真理を黙って実行する さん プロフィール

  •  
真理を黙って実行するさん: 真理を黙って実行する
ハンドル名真理を黙って実行する さん
ブログタイトル真理を黙って実行する
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/saber847
サイト紹介文847の日々の戯れ言。aircraft & chines galleryの別館です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/26 17:20

真理を黙って実行する さんのブログ記事

  • 一年ぶりの骨付鶏
  • 地元百貨店に丸亀の一鶴が出店。もちろん常設ではないが。お!これは買いに行かないと。昨日は東京へ行ってしまったので、今日行ってきた。ひな買ってきたが、美味しかったなぁ。ビールと合わせたと言うのは言うまでもない。 [続きを読む]
  • サクランボをいただく
  • 今日の昼にお隣の奥さんが。何だろうと思ったら、この前のニキニキのお礼にサクランボを持ってきてくれた。おぉ!サクランボだ。ニキニキのお礼には申し訳ないぐらいだ。美味しかったなぁ。 [続きを読む]
  • アートたけし
  • 今朝は雨が降っていたので、アートたけし展へ行くのをやめ。としたんだけど、買い物に行っている間に雨がやんだので、行くことに。たけしさんの絵って面白いね。ニキ・ド・サンファルみたいな絵もあったし、草間彌生バリの水玉いっぱいとか。ピカソっぽい絵もあったし。誰の絵をまねている訳じゃないと思うんだけど、そう見えるんだよね。悪いわけじゃないけど。感じのいい絵があったので、絵はがきを買ってきちゃったよ。 [続きを読む]
  • 初めて期日前投票に
  • 東京から戻ってきて、そのまま区役所へ行って期日前投票に。日曜日に用事があるし、雨も降るらしいからね。先週地元スーパーでも期日前投票ができたんだけど、すごく混んでいたのでやめたんだ。20時近かったので、空いているかと思っていたら、結構な人が来ていた。まあ、棄権するよりマシだよね。少し待ったら、名前を呼ばれて投票してきた。これで日曜日は行かなくて済む。 [続きを読む]
  • 事故は勘弁
  • 海老名へ戻って、車で帰路に。足柄SAでシウマイをお買い上げ。御殿場JCTの手前の電光掲示板に東名に赤い×印が。ん?どこで障害が発生しているんだ?情報が取れないから、東名に。裾野ICの到着時刻案内板に浜松でオレンジ色の文字で110分。沼津ICの案内板でも110分。あ〜ん?10分ぐらい走って、時間が延びていると言うことは渋滞がのびているな。どこでエバキュエーションすればいいんだ?静岡は緑文字だ、と言う [続きを読む]
  • 鶴太郎さんはメチャ混み
  • 次は片岡鶴太郎展へ。2015年に見に行った時とは違い、人がいっぱい。それはともかく、展示品は初期から。おぉ!昔の絵はちょっと違うぞ。お気に入りの金魚や椿は?色使いは変わらないので、いいんだけど。鶴太郎さんの絵は優しくて良いよな。鶴太郎さんが優しいんだろうな、絵葉書とクリアフォルダを買って帰路へ。 [続きを読む]
  • 白い漆
  • 庭を堪能してから、美術館に入場。お、お、お!これはすごいぞ、今まで見たことがない漆だ!アルマイトの上に漆を塗ってある。それをタイルみたく細かくしてモザイク画ができている。すごい、どうやって作って描くんだろう?しかも白いモザイク画ある。え?白い漆?白い漆はできないはずだぞ。できないから卵の殻で白を表現するんだけど。謎だぁ!それにしてもすごいなぁ。これを見ることができたのは半谷さんのおかげだよ。お袋も [続きを読む]
