ゆみ子 さん プロフィール

  •  
ゆみ子さん: 長男嫁の憂鬱…
ハンドル名ゆみ子 さん
ブログタイトル長男嫁の憂鬱…
ブログURLhttp://mymelancholydiary.blog.fc2.com/
サイト紹介文やっぱり同居なんてするべきじゃなかったんだ…もう逃げてしまいたい。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2015/07/30 09:42

ゆみ子 さんのブログ記事

  • 受け流すように答えた娘…
  • 今朝も雲が広がり 日差しもなく… 昨日は心身ともに それなりに持ち直し、 実家と病院へ。 (過去記事→ 身体が言うことを聞かない… ) 実家の犬がいつも以上に ぴったりと横に寄り添って、 時々、私の顔を覗き込み… その姿があまりにも愛おしくて ずっと撫でていた… 気持ちがどんどんと穏やかに… 実家からの帰りに、 心の中で自分を叱咤して病院へ寄ると、 いつもながら 朗らかな表情の舅と、 不機嫌そうな姑… [続きを読む]
  • 身体が言うことを聞かない…
  • 今朝も雲が多く すっきりしない空… 昨日は、娘と一緒に 実家と病院の両方へ、と思っていたけれど… 身体が全く言うことを聞かなかった… 熱があるわけでも 昨日は眩暈や吐き気があるわけでもなく、 ただただ気持ちと身体が 噛み合わず… 思わず、あのサプリを引っ張り出して飲んだ… このサプリを見ると 同居していた頃を思い出すから、 (過去記事→ 嘘でしょう…? ) しばらく棚の奥にしまいこんでいたけれ [続きを読む]
  • 長男の嫁のくせに…
  • 起きた時は青空が広がり、 蝉がわんわんと鳴いていたけれど、 今は雲が多くなり… 昨日は娘と二人で実家へ。 父も母も娘がいると いつも以上に表情が穏やかで嬉しそうに見える… 一昨日のこともあって 病院には寄らずに帰宅すると、 (過去記事→ ほんと気が利かないわね… ) 留守電に姑からのメッセージが3件… 「もうお昼だけど、いつ来るつもり?」 「こちらがお願いしたこともできないの?」 「長男の嫁のく [続きを読む]
  • ほんと気が利かないわね…
  • 朝から雲が多く 日差しはないけれど蒸し暑く… 昨日は実家には行かず、 娘と二人でプールへ。 すいすいと泳ぐ娘の姿が 眩しかった… 帰りに、舅と姑のお見舞いへ。 娘の顔を見た舅の表情が いつも以上に緩んだように見えた… 姑も、娘を見て目を細めながら、 「〇〇ちゃんが来てくれると元気になるわ」と 喜んでいたけれど… 帰り際に私に向かって、 「このレンタルのパジャマ、 物凄く着心地が悪くてね」 「前か [続きを読む]
  • 日頃の行いが…
  • 今日は朝から雲が多く 気温もいつもほど上がっていない。 娘はリビングのテーブルで 黙々と夏休みの宿題をしている… 昨日は主人と娘と一緒に実家へ、 その帰りに舅と姑のお見舞いへ行った。 父や母、舅は、良い意味で いつもと変わらなかったけれど、 姑の回復ぶりには驚くばかりだった… 主人は姑が入院して以来、 毎日のように 仕事帰りに病院へ寄っていて、 私も義両親の様子を その度に聞いていたし、 姑の回 [続きを読む]
  • 肩の力が抜けて…
  • 今日はこの辺りも 35度を越えているそう… 主人と娘は昼食後、 久しぶりにプールへ… 本当なら今日は 家族で実家へ行って、 その後、舅と姑のお見舞いに行く予定だったけれど… 昨日、このブログを書いた後、 何としても今日は、と 自分自身を鼓舞して実家へ行くと、 私の顔を見た母が、 「あなた、どうしたの? 顔色が悪いわよ、大丈夫?」と… 洗面所の鏡を見に行くと、 あまりにもひどい顔に 自分でも驚いてしま [続きを読む]
  • 張りつめた糸が…
  • 今日は雲が多く、 時折、雲間から日が差す程度… 昨日は一日、 家でゆっくりと過ごし、 眩暈も吐き気もなく ほっとしたのだけれど、 身体の重さは相変わらずのまま… 逆に、いつもと違うペースで 昨日一日を過ごしたせいか、 今朝は、家のことを早く済ませて 実家に向かおう、という気力も湧いてこず… むしろ、もう何もしたくない、という虚脱感… 昨年12月の初めに 母が病院に運ばれて以降、 張り詰め続けた糸が [続きを読む]
  • 眩暈と吐き気…
  • 昨日、梅雨明けが発表され、 ここ数日続いていた 雷雨にも見舞われず、 久しぶりに庭の草木に水をあげた… 昨日も実家と義両親の病院へ。 夕方、家に戻った時から 身体がだるく重いように感じてはいたけれど、 いつものことと 気にも留めていなかった… ところが、娘と夕食を済ませた後、 片付けようと立ち上がると、 急に眩暈と吐き気に襲われ… 娘に保冷剤を持ってきてもらって ソファでしばらく横になっていたら [続きを読む]
