ごっとさんのブログ さん プロフィール

  •  
ごっとさんのブログさん: ごっとさんのブログ
ハンドル名ごっとさんのブログ さん
ブログタイトルごっとさんのブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kgmshy05
サイト紹介文病気を治すのは薬ではなく自分自身       薬と猫と時々時事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/29 20:01

ごっとさんのブログ さんのブログ記事

  • 食品の賞味期限と医薬品の使用期限
  • 医薬品の大鵬薬品工業が、20〜50代の男女を対象に薬の使用に関する意識・実態調査を行い発表しました。この結果によると、「薬の使用期限を気にしているか」の問いに半数が気にしていない(50%)と答え、女性41%、男性60%と男性の方が気にしていないということになりました。さらに食品の賞味期限は気にする人でも、薬に関しては無頓着になりがちなようで、賞味期限を気にすると答えた人の41%が薬の使用期限を気にしていないと [続きを読む]
  • 花粉症を解消する薬は登場するか
  • 花粉症は1980年代から急激に増え、日本では4人に1人が発症すると言われています。どうもこれは日本だけの傾向ではなく、他の先進国もこの数十年でアレルギー患者が急増しているようです。これは社会が衛生的になり、雑菌などに触れる機会が減ったためという「衛生仮説」が一つの原因と考えられています。一方免疫系では1995年に「制御性T細胞(Tレグ)」が発見され、この衛生仮説もよりうまく説明できるようになりました。免疫細 [続きを読む]
  • 昔からの仲間との懐かしい家での集い
  • 昨年9月に同じタイトルで、この仲間との集まりのことを書きました。現在空き家となっているもとY医院に集まり、いろいろ話をしたり麻雀をしたりする会です。この懐かしい家のことは前回詳しく書きましたので、私の高校時代の仲間の集まり(中学時代からもいますが)とだけにしておきます。今回も幹事をやってくれたY君のおかげで6人が集まる予定でしたが、E君の用事ができて5人になってしまいました。最初は近くのレストランな [続きを読む]
  • イタリア国際オープン 予期せぬ結末
  • イタリア国際オープンテニス(ATP1000 マスターズ)が予想もしなかった結末となりました。前回錦織がデルポトロに3回戦で敗れた話を書きましたが、次の準々決勝でデルポトロはジョコビッチに挑戦しましたが、あっけなく負けてしまいました。準々決勝はナダル−ティエム戦をNHKが放映してくれました。クレーでは好調で前大会も優勝しているナダルに、若手筆頭の23歳ティエムがどう挑むか興味深い試合でした。この試合ティエム [続きを読む]
  • 機能性食品は信頼できるのか
  • 最近身体にたいする色々な効能をうたった機能性表示食品が増えているようです。まず機能性食の定義ですが、食品は大きく分けて一般食品と保健機能食品に分けられます。この保険機能食品は特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品だけだったのですが、2年前に機能性表示食品が新しく設置されました。従来食品に限らず効能を表示して良い商品はトクホだけになっていました。しかしトクホは、企業から安全性や機能性を証明するデータ [続きを読む]
  • イタリア国際オープン 錦織敗退
  • 今週からイタリアローマでイタリア国際(ATP1000、マスターズ)が開催されています。こういった大きな大会が2週間続けて開催されるというのは、選手にとっては大変で、ATPも考えてほしいものです。この大会は日本人選手は女子の大坂なおみと土居美咲が出場しましたが、残念ながら二人とも初戦敗退となってしまいました。男子は錦織だけになりましたが、手首のけがの具合など不安の多い大会となりました。錦織は第7シードですの [続きを読む]
  • ワクチンの混合接種は本当に危険か
  • 最近品川区のクリニックで医師が、複数のワクチンを混合して接種しているという事件が報道されています。この医師は何回も注射をするのはかわいそうなので、保護者の了解を得てやったとしていますが、不安になった保護者から保健所に問い合わせがあり発覚したようです。今回は麻疹・風疹ワクチンと水痘、おたふく風邪などを勝手に混ぜて接種していました。この方法によって今年4月までの5年間に358人に接種していますが、今のとこ [続きを読む]
  • 生命の起源につながる発見か