  • 幻想美術動物園
  • 無事、練馬区立美術館に到着。前庭に作り物の動物が展示されていた。幻想美術動物園だってさ。お馬さんだぁ。頭はモザイカルチャーなのかな。なんだぁ、これは?可愛いぞ。ゴリラさんだぁ。わんこたちがいるぞ。ペンタ君達。お〜ぉ!白い象だぁ、養源院か!キリンさん。模様がニキ・ド・サンファルみたい。なかなか庭も面白い。 [続きを読む]
  • お昼はカレーとカツ丼
  • 世田谷文学館から芦花公園駅へ歩き。踏切に足を入れたとたん、警報音が。しかたないので、待つことしばし。そうしたら、バスが行っちゃったのが見えた。まあいいやと、少し待ったら、バスが来た。どこを走っているかわからないバスに揺られて、無事荻窪駅南口に到着。駅を通って北口に。てんやがあるので、お昼を食べに。ところがてんやが見つからない。時間がもったいないので、富士そばで。お袋はカレーを、847はカツ丼を。カ [続きを読む]
  • ムットーニは時間足りなさ過ぎ
  • 海老名に早着したので、鈍行に乗って千歳船橋へ。先ほど書いたとおり、バスで芦花恒春園前へ。ゆっくり歩いて行ったんだけど、世田谷文学館に早着。それでも待っている人がいた。暇だから、向かいの門の造りを見たり、池の鯉を眺めていた。門は良い材を使っているんだけど、変なところに鉄を使ってあってがっかり。池の鯉はまるまる肥えていたな。世田谷文学館の建物はなかなか。10時になって開館。のんびり入場したら、既に上演 [続きを読む]
  • バスで周遊
  • 昨日は世田谷文学館、練馬区立美術館と上野の森美術館を回ってきた。6月11日放送のアートシーンで「ムットーニ・パラダイス」を見て、お!これは見たい。片岡鶴太郎さんの展覧会もあるので、セットで行こうと画策。2軒じゃもったいないので、他にどこかないかと探して、最初は横美でも回ろうかと考えた。ところが18日のアートシーンでミュシャを見たら、行くつもりなかったミュシャに行きたくなった。それじゃ、世田谷文学館へ行っ [続きを読む]
  • 847は関西人?
  • いくつわかる? 関西人にしか解けないクイズ と言うクイズをやってみたら、10問中8問正解で関西人だと判定されちゃったよ。そりゃ、神戸と京都はよく行くけどさぁ。それに新世界にお気に入りの串カツ屋があるけどぉ。なんか変な気分だぜ。 [続きを読む]
  • 救援って何?
  • 昨日は今まで降らなかった分をすべて取り返すかのごとく、よく降ったなぁ。と言うか、借金の一括返済ばりに降り過ぎ。まあ、水不足は解決しただろうけど、避難勧告がでるほど降らなくてもね。それはともかく、帰宅時に対向車のタクシーの表示が「救援」というのを見た!空車とか回送とか迎車は見たことあるけど、救援というは初めて見た。事故かなにかあって、それの救援に行くのかな。知っている人がいたら、教えてくださいね。 [続きを読む]
  • 土産を買う
  • 四条通を歩いている時にコタベ(量が少ないおたべ)を見つけた。ばらまくにちょうどいいやと思ったけど、駅でも買えるだろうと買わなかった。駅に戻って売店を見たら、やっぱり売っていた。で、お買い上げ。お隣のお子さんが美術部なので、ニキニキのお菓子を食べさせてあげよう、ニキニキへ。美術部とニキニキがどうして結びつくか疑問に思うだろうけど、ニキニキのお菓子、美的センスを磨くにちょうどいい。もっとも日持ちしない [続きを読む]
  • 見るだけのはずが
  • 清水三年坂美術館を後にして、バス停へ。その道中、と言うか美術館の横のくろちくに寄る。見るだけなら只だと言ったものの、お袋がマフラーを、847も鳥獣人物戯画の手ぬぐいと風神雷神の手ぬぐいを買っちゃったよ。去年寄った時は何も買わなかったんだけどね。今回は被害が出た。 [続きを読む]