  • 次に待ち受ける山…
  • 今朝は朝から青空が広がり、 真夏のような日差し… 昨日、実家からの帰りに、 義両親がともにお世話になっている 病院へ立ち寄った… 舅はいつもと同じように 私の顔を見ると少し表情が緩んだけれど… 姑は私が病室に入った瞬間に 目を閉じて眠りについたようだった… 看護師さんの話によると、 姑は昨日になって 簡単な受け答えができていたそう… 姑も大きな山をひとまず越えた… ただ、大腿骨を骨折している [続きを読む]
  • 今度は母が…
  • 今朝は日が差していたけれど お昼前に激しい雷雨、 今はまた晴れ間がのぞき… ここ数日、 不安定なお天気が続いている… 昨夕、父から電話があり、 母が庭で転倒、 立ち上がらせることができない、 意識もあり、骨折もしていない、 救急車を呼ぶほどではないと思う、と… 慌てて実家へ向かった… 向かう途中の記憶が全くない… 実家に着くと、 母はリビングのソファに深く座って 保冷材をタオルにくるんだものを首に [続きを読む]
  • 事故…
  • 先週金曜日の夕方、 主人から電話がかかってきて、 姑がバイクで転倒して 病院に運ばれた、と… 娘と二人、病院に駆けつけると、 主人も義妹もすでに着いていて、 その深刻な表情を見ただけで 厳しい状況であることがすぐにわかった… 母、舅に続いて 姑まで… 祈るほかなかった… 昨日も一昨日も 状態は変わらなかったけれど、 少し前に主人から 意識が戻ったと連絡があり… 「良かった」と言った瞬間、 ぽろぽろ [続きを読む]
  • そうであれば良いけれど…
  • 今日は朝から、 曇ったと思ったら かっと日差しが照り付けたり… 不思議な空模様… 一昨日の姑からの留守電メッセージが 頭から離れず、 (過去記事→ 姑の不満や愚痴… ) 一昨日の夜は帰りが遅く 話さえできなかった主人に、 昨夜、実際に聞いてもらった… 主人は時々眉間にしわを寄せながら 黙って聞いていたけれど、 聞き終わると 「意味がわからない」と一言… 姑には愚痴や不満、不安を 吐き出す場所がない [続きを読む]
  • 姑の不満や愚痴…
  • 今朝早く 急に雨が強く降ったけれど、 今は青空が広がって 真夏のような日差しに… 昨日、家に帰ると、 留守番電話に 姑からメッセージが入っていた… 「あなたのご両親から お中元のお礼状が届いていたけど…」 「お母さま、もうきちんと文字も書けるのね、 びっくりしたわ」 「それに比べてうちのお父さんは…」 その後、延々と舅に対する不満や愚痴が 吹き込まれていた… 病人に対しての言葉とは思えない 暴言の [続きを読む]
  • 察するに余りある…
  • 今朝は雲が多めの空、 午後からは雨の予報とあって、 朝から蒸し暑く… 昨日、予定通り母の診察に 父と一緒に付き添った。 CT検査の結果、 手術の経過は順調で、 クリッピングした部分も コイルを詰めた部分も問題なし、とのこと… 三人でほっと胸をなでおろしたけれど、それもつかの間のこと、 一つ気になる点として 脳室が大きくなっていること、が挙げられた… 年齢的もしくは今回の病気のために 脳が委縮、または [続きを読む]
  • 早朝の電話…
  • 今日は朝から 晴れ間が広がり、 すでに気温もぐっと上がっていて、 思わずエアコンをつけた… 今朝5時半過ぎに 携帯の着信音で飛び起きた… 電話は母からだった。 今日は診察の日で、 先日のCT検査の結果を聞くことになっている。 土曜日の夜に出た熱は 翌朝には下がっていたものの、 風邪の可能性も考えられたため、 念のため、日曜日と昨日は実家には行かなかった… 昨日、母には電話で 「もう熱も出てなくて元 [続きを読む]
  • 久しぶりの怒りと憎しみ…
  • 今日も湿度が高く 蒸し暑い一日… この時間になっても エアコンを切って 少し動くと汗ばんでくる… 土曜日に家族そろって 実家へ行き、 その帰りに舅の病院へ… 舅は一般病棟に移ってからというもの、 娘の顔を見ると 明らかに表情がぱっと明るくなるようになった。 娘の存在を 舅は確実に認識している… その舅の姿を見るたび 胸が詰まる… 主人も私も娘も ほっとしたような嬉しい気持ちになりながら、 舅に話しかけて [続きを読む]
  • 制止と監視…