  • 原始の地球で最初の細胞が誕生した仕組みを明らかにする、新発見がもたらされたという書き出しの記事を見ました。生命の起源については、かなり前にこのブログでも触れましたが、オパーリンというロシアの学者の説がいまだに支持されているようです。なにしろ1924年というもう100年も前の学説がそのまま残っているというのは、生命の起源がいかに難しいことかを表しているような気がします。この学説は原始の地球で、大気中の成分 [続きを読む]
  • 牛乳は「悪者」という都市伝説
  • このところ牛乳の消費量は減少しており、牛乳は悪者という風評が広がっていると言います。農林水産省の傘下の調査機関によれば、家で使用する食材において牛乳の消費が前回の調査に比べて71.0%から67.9%に減少し、ほとんど牛乳を飲まないという人も20.9%もいたとの結果を出しています。私もそのほとんど飲まない人の一人で、牛乳を飲むとお腹がごろごろするという、軽い乳糖不耐症のようです。特に下痢をするという程でもありま [続きを読む]
  • マドリードオープン ナダル優勝
  • マドリードオープン(ATP1000)も決着し、もう次のイタリア国際が始まっています。マドリードオープンは、錦織が3回戦まで勝ち上がり、準々決勝でジョコビッチに挑戦するというところまで書きました。しかし残念ながら錦織は手首の故障でこの試合を棄権してしまいました。当日の練習で痛みが出て、サーブも打てないようになり今後のことを考えて棄権するということでした。今のやや調子のよくないジョコビッチには勝てるのではと期 [続きを読む]
  • 論文とレポート何が違う
  • 論文の書き方についての小さなコラムがありました。私も現役のころは論文(我々は報告書という方が多いですが)を書くことが、仕事のかなり部分を占めていました。研究という仕事は、自分で実験して結果を出しても、それだけでは何の意味も持っていません。その内容は身近なところでは上司や仲間に知らせ、それが面白いものの場合は学術雑誌に投稿して広く知らせるということまでやって、一つの研究がまとまるわけです。このコラム [続きを読む]
  • 録音した自分の声に違和感
  • 会議や打ち合わせなどを録音した場合、聞き直すと自分の声が好きになれないという人は多いようです。普通の人は自分の声を正確には把握しておらず、録音された声を聞くと違和感や嫌悪感まで感じるようです。本当の自分の声(人が聞いている声)と、話しているときに聞いている自分の声が大きく違うのは、耳の構造体の中にある3つの耳小骨のためとされています。まず最初に外界の振動(音)で鼓膜が振動し、それが耳小骨に伝わり、 [続きを読む]
  • 難治性ガンの治療薬を開発
  • 九州大学と東京大学、理化学研究所の研究チームが、難治性のガンに対する阻害剤を発見したことを発表しました。難治性ガン細胞の生存や転移に重要な役割をしているタンパク質を突き止め、この働きを阻止する化合物を見つけました。チームが研究対象としたのは、変異したガン遺伝子を持つガンで、膵臓ガンのほとんどや大腸がんの約5割で見られるなど、ガン全体の3分の1で確認されています。こういったガンに対しては、有効な治療薬 [続きを読む]
  • マドリードオープンテニス開幕
  • 今週からスペイン・マドリードオープン(ATP1000 マスターズ)が始まりました。この大会はマスターズですので、休養を表明しているフェデラーを除いて、トップ選手もほぼ全員出場しています。錦織も第6シードで出場しましたが、手首の怪我がどこまで治っているのかが気になるところです。この大会は錦織の試合のみNHK−BSで放映していますので、時間帯も夜7時からとゆっくり見ることができます。女子では土居美咲が本戦出 [続きを読む]
  • 驚異の生命力 ハダカデバネズミ
  • アフリカの地下に生育するハダカデバネズミはガンや老化に耐性を持つと言われ、驚異の生命力を持つことが発表されました。このネズミは、地中深く住んでいるため温度変化がなく、体毛がほとんどなく産毛のような感じしかありません。写真も出ていましたが、やや気持ち悪いネズミといえます。地中の巣穴の中に数十匹が、ハチやアリのような社会性を持ち固まって生存しているようです。女王蜂に相当する繁殖メスという1頭が多くの子 [続きを読む]
  • 電子タバコアイコス大ヒット中
  • 現在加熱式たばこのアイコスが、世界展開の中日本でも人気沸騰しているようです。私も2か月ほど前通常のタバコショップやコンビニでは買うことができず、やや高価なものをネットで購入したことをこのブログでも書きました。やっとコンビニなどでも買えるようになったようですが、まだまだ品薄状態が続いているようです。アイコスは日経トレンディでは2016年のヒット商品番付で3位になっているようです。私の場合は、どんなものか興 [続きを読む]
  • 5月度定例囲碁会