  • やっぱり漆器
  • 清水道で降りて、あれ?どうやって行くんだっけ?確かこの坂を上っていって、途中で左に入るような記憶が。見覚えのある店が出てきたので、間違いない。無事、清水三年坂美術館に到着。1階の常設展示物はちょっと変わっていて、ニョロニョロがいた。メインは2階の企画展。お辨当箱を見てきた後だけど、帝室技芸員だから、技術は相当高く作品は素晴らしい。高蒔絵はお辨当箱より上、すごいね。高蒔絵って、こくそ漆で盛るのかな?沈 [続きを読む]
  • 出口から入場
  • 100番のバスに乗れたので、早く、しかも美術館の前のバス停で降りることができた。障害者手帳のおかげでいつも通りロハ入場。ロハ入場はよかったんだけど、エレベーターで3階へ上がったので、何か変。いつもなら、エレベーターで上がったところが入り口のはずなのだが、何か違和感が。入ったところの展示物をのんびり見ていたら、係のオネーチャンが混むから早く並んだ方がいいと言う。仰せの通り、並ぶことに。しっぽはどこかな [続きを読む]
  • アンリ・カルティエ=ブレッソン
  • お麩屋さんを後にして、再び京阪に乗って、祇園四条へ。四条通を歩いて何必館 京都現代美術館へ。この前来た時は西向きに歩いて行ったので、東への距離感は全く無かったんだけど、東を向いたら、八坂神社の門が見えている。なんだ、以外と近いんだ。何必館って初めて行く。1階は、お〜!天井が高いなぁ。作品は、おう!さすが、ブレッソンの絵だなぁ。フレーミングがすごいよね、フルフレームでぴったりなんだもの。もっとも、も [続きを読む]
  • お麩をお買い上げ
  • お辨当箱を堪能した後は、お麩の試食。生麩はなかなか美味しいな。でも、料理方法がわからないぞ。佃煮みたいのがあったけど、ショウガや山椒、これはダメだ。お袋は試食して、美味しいと言っていたが。で、HPで見たチーズとペッパーが入ったお麩を買おうとしたんだけど、無い。おかしいなぁ。お店の人に訊いたら、向かいの店で売っているんだって。はあ、そうですか。お袋が生麩と佃煮みたいのをお買い上げ。お茶をよんでくれて、 [続きを読む]
  • お辨当箱に圧倒される
  • 半兵衛麩の2階に上がって、博物館の第1室に入室。おぉ〜!見事な提げ重(花見重)がいっぱい!すごいなぁ、樹脂製の写しを作ってくれないかなぁ。指物の作りは見事だし、塗りもすごい。いいなぁ。第2室へ、おぉぉ!これはたまらん。ブリキ製のもあったけど、今時のアルマイトやタッパーみたいのと違って、提げ重の素材をブリキに変えただけ、作りが違うわ。夏用と称して、竹かご製のがあった。これがまたシャレにならんほど、竹ひご [続きを読む]
  • 思ったより近かった
  • お辨当箱博物館は五条大橋のたもとにあるお麩屋さんの2階にある。五条通へ出るのって、京都駅からだと直接行くバスがないので、結構面倒。京都駅から奈良線で東福寺へ、京阪に乗り換えて清水五条駅へ。そこからは歩き。五条大橋近辺は全く知らない場所、迷ってはいけないので、案内図を印刷していった。案内の出口は階段だから、エスカレータがある北側の出口へ。横断歩道を渡って、左に。少し進むと狭い路地が、ここを曲がるのか [続きを読む]
  • 行方不明だった靴べらがでてきた
  • お通夜へ行くために、礼服を着たら、ポケットに違和感が。何か入っているな。出してみたら、行方不明だった靴べらだった。やれやれ、高い靴べらだったから、出てきてよかったよ。もう一個行方不明なんだけど、スーツのどれかに入っているのかな。もう一個のは安いから、まあいいんだけど。 [続きを読む]