るるパパ さん プロフィール

  •  
るるパパさん: るる・ちびちびプードルのんびり日記
ハンドル名るるパパ さん
ブログタイトルるる・ちびちびプードルのんびり日記
ブログURLhttp://lulupoodle0214.seesaa.net/
サイト紹介文6ヶ月で1kg弱のちびちびプードル、るる。 超小型犬ならではの注意や苦労、経験を綴って行きます。
自由文ちびちびプードル、るる。 400gで我が家にやってきた小さなお嬢様の成長を、のんびりゆっくり書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/07/29 04:12

るるパパ さんのブログ記事

  • おやつを待つ子犬の目が、分かりやすく「しょぼん。」と。
  • るるはいつも穏やかな目をしています。そんなるるの目つきがかわる瞬間があるのですが、それがご飯やおやつを目の前にした時。おやつをあげようかな、と取り出すとるるの目は「・・・・・かっ!!」っと大きく見開かれるのです。「・・・・!!・・・お、おやつだ!!!!」みたいな笑そして歩くあとをちょこちょことついてきて、足にすがりついて早くちょうだい、とおねだりします。すぐあげるのは行儀良くないので、まずはお座り [続きを読む]
  • 6ヶ月目の体重推移。1kgにそろそろなりそうな感じです。
  • 6ヶ月目までの体重の推移を作成しました。体重変化をグラフにしてみると、きちんと毎日同じように成長していることがわかります。順調ですね。子犬の成長は早い、と言いますが。5ヶ月目の体重が752g。6ヶ月目の体重が976g。およそ220gの増加です。とうとう1kg台が視野に入ってきました。やっぱり、大きくなってくるとあちこちが成長するので一気に重くなりますね。体高の方は今までと同様に緩やかな感じ。数字でみると数センチな [続きを読む]
  • 3回目のトリミング。ずいぶん毛の量が増えてふんわり
  • ちょっと間が空いたのですが、3回目のトリミングに。那須高原旅行などお出かけをしたせいで、毛がすこしぺったりしていたので早めにすっきりしてあげたかったので良かったです。ぼさぼさな頃の毛。これはこれで可愛いけれど、でもやっぱり気になりますよね。トリミングは、一回目、二回目と同じ自由が丘のお店にてお願いしました。すでに3回目、ということで店員さんにもすっかり覚えてもらっていて「るるちゃんー!」とお出迎え [続きを読む]
  • 運転手の邪魔はしない。それが子犬なりの、ささやかで可愛い気遣いなのです。
  • すっかりドライブにも慣れた、るる。せっかくの良い景色なので、るるママが抱っこして窓の外の景色を見せてみたのですが。ちょっとの間だけ景色はみるものの「ふーん」といった感じで、すぐにお座りしてしまいます。どうやら緑豊かな外の景色は、ある意味いつも同じ緑あふれる風景でもあります。なので、「あまり代わり映えしないですねー」と、すぐに飽きてしまう様子。あまり周囲に興味がないのか、頭が良くてすぐに状況理解して [続きを読む]
  • 那須高原は、犬連れでも色々楽しめる場所がたくさん。
  • せっかくの夏休みということで、那須高原へお出かけしてきました。るるを連れての車での移動は普段からしていますが、都内程度。今回のように片道200km以上のロングドライブは初めての経験です。たまに車酔いする犬もいるということなので、様子を見ながら走り、ちょっと調子が悪そうならすぐに引き返そう、ということで出発。落ち着いて慣れてもらえるよう、後部座席にケージをしっかり固定。中にはクッションをしっかり入れて居 [続きを読む]
  • つんつるてんになった服。子犬の成長は本当に早いです。
  • いつの間にか満6ヶ月。ずいぶんと大きくなりました。お家に来た時は片手にちょこん、と乗るサイズで、注意しないと踏み潰してしまいそうな小ささだったのに。日々成長しているんだなと、感慨にふけったり。でも毎日みていると、どれくらい大きくなったのか、ちょっと実感できないです。そこで、来た時に買った4Sサイズの服を着せてみたところ・・・・つんつるてん笑この頃と比べると、ずいぶんちっちゃくなりました。(生後三ヶ月 [続きを読む]
  • 代官山散歩。おしゃれなカフェ、美しいガーデンがある街は犬にも優しい。
  • 東京は毎日暑いです。るるを連れた散歩も昼間の時間はとてもできません。焼けた地面の上を歩くのはかわいそうですし、何よりるるは背が低いため地面からの照り返しをもろに受けるので熱中症には犬一倍(笑)注意が必要。思った以上に熱くなった時は、日が陰って少し涼しくなるまではどこかでお休みを。そんなときに便利なのは、犬同伴でも利用できるカフェです。今回お邪魔したのは、古き良きイタリアのカフェを再現した、カフェ・ [続きを読む]
  • 落ち着かない子犬の体重の測り方
