リュウジ さん プロフィール

  •  
リュウジさん: 本読む馬鹿
ハンドル名リュウジ さん
ブログタイトル本読む馬鹿
ブログURLhttp://ryujinohon.seesaa.net/
サイト紹介文本を読了したら記録します。読了できなくっても記録します。
自由文一言:本が好きになったのは、ウン十年前の高校2年。友人から大量にまとめてもらった「星新一」でしたw 以来僕の生活は、本とともにあります(毎年、年間100冊を目指すのですがなかなかいきません)。後はセレッソ大阪とともにあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/07/29 14:36

リュウジ さんのブログ記事

  • 「わたしの小さな古本屋」田中美穂(ちくま文庫)
  • わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫) - 自然な生き方。相対評価★★★★★(この本は宝物)「山に持っていこう」。そう思った本だった。というよりも、「山に持っていくならどんな本がいいのだろう」と考えづづけていて、「こんな本が山に似つかわしい」と思った。どこから読んでもいい、どこを読んでもいい、途中でやめても、拾い読みでもいい。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「北の狩人(上)」大沢在昌(幻冬舎文庫)
  • 北の狩人〈上〉 (幻冬舎文庫) - 新宿狩り。相対評価★★★☆☆(下巻はもっと盛り上がりそうだ)ずっと読んでいなかった大沢在昌だが、知人から「狩人シリーズはいいよ」と聞き、購入。。。したが、再読でした。読んだ気はしてたんだけどね。すっかり忘れていた。ただ、シリーズとして続いていたのは、知らなかった。それを考えると、再読でも手にしたのは正解。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「天皇陛下の全仕事」山本雅人(講談社現代新書)
  • 天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書) - そのご苦労に感謝。相対評価★★★★☆(読んでよかった)司馬遼太郎氏の何の本で読んだか忘れたし、正確になんて書いてたのか忘れたが、「日本はふたつの権力が同居させることで続いてきた国」みたいなことを書いていたと思う。(平将門のときともう一回以外、権力が一つになった時代があったとも)で、天皇陛下である。確かにこの本を読むまでどれだけの“量”の公務があるのか、知らなかった。 [続きを読む]
  • 「空飛ぶ広報室」有川浩(幻冬舎文庫)
  • 空飛ぶ広報室 (幻冬舎文庫) - 思いは伝わる。相対評価★★★★★(読み応え十分)テレビドラマ化しているのは知っていたが、直木賞候補にまでなっていたとは知らなかった。有川氏はこれまで自衛隊の陸・海・空それぞれの活躍を描いたSF小説(いわゆる自衛隊3部作)だけでなく、ベタ甘な小説も描くなどしていたが、今回の舞台は航空自衛隊 航空幕僚監部広報室。有川氏の自衛隊に対してのベタ甘ではない、愛情にあふれた小説だった [続きを読む]
  • 「ときめく縄文図鑑」文+譽田亜希子 監修+新津健(山と渓谷社)
  • ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+) - ホントにときめく相対評価★★★★★(しみじみニヤニヤ)大和郡山市にある、誠にすばらしい本屋さん「とほん」さんにFBを通してご紹介いただいた本。縄文時代については、貧しくまともな社会も形成されていないイメージ、弥生時代よりもとても劣った社会のイメージだったのが、最近見直す研究が日本だけでなく世界で進んでいて、大変ながらも佳き時代だったと評価されてきた。(NHKドキュメント [続きを読む]
  • 「純平、考え直せ」奥田英朗(光文社文庫)
  • 純平、考え直せ (光文社文庫) - いのち、だいじに。相対評価★★★★★(なめてました)「最悪」「邪魔」以来、久々の奥田英朗氏。こんなに面白い作家さんとは!!!!最初、読み始めは「軽いタッチ」と思ったものの、終わりのほうはすごく骨太のお話に。すごいリズムで突っ走ったらと思ったら、マイナーで物静かな音楽に変わる。そんな感じ。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「トライアウト」藤岡陽子(光文社文庫)<br />
  • トライアウト (光文社文庫) - 家族の生き方、親子の生き方、親の生き方、子の生き方。相対評価★★★★☆(大人びた子供にちょっとだけ違和感w)リアルで野球は、全く見ないし興味がない。ただ、小説やドキュメントやマンガだけはずっと読んできた。「バッテリー」、「江夏の26球」、「スローカーブをもう一球」、「バンクーバ朝日」、「フィールドオブドリームス」・・・。この小説も野球とのかかわりのある小説。だが、試合風景 [続きを読む]
  • 「ワインと外交」西川恵(新潮新書)
  • ワインと外交 (新潮新書) - 政治の世界は、すべてが政治。相対評価★★★☆☆(僕が知らない世界)ワインについては、色の違いしかわからない。でも、それが国際外交での饗宴と結び付くとどうなるのか。それを読み解く政治は時代的にちょっと古めだが、おもしろそうだったので手に取ってみた。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「くちびるに歌を」中田永一(小学館文庫)
  • くちびるに歌を (小学館文庫) - 映画は原作を殺す。相対評価★★★★★(予想以上)「くちびるに歌を」は、映画で見ていた。だから、これはシネマノベライズと思っていたら、ちゃんとした原作本。しかも、作者の別ペンネームを見て驚いた。その名は、乙一。えーーーー、あの作家の作品なのか。そこから興味がわいて購入して読破した。いや、この本は、驚きだった。(以下ネタバレ) [続きを読む]