ゆみ子 さん プロフィール

  •  
ゆみ子さん: 長男嫁の憂鬱…
ハンドル名ゆみ子 さん
ブログタイトル長男嫁の憂鬱…
ブログURLhttp://mymelancholydiary.blog.fc2.com/
サイト紹介文やっぱり同居なんてするべきじゃなかったんだ…もう逃げてしまいたい。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供322回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2015/07/30 09:42

ゆみ子 さんのブログ記事

  • もうすぐ退院…
  • 良くない夢を見て、 いつも通りの時間に 目が覚めた朝… 思わず庭を見ると、青空が広がり、 陽の光を浴びて ピンクの朝顔が二輪… 穏やかな朝にほっとした… 昨日、家族で 義実家のお墓参りに行った。 周りのお墓は きれいなお花が供えられていたけれど、 義実家のお墓は お供えは一つもなく 小さな雑草まで生えていた… 主人はお墓を掃除し、 娘と私はその草を引いた… お参りを済ませた頃に ご住職がいらっしゃって [続きを読む]
  • 無責任すぎる発言…
  • 朝から雲が多く、 一度晴れ間も見えたけれど、 今はまた一面雲に覆われている… 少し前に、姑の転院について 主人が呼びかけて、 兄弟妹でラインのグループ通話を使って 話し合いをしていたのだけれど… 主人の話によると… もし仮に舅がお世話になっている病院以外に 転院できる病院がない場合、 舅の病院へ転院という選択肢しかない、と 考える主人に対して、 義弟・義妹は、 姑本人の意思を尊重して、 他の病院が [続きを読む]
  • 迫るタイムリミット…
  • 起きた時は日も差していたけれど、 今は空一面に雲… これから少しずつ 天気は下り坂のよう… 昨日は両親とお墓参りに行き、 帰りに舅、姑それぞれの病院に立ち寄った。 姑は私の顔を見ると、 「やっと来たわね」と呟いた後、 矢継ぎ早に、 「もうお墓の掃除には行った?」 「お彼岸なんだから お仏壇にもちゃんとお供えして頂戴ね」「本当なら毎日お水とごはんをあげに行くべきなのに…」 「そう言えばそろそろ ○○ [続きを読む]
  • いいかげん…
  • 今日は青空が広がり、 この時間になると 肌寒さもなくなり、 朝日に光る朝顔の花に 思わず笑み… 昨日、実家に行くと、 母はまだデイケアから帰っておらず、 父と二人、昼食を食べていると、 「今朝、お母さんまた転んでな」と父… その後にデイケアに行っているのだから 大したことではなかったのは 明らかだったけれど、 それでも動揺した… 父の話によると、 玄関で運動靴を履こうとかがんだ時に、 そのまま前に [続きを読む]
  • この生活から解放されるなら…
  • 今日は朝から雲が多く、 気温以上に肌寒く感じ 足先も冷たく… 昨日、このブログを書いた後に、 学生時代の同級生の彼女から 電話がかかってきて、 近くまで来たから 少しだけ立ち寄っても良いか、と… 彼女からあのメールを貰ってすぐに、 (過去記事→ やっぱり同居なんて… ) 少しでも時間が出来れば会いたい、 いつでも良いから連絡してほしい、という 私からの返信を受け、 彼女はずっとそのタイミングを 計っ [続きを読む]
  • 予想以上の言動に…
  • 今日も青空が広がり 爽やかな朝。 日中はここ数日より 少し気温が上がり、 久しぶりに真夏日の予報… 昨日は家族そろって 実家と舅・姑それぞれの病院へ。 敬老の日を意識して あの栗きんとんを注文したけれど、 (過去記事→ 催促するようなものでは… ) 実際には10月にならないと 手元には届かないため… 近くの和菓子屋さんで お菓子を選び、持参した。 娘が父にそのお菓子を手渡すと、 父も母も嬉しそうに中を [続きを読む]
  • 少し考えれば…
  • 台風一過、 今朝は青空がのぞき、 日中は良いお天気になるそう。 いつも通りに目が覚めたため、 すでに掃除も終えて 洗濯も2回目がまもなく終わる… 昨日は台風に備えて 一日、家にいたのだけれど、 夕方になって姑から主人に 電話がかかってきて、 しばらく押し問答を繰り返した後、 「ちょっとお袋の病院に行ってくる」とだけ言って 主人は不機嫌そうに出かけて行った… ちょうどその頃には、 雨がざっと強く降り始 [続きを読む]
  • あなたではない…
