けい さん プロフィール

  •  
けいさん: 心の色を探して
ハンドル名けい さん
ブログタイトル心の色を探して
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/keitan2004_2004
サイト紹介文自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。 マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供493回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2015/07/29 12:06

けい さんのブログ記事

  • 話しかけてみたくなる人
  • わたしは話をするより、聞く方が好き。でも、ときどき話しかけたくなる人がいるのです。さきほど、ピンポ〜ンが鳴りました。誰かしらと思ってインターフォンで。町内会費の集金でした。年に一回まとめて払っています。集合住宅への集金は大変だということは実際わたしが母の代わりに班長をしたときに知っています。だから来てくださった時にはお手数をかけないよう年払いにしています。でもここを出て行く年にはそれは無理かもしれ [続きを読む]
  • たった一本ですが
  • わたしが日常通る道で、たった一本だけ咲いているのを見つけました♪看護大学の庭にある桜です。昨日、母と一緒に久しぶりに買い物に出かけたのですが、そのときに「ほら! ここだけ一本咲いているよ」と教えると、母もびっくり。他は全然咲く気配がなかったのです。「まだ若いから早く咲いたんだろうなあ」と話していました。若いって勢いがあるんだなと思いました。人間も若いとぷんぷん華やかさがにおいますものね。お年寄りは [続きを読む]
  • ケリー・サイモン 御成座ライブ
  • 明日になってしまいました。紹介するのがギリギリに・・・4月23日(日) 開場 12:00 開演 13:00チケット 3000円超絶ギタリスト ケリー・サイモン 御成座独演ライブ御成座 秋田県大館市御成町1丁目11-22 Tel 0186-59-4974ケリー・サイモン オフィシャルブログ本日は秋田市のイオンモール島村楽器で、宮脇俊郎さんと共演セミナーも開催。地元にこうした方がいらして素晴らしいギター演奏をするのを間近で見ることができ [続きを読む]
  • 泡のようなもの
  • ※※※ふと 思ったわたしにとって泡のようなものってなんだろうって手にとってはみても手の中からするりと抜けて抜けたあとは消えていく泡のようなもの人を想った憧れた人もいたそっと陰から見つめることで満たされていく時間があった振り向いてくれただけでその日一日が人生で最高の日のように思えた人生で最高の日なんてあのときから何度となくあったじゃないか何度ときめいて何度失望して繰り返すたびにわたしに何が残っただろ [続きを読む]
  • 立ち止まる
  • ※※※がむしゃらに前に進もうと歩いていたのかもしれない周りが何も見えず周りを見ようともせずただただ前にさえ行けばそれでいいとがむしゃらに進んでいったのかもしれないそれがどんな結果になるかとか思いもせずにあのがむしゃらな自分が今はひっそりと息を潜めて時を目の前にしてかすかに呼吸するただこうして歩みを停めるだけで良かったのになぜあのときは気づかなかったのだろう若いことだけでなんの取り柄もなかった自分が [続きを読む]
  • 4月29日はワークショップ&コンサート
  • わたし、すっかりここで告知していたとばかり思っていました。友人たちに連絡したり、手紙を出したりしたのでもうここは終わっていたと思っていたのです。改めて紹介します。ゴスペルMiniワークショップ&コンサート日時 4月29日(土)開場 12:30 開演 13;00場所 大館市民文化会館 中ホール 入場無料わたしが所属している「ハミングバーズ」と先輩クワイヤ『Wing of Song」が出演します。ワークショップは「聖者の行進 [続きを読む]
  • ブリジット・ジョーンズ見たんだけど
  • レンタルDVD、期限があったので急いで見た。というか期待しているので後回しにしていたといった感じで見たのだった。でも・・・あれれ、どこか違う。『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』もちろん、最初に見た映画の頃とは皆さん違うだろうなってことはわかっていましたよ。でも、ヒロインがこんなにちがっているって。あの頃のちょっとおデブなヒロイン、それがかなりの年月でスタイル抜群になっていたっ [続きを読む]
  • 久々にインスタントラーメン
