温泉地に行くべきと思う。単純硫黄 [続きを読む]
  • 浅間温泉 湯々庵 枇杷の湯 ★★★
  • 松本駅からバスで20分程。浅間温泉行のバスの終点、浅間温泉バス停から更に奥に歩いていく。坂道で道幅が狭く、地図があっても本当に方角があっているのか不安になるほど分かり辛い。バス停からは迷わなければ5分掛からない距離か。江戸時代から続いている松本城主専用の湯御殿であった老舗旅館が、日帰り施設として整備され、入口からのアプローチや玄関は、旅館そのもの。ロビーの雰囲気も落ち着きがあってよかった。料金は800円 [続きを読む]
  • 鍋田川温泉 天然温泉なべた川 ★
  • 名古屋から急行で2駅の近鉄弥富駅もしくはJR関西本線・名鉄尾西線の弥富駅からタクシーで5分程。歩けば15分くらいだろう。海抜0m地帯に湧く温泉だ。ちなみに、JR弥富駅は地下鉄を除き日本で一番低いところにある駅である。住所は三重県桑名郡だが、愛知県との県境近辺にあり木曽三川を渡る手前である。1年ほど前に隣接する旅館と共にフロントやロビーが改装され、和のテイストになった。日帰りの料金は550円と比較的安い。浴室は [続きを読む]
  • 灘温泉 六甲道店 ★
  • JR神戸線(東海道本線)の六甲道駅南口から歩いて3分程の駅近温泉だ。新快速は停まらないが、快速は停車する。古い銭湯であるが、震災後に温泉を掘ったそうで、しっかりと温泉が湧いている。源泉かけ流し。銭湯なので、入浴のみなら420円。サウナは別料金だ。浴室内の写真はないが、湯船の内、内湯の一つと露天風呂が温泉となっており、黄土色のお湯が注がれている。塩化物系の温泉で、温泉からあがった時の肌のさっぱり感が良い。町 [続きを読む]
  • 太平温泉 天風の湯
  • 名古屋駅から港湾地区へ向かうあおなみ線の南荒子駅と中島駅の間くらいにあり、JR貨物のターミナルに隣接している。徒歩では10分程度だろうか。この地区にありがちなスーパー銭湯の造りではあるが、しっかりと天然温泉が湧いている。天然温泉を使用している風呂は、屋外の壺湯と岩風呂だ。壺湯は2種類あるが、一つは源泉かけ流しであり、温泉の成分で少し褐色がかっている。また、アルカリ系の泉質のため、ほぼ無味無臭である。室 [続きを読む]
  • 竜泉寺温泉 竜泉寺の湯 ★★
  • 名古屋市内の大曽根から、全国でここだけにしかないガイドレールバスに乗り約15分。ガイドレール区間が終わって直ぐの竜泉寺バス停を降りて、徒歩5分程。県道横にあるスーパー銭湯だ。東海地区の温泉好きならば一度は聞いたことがある有名店。今の様にスーパー銭湯が連立する前からあり、かつ守山区の高台にあり露天からの景色が良い。入泉料は500円と安いのも特筆される。岩盤浴を付けてもたったの+200円。浴室に入って目に飛び [続きを読む]
  • 長良川温泉(三田洞泉) ホテル石金鵜船の足湯 ★
  • 鵜飼で有名な長良川。岐阜駅からバスで10分ほどのところに、鵜飼の乗り場や、信長が築いた岐阜城(金華山)への入り口等があり、岐阜市内の観光のハイライトである。長良川の両端に長良川温泉のホテルが点在し、日帰り旅行よりは、ホテルの一泊と絡めて夕方に来る人が多いだろう。日帰り温泉施設は無く、ホテルの日帰りプランで利用するほかない。しかし、その例外がこの足湯。長良川のほとりから1本入ったところにあり、存在を知 [続きを読む]
  • 代山温泉 せせらぎの四季(とき) ★★
  • 岐阜県の中津川から先、松本に抜けるまでは「木曽路」と呼ばれる古くからの街道である。名古屋を出た特急しなのは、千種、多治見、中津川と停車し、一部南木曽に停車する列車を除いて次に停車する駅が、木曽福島である。木曽福島を出ると、次は松本盆地の塩尻である。木曽路の丁度真ん中に位置する宿場町で、国道19号から361号が別れ、開田高原・御嶽山方面への観光の起点でもある。木曽福島駅から車に乗り、19号を少し北上。361号 [続きを読む]
  • 八王子温泉 スパ&ホテルやすらぎの湯 ★