  • 台風が近付き 暴風警報がこの辺りにも 出ているけれど、 まだそこまで風は強くなく 雨も降っていない… このままあっさりと 通り抜けてくれることを祈るばかり… 昨日は家族そろって 舅と姑の病院へ行って来た。 姑は私の顔を見るなり、 「○○さん達にちゃんと送る手配できたかい?」と… (過去記事→ 本当に気の利かない子ね… ) すると、主人がすかさず、 「きちんと送っておいたから」と 横から口をはさん [続きを読む]
  • 思わずため息が出た…
  • 台風18号の雨雲が かかり始めたようで、 朝から雨が降ったりやんだり… 明日にかけてこの辺りも 大荒れの予報… 各地で被害が出ないことを祈る… 昨夜、いつもより帰りが遅かった主人、 3連休前で忙しかったのだろうかと思ったけれど… 「はい、これ」と 手渡された住所録… 聞くまでもなく、 義実家の住所録だった… 姑に頼まれていたことを 主人に伝えていたから、 (過去記事→ 本当に気の利かない子ね… ) [続きを読む]
  • 本当に気の利かない子ね…
  • 今日も気持ちの良い青空が 広がっているけれど、 朝方は足元が寒くて 目が覚めたほどだった… 季節の変わり目、 体調に気を付けないと… 昨日は実家と病院へ。 父と母に、あの栗きんとんを 予約したことを伝えると、 (過去記事→ 催促するようなものでは… ) 二人ともとても喜んでくれたけれど… 姑はお礼の一つもなく「あら、そう」と言った後、 「お寺さんとあなたの実家にも送ったわよね?」と… そんな話 [続きを読む]
  • 催促するようなものでは…
  • 今日も青空が広がり、 爽やかなお天気が気持ち良く… 今朝はバルコニーの上で 花を開いた朝顔… 朝日に輝くその花びらが とても素敵に見えた… 昨日は実家にも病院にも行かず、 久しぶりに部屋の掃除・片付けに励んだ。 シンクの下や食器棚の奥の方、 洗面台の下など、 買い置きしてある物をチェックし、 しばらく使っていない物は 思い切って廃棄することに… 整理整頓のために 収納カゴや仕切り板のような物が欲しく [続きを読む]
  • 姑の言い分も…
  • 今日は朝から 青空が広がり、 穏やかな日差しに 遅咲きの朝顔の花がきらり… ほっとする… 昨日も実家へ行き、 帰りに舅、姑それぞれの病院へ… 姑の転院先の病院について、 担当の看護師さんから 「今朝、お義父さんと同じ病院であれば 今週末にも転院可能、と連絡があったのですが…」 「ただ、ご本人様が”絶対に嫌”とおっしゃってますし、 引き続き、他にもあたってみます」と… 先日同様、 昨日もあまり表情が [続きを読む]
  • 何を言ってるの…?
  • 早朝、凄まじい雷雨で 目が覚めた… 恐ろしいほどの雨音に 主人も娘もいつもより早く起きてきた… 幸い娘が登校する頃は それほど強くは降っておらず、 おそらくそれほど濡れることなく 学校に着けただろうと思う… 昨日、久しぶりに実家に行ってきた。 両親も愛犬も いつも通り元気だったけれど… 母がふと、 「今度の土曜日もよろしくね」 「和尚さんが来られるのが11時半で、 〇〇さんは12時半にお料理持って来て [続きを読む]
  • 明日は我が身…
  • 今日は雲が多く 日差しはないけれど、 空気がむっとして蒸し暑く… 昨日は家族で 舅、姑の病院へ行った… 娘の顔を見ても いつもほど嬉しそうな表情を見せなかった舅… その様子に病室を出るなり、 「おじいちゃん、今日はあんまり元気なかったね…」と娘… 主人も私も同じことを感じていた… お昼過ぎに行ったため 眠いタイミングだったのかもしれないけれど、 やはり気に掛かる… 姑はいつもながら元気に、 リハ [続きを読む]
  • やっぱり同居なんて…
  • 今日も朝から良いお天気、 青空が気持ち良く… 気温も上がっているようで、 部屋の掃除や片づけをしていると 少し汗ばんでくる… 昨日の夕方になって、 首を長くして待っていた 学生時代の同級生の彼女からの メールが届いた… 今年の春に義両親と >同居も可能な家に転居する と言っていた彼女だったけれど… (過去記事→ 久しぶりの再会… ) 実際に5月の初めに引っ越し、 この夏から同居を始めたそう… 「や [続きを読む]
  • 要らぬ心配であることを…
  • 今日も青空が広がり、 爽やかな風が吹いている。 今日は主人も娘もお休み、 のんびりと朝を過ごす… 今週はもう実家には来ないように 言われていたため、昨日は家にいたものの落ち着かず… 学生時代のあの同級生の顔が ふと浮かび、 (過去記事→ 久しぶりの再会… ) 彼女はどうしているのだろうか、と… いつも彼女の方から 連絡をもらうばかりだったけれど、 昨日はこちらからメールを送った… それだけで、 少 [続きを読む]
  • あなたでもこんなに…