  • 今日のお昼は、久々にカップ麺ではなくてインスタントラーメンを。以前に生協で注文していた「帆立貝柱だし塩ラーメン」があったのを思い出したので。鍋一つで出来るので簡単でいいねと思って購入した品。でも、トッピングのネギもチャーシューもメンマも無い!麺とスープだけって・・・ だめでしょ(笑)。と思って冷蔵庫の中を物色。これはラーメンに使わないでしょ、という代物ばかりを集めてしまった。ロメインレタス、赤パプ [続きを読む]
  • 始発電車に遭遇
  • 始発電車に遭遇今朝は寒かったのですが、昨日、雨でウォーキングが出来なかったので行ってきました。やはり寝ている間にそっと雪が。草原に少し白いものがありました。風も出ていました。歩きの半分は帽子を押さえながらでないと歩けませんでした。ウォーキングの颯爽とした雰囲気からはほど遠い感じで終わってしまいました。途中で、こんなものが落ちていましたよ。今度はもぐらとは間違えるはずもなく(笑)。暖かい帽子を落とし [続きを読む]
  • 介護認定面接でした
  • 昨日は午前中、市の職員さんが母の介護認定面接に来る予定だった。わたしも同席するということで午前中から母のところへ。来てくださった方は若い(わたしと母からすればね、たぶん20代後半?)男性で、とても丁寧な受け答えをしてくださった。つい母も口がほころび、言わなくてもいいこともあれもこれもと話す。聞かれたことだけに答えればいいんだけど・・・でも、まあ、家に若い男性が来るなんてこと滅多にないからね。そこは目 [続きを読む]
  • 本屋大賞にも
  • 恩田陸さん、本屋大賞おめでとうございます!先に書いた『蜜蜂と遠雷』の記事。本当に一気に楽しんだ本でした。直木賞を取ったのは知っていましたが、いままた本屋大賞にまでなったという、しかも本屋大賞受賞は二度目だとか、二度も貰う方は初めてだそうです。なんだかわたしまで嬉しくなるような気がして。読み終えた者が感じる満足感、かな。もっと早く読んでいたら良かったと思えるような作品に出会えて本当に良かったです。恩 [続きを読む]
  • 行きはよいよい
  • ※※※とかく勢いのあるときは行きはよいよい で戻りのことなど考えもしないふと立ち止まったときに不安が広がると今まで歩いてきた道が途端に薄く消えかかっていくあんなにどんどん力任せに歩いていたのにほんのちょっとだけココロの中に不安の風船があることに気づくとどうしようもなく歩きが鈍くなるいつか破裂してしまうのではないかいつか道が消えるのではないかいいじゃないか消えかかった道など最初からなかったと思えばも [続きを読む]
  • 二日目にして早・・・
  • 曇天。今にも降り出しそうな空。外に出てから「失敗したかな?」という思いが・・・でも歩き出したからには少しだけでも歩こうと。いつものコースを歩き始めた。そして歩きながら、そういえば町中に絵本が読めるカフェがあると聞いたことがあるなと思い出し。それがどこなのか漠然としていたので探してみようかと思いついた。朝の6時過ぎに、だ。そんなことを考える方がおかしいってちょっと考えたらわかりそうなものを。思いつい [続きを読む]
  • 朝のことば 49
  • ※※※いつか会いに行こうあの歌を歌う人にいつか会いに行こうこの手の中に見えない何かを置いてさよならした人に風がそばを通り抜け昨日までの匂いをどこかへ連れ去っていく新しい匂いはほのかに甘く鼻腔をくすぐる目を閉じるとまぶたの中で空が光るわたしの目に映り込む春の空ギュッと力を入れたら空が頭のてっぺんから足の先まで駆け抜けていったそうだまだ間に合う今日という一日がこんなにも温かくやさしさに満ちているという [続きを読む]
  • 今年初めての歩き
  • 少し前から玄関に帽子やら手袋やらをセットしていましたが、なかなか朝早く歩くということにまで行き着かず。今朝、ようやく重い腰を上げて今年初めてのウォーキングに出かけました。コースは昨年も歩いていたコース。6時ちょっと過ぎに出て行くと、外はほとんど人がいない状態でした。土曜日だということもあるのでしょうか。踏切を越えて住宅街が続きます。まだ皆さん眠りの国にいるのか音も聞こえません。これが後一ヶ月もする [続きを読む]
  • ピアノっていいなあ
  • つい先だって『蜜蜂と遠雷』の本を紹介しましたが、今日は撮りだめしていたテレビ番組の中で前から聞いてみたかったものの、なんとなく聞きそびれていたBSの番組を見ています。『辻井伸行 × 加古隆 × レ・フレール THE PIANIST』という番組です。一度どれかのブルーレイにダビングしたのですが、通常はダビングすると消去するのですが、この番組は本体に残していました。で・・・ そのまま聞かずにいたのです。三組それ [続きを読む]
  • 初めて知った
