coro さん プロフィール

  •  
coroさん: アマチュアヴァイオリン弾きの徒然なるままに
ハンドル名coro さん
ブログタイトルアマチュアヴァイオリン弾きの徒然なるままに
ブログURLhttp://ameblo.jp/corokuma/
サイト紹介文ヴァイオリンのこと、オーケストラのことを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/07/26 10:30

coro さんのブログ記事

  • 自分を見つめすぎない
  • 先日、話し方の研修を受けに行って来ました。びっくりするほど、声が楽に出せるようになりました。 その中で、楽器と同じだなーと思ったことがいくつもありました。 例えば、「自分を見つめすぎない」ということ。特に失敗したとき、何がいけなかったんだろうとか、いろいろごちゃごちゃいけなかったことを探し始めてしまう。良くなかったことをそれで逆に無意識に強化してしまう。 あんまり考える隙を与えられませんでした。 講師 [続きを読む]
  • 弦楽アンサンブル練習1回目
  • 昨日は、8月に行われるアンサンブル大会でやる、ドヴォルザークの弦セレを練習しました。 ごく内輪だけで、飲食店を借りてやるお遊びです。今回は沖縄料理だそうで。楽しみ♪ 弦セレはとてもきれいな曲。新しく入団した方もご一緒に。とっても楽しかったです。 練習の後半は、演奏会本番の方の譜読み。シベ7です。指揮がないとわからないーっとみんなで悶絶しながらやる譜読み。一人じゃできないです。 演奏会の方は、コンマスどう [続きを読む]
  • 奏でたい音楽
  • オーケストラでやる醍醐味というのは、奏でたい音楽を、自分ひとりでは実現できないけど、みんなで演奏すれば叶う、ということにあると思ってます。 「こんな音を出したい」「こんな風に弾きたい」 それは、一人一人、描いているものは違うことがあるかもしれないけれど、自分に没頭せず、隣の人の音から気づかされたり、指揮者などの指導者から教えてもらったりして、新しい世界が広がっていくのが楽しいものです。 もっともっ [続きを読む]
  • 譜読み開始
  • 現在譜読みしなければならない曲数が、8曲。(オケ3曲、弦楽5曲)うわーん(>_製本だけでもスゴイ数。 音源聴きながら、スコア読みを通勤時間中に行っておりますが、電車の中だと聞こえない・・・。指揮が見えてないと、拍がどこかもよくわかんないし。 ただ、この作業を続けていくことで、だんだんわかってくることを知っているので、地道にやるしかないなー。 今日は響の反省会。いろいろ新しい風が吹いて、良い方向に進んで [続きを読む]
  • シベ3とブラ4
  • 2週連続の本番、終わりましたー。 シベ3、やばかったです。楽譜ガン見で、数えまくって。本番落ちなくて良かったー。曲の終わりの方は気持ち良く楽器が共鳴して良い演奏でした。 次回響でシベ7。大丈夫かなー。しんぱい。 ブラ4は、たぶん2回目だったのですが、気持ち良く弾けました。弾いたことのある曲は、ある程度のところからスタートできて、やっぱり良いわー。 ヴァイオリンは、3プルトしかないという、エステルハージ [続きを読む]
  • 久々のコンミス 演奏会終了!