  • 昨日5月度の定例囲碁会を開催しましたが、こちらはゴールデンウイークを避けようということで、連休明け初日開催となりました。今回は久しぶりにKMさんも参加するということで、5人での囲碁会となりました。これだと全員に当たるということは時間的に(体力的に?)難しいのですが、途中1局分休みが入るのでやや楽になると言えます。集合時間の10分ほど前に碁会所に行きましたが、もう幹事のISさんは見えており、コーヒーを買 [続きを読む]
  • 見つかりにくい大腸ガン
  • 大腸ガンはこの30年で患者が5倍にも増加し、治りやすいが見つかりにくいということで注目されているようです。治療に関しては進行ガンと言われるステージになっても、80%は治る一方で初期段階では全く症状がないという厄介なガンと言われています。患者数はやや古いのですが、2015年の予測では13万6000人程度と、肺ガンの13万3000人、胃ガンの13万3000人とをぬいてトップになると予測されています。その理由としては食生活、ライ [続きを読む]
  • ゴールデンウイーク麻雀
  • 4月度の定例麻雀をやった時に、ゴールデンウイークといっても何かやるわけではないので、ぜひ麻雀でもやろうという話が出ていました。私も特にどこかに出かけるといった予定もなかったので、調整をやってみました。どうも我々のように年寄りになると医者に行くとかいうのが主な行事になりますので、こういった休みは簡単に決まると思っていたのですが、思いのほか難航しやっと昨日開催できました。集合場所に行こうとしたのですが [続きを読む]
  • 個人差が大きくいろいろ面白い味覚
  • 毎回の食事で味わっている味覚について少し書いてみます。色々な味については、舌の表面にある味蕾(みらい)の中の受容体によって感知することはわかっていましたが、最近になり細かいことも解明されてきたようです。味覚は「基本味」とされる5つの味質、すなわち甘味、塩味、酸味、苦味、うま味に分類されています。このうちうま味は比較的最近基本味に加えられたもので、2000年ぐらいに味蕾の受容体の中にうま味受容体があるこ [続きを読む]
  • セルロースナノファイバー 木材生まれの夢の素材
  • 最近、セルロースナノファイバー(CNF)が色々な分野で注目を集めているようです。CNFはその名の通りセルロースですので、原料は木材であり豊富に存在しています。CNFは幅が数ナノメートルという髪の毛の1万分の1ほどときわめて細いものですが、この繊維は鋼鉄の5分の1の軽さで、強度は5倍以上とされています。しかしこれは人間が作り出したものではなく、植物自身によって作られていますが、非常に硬く複雑に絡み合った [続きを読む]
  • ポリ袋食べるガの幼虫発見
  • 英国ケンブリッジ大学の研究グループが、ふだんは釣り餌として養殖されているガの幼虫が、耐久性の高いプラスチックを食べることを発見したと発表しました。世界的な問題となっているレジ袋などのプラスチックごみによる環境問題への対策に、この幼虫が一助となる可能性があるようです。この幼虫は「ハチノスツヅリガ」というガの幼虫で、釣り餌としてはブドウムシ、ペット(爬虫類)などの餌としてはハニーワームと呼ばれています [続きを読む]
  • 高級実用品 ボールペンの進化
  • 最近単なる消耗品と思っていたボールペンが、高級品に進化しているという記事を読みました。私はずっとボールペンを愛用していますが、特にこだわったような使い方はしていません。それでも最近は非常に書きやすくなったことは確かなようです。現在のようにボールペンが筆記用具の主流になったのがいつごろからかは、どうもよく分かりません。記憶にある限りボールペンを使っているような気がします。といってもボールペンで文章を [続きを読む]
  • 脳が微生物によって操られる? 神経寄生生物学
  • 人間の性格や行動が、腸内や脳などに住む寄生生物によって操られているという本が出版されたようです。私はこの本を読んだわけではないのですが、そのトピックスが紹介されていました。これはマコーリフ著「心を操る寄生生物」という本で先ごろ刊行されたようです。まず、世界中で3人に1人が感染していると言われるトキソプラズマ原虫です。この微生物は主にネコからヒトへ感染し、脳に住み着くと言われています。医学的には感染 [続きを読む]
  • バルセロナオープン決着 ナダル連覇
  • 現在開催されているバルセロナオープン(ATP500)がナダルの連覇で決着しました。この大会は期待の錦織が手首のけがで欠場した代わりに、杉田が活躍しベスト8に残ったことを書きました。その準々決勝はオーストリアの新鋭23歳のティエムと当りました。彼は若い世代の代表として昨年すばらしい結果を残し、トップテンに入ってきた選手です。厳しいサーブと深いボール、強いフォアのストロークが武器で、毎回良いところまで行ってい [続きを読む]