  • 昨日、何気なくビートたけしの「わたしが嫉妬したすごい人」という番組を途中から見ていて。その中でワンピースの声優をされている方(名前を失念)が、嫉妬しているのはやはり同じ職業で声優であり女優でもある戸田恵子さんだと話していました。わたし、そのとき戸田恵子さんが声優をしているなんてちっとも知りませんでした。しかも、なんということ!あのアンパンマンの声だと言うではありませんか!昨年、孫が三ヶ月いたときに [続きを読む]
  • お手伝いしました
  • 最近の朝はもやがかかっていたりして。でもだんだんとこの靄も晴れていき、お昼近くになると車の中は暑くなっています。ということで、会社に連絡しタイヤ交換の手はずを。もう周りの人はずいぶんタイヤ交換しているだろうなと思って連絡したのですが・・・タイヤセンターに行ってみたら、思っていたよりも交換を頼む人は少ないとか。なんでも来週雪マークがついているらしいのです。えーーー、そんなこと全然知らなかったよ。でも [続きを読む]
  • 寒かったり暑かったりの・・・
  • 昨日は朝が寒かったのでした。ゴミ出しをしながら外を見ると、ちょうど朝一番? の電車が通りました。思わずパチリ。寒かったのも無理はなく、四月だというのに雪が少し積もっていました。明け方寒かったときに降っていたのでしょうね。だあれも知らないうちに。こそっと降っていたなんて、あなたずるいですよ(と、雪に怒ってみる)。すっかり春だと思っていても、ときどきこんな風にフェイントがあったりすると体がついていけな [続きを読む]
  • 『蜜蜂と遠雷』
  • 一気に読み終えた。もう熱に浮かされたようにね。このところずっとミステリー小説ばかり読んでいたので、いささかお腹も満杯になってきていてちょっと別のものも・・・と本屋さんで手を伸ばしたのがこの本だった。新聞にいつだったか「一気に読んだ」とかあれこれ作家さんの感想が載っていたので、気になっていたのだ。以前『夜のピクニック』を読んだ気がしたが、あの作家だと後で気がついた。音楽、それもクラシック音楽に関する [続きを読む]
  • 地球劇場ヒット曲集
  • あー! なんてこと!一回予約したのに取り消していたなんて。ただいまBS日本テレビ(BS4)で往年のヒット曲が入っている!今は「いちご白書をもういちど」。その前の「なごり雪」「さらば青春」もう一緒に歌っていますよ。あの頃の人たちが今の姿で歌っているんです。声も少し辛そうな感じの方もいますが、それでもこういう方だったんだ・・・って感慨がひとしおです。若い頃に夢中で聞いた歌って忘れないものですね〜。途中 [続きを読む]
  • 今更だけど
  • 冬、去年の春に母のところに置いていた冬服を見つけて、自分のところに持ってきていました。上下セットになっているセーターとスカートなど。主にスカートですけど。それを持ってきて冬のうちに着ようかなと思ってはいたのです。でもね、なにせこの体でしょ。太ったことだし、いくら筋トレ続けていたって言ってもね〜。そう思うと今更穿いてみるのもなんだかね、視界の奥にチラッとはさんではいてもそれを手にとって試着するという [続きを読む]
  • ギフト
  • ※※※目をつぶり背中を伸ばすあごを挙げ両手を軽く広げる一連の流れが空気をわずかに揺らす深く胸に入り込む新しい空気思い描く向こうでは光が山の稜線を赤く染めて始まる朝という当たり前のようで特別の瞬間が待っているさあ目を開いて思い切り一日の始まりを味わおう※※※目に見えるものだけが全てではないのだとそっとあなたの肌を撫でていくぬくぬくとした感覚はそこに在るはずの形としては無いはずのどこか懐かしい色を体に [続きを読む]
  • 『ふりまわされない。』
  • 小池一夫のココロをラクにする300の言葉 『ふりまわされない。』 ポプラ社ブログ仲間の閑古堂さんが紹介していた記事を読み、すごく興味が湧いて本屋(といっても地元には三軒だけ)巡りをして2軒目で見つけた本です。小池一夫キャラクターマン講座漫画家だということは知っています。あの「子連れ狼」の作者だってことはね。原作は読んだかなあ・・・ 漫画大好きなわたしですが、男性作家のはあまり読んでいないのです。『別 [続きを読む]
  • ただ泣きたくなるような
  • ※※※ただ泣きたくなるような拾い上げたささやかな花びらにさえもただ泣きたくなるような遠い山の稜線に日が沈んでいく姿をあがめるだけでただ泣きたくなるようなトム・ウェイツを聴いていると彼を教えてくれた人を思いただ泣きたくなるような自分のことは二の次に行動していたその姿を思い出すとただ泣きたくなるような人を喜ばすことを純粋に楽しんでいた姿を思い出すとそうしてあなたは逝ってしまうわたしたちに”善き人”とい [続きを読む]