  • おととい、所属オケの演奏会が終了しました。 めっちゃ緊張したー久々コンミスだったので。チューニング、弓ぷるぷるしそうだった。 全体的に、良かったと思います。細かいところを言えばありますが、集中できて、まとまり感がありました。 今回の弦トップメンバーは、良かったなー。次回はお休みする人もいて、どーしましょという感じだけど。できればやりたくないんだよなー。今回は前中プロだけだったから、まだやれたけど。 技 [続きを読む]
  • 指番号の見直し 来週本番
  • さてさて、来週がいよいよオケの本番が迫ってきました。 こうなってきますと(?)、弾けない指番号を見直す時です。(遅!) 二人1組で楽譜を使うので、指番号を譜面に表の人が上、裏の人が下に書いているわけなんですが、相手の指番号につられて同じ指で弾いちゃったりするんですけど、自分には弾きづらかったり、グリッサンドっぽい音が二人で入っちゃったり。 自分で決めて指番号書いていても、そのとおりに弾けなかったりす [続きを読む]
  • 弓の処理
  • 昨日はレッスンでした。 曲。コンチェルト。フレーズの途中で、少し長い休符がありました。休符に入る直前の音の処理がうまくいかなくて、プツっと切れちゃったので、ボーイングも含め、ご指導いただきました。 上に弓を上げるのではなく、ゆっくりななめ方向へ。そうすると、フレーズの途中でも途切れなく、自然に休符がとれました。 オケの曲でも、割と音の処理(弓の処理)は気をつけていて、急に早く弓を使ったり、フレーズが [続きを読む]
  • 英語のシャドーイングのように
  • さっき英語教材のCMを見ていたら、ふとひらめいた。 私は高校の時、学年でビリから数えた方が早いくらい英語ができませんでしたが、シャドーイングが良い、というのでやってみたら、めきめき成績があがったという経験があります。シャドーイングって、音声を聞いた後、すぐに復唱することを言いますが、音楽も効果あるかも、と。 耳を鍛える、表現力をつける、といっても結構難しいのかな、と思うこの頃。でも、CDを聞いた後 [続きを読む]
  • 音の広がりを聴く 毛替えに行ってきました
  • 今日は中目黒に毛替えに行って来ましたー。 合宿で、もうこの弓の毛は限界だと。ハードなスケジュールをこなしているから弾いている量も増えたしなー。 楽器の調整もしていただいて、断然弾きやすくなりました。豊かな音が広がっていく感じです。うんうん、行って良かった。なかなか忙しくて行けないから。弓は弦に押さえつけると、この音の広がりが死んでしまう。最初はしっかり弦に置いて。その後は、弦の振動を損ねないように。 [続きを読む]
  • オケの合宿でした
  • 千葉の岩井に合宿に行って来ましたー。 遠藤先生にヴァイオリン骨体操、管打楽器も含めやっていただいて、お得な合宿でした。食事がほどよい量で美味しかったし、朝気持ち良いランニングもできたし、ヴァイオリンも弦分奏充実で、ちょっとコツをつかめた気がするし、楽しかったー♪ 本番まであと少し。頑張ろう! にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • スケールの成果
  • しばらく更新してませんでした。演奏会を全力で弾ききったせいか、ど風邪を引きまして。やっと治りましたが、喉の調子が・・・。風邪引いても、仕事でしゃべることが多くて。喉や弱いので、真剣にボイストレーニングを受けようか悩み中・・・。 さてさて、昨日はレッスンでした。 風邪引いていたので、あまり練習がこの1週間できていませんでしたが、スケール2つもあがり。割とめずらしい。久しぶりで忘れてて、ごちゃごちゃ考え [続きを読む]
  • 楽しい音楽の時間
  • エステルハージの演奏会、終了しました!ご来場頂いた皆様、ありがとうございました! さてさて、今回はお初の対抗配置の2ndトップ。対抗配置というのは、1stヴァイオリンから指揮者を挟んで向かい側に2ndヴァイオリンがいます。通常は1stヴァイオリンの隣に2ndヴァイオリンが来ることが多いのです。 この位置が楽しいのは、まずみんなの顔が良く見えること。 今回の演奏会も、ですが、このオケは本当に皆楽しそうに弾きます。( [続きを読む]
  • 5/7(日)14時開演 セシオン杉並 演奏会のお知らせ
  • さてさて、しばらく忙しくてブログを更新できておりませんでしたが、出演する演奏会のお知らせです。いつもどおり、わくわく心が躍る、楽しい演奏会になりそうです。 今回2ndトップをつとめていますが、いろいろ玉砕しつつ、他メンバーに助けられつつ、やっています。まあ、それがオケの醍醐味というところでしょうか。お楽しみください! エステルハージ室内管弦楽団 第9回演奏会2017年5月7日(日)14時開演会場:セシオン杉並  [続きを読む]
  • いろいろな引き出し
  • 昨日はレッスンでした。 先生のレッスンを受けると、自分ではなかなか気づかないことを教えていただけますね。本当に。 1弦から下の弦と一緒に2弦弾く時、弦にグッと押さえつけて脇を開けるのではなく、ちょっと弓の毛を弦に平行につけるように右手首で自分より向こう側に弓を傾けるだけで、力をいれず綺麗にスッといきました。(クロイツェルの39番) メンコンの2楽章はあがり。スフォルツァンドの時、弓の速さの初速をつける [続きを読む]
