リュウジ さん プロフィール

  •  
リュウジさん: 本読む馬鹿
ハンドル名リュウジ さん
ブログタイトル本読む馬鹿
ブログURLhttp://ryujinohon.seesaa.net/
サイト紹介文本を読了したら記録します。読了できなくっても記録します。
自由文一言:本が好きになったのは、ウン十年前の高校2年。友人から大量にまとめてもらった「星新一」でしたw 以来僕の生活は、本とともにあります(毎年、年間100冊を目指すのですがなかなかいきません)。後はセレッソ大阪とともにあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/07/29 14:36

リュウジ さんのブログ記事

  • 「昨夜のカレー、明日のパン」木皿泉(河出文庫)
  • 昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫) - 日常の幸福。相対評価★★★★★タイトルは知っていた。でも、ふわっとしたタイトルがなんとなくライノベぽかったし、そんな印象なのにドラマ化されているし(食がテーマのBSドラマはハズレが多い)、さらには、少女マンガにまでなってる。信頼できる誰かにすすめられなかったら、きっと読まなかった。そして今の自分の精神状態で出会えたこの本には、とても感謝だ。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「ささらさや」加納朋子(幻冬舎文庫)
  • ささらさや (幻冬舎文庫) - 口に合わず。相対評価★★☆☆☆(昔の印象のままにしておけばよかった)デビュー作の美しく繊細な文章に驚き、以後、文庫で新刊が出たら買っていた加納朋子氏の小説。なぜか読まなくなって10年くらいたつ。で、この間、翻訳ミステリーでいい本の当たりを引いたので、ひさびさに手に取ってみた。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「弾左衛門と江戸の被差別民」浦本誉至史(ちくま文庫)
  • 弾左衛門と江戸の被差別民 (ちくま文庫) - なぜ、彼らは生まれ、今に続くのか。相対評価★★★★☆(わかりやすい)彼らはどこから生まれ、江戸という時代を乗り越え、今に続くのか。それについては、塩見鮮一郎氏の書いた本を読んできた。彼の本によっていろんなことがわかったが、その疑問が完全には氷解しなかった。そして、この本に出会う。いやー、この本はすばらしい。塩見鮮一郎氏で理解していたつもりの分も違うことがわか [続きを読む]
  • 「旅猫リポート」有川浩(講談社文庫)
  • 旅猫リポート (講談社文庫) - 猫好きにしかわからんだろう(笑)相対評価★★★★★(いい小説だ)前々から「青い鳥文庫」から出ていたのを知ってはいたが、児童文学だと思っていた。人物配置、ストーリーテリング、なによりもテーマ。というか、あさのあつこの「バッテリー」同様、児童文学を超えてますやん。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「ブランドのはじめかた」中川淳、西澤明洋(日経BP社)
  • ブランドのはじめかた - 結局は、「思い」かも。相対評価★★★★☆(なかなかためになった)初出は2010年。この手の本は発売から時間がたったものは買わない。時代は変化するからだ。といいつつ読んだのは、タイトル。「ブランドのつくりかた」ではなく、「ブランドのはじめかた」。「はじめに言葉ありき」。そんな言葉が思い浮かんで手に取り、購入した。最初はブランディングに成功したモノを作り出した企業の社長と、中川政 [続きを読む]
  • 「山登りABC テーピングで快適登山」高橋仁(山と渓谷社)
  • テーピングで快適登山 (山登りABC) - 見やすい、分かりやすい。相対評価★★★★☆この間の山行きの最中に腰が破裂しそうに痛くなり、そのせいかどうかわからないが、転倒して身体ごと転落した。やっぱり若くはないし、きっちり対策を立てないと・・・と、前から気になっていたピングの本を購入。使うテープは、キネオシロジーテーフ。それを使っての足のきれいな女性の手による実践集。プラス「なぜ、痛みが出るのか」を筋肉の構 [続きを読む]
  • 「手のひらの音符」藤岡陽子(新潮文庫)
  • 手のひらの音符 (新潮文庫) - ゆっくり、じっくり。相対評価★★★★★(この作家のすごさをまた知った)この作家さんの作品は、3冊目。トータルで370ページほどのお話だが、30ページを過ぎたころから「この小説は大切に読もう」といつもよりもゆっくり、かなりゆっくりとしたペースで読み進めた。小説の序盤から「読み終わる」のが惜しくなったのだ。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「グランドジョラス北壁」小西政継(中公文庫)
  • グランドジョラス北壁 (中公文庫BIBLIO) - 人はなぜ登るのか。相対評価★★★☆☆(ちょっと鼻につくが、それも個性)1971年8月に初出。いまから45年前も前の本だ。書いたのは、ひとりの登山家。書いた内容は、6人のパーティで、日本人として初めてアルプス三大北壁の中で最も困難と詩われた垂壁を登ったこと。しかも、厳冬期である。(以下ネタバレ) [続きを読む]