PATEX HUNTER さん プロフィール

  •  
PATEX HUNTERさん: PATEX HUNTER
ハンドル名PATEX HUNTER さん
ブログタイトルPATEX HUNTER
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/thegoldpatexuhrenhunter18239tn
サイト紹介文マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/07/29 15:46

PATEX HUNTER さんのブログ記事

  • ref.126600について。
  • 現行赤シード、ref.126600を手に取ってみた。百聞は一見にしかず。正直、ディープ―シーの方がバランス的にまだよろしい。日付拡大鏡が付いていることが確実に見っともなく、さらにベゼル幅の厚さも相まって、でっぷりした感がミドルケースにはある。価格的には六桁4000を意識してか、案外リーズナブルだ。現行だからそれほど焦る必要はないし、190万オーバーで買う必要もない。ただ、ref.126600が駄作であることが広まれば、さら [続きを読む]
  • 日々雑感。SS注意報。
  • 最近、6桁グリーンサブの店頭在庫が飽きれるほど多く感じるのはなぜだろうか。5桁のSSのGMTが怒涛のような高騰を遂げたのはなぜだろうか。5桁のサブマリーナとシードウェラーが新作シードウェラーがリリースされる以前からそれらの最終型がもてはやされたのはなぜだろうか。6桁グリーンサブマリーナはオーナーが飽きて時期的に今手放したほうが良いという極普通の売却動機に他ならないが、はたして、70万円以上する5桁 [続きを読む]
  • なぜ、3800を買うのか??
  • パテックフィリップ社のノーチラスの3800、のことである。このタイプはミドルサイズで、いわゆるボーイズサイズであると、メーカーでも紹介されている。現代人において、ボーイズサイズは女性向とされつつある。現代の男がボーイズサイズのロレックスなんて絶対に買わない。私も3700の存在に気が付く以前、つまりノーチラスについて門外漢であった時代に、3800を選択肢に入れていた時期があった。外見しかしらない時計は実物を見て [続きを読む]
  • The SEA-DWELLER is no stock !
  • 20年前にポールの正規店にいきなり言われた言葉がこれだ。当時はバブル崩壊後であったがステンスポロレ大ブームの時代で、特に16520は当然だが14270と16600は店頭にディスプレイされていることなんてなかった。つまり、右から左へ、オーダー顧客(※一見客ではない。長年、ロレックス以外のメーカーの時計や革ベルトの購入、メンテナンス依頼を定期的にお願いしてくる継続性のある客のこと)に渡る仕組みになっていた。だから、そ [続きを読む]
  • 爪を立てるとキズがつく。
  • 正規店で買うとすべてのロレックスはそこの店の店員が、ガリガリ爪を立てて保護シールをかきむしってはがす。当然、強く爪を立てるとキズが付く。ルーペ持参でこの時に付いた傷は再研磨、もしくは別の個体を再納品してもらうことになる。でもほとんどの客は老眼のためそのまま立ち去る。店員は、?お客様がすぐにご使用になられるように?と保護シールをはがす理由を説明するが、お金を出しているのはお客さんだ。シールをはがして [続きを読む]
  • 寝かせる、
  • ?このデイトナ、寝かしたらいいんじゃない??…。数年前、特段売る気のないステンレスのロレックスを忘却してしまうほど放置しておいたら、昨今の理由の左程はっきりしない値上がりだ。私は時計、道具を買う前からデッドストックにしたり、転売の意図で買いはしない。だから、保護シールもすべて直に外してまずは、どんな調子か腕に着けて外出してみる。それで、経験的に必要か不必要かの判断はしている。実際、実用してみないと [続きを読む]
  • Ref.116600 SEA-DWELLER4000 沸騰
  • Ref.116600 SEA-DWELLER4000、新品で定価以下で買えただろうか。買えていないのなら、もうその価格では買えはしない。2種類のディープCよりもかなりディープと化けたRef.116600 SEA-DWELLER4000。もはや、赤シード並みの激レアSEA-DWELLERとなってしまった。思い起こせばいつも店頭で見かけていたあの時計。あのまったく不人気なモデル。突然、イジケテ一斉に失踪してしまったかのようだ。ランダムシリアルで国際保証書が2017年5 [続きを読む]
  • BASEL2017の赤SD4000発表による116600の4000の価値について。
  • どうも私はあのセラミックベゼルに強い拒絶反応がありまして、GMTからはじまり新型デイトナのあれまで、購入後すべて半年で売り払う憂き目になっており、当然、116600の4000なんかにも今でも興味がありません。やはりあの幅広のセラミックベゼルに便座タイプのミドルケースが非常に格好が悪いです。年内すぐに116600の4000はディスコンにはならないようです。赤SD4000が非常に出来損ないであったがためにロレックスによくある懐古 [続きを読む]
  • 台湾企業の企業家精神。
  • 企業家精神。一昔前までよくこの言葉が話題になった。ここ最近非常にシャープの株式の値動きが活発だ。弊社も100円以下で買っていたので大変な有望株だ。ここは台湾企業が立て直しに真摯に取り組んでいる。最初は疑心暗鬼であったが、半年ほど前から目に見える成果が出てきた。現在430円程度の株価だが、年内に700円は超えると予測する専門家もいるが、私は620円でひとまず全株売却する。それにしても、この台湾企業、 [続きを読む]
  • ロレックスのブライスタグについて。