  • 数える
  • いやー、この一週間、まさかのインフルからの気管支炎に進み、倒れていましたが、ようやく咳も落ち着き、元気でてきました。そんな時に2つも合奏あって、痛恨のお休み。。。 んで、見事に落ちまくりだなー。(録音鑑賞中)普段、どれだけトップ頼っているんだ(苦笑) 実は楽器を持たずに数える練習するほうが、よっぽど弾いて練習するより有効な気がする。音源聴きながら、1と2と3と4と・・、とか。余裕がないと思うけどあれば [続きを読む]
  • 2ndヴァイオリンならではの技術
  • 昨日はレッスンでしたー。 モーツァルトの、うねうね移弦をして伴奏する2nd特有の技術、どうしても行き詰まっていたので、先生に見てもらいました。 ☆小節またぐときに、左手の指の準備が遅かったり、右手が余計な動きをしていたりで、さらりと行ってないこと。その小節またぐところを繰り返し確認。 ☆移弦をするのに弾きやすい弓の位置まで持ってくること。 これだけで格段に良くなりました。おおーっ! 左手の指は指板をたた [続きを読む]
  • 永遠のテーマ 脱力
  • モーツァルト。軽く弾きたいなー、と思っていて。 そのためには、右手のボーイングかな、と。メリハリありつつの、軽いボーイング。難しいと、力がはいっちゃう。 省エネ省エネ。脱力脱力。難しいところこそ、何もないようにさらりと。左手ももしかすると、力が入って指板をたたきすぎているのかも。練習の時は指の筋肉鍛えるために付点練習ではいいかもしれませんが、基本的に軽く弾かないと。 発音はっきり。その後は抜く。音は [続きを読む]
  • アサーティブコミュニケーション
  • 以前会社の研修で、アサーティブコミュニケーションというのがありました。 アサーティブコミュニケーションとは、簡単に言うと、相手を尊重した上で、自分の意見を上手に伝えることです。 ちょっと前に受けているので、内容をはっきり覚えているわけではないのですが、最近うまく自分の気持ちを伝えきれなくて、イラッとすることがあるので、もう一度振り返ってみようかな、と思ったのです。 自分の気 [続きを読む]
  • 弦に置いてから弾くこと
  • 弦に置いてから弾く、ということをあまり意識してやっていなかったので、先生に言われたこともあって、やっと意識をしてやるようになりました。 なかなか習慣づけられていないので難しくて。 そうしていると、例えばとばして弾く時に、音が出る一瞬手前で置くようにしたら、思うような発音が良い音でるようになったり、当然のことながら、オンタイムで音が出るようになったり、やっぱり良いことずくめ。 また、どの [続きを読む]
  • カウントと合図?
  • 今日は遠藤先生の弦分奏でした。いつもどおり、骨体操から。私は本を買って実際にランニングする前のウォームアップで使わせていただいているので、これはこんな感じでやるのか、と確認しながらできました。 オケの曲については、ま、まだ練習はじまったばかりだからね。。。。 一曲目はコンミス席でしたが、カウントが甘いそうです。走る?私からすると、音を聴いてから入ってきているように感じて、音の立ち上が [続きを読む]
  • 重音
  • 昨日はレッスンでした。セヴィシックやクロイツェルで2音の重音をたくさんやっています。以前は片方の音しか指の置き場所が考えられなかったですが、さすがにこればっかりやっていると弾けるようになってきました。それでも、どっちの音が合っていないのか、わからない時があって。先に指を置くのをどちらにするかで、断然取りやすくなることがあるんですね。先生に、この場合はこっち、というのを教えていただき、とれるようにな [続きを読む]
  • 心躍るハイドン♪
  • 先日の日曜日は、待ちに待った指揮者によるエステルハージの初合奏!もう楽しくて楽しくて。心躍るハイドン♪練習会場が暑かったせいもあるけど、ほんと、いい汗かきました(笑)いつも思う。こんなに練習で楽しいオケはないよなー、って。練習後は指揮の先生がなんと自らお店を予約してくれて、楽しい懇親会でした。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 弦楽の本番終了
  • お初に参加した弦楽の本番が終了しました。ホールがすごく響きが良くて、気持ち良く弾けました。今回勉強になったのは、とにかく音色、まわりとの調和。オケだと、自分の音が良く聞こえないけど、弦楽は良く聞こえる。指揮の先生には、本当にたくさん注意されたけど、その分、得たものも大きかったと思います。日程が合えば、また参加させていただきたいです。さて、次は5/7のハイドンです♪来週から指揮の先生の指導が始まります [続きを読む]
  • 音楽も、空気を読むの大事
  • オーケストラでは、ソロと違ってパートの音としてまとまって聞こえないといけません。「あ、自分一人だけ音が残っちゃった。」とか、「あ、音程がみんなと違う。」とか、「一人ででかい音で弾いちゃった。」とか、「一人で先にいっちゃった。(はしっちゃった。)」とか。気づかないといけません。つまり、空気読め、というところでしょうか。弾くことに一生懸命過ぎたり、頑固(笑)だと、「あいつ、空気読めないやつだな・・・。 [続きを読む]