  • 東京西部、多摩地区の中心で、古くから甲州街道の宿場町として栄えた街だ。今でこそ手前の立川にも停車するが、新宿を出た中央線特急の最初の停車駅であるというイメージを持っている人は未だに多いと思う。駅周辺には歓楽街もあり、多摩西部にキャンパスのある大学生が遊ぶ場所でもある。そんな八王子駅から徒歩で2・3分、ドン・キホーテの隣にあるのが「やすらぎの湯」だ。ビルの4・5階にある施設のため、エレベーターで上る [続きを読む]
  • 木曽岬温泉 ゴールデンランド木曽岬温泉
  • 高速だと、伊勢湾岸高速の弥富木曽岬ICから車で5分掛からない距離。名四国道の場合は、名古屋方面から走ってきて木曽川を渡る手前に出来た信号を左に曲がり、真新しく整備された道を少し走ると見つかるはずだ。「木」「曾」「岬」の文字に「ヘル」「スセ」「ンタ」と併記されている。なんでその切り方をしたのかと、突っ込みたくなると同時に、この施設の危険性を感じずにはいられなくなるだろう。ここが長島リゾートと川を挟んだ [続きを読む]
  • 羽島温泉 羽島市老人福祉センター ★★
  • 岐阜県の南西、木曽川と長良川に挟まれたところにある。名神高速の羽島ICからは15分程度だろうか。名古屋方面から一般道で行く場合には、国道155号から馬飼大橋に通じる道に入り、馬飼大橋を渡ってすぐのところにある。周りは田んぼで、ポツンとこの施設がある感じだ。“おちょぼさん”の愛称で親しまれる千代保稲荷や、祖父江善光寺が近い。基本的には、羽島市が運営する老人福祉センターであり、市内のご老人がメイン。ただし、 [続きを読む]
  • 天然温泉 丸屋玉ノ湯
  • 名古屋市の南、知多半島の伊勢湾岸側の付け根にあたる東海市。重工業会社の工場が並ぶ湾岸から、少し内陸に入ったところにある施設が、丸屋玉ノ湯だ。名鉄常滑線の尾張横須賀駅から歩いて10分弱であり、車でしか行けない施設が多い中で、電車で行ける数少ない温泉の一つと思う。このあたりには日帰り温泉施設がないため、土日ともなればとにかく混んでいる印象。駐車場も足りていない。いざ施設に入ると、玄関、靴箱エリアが狭く、 [続きを読む]
  • 尾張天王の湯 くつろぎ天然温泉 湯楽 ★
  • 愛知県西部、津島市。さほど大きな市ではないが、古くから津島神社の門前町として栄えたところだ。今も神社を中心に、古い町並みが残る。津島市のど真ん中、市役所の近くにあるのが湯楽だ。飲食、カラオケ等もある施設で、地元民の憩いの場でもある。源泉名は、津島神社で毎年夏に行われる尾張天王祭から取っており、旧国名の尾張と合わせて「尾張天王の湯」と名付けられたそうだ。ちなみに、尾張天王祭は愛知県の他の祭りと合わせ [続きを読む]
  • 新白川温泉 美濃白川 道の駅温泉 ★
  • 名古屋市と富山市を結ぶ、幹線国道41号。沿線には下呂や高山と言った有名観光地があり、両端の名古屋市・富山市に近づくに連れ都市幹線の意味合いも強くなってくる道だ。名古屋、小牧、美濃加茂などのベッドタウンを抜けると、いよいよ41号らしくなってきて、飛騨川沿いをJR高山本線とほぼ並行して走っている。東海北陸道と中央道の丁度間くらいにあり、41号しかなく高速道路とは無縁の下呂へは、どう頑張ってもJR特急に軍配 [続きを読む]
  • 太閤温泉 太閤天然温泉 湯吉郎
  • 名古屋市のお隣、清須市にある日帰り温泉施設。「とうきちろう」と読む。温泉が湧いているスーパー銭湯といった感じだ。清州会議が開かれた町ということで、秀吉の名前を冠している。実際の秀吉の名は"藤"吉郎だが、"湯"になぞらえている訳だ。しかし、清州というよりも、名古屋市中村区から橋を渡ってすぐのところにあるので、名古屋市にあるイメージさえあり、その立地ゆえ、常に混んでいるイメージがある。(実際、混んでいる) [続きを読む]
  • 桑名温泉 桑名天然温泉元気村
  • 伊勢湾岸高速の湾岸桑名ICの裏にあるのだが、そこまでの道が非常に見つけづらい。道路にある小さな看板を見落とさないようにしたい。外観も内観もくたびれており、古さを感じてしまう。500円に値下げしたのは適格な判断と思う。ナトリウム-塩化物泉で茶褐色の泉質だが、以前より塩っ気は感じられず、源泉も無味無臭と言えなくもない程かすかに甘い香りがする程度だった。それほど広い施設ではないが、天井が高く、開放感はある。主 [続きを読む]