  • 日本正規品購入においてロレヲタならば避けては通れない問題が唯一存在する。それは、プライスタグの没収である。以前にもこの問題に関連して、日本ロレックスが正規品購入者に紙片で?プライスタグを購入者に差し上げるよう?旨が書かれていたことは説明した。当時はのシリアル確認はミドルケースとブレスレットに隠れていたので、シリアルナンバーが書かれていたプライスタグは購入者に添付されてしかるべきであった。当時も現在 [続きを読む]
  • バーゼル2017時計市におけるROLEXとPATEKを総括する。
  • もうすでにご承知の通りROLEXとPATEKの本年の新作について各社ホームページにおいてご紹介されている。本年は両ブランドともに既製品の技術およびデザインの枠から大きく出ていない。PATEKの2017年は前年の踏襲に近い。文字板のデザインもそれほど魅力的なものはリリースしていない。一方のROLEXはシードウェラー50周年記念モデルとして43ミリの日付拡大クリスタル付のニューモデルがリリースされた。シードゥエラーには日付拡大 [続きを読む]
  • 法治国家とは。
  • 国の判決に不服があれば、上級裁判所で戦うことになりますが、最終的な判決に被害者の多くは納得していない。被害者が納得せずに結論を迎えた判決が不服であればどうなるか。判決がでているにもかかわらず加害者が賠償金を支払わなければどうなるか。ほとんどの被害者は泣き寝入りとなる。そもそもこれが法治国家か。被害者として本来百パーセントの人権が守られるべき裁判所において疑問の判決が多々出る。こういった被害者はどう [続きを読む]
  • 日々雑感。
  • テレビは『日曜美術館』と9時のニュース以外はほとんど見ていない。金正男氏の報道には興味がそそられたが、森友の件は、どこの国でも当然に起こっている案件なので、ここまでマスコミがやると辟易する。もっと重要な問題は米国である。このことについて野党第一党の若手議員とお話したが、とても正義感の強い雄弁な内容にも辟易した。彼らは没個性の機械人間に思えてならない。まぁ、それはともかく、どこから200万円と決めた [続きを読む]
  • ASK、表記について。
  • それはいつからだったろうか。おそらく時計では1990年代後半からチラホラ販売価格の?ASK?表記が目立ってきた感がある。基本的にこの?ASK?表記=?ボッタくり?表記と考えて間違いはない。考えなくても、仕入れ価格、運転経費など、その中古時計を取り巻く環境はすでに決済しているのだから。まさか、海外から仕入れて客に随時販売している現行品もあるが、急激な為替変動は織り込み済みで店頭価格を決める。だから、 [続きを読む]
  • ワールドタイムよりもGMTです。
  • パテックが代表的だが、いわゆるワールドタイムって便利な機能だとは思えない。なぜなら、サマータイムを採用している国や地域では、どうしても一時間ずれるので、日本との時差を差し引きで考えないといけないシーンが発生する。だから私は短針でどうにでもできるGMT、とくにロレックスの16718RGのジュビリー仕様を使っている。サマータイムの地域で仕事をしているときほどワールドタイムの外周地域名が煩わしく、情けなくなったこ [続きを読む]
  • 東芝株買い。
  • 仕事の合間に書き込みします。午前に東芝株、50,000株買いました。買ったとたんに急反発。ここ、底が固くなってきた。10日間で250円/株になれば、とりあえず180/株を割り込むことはないだろう。1000株でもおすすめである。それにしても、6桁以外のデイトジャストはいいですね。レアなデイトジャストは年々少ない。で、レアなデイトジャストって何かと聞かれれば、1601/7の14金無垢デイトジャスト。1625/8の18金 [続きを読む]
  • 18038、18078ってほんとうにいいのかい?、笑
  • 18038、18078などの、いわゆる?ミドルゼロ?のデイデイトってそんなにいいんですか。私、18078所有していましたが、あまりにもミドルケースが厚くて、軽くて、ひじょうに不格好で不細工なデイデイトでしたので、二週間で売り払いました。当時はこんなモデル78万円でしたが、もちろんコレクションに値しないロレックスです。18038は1803と18238のつなぎのデイデイトでしたが、不格好が災いしてディスコンになったデイデイトとし [続きを読む]
  • SSのノーチラス5711/1Aについて
  • SSのノーチラス5711/1Aが定価以上になって久しい。この正規価格も300万円と新品のステンレス時計として破格だが、現行にもかかわらず350万円オーバーと物の価値としてさすがにオーバーだ。これはショップの思惑だけで動いている。中国人の爆買いがなくなり国内需要も減少傾向。ヲタはコレクションを手放さずそれに物がない。国内供給も少ない。ショップも経営が厳しい。かつ、も同業者は金利半額なんて軟な手法ではなく、3 [続きを読む]
  • ?あえて研磨を行ってはおりません。?、、ん?
  • SSアンティーク時計全般に言われる傾向。「当時の雰囲気、フォルムを残すため?あえて研磨を行ってはおりません。?」でも前オーナーの痕跡が明白な傷は気持ちが悪いですね。研磨職人の技量の問題で、そこまで削りません。軽く研磨すらしない。私から言えば、親切ではない。神社の日曜骨董市に並べている腕時計並みの汚い古物にしか見えない。それは?アジ?とはいえません。単にショップの経費を削減している感すらある。以前のよ [続きを読む]
  • 経験則。
  • つまり、私の腕時計購入歴は30年程だが、ひとつだけはっきり言えることがある。それは、ロレックスかパテックかどちらかでよいということだ。できればパテックだけでいい。二つのブランドに言えることはデザインの秀逸さだ。さらにパテックに関して言えばメンテナンスの永遠性だろう。ロレックスはロレックス社から見放された時計は山ほど見てきた。パテックほど気骨がない、というよりもビジネスとしてうまくないからだろう。私 [続きを読む]