  • 子犬の体重管理は結構大変です。体重計の上でじっとしてくれないと正確な値を計れないのですが、なによりまず体重計に乗ってくれないのです。家にきた当初は、体重計の上にセットした小さい段ボールに持ち上げて入れれば(様子がわからなくて)じっとしてくれていたのですが。一ヶ月ぐらい経つと、すっかり慣れてしまったうえに、自我が出てきて「なんで、こんな狭い場所に一箇所でずっとじっとしないとだめなの??」といった感じ [続きを読む]
  • 犬の関節がポキポキと鳴るのはちょっと怖い。ミルクで骨格強化を。
  • プードルの持病、パテラ。いわゆる膝のお皿がずれてしまう「膝頭骨脱臼」というものです。ブリーダーさんから引き受ける時に今の所大丈夫です、うちの子は大体問題ないです、とは聞いていたものの、もしかしたら悪くなるのではと一抹の不安を持っていました。そして生後4ヶ月ぐらいのころから、足の関節が「ぽき!ぽき!」とよく鳴るようになったのです。こぶしの骨を鳴らす、あのぽきぽきと同じ音です。ちょっと元気よく走ったり [続きを読む]
  • 犬にメロン。心の安らぎにも、夏バテにも効く、素敵なスイーツ。
  • うちの子犬は、美味しいものが大好きです。特に、完全に熟した、とても、とても甘いマスクメロンが。両親はメロンなど果実には特段のこだわりがあり、よい果物が手に入るとよくお裾分けしていただけます。そのうちの一つのマスクメロン、るるは匂いから「・・・・これは・・・・うまいものだ・・・!!」と気がついてしまったのです。我々が食べていると、その周りを飛び回ってちょうだい、ちょうだいとアピールしてきます。しょう [続きを読む]
  • ちびちびサイズの犬のお風呂は、時間との戦い。
  • プードルは匂いがしないと言いますが、それでも長い時間が経つとちょっときになる時があります。また毛も少しずつ、だんだんとぺったりな感じになっていく気もします。以前書いたようにるるの毛は猫よりも細くて柔らかく、まるで毛筆のような柔らかさなのですが、ぺったりになっていくとその手触りも損なわれる気がします。そこで、10日に1度くらいの頻度でシャンプーをするのですが、やっぱり慣れないことは怖いらしく、なかなか [続きを読む]
  • 子犬には厳しい、酷暑の過ごし方
  • 体が小さい子犬は、熱容量が小さいため気温の影響を大きく受けます。汗をかかない犬が体を冷やすために舌を出すのは有名ですが、なにせ極小サイズ。熱を交換するための舌もまた、極小サイズなのです。このため、大した冷却効果は到底望めません。それゆえ、普通以上に熱中症への配慮は必要になります。7月上旬までは、東京は梅雨だったため昼間もそれほど暑くもなく。窓を開けて風通しをよくしていれば大丈夫だったのですが、梅雨 [続きを読む]
  • デリケートな犬の耳に薬を投薬する方法(マラセチア其の2)。
  • 耳の中に点々と見える黒い塊。その正体は、カビ。マラセチアという、カビの一種が耳の中で繁殖していたのが先日発覚した、るる。病院でいただいた、真菌用の薬。1日3滴、片耳ずつ差して10日ほど様子をみてくださいね、ということで毎日マメに薬を差してケアしていました。犬は、耳に何かをされることをものすごく嫌います。聴覚は犬にとって大変重要なため、このため耳に何かをされるのを嫌うのだそうです。るるは、わりと最初 [続きを読む]
  • ハーゲンダッツを夢中で貪り続ける子犬。蓋だけど。
  • <お友達が動画を作ってくれました、ありがとうございます!>※音声が出ます我が家のるるは、ハーゲンダッツアイスクリームが大好きです。ただし、蓋ですが。以前にも書きましたが、るるは「これは遊んでいいよ」って教えたものしか噛みません。このため、電気コードやUSBケーブルなどは一度も噛まないので大変助かってます。でも、乳歯が生え変わってくるこの時期は何かと硬めのものを噛みたがります。そんなときに、我々が食べ [続きを読む]
  • マラセチア、耳に垢が見えたらご用心。それはカビかも知れません。
  • 耳が垂れている犬は、耳の病気に気をつける必要があります。確かに、耳のにおいを嗅ぐとちょっと気になることがありました。イヤークリーン用のローションは1週間に一度「ちゅっ」と垂らして綺麗にしていたのですが、それでもある日気がついたら、右耳の中に黒い点々があるようになりました。最初はゴミかな、ぐらいに思っていたのですが、ずっとその黒いものはなくなることはありません。このため獣医さんに聞いた所、すぐに拡大 [続きを読む]
  • そして今日も子犬は腹を撫でられ恍惚とした表情を浮かべる。
  • 最初は警戒してお腹を触らせなかった、るる。全身を撫で回しているうちに、いつの間にかお腹を触らせてくれるようになりました。それどころか、自分からころん、としてお腹を見せて「なでて、なでて」とおねだりするように。では、とお腹を撫で回すと、口を開けて気持ちよさそうに喜びます。では、とさらにわしゃわしゃに撫で回すと、どんどん興奮してさらに喜びまくります。そのさまが、またかわいい。面白いもので、犬なのにどこ [続きを読む]