  • 今日は久しぶりに 朝から青空が広がっている。 日差しが強く 日向に出ると暑い… 昨日は、実家と舅・姑の病院へ 行く予定をしていたけれど、 母から連絡があり、 「あなたもゆっくりした方が良い」 「今週はもう来なくて良いから」と… 母は口には出さないけれど、 私に何かあったことを感じて案じていた… ありがたく思うと同時に、 申し訳ない気持ちで 胸が苦しくなった… 一日ゆっくりと、 しばらく放ったらかし [続きを読む]
  • まだそんなことを…
  • 昨日から曇り空が続き、 湿度の高い むしむしとした空気が 気温よりも暑く 重苦しく感じさせる… 昨夜、主人が私に向かって、 不意に、 「顔色あんまり良くないけど大丈夫?」と… 主人には月経が遅れていたことさえ 話していなかった… 結果もわかったことだから、と さらっと経緯を伝えて、 「やっぱり微かに期待していたから がっかりしてしまって」と言うと… 「まだそんなことを言ってるのか…」と… ショッ [続きを読む]
  • ぽろぽろと落ちた涙…
  • 昨夕から降り始めた雨、 今は上がっているけれど雲は厚く、 また降り出しそうな空… 昨日の朝は 少し気持ちが上がったけれど、 (過去記事→ 意を決して検査を… ) それも長続きせず… 何もしたくないという 後ろ向きな感情を打ち消すべく、 実家へ向かった… 実家の愛犬は まもなく16歳の誕生日を迎える高齢犬、 あまり耳が聞こえていないらしく、 少し前まで私の車の音が聞こえると そわそわしていたそうだけれ [続きを読む]
  • 意を決して検査を…
  • 午後から下り坂の予報だけれど、 今のところ日も差して そのような気配はなく… 月経が遅れていることに気付いた 先月末の時点では、 (過去記事→ もしかしてついに…? ) 予定日から1週間を迎える先週末に 妊娠検査薬で確認しようと思っていたけれど… いざ週末になると、 急に自分でもよくわからない不安に襲われ、 検査することができなかった… 先延ばしにしても仕方がない、と 自分に言い聞かせ、 昨日、娘が [続きを読む]
  • 在宅での介護…
  • 今朝もいつも以上に早く目が覚めた…ここ数日、 エアコンにお世話にならずに 過ごしているけれど、 昨夜は扇風機の風さえ 肌寒く感じるほどに… 一気に秋の気配だけれど、 このまま涼しくなるのだろうか… 昨日、主人は帰省してきた義弟と二人で 舅・姑の病院へ… 義弟の顔を見た舅は 驚いたように目を見開き、 その後、嬉しそうな表情になったそう… 義弟もその様子に喜びつつも、 その一方で、 やはり舅の病院の様子 [続きを読む]
  • まるで”他人事”…
  • 今日は土曜日、 早く起きる必要などなかったけれど、 いつも以上に早く 自然と目が覚めた… 昨日、舅・姑の それぞれの病院へ行って来た… 娘の姿を探すように 目をきょろきょろさせた舅に、 夏休みが終わって 新学期が始まったことを伝えると、 微かに頷いたように見えた… 姑は私の顔を見るなり、 「〇〇ちゃん(娘)は 今日から学校だね」と… 舅の様子を伝えると、 「あの病院、酷いもんでしょ?」 「友達 [続きを読む]
  • 誰も何も言ってこないから…
  • 昨日は終日 エアコンをつけずとも心地よく、 夜も少し窓を開けていたため 今朝は肌寒くて目が覚めた… 今日から9月、 娘も学校が始まり、 たくさんの荷物を抱えて 元気に登校して行った… 昨日は実家へ行った帰りに お腹に違和感を感じたため、 大事をとって 娘に謝ってプールへは行かず… プールの後に 舅、姑のそれぞれの病院にも 顔を出す予定をしていたけれど、 それもやめて まっすぐ帰宅した… 家に帰ると、 留 [続きを読む]
  • もしかしてついに…?
  • 昨夜も涼しい風が吹き、 エアコンの出番なく、 今朝は窓を開けていたら 肌寒いほど、 今も扇風機の風が心地良く… 涼しくて快適ではあるけれど、 台風15号の動きが気にかかる… 娘の夏休みも今日で最後、 今から実家に向かって 帰りにプールに行こう、と話をしていて、 ふと、今月は月経が来ていない、と… 体調を崩している時でも ほぼ定期的にやって来るのに、 もしかしてついに…? 逸る気持ちを抑えて、 今月の [続きを読む]
  • 自分に言い聞かせる…
  • 今日は雲が多く 晴れ間は全くなく、 外は涼しい風が吹き、 部屋の中も扇風機で十分… 体調もずいぶんと落ち着いて ありがたい限り… 昨日は娘と一緒に実家へ行き、 帰りに舅の病院、姑の病院へ寄ってきた。 舅の転院先の病院は 天井が低く照明も暗く、 転院時に初めて足を踏み入れ、 外観とのギャップに驚いた… 入院中の方は かなりご高齢の方が多いよう… 看護師さんの人数が少ないのか、 常にナースコールの音楽が [続きを読む]