  • 昨日の夕方は 突然の激しい雷雨… 夏の夕立のようだった… 昨日、母は数カ月ぶりに 脳のCTを撮るため病院へ。 造影剤を使っての検査だったため、 4時間前から絶食、 検査後に病院の喫茶で サンドイッチと抹茶ラテを 母は美味しそうに頬張っていた… その時に母が、 「お父さんと二人で家にいると ”制止”と”監視”ばっかり…」 「感謝しないといけないんだけど、 息が詰まりそうで」と… 台所で食事の準備をして [続きを読む]
  • 手放しで喜ぶ主人…
  • 大雨でご被災された皆さま方に 心よりお見舞い申し上げます。 行方のわからない方々のご無事と、これ以上、被害が拡がらないことをただただお祈り申し上げます… 姑から実家に届いたお中元の話を、 (過去記事→ 姑からのお中元… ) 一昨日は帰りが遅くて話せなかった主人に、 昨夜、話してみると、 「フラーズのクラフトビール!?」 「お袋にしては粋な選択だなぁ、 びっくりした」 「早く飲もうよ!」と… 手放 [続きを読む]
  • 姑からのお中元…
  • 台風は足早に通り過ぎたものの、 今朝はしっかりと雨が降っている… ここ数日に比べると気温も低く、 べたつく感覚もないため、 とても過ごしやすく… 昨日、実家から帰ろうとした時、 母に呼び止められて、 「頂き物のビールを貰ってちょうだい」と… 箱を開けてみると、 フラーズのクラフトビールが11本… 思わず調べてしまった… → フラーズ プレミアム11本セット このような高級で ビール好きでないと知らないよ [続きを読む]
  • それぞれのペースで…
  • 今日も朝から 蒸し蒸しとした暑さ… 明日は一日中、 雨が続くとの天気予報を見て、 バスタオルやシーツ、 リビングのラグ等々、 3度も洗濯機を回した… 洗濯物を干して 部屋を掃除し終えると、 すでにじっとりと汗… 一人でいる時は もったいなく思えて 普段はエアコンをつけないけれど、 今日は我慢ならずに リモコンに手が伸びた… 昨日は家族そろって 実家と舅の病院へ。 母はとても喜んで、 張り切ってちらし寿 [続きを読む]
  • ただただ…
  • 午前中は雨が残るのかと思ったけれど、 起きた時には すっかり雨も上がっていて、 今は雲間から日差しも… ひどく蒸し暑い… 昨日、実家からの帰りに 久しぶりに舅の病院に立ち寄った。 私の顔を見た舅の表情が ぱっと明るくなったように感じ、 「お義父さん、わかりますか? ゆみ子です」と思わず声をかけると、 舅の目がみるみるうちに潤み… それを見た瞬間、 こちらも涙がぽろぽろと落ちた… 嬉しかった、 [続きを読む]
  • 危うく…
  • 昨夜から降り始めた雨、 強く激しくなったり 弱まったりしながら、 今も降り続いている… 母が退院してから、 母がデイケアのリハビリに行く日は、 お昼前に実家に行って父と昼食を食べ 昼過ぎに帰ってくる母を迎え、 デイケアの無い日は、 母のリハビリを兼ねて 午前中に近くのスーパーへ買い物に行くため、 なるべく早く実家に向かうようにしている。 どちらの日も午後からは、 母と一緒に部屋の掃除や洗濯物畳み、 15時 [続きを読む]
  • 複雑な想い…
  • 今日は雲が厚く、 時々雨がぽつぽつと… 昨日は予定通り、 母と二人で百貨店へ行った。 半年ぶりに百貨店へ 足を踏み入れた、と母は感慨深そうだった… 百貨店から以前に送られてきたカタログで、 お中元、快気内祝として贈る品物を 母はすでに決めていて、 送り先の方の住所や電話番号、お名前も しっかりとメモされていたため、 とてもスムーズに事は進んだ。 注文内容の確認をしている時に、 ふと母が、 「○○さ [続きを読む]
  • 強い想いが…
  • 娘が登校する時には まだぽつぽつと降っていた雨も 今は上がって スズメのちゅんちゅんという鳴き声も… 昨日、実家に行くと、 私の顔を見るなり母が、 「お中元と快気内祝を送りたい」と… 持ち歩いているノートPCを開いて 百貨店のサイトを一緒に見て、 ここからも注文できると説明したけれど… 母は頑として、 実際に百貨店に行く、と言って譲らず、 「明日、雨が降っていなかったら 連れて行ってちょうだいね」と… [続きを読む]
  • デリカシーに欠ける言動…
  • 午後には 雨が降り始めるようだけれど、 今は雲間から日も差して とてもそんな風には… 昨日の夕方、家に帰り着くと、 留守番電話のランプが 点滅していた… 電話はいつもながら 姑から… 「あれ、本人が要らないって言っても ちゃんと飲ませるのよ」 (過去記事→ 捨てられた紙袋の中身… ) 「夜は一緒に寝てるの? ちゃんとやることやってるわよね?」 「まさかもう子どもを諦めたわけじゃないでしょう?」 「 